5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「外」では言いにくいことですが、、

1 ::03/08/25 22:18
自分は、親という人たちに対して、
「愛情のかけらといったもの」もありません。

とりたてて憎くもなく被虐待経験もありませんし、
経済的にもごくごく平均的な中流家庭ですが、
正直なところ淡々と低温で「愛情のかけらといっ
たもの」も自分にないことに気づきます。

変でしょうか?? 笑

2 :名無しさん@HOME:03/08/25 22:19


以上

終了

3 :名無しさん@HOME:03/08/25 22:19
2

4 :名無しさん@HOME:03/08/25 22:20
>>1
そう思うならそれは仕方ない。
それはあなたが悪いのではなく、そのように育ててしまった親に問題が
あるかもしれない。あなたはその答えを見つけるまでは子育てをしない方がいい。

5 :nobody ◆other5OudI :03/08/25 22:21
     。|
 |  |。 |゚  y
 ゚|  |  |io i|      い つ ま で も
。|  ゚i| 。i|,,ノ  |i      あ る と お も う な
i|゚ ||゚ /ii 。 ゚|i_/゚        親 と カ ネ (;´Д`)ハァハァ
 `ヽoー|i;|y-ノ
   ,;:i´i;ノ
  ('';ii;;''
ii\;;;ii'ノ   マターリ
ノ     ∧_∧        o                .../::;
     ( ・∀・) ()      /二ヽ            . .: :ii:|
     (つ[]  つ┃      |□|         コンッ . .:__i:i|
      (、 ^ヽ ^ヽ 旦~   `)三(´          ミ  // ヾ.:
 ⊂ニニニ(__)_)ニニ⊃ .| |_          __ //|゚| ::丶
   ||         ||     ::/;.ヽ,` - ─ - -=./;;::,..`'ゝ\`丶
                   へヘ ─ - ─/;;/::: ̄;;;; ̄;;::|
                    ;;::丿- - <

6 ::03/08/25 22:24
母親は団塊世代、父親はプレ団塊世代。
自分は、第2次ベビーブーマーの世代です。

親以上に死んだら悲しい友人、知人はいくらでも
いますし、「この人たち(親)が死んだら、どう
やって悲しみの演技をしようか」などと今から考
えています(^.^;

将来的に介護などは本当に心底メンドクサイと感
じるでしょうし、彼らを単なる「既得権」とみな
して「金銭的な見返り」だけを得られればと切に
願っています。

なんかこんなに低温でいいのかと思って、同世代
ぐらいの皆さんのご意見を聞いてみたいと思った
次第です。

冷血とか非情とか、あるいは「そんなの普通でしょ」
といった紋切りではなく、建設的な対応方法などをい
ただければ嬉しいです。


7 :名無しさん@HOME:03/08/25 22:26
わざわざスレ立てて主張するほどのことかね
自意識過剰なんじゃないの

8 ::03/08/25 22:26
具体的には、自分(たち)がウソ偽りなく彼ら(親)
に愛情を抱けるような、「彼らから必要な反応を引き
出すための(自分たちの)対応方法」などです。

彼ら(団塊世代)に自浄機能は望むべくもないと思う
ので、「親の教育方法」と言い換えてもいいでしょうか。

しかし、自分(たち←おそらく)は何で親に愛情を
抱けないんでしょうね。

親(もしくは教育、国の方針など)の自業自得という
ことでしょうか>笑

「本当のことは言ってはいけない」みたいな空気を窮
屈に感じていたので、なんだかスッキリしました。
(これで終わりでもいい、みたいな。。)

9 :名無しさん@HOME:03/08/25 22:28
親の事好きになれない
とかいうスレに逝きなさい

10 :名無しさん@HOME:03/08/25 22:29
>>6
私も多分あなたと同世代。
そして同じように両親に関しては無関心でした。
5年前に母が癌で他界しました。
私も母が健在だった頃はあなたと同じように
「どう泣こうか」悩みましたが、
そんな悩みなど不要だったと思い知らされました。
火葬場で母の遺体の入った棺桶が焼かれるといった直前に
涙がどばーーーーっとあふれ出ました。
何故なのかは・・わかりません。

