5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

● 大人になってから知った家族の秘密 2 ●

1 :名無しさん@HOME:02/09/08 22:31
大人になってから聞かされた事ってありますか。

前スレ↓
http://life2.2ch.net/test/read.cgi/live/1017904207/

2 : ◆FUCK.Hvg :02/09/08 22:32


3 :名無しさん@HOME:02/09/08 22:32
3

4 :名無しさん@HOME:02/09/09 03:17
うちは片親だった・・・

5 :名無しさん@HOME:02/09/09 13:14
いろいろとあるよ前スレとか読むと

6 :名無しさん@HOME:02/09/10 09:42
中学生のときに心臓発作で道端で死んでしまったと聞いていたおばさんが、
実は自殺だったと10年以上もたったときに知った。
そのおばさんは被害妄想がひどく、近所の人に見張られているとか
口走るような人だったらしい。
その話を聞いたときに「だから自分は自殺願望があって、自殺しようと
したりしたのか」と納得してしまった。
自殺は遺伝しないっていうけど、それを知ってから怖くて子供を産もうと
思えなくなった。

7 :名無しさん@HOME:02/09/10 11:57
>>6
残念な結果だったのですね。
身近で起こるとかなしいです。

8 :名無しさん@HOME:02/09/10 12:00
妄想か〜分裂だったのかな?

関係ないけど、うちの近所の土手あたりで、
昔行き倒れがあったときいたことあったなあ。
「コワイなあ」というのと「いつの時代の話やねん!」と
ツッコミたいので半々…

9 :名無しさん@HOME:02/09/10 12:03
思春期の頃ならば大抵の人が自殺願望を抱くと思うよ。
願望を抱く時期があるのは当たり前の事だから、あまり気に病む事はないと思われ。

10 :名無しさん@HOME:02/09/10 12:03
伯父の酒乱で長年苦労した末に離婚した伯母が
電車に飛び込んで自殺していたというのを知ったのはショックだった。
血の繋がりのある伯父は70近いですけど元気に生きてます・・・

11 :6:02/09/10 17:13
皆さん、レスありがとです。
叔母は私の母に「お前の息子を私の養子にするからくれ!」と言ったので、
我が家とは没交渉だったので、病院に行っていたのかどうかは
分からないのですが、妖しげな電波を受信していたらしいので、たぶん
分裂だったのではないかと。

私自身は怪しげな電波は受信していませんが、25になっても親に
支配されることに疲れ、発作的にやってました。
だから、思春期でないのがチョト恥ずかしい。

今は命がけの抗議が効いたのか、支配されることもなく、だんなと
のほほんと生活してるので、今のところ電波を受信してはいません(w

12 :名無しさん@HOME:02/09/10 18:14
大好きな叔父が養子だったこと。
その叔父の出生の秘密は、昔工場で働いていた女工が
工場に手篭めにされて妊娠、そして叔父を出産、
里子にだした後、その女工さんは結婚をしたそうです。

私の祖父母に叔父は何の縁があったのか引き取られて
回りからは「祖父の愛人の子?」と言われながらも
手塩にかけてそだてたようです。
父や叔母も当時はもう高校生だったこともあり
ベビーシッターをしていたとか父は部活に連れて行ってたようです。
叔父が就職時?のための健康診断で自分だけ血液型が違うことに気づき
祖母に告げたところ、「医者へ行ってもう一度調べてもらって来なさい!!!」と
祖母は一喝したそうです。でもね、やっぱりその時でわかっちゃったらしい。

私たちが生まれて、従兄弟9人全員が叔父のことが大好きでした。
その叔父が28歳の時に急に勤務先(大阪)から実家に戻ってきた。
なんと末期がんだったとのこと。それから2ヵ月後に他界しました。
火葬場で親戚一同号泣でした・・・あんなに人が泣いている
のは見たことがないです。

13 :名無しさん@HOME:02/09/10 18:15
(続き・・・)
叔父がもう危ないと言われたときに、父が「生みの母親」の
親戚にそのことを告げに言ったそうです。
もと女工である「生みの母親」は、再婚後に子供にめぐまれ
叔父と年のかわらぬ子供ができ、
どこかの裕福な家庭の奥さんになっていたらしい。