しかし、今はうるさい母がいない事に
安堵している自分がいるのも確かなのです・・・。



11 ::03/08/25 22:36
>火葬場で母の遺体の入った棺桶が焼かれるといった直前に
>涙がどばーーーーっとあふれ出ました。

そういった従来の「物語」に自分の存在価値が
「一時的に満たされた」とゆう感じではなかったですか?
すいません、低温で。

時間が経ってからまた通常の感覚↓に戻るというか。

>しかし、今はうるさい母がいない事に
>安堵している自分がいるのも確かなのです・・・。


12 :名無しさん@HOME:03/08/25 22:39
>>11
>そういった従来の「物語」に自分の存在価値が
>「一時的に満たされた」とゆう感じではなかったですか?

>>10ですが、あなたの言っている意味がよくわかりません。
「物語」って何でしょう? ごめんなさい。

13 ::03/08/25 22:43
>>9

そのスレについてですが、「好きになれない」
という言い方は自省的です。
「好きにならなければ」という痛さを感じます。

自分の場合は、好きも何も「愛情のかけらといった
ものもない」ということが自明で反省の「かけら」
も同時にないわけです。

14 ::03/08/25 22:48
>>10ですが、あなたの言っている意味がよくわかりません。
「物語」って何でしょう? ごめんなさい。

親と子は、”今考えるとなんの共通点などがなかったとしても=無根拠”
固い絆で結ばれている、というあたかも前提にあるかのような「物語」です。

そういった「物語」のカタチを借りたTVドラマや映画は多いと思います。
現代事情とはかけ離れた”ウソ泣き物語”のことです。


15 :名無しさん@HOME:03/08/25 22:48
親の介護などを気にするあたりが
「低温」になり切ってないように感じるのですが?

親の事などどうでもよいと本気で思えるのなら
普通は音信不通となるでしょう?

あなたは親からの愛情に飢えている
ただの幼い子供のように感じます。

16 ::03/08/25 22:51
あ、ウソ泣きといっても決して
>>10さんのことを指しているわけではありません。

17 :10:03/08/25 22:54
あっ ごめんなさい。
>15は私が書いたものです。

親と子の共通点などないと?
ではあなたはどうやって産まれてきたのですか?

少なくとも私は「ウソ泣き」ではありませんでしたね。
母の姿かたちがこの世からなくなるという現実を
目の当たりにした時に突然出た涙です。
会えなくても、何もしてくれなくても
生きていてくれるだけでよかったという思いがあったのが本音です。

なので接点を持ちたくはないという気持ちには変わりなかったから
うるさい母がいないという事に安堵していると書いたのです。
実際生きていたら、、会わないわけにはいきませんからね・・



18 ::03/08/25 22:56
いえいえ、「低温」を気取ってるわけではないんです。

>親の事などどうでもよいと本気で思えるのなら
>普通は音信不通となるでしょう?

彼らを単なる「既得権」とみなして「金銭的な見
返り」だけを得られればと切に願っています。

その”普通”とやらに従うと、願いが叶わなくなります。。

19 ::03/08/25 23:01
>>17
会えなくても、何もしてくれなくても
生きていてくれるだけでよかったという思い

皮肉ではなく、素晴らしい「思い=愛」だと思います。
本来、親の愛はこうだろう、と。
子は親を選べないから。

20 :10:03/08/25 23:12
>>19
そうね・・・
これは母が他界した時に気づいた気持ちなので
今のあなたにはもしかしたらピンとこないかもしれませんね。

私もね、友人が親を亡くして泣き喚いている姿を見ても
「あ〜、私はあんな風に泣けないだろうな」って
思っていたからね・・・。

子は親を選べない・・確かにそうですが
自分が一人立ちできる年齢に達すると
親はあまり関係のない存在になりますよね。
私はそうでした。。。


21 :nobody ◆other5OudI :03/08/25 23:25
1氏応援age。
なんかかつての漏れを見てるようだ……。

22 :名無しさん@HOME:03/08/25 23:43
ぬるぽ

23 :nobody ◆other5OudI :03/08/25 23:48
餅つけ。 (;´Д`)ハァハァ

     /\     ペタン
   /  / >>22   ペタン
  ∧_∧ \ ↓    ∧_∧
 (; ´Д`)) ∧_∧ (・∀・ ;)  
 /  ⌒ノ ( ´∀`) ⊂⌒ヽ
.(O   ノ  ) ̄ ̄ ̄(  )__  )
 )_)_) (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)  (_(