お見舞い・通夜・火葬場・葬式、
どれにも生みの親は来ませんでした。
親戚の方が変わりに来て焼香してくれたのみ。
がん末期のベッドで最後に一度でいいから会いたいって
叔父は言ってたらしいです。
もう、30年も前の出来事ですが、今でも叔父の死の時を思うと
悲しくって・・・・

14 :名無しさん@HOME:02/09/10 18:21
>>12
叔父さんは生みの親との縁は薄くても
これだけ親族のあなたに慕われて幸せだとオモウヨ
いつまでも覚えててアゲナヨ、ネ。

15 :名無しさん@HOME:02/09/10 20:22
>14
書きながらうるうるしてきました。
あの時、父が涙をボロボロと流すのを始めて見ました。
当時ちょっと不仲だった祖父母もあの時だけは
二人で抱き合いながら泣いていました。
親戚一同のコネとうコネを使い尽くして
よい病院に転院させたり、父も夜も寝ずに病院に泊り込み
そこから通勤。平日は母が、週末や叔母たちが交代で
泊り込み、親戚一同が無償で何ももとめず一丸となってというのは
このときが最初で最後だったかと思います。
叔父っていつもニコニコしており、誰からも愛されたって感じで・・・
だから天に召されたのでしょうか。
長々とすみません、感傷にひたってしまいました。

16 :名無しさん@HOME:02/09/11 00:38
>>13
生みの親の親戚が、生みの親に告げなかった可能性もあるね。
ある意味、忌まわしい記憶の実証だから。
または今の家族への申し訳とか。
だから、たとえ知ってて来なくても責められないかな。
代理焼香がせめてもの慰め。
たしかに叔父さんには知ったこっちゃない理屈だし、
お気の毒ですが・・・・・

17 :名無しさん@HOME:02/09/11 03:06
>>16
仮に知ってても来るべきだろう
自分が産んだ子だったら、叔父さんも望んでいたって書いてあるし。
叔父さんが会いたくないって言うなら判るが。


18 :名無しさん@HOME:02/09/11 03:22
>>17
昔はそんな話をよく聞くよ・・・
今と違って処女性とか大事な時代だったし、裕福な奥様になってると
言う段階で「強姦=妊娠=出産」と言う事実は、結婚前に封印されてそう。
叔父さんである子供自身は「生みの母」として、会いたい感情があっても
母親の方は叔父さんの事を、冷たいようだけど 子供を手放した段階で
「清算した過去」として、見てたのかも?知れないし・・・




19 :名無しさん@HOME:02/09/11 03:28
来るべきなんて他人からは言えないよ…
理由が理由だもの… 即暴力を思い出してしまったり、
もしかしてそこに面影を見つけたら…と
思って行けなかったのかもしれない

20 :名無しさん@HOME:02/09/11 09:25
父=祖父が女中に手を出してできた子
学歴詐称で超一流機関に入り込み女つくって家族捨てて逃げた。

30代半場でそんなこときかされても
別に傷つくわけでもなく
たまに笑いのネタにしてます。
「ろくでなし家系の3代目じゃ、わしゃ」とかいうたりして。
現在社会的にもある程度成功し家族も持って
とくに父に会いたいとも思わんが
腹違いの兄弟がいるはずだからいっぺんみてみたい。
一人っ子なもんで。

21 :名無しさん@HOME:02/09/11 13:23
>>20
そうだね、傷つくわけではないけど。
それよりこの世にまだ見ぬ血の?がった兄弟がいるのってのが気になるね。

22 :名無しさん@HOME:02/09/11 20:01
どうやら自分の実の母は、若い時にちょっと悪くなっていた姉(戸籍上)だというのは、
大人になる前から何となく感付いていた。
…が、最近気付いた。
「遺伝子上の父親」は「戸籍上での父親」と同一ではないかという事に。

…考えすぎだと思いたい。

23 :名無しさん@HOME:02/09/11 21:00
>>22
姉が母親だったの?

24 :名無しさん@HOME:02/09/11 21:12
(;゚д゚)・・・・・。

25 :名無しさん@HOME:02/09/11 21:39
>>22
近親相姦つー事、言いたいの?・・・


26 :名無しさん@HOME:02/09/11 22:08
>22
詳細きぼん。

ちなみに、私が大人になって知ったのは
私の母は、父と再婚だったこと。
その母は、4年前父と離婚し新たな男と再婚。
ふぅ・・・。

27 :名無しさん@HOME:02/09/11 22:10
22じゃないけど、戸籍上、姉は母の妹です。
母は姉を出産後、離婚し(姑にいびられたらしい)、
一時実家に身を寄せていましたが、私の父と再婚(恋愛結婚)。
でも、初婚の父がどうしても姉を自分の籍に入れたがらないので、
祖父(母の父)の籍に姉を養女として入れました。その後私が生まれました。
幼稚園のころは祖父+家族4人で暮らしていましたが、
姉とはすごく年がいるし、姉は早く結婚したし、父の転勤先に
姉を連れて行かなかった(高校を変わらせたくないと言うことで、
祖父のうちに預けていったけど、ほんとは父が姉を呼びたがらなかった
んだと思う。)母はなくなったけど、私&姉&母は仲よかったです。
この秘密を知ったのは高校生のころ。
母は、いつまでも実家の世話にはなれないし、仕方なかったのかな、と思います。
でも、父は母が子持ち再婚なのをいつまでも、根に持っていた。
いまでもあまり好きじゃない。このことは主人以外には話したことないです。
親しい友人にも。


28 :22:02/09/12 00:18
いや、かろうじて近親にはならない(姉は母(戸籍上)の前の結婚での子供だから)
んだけど…
姉が最近更年期も入ってるのか、ちょっと精神的に参っててカウンセリングとか
受けてて、しかもどうも昔、父から何らかの虐待を受けていたらしく…

まあ、真実がどうあれ、どうすることもできんのだけどね…父ももう、故人だし。


29 :名無しさん@HOME:02/09/12 14:08
>>27
姉さん辛かっただろうね。
今は自分で家庭も持って良かったね。
姉さんも大人になるまで知らなかったのかな?

30 :   :02/09/12 18:18
   

31 :名無しさん@HOME:02/09/13 02:01
>>28
姉さんがんがれ!

32 :名無しさん@HOME:02/09/13 06:40
>27
>でも、父は母が子持ち再婚なのをいつまでも、根に持っていた。

結婚した段階では、実は子持ちだったということを知らされなかったと
いうこと?
もしそうだとしたら、お父さんにも多少の同情の余地はあるかも。


33 :名無しさん@HOME:02/09/14 00:12
子供には非はないよ

34 :名無しさん@HOME:02/09/14 01:05
兄が色盲だったこと。
母方の親戚にそういう男の人がいるって聞かされた。
50%の確率でオイラは色盲因子保有者。
男の子が生まれれば50%の確率で色盲。
ついでに注意欠陥の遺伝も持っている。
(´・ω・`)ショボーン

35 :名無しさん@HOME:02/09/14 11:07
>27
いや、父は結婚したときは
「君に負い目は感じさせない」とかかっこいいことを言ったそうだ。

36 :名無しさん@HOME:02/09/14 12:57
小さい頃から、アタシのうちは他のうちとはなんか違う感じがする・・・
と感じて育ってきたが、高校生の頃、両親は実は入籍していなくて、
父にはまだ籍の入ったままの妻子が別にいることを聞かされた。
子供の頃から感じていた疑惑(W は、一応それで晴れた。
数年後に離婚は成立したものの、その頃かかえていた事情から、母(と私たちきょうだい)の入籍は先送りしていた。
結局入籍は成立することなく、父はそれからしばらくして亡くなった。
一度きります。