24 :名無しさん@HOME:03/08/26 00:22
憎くないのが問題点。

25 :名無しさん@HOME:03/08/27 13:21


26 ::03/08/29 21:42
「子は親を選べない」という視点を「母親が持つこと」が、
今後とくに重要になってくると思う。
子からすれば、「頼んだわけじゃねー」というのが「事実」だしね。

27 :名無しさん@HOME:03/08/29 22:25

子供産みたくなくなった・・

28 :名無しさん@HOME:03/08/29 22:30
>27
あんたの母親もきっと後悔してることだろうw

29 :名無しさん@HOME:03/08/29 23:03
>>27
自分の子が>>1みたいだったらいやだよねー・・
なんでそうなっちゃうんだろう??

30 :名無しさん@HOME:03/09/16 14:36
1さん虐待経験などは無いとおっしゃってますが…

両親(特に母親)との関係を、小さな頃から振り返って冷静に見つめてみてどう思いますか?
十分な見返りを求めない愛情をたっぷり与えられてきたと思いますか?
それを行動で示してくれましたか?
気まぐれな発言に傷ついた経験はありませんか?
1さん自身は自分に自信がありますか?
人目を気にしすぎたりするきらいはありませんか?
対人関係が不安定だったりすることはありませんか?

私は母親を亡くすと同時に、子どもを産みました。
生前は母親が私達を愛してくれていたことに何の疑問もありませんでした。
でも母が死んで、自分が親になって初めてわかったことがあるので。
私は「愛情不足」と感じてきたこと。
そして母も一人の人間で、苦悩しながら私達を育ててきたこと。
完璧じゃなかったこと等々…

31 :名無しさん@HOME:03/09/16 14:51
02/06/22 04:02
イスラエルの核兵器保有、米軍関係者の間では「既成事実」

(CNN) 米紙ワシントンポスト(電子版)は15日、イスラエルがドイツから最近、
ディーゼル推進型の潜水艦3隻を調達、核弾頭搭載可能な新型巡航ミサイルを配備した、
と報じた。元米国防総省当局者らの情報として伝えた。イランやイラクが長距離核ミサ
イルの技術を向上させていることを懸念した措置ともしている。

この報道が正しければ、イスラエルは地上、空中、海中発射の核弾頭付きミサイルを
保持したことを意味する。

同紙によると、米国は2年前、イスラエルがスリランカ沖のインド洋で新型巡航ミサ
イルの試験を実施したことを確認。米国はこのミサイルの核弾頭搭載の能力を分析した
ものの、イスラエル政府には国家機密事項の性格から直接問いたださなかったとしている。

イスラエル政府当局者は、潜水艦調達の事実は認めているものの、核ミサイルの発射
能力の有無についてはコメントを避けている。「中東に核兵器を持ち込まない従来の政
策方針に変わりはない」としているが、米軍事関係者の間ではイスラエルが核兵器を保
持しているのは既成事実とされている。
http://www.cnn.co.jp/top/K2002061501385.html

03/04/27 11:26 米政府エネルギー省24日、水爆の引き金「プルトニウム・プット」製造再開
重要な部品で、それだけで長崎水爆と同レベルの破壊力アリ。
1989年に停止していた。


32 :名無しさん@HOME:03/09/16 17:19
虐待という程の事では無いが、
父親はえこひいきするひとだった。
妹には絶対に手を挙げないひとだったが、
私がイタズラをするとぶたれた。
同じ事をしても対応が違うの。

結婚したけど、子供は作っていない。
手を挙げない自信が無いからとは言えず、
なんとなくお茶を濁すアテクシ。

33 :名無しさん@HOME:03/09/16 17:24
親のあり方にマイナス因子が無くても
プラス因子が無ければその結果はゼロなわけで。
1は親に愛情を感じていない代わりに憎しみも
感じていないわけでしょ?

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)