37 :36続き:02/09/14 12:58
通夜の席に向こうの子供(男二人)が焼香に来たのだが、
面識がないので誰だかわからず(私も弟も、それぞれの仕事関係の人だと思っていた。母も同様。)
失礼があってはいけないので、後を追いかけ、
「あのすみません、失礼ですがどちらさまでしょうか」とたずねたところ
「あなたたちのきょうだいですよ」とにらみつけられてしまった。
当時私もまだ若かったし、ただドキドキビクーリしただけだったが、
後になってから、にらまれるべきのは私じゃないだろう、と思った。
が、自分もケコーンし子供もできて、あらためて、彼らはは父親のいない子供時代を過ごし、
私たちは両親そろった中で育ったので、嫉妬の気持ちもあったのかなあと思ってみたりした。
(とはいえ、あのときすでに彼らは40歳前後くらいだったけどね。)
私をにらみつけた、向こうの子供の下の人が、私の弟にチョト似ていたなあ。

38 :名無しさん@HOME:02/09/14 12:59
姉と従兄弟ができていたこと
親族会議の末漏れたちが引っ越すことに…
母によると会議の場で叔父さんにボコボコに殴られてたらしい>従兄弟
今も法事とかで会っても一言も喋らない
そんな姉も今年結婚

39 :名無しさん@HOME:02/09/14 13:07
>38
「風のロンド」でつか?

40 :名無しさん@HOME:02/09/14 22:58
>>34
赤とか判断しぬくいんだよね確か・・・
>>37
何かやるせないね・・・

41 :名無しさん@HOME:02/09/14 23:01
>>38
従兄弟同士なら別にいいんでは??

42 :38:02/09/15 01:28
>>39

>>41
問題ないみたいだけどやっぱり気分的には近親相姦に近かったんだと思う


43 :名無しさん@HOME:02/09/15 09:52
父親の兄弟の子どもの場合は近親相姦になると思った。
血が濃すぎるから。
母親の姉妹の子どもの場合には問題無いかと。
・・・って高校の保健の時に習ったような・・・。

では父親の姉妹、もしくは母親の兄弟の子どもの場合には?
スマソ、覚えてない。

44 :名無しさん@HOME:02/09/15 13:46
>43
間違ってるよ〜。
父方・母方、どっちのイトコでも血の濃さは変わらないよ。

45 :名無しさん@HOME:02/09/16 09:38
>43
飛鳥時代の道徳だ…

46 :名無しさん@HOME:02/09/16 13:42
>>45
飛鳥時代は同腹は駄目。異腹はオケー。
なので同じ母親から生まれたら恋愛禁止だけど、母親が違えば恋愛オケーです。


47 :名無しさん:02/09/16 13:50
>43はおよそ1400年前から来た人ですね。

48 :名無しさん@HOME:02/09/16 13:51
知ってるよ。

49 :名無しさん@HOME:02/09/16 15:46
日出処天子を思い出しますた。。

50 :名無しさん@HOME:02/09/16 18:37
つか、飛鳥時代じゃ、「父親が同じ」である根拠は母親の主張位しかなかったんで、
結構、異母兄妹との結婚ったって遺伝的には赤の他人同士だったりしたんじゃねえか。
その点、同腹の兄妹だと、少なくとも「母親は同じ」である事は疑い様もないし、
それでその時代でも固く禁止されたんでないかと。

51 :たいした話じゃないが:02/09/17 11:38
俺の両親は結婚の時オヤジの母親(俺の祖母)に相当反対され、
なかば駆け落ちのように結婚したらしい。
その後も俺のオフクロは父の実家の敷居をまたぐことを許されず、
かなり虐められていたそうな。
ところが俺が生まれて状況は一変。祖母は家長のオヤジの兄さん
の子供以上に俺をかわいがり、期待していたらしい。

ということを俺のカミさんから聞いた(w
カミさんとオフクロはなぜか仲が良くて、俺の知らない話をして
いるらしいんだな。
知らなかったよばーちゃん。
あんなに俺に優しかったアンタが...
でも俺にはホントいいばーちゃんだった。今でも大好きだよ。

52 :名無しさん@HOME:02/09/17 11:50
その昔、美人で有名だった今は亡き母方の祖母。
男にモテモテだったのは母から嫌になるほど聞かされていたが、
何人も男の人が居て、しかも祖父とは未入籍だったと割と最近知った。
どーりで母が「浮気されて泣いている女はヴァカよ。金さえもらって
生活できればそれでいいのにねぇ。」なんてぬかすわけだ・・・。



53 :名無しさん@HOME:02/09/17 14:02
>>51
そんな事があったからお母さんと嫁さんが仲がいいのでは?
仲良くてよかった
>>52
結婚はいやだったのかな

54 :名無しさん@HOME:02/09/17 14:05
51の家はいいね。お嫁さんとお母さんが仲良くて。

55 :♪タリ〜ナ♪:02/09/17 14:20
何があっても今がよければすべてヨシ〜♪

こんなズボラなおいらもいろいろあるよん。
祖母は未婚で父を生んで、その後結婚した戸籍上の祖父は小笠原で小さな
新聞社をやっていたが、社員がお金持ち逃げして他の社員の給料が払えず、
家族3人ボコにされて、その後祖母と祖父は離婚。祖母はスナックを始めたけど、
64歳の若さでガンで亡くなったよ。美容整形で頬の骨を削ったのが原因では?と言われてます。

おいらんちも一番下の弟は情緒障害児で、兄弟全員がいじめにあったり、
おいら自身、いまだ家族とそりが合わずですわ♪
渡米中に精神科医にかかったこともあったよ。

今がいろいろ大変な人もそれがいつか思い出になります♪


56 :名無しさん@HOME:02/09/17 17:00
読んでて思い出した。

まだ私が4歳?くらいの頃。
生まれつき体が弱くて、よく入院していた。
その時母は妊娠していたらしい。
だけど、不眠不休で私に付き添っていて
結局大出血を起こし、流産してしまったという。
(ここまでは親戚の話)

高い煙突から上る煙と
泣く母親という情景を思い出すこともあった。
(たぶん火葬場だったんだろーな)

そのことを
成人式の日の夜に母親に聞いたら
「(火葬場のこと)よく覚えてたね‥」と
泣かれながら、弟を流産してしまった話を聞かされました。

そんな事情知らなくて、
「弟か妹、欲しい」ってダダこねてゴメンね母さん。

57 :名無しさん@HOME:02/09/17 18:48
父の年齢が同学年の友人より高いのは晩婚だからと思っていたが、
実は離婚歴があった。
しかも腹違いの姉が現在実家の隣県で教師をしている。
私の母は父がバツイチである事を知らされないまま、見合い結婚した。

その事実を、22歳のある日、精神科の診察のときに、母は私ではなく医者に
向かって話した。
隣で、私はただでさえ不安定な気分だったのにそれはそれはショックだった。

その日リスカしてしまいますた。

58 :名無しさん@HOME:02/09/17 19:06
>57
今までの生活でそれを知らないことで不都合あったの?
リスカしたかったのはむしろあなたのお母さんでは?

59 :名無しさん@HOME:02/09/17 19:14
うるせーヴァカ

60 :名無しさん@HOME:02/09/17 19:34
ネタでしたか(笑)

61 :名無しさん@HOME:02/09/17 20:39
両親が一度離婚した後にまた再婚してた事。
義母兄妹が(各一名)居た事。
私は三姉妹の長女だが妹達はこの事実を知らない・・・

62 :名無しさん@HOME:02/09/17 21:05
>61
>義母兄妹が(各一名)居た事。

一度離婚した後に出来たのでしょうか?


63 :名無しさん@HOME:02/09/17 22:09
私の実家は飲食店でした。
性格の悪い姑(父方の祖母)にこき使われていた母は、臨月になっても
重い岡持ちを持って自転車を片手運転して出前させられてたそうです。
(見かねたお巡りさんが姑に意見してくれてやっと止められたそうです)
でも店が忙しくて親と遊ぶ機会が無かった私は、祖母と過ごす時間が多かった為
祖母に懐いていて不仲なのは母が悪いのだと勘違いしていました・・・

高校生になり祖母が死んだ後、母や母方の祖母から色々聞きました。
祖母は麻雀と花札で多額の借金をして(近所のチンピラのいいカモだった)
権利書を寄越せと血眼で捜したり、死んだ父は仕事をサボって
水商売の女と旅行に行って手切れ金代わりに店を持たせたり、
挙句の果てに金の無心に来た叔父母(父の弟妹)に売上げを持ち出されそうになり、
「明日の仕入れが出来なくなる」と必死で抵抗したら妊娠中のお腹を蹴り上げられた事とか。。。
もう滅茶苦茶です。父方の一家のあまりの酷さに最初は信じられませんでした。

「あの頃は若かったから頑張ったけどさ。。。馬鹿だよね。我慢するなんて」
母の一言に同意もなぐさめも出来ず、高校生の私はただ絶句していた事を覚えてます。

64 :名無しさん@HOME:02/09/17 22:21
大学卒業の年のこと。
入社するために取った戸籍抄本(謄本かな?)で両親がデキ婚だったことを知った。
どうりでミョーに早く結婚したわけだ。(父22・母19)

と、まあそれはいいんだけど、その時デキたのが自分なワケで・・・
親の年を思うと本当は色んな夢があったんじゃないかとか考えちゃって
夢をあきらめた結果がこんな自分で良かったんだろうかと
とっても申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

感謝してます。
父さん母さん、ありがとう。

65 :名無しさん@HOME:02/09/17 22:26
>64
きっと、いろんな夢をおしてでもあなたができたことは嬉しかったと思う。
だってこんな親思いの人間に育ったんだから。

66 :♪タリ〜ナ♪:02/09/17 22:40
おとんがホーケーだったこと。
つーか、昔見ていたおとんのティムと、その後付き合った男のとの違いに気がついた。
ネタじゃないっす♪

67 :名無しさん@HOME:02/09/17 22:47
子供まで洗脳されてたら立つ瀬ないね・辛かったろうねー>>63のお母さん

68 :名無しさん@HOME:02/09/17 23:36
母親が連れ子で再婚だったのを高校2年のとき知りました。
兄が26歳のとき交通事故で亡くなって初めて知りました。
俺は父親に似てるのに兄が少しも似てない謎が解けました。

69 :名無しさん@HOME:02/09/18 00:10
>63
結局お祖母さんが亡くなるまで気づかなかったんだ。
お母さん、かわいそう。
自分の腹痛めた子にさえもわかってもらえなくて

70 :名無しさん@HOME:02/09/18 09:24
>67
そうですよね。。。私が小学生の頃の母は気が強く、たまにヒステリー起こしていたので
不仲はそのせいかと誤解してました(子供達の前でよく祖母の悪口を言ってたし)
子供を取られると焦ってたのかも、と思うと申し訳無くて涙が出ます。
>69
祖母が亡くなってからわかったのは父方一家の素行の方です(ギャンブルとかお金とか)
子供に聞かせる話じゃないと我慢していた様です。
さすがに中学生にもなると、不仲の原因は祖母にあると気付き、それにつれて
母ともよく話をする様になりました。

父が亡くなったその日の内に遺産目当てに叔父母が押しかけて来ましたが、
出てきたのは自分達が肩代わりさせた借金の借用書や代理弁済証明書の数々。。。
それを見て二人とも慌てて逃げて行きました。今ではすっかり音信普通です。
これを機に向こうの親戚とも一切縁を切り、今では穏やかになった母を見ると
こういう日が来て本当に良かったと思います。
昔気付いてあげられなかった自分を戒めようと思いここに書き込みました。
長文すみませんでした。

71 :名無しさん@HOME:02/09/18 10:56
結婚して5年になるが子供が出来ない私。
先日実母とその話になり、私はたいして気にしていなかったのだが母は結構落ち込んでいた。
何でか問いただしたところ
・母は過去に子供を3人堕ろした事がある。
・父は若い頃遊び人であちこちで子供をこさえては堕ろさせていたらしい。
・私が小さい頃近所のおじさんに体を触られるイタズラをされたらしい。
・・・って おい! 最後のは何だ!?
初めて聞いてマジ驚いた!最後のはカンケーナイでしょ?!そう思いたい。

72 :61:02/09/18 11:46
>62
他所に子ども作ったのが理由で一度離婚した後、
なんらかの理由により復縁したもよう。
その二人、妹達と同年代なんだよね。知ったらショックだと思う。

73 :名無しさん@HOME:02/09/18 12:20
>70
とってもいいお母さんだね。
今からでも充分親孝行できるよ。

74 :名無しさん@HOME:02/09/18 13:23
>>71
全部関係無いでしょ。

75 :名無しさん@HOME:02/09/18 13:38
実の祖父が韓国人だったことがつい最近判明。
ちょっとショックだった。旦那にはいえない。


76 :名無しさん@HOME:02/09/18 14:05
>75
そう言うあなたにショックを受けたよ。馬鹿。


77 :名無しさん@HOME:02/09/18 14:26
大人じゃないけど高校生の時父親の卒業アルバム見ていたら
同じ卒業生に叔母らしき人が写ってる。
名前を確認したら叔母だった・・・(父の妹)
びっくりして父に確認すると
「だぶちゃったんだよ!がはははは!」
私がショックで固まってると
「俺は登校拒否の逆で登校過多だからな!がははは」
いい勉強になりますた・・・とーさん


78 :名無しさん@HOME:02/09/18 14:32
>77
うちも。とーちゃん3浪して大学入ったそうだ。
浪人したのは知ってたけどまさか3回もしてたとは。

でもここもっとハードな人が多いからこんなの全然大した事無いよね。

79 :名無しさん@HOME:02/09/18 15:03
>>78
大した事、無い無い・・・って、言っても とーちゃん3浪(w
 
ハードさ?から言えば下の段階、カラカラ福引?ならティッシュ進呈!
つートコでしょうか?
ちなみにウチはとーちゃん事では無いが、とーちゃんの兄が自衛隊から
昔、抜け出し(除隊せずに)知り合いっつー知り合いに、自衛官上司から
「お尋ね者」扱いされ、居場所探されまくってた(サラ金より怖いらしい
コレもポケットティッシュクラスの秘密だな・・・

80 :名無しさん@HOME:02/09/18 16:20
>73
そうですね。苦労してきた分、大切にしたいです。
どうもありがとうございます(ノД`)

81 :名無しさん@HOME:02/09/18 16:22
旦那が元ヤンだった。
道理で旦那も旦那家族も過去の写真を決して見せてくれないし
中学高校時代の話を殆どしてくれないわけだわw
その後更正、大学出て今は真面目な真面目なリーマン。
気にしとらんから写真見せて欲しい。オールバックのあなたが見たいw

私のも軽い秘密だな。

82 :78:02/09/18 19:20
>79
ガリ勉タイプじゃないので、遊んでたせいだと思うのがせめてもの救いか?(w
しかし、勤め先でも年相応に出世もしてたので全然気付かなかんだよ。
金融のくせに結構アバウトな会社だよ。

83 :名無しさん@HOME:02/09/18 20:41
母の兄弟は9人だと思っていたら、10人だった。
長兄が沖縄で戦死し、次兄が結核で死んで、生きているのは7人と聞いていたが、
戦死したのは次兄で、結核は3男だったと。
で、長兄は親兄弟にさんざん迷惑をかけたらしく、弟妹から満場一致で
絶縁されてるそうな。
母と同い年で「叔父さんのような関係」の人は長兄の息子(私の従兄)で
年上の「従兄のような」人は従兄の子供。
よく関係のわからない「のような人」が多いと思っていたが、そういうことだったとは。

「9人も10人も変わらないでしょ。死んだって聞かないから多分生きてるんだろうし。」
って、おかぁちゃん・・・。

84 :名無しさん@HOME:02/09/18 21:22
>>83
昔の人は多いね1人の子供って
>>「9人も10人も変わらないでしょ。死んだって聞かないから多分生きてるんだろうし。」
って多くいたらそんな感じなのだろうか・・・

85 :名無しさん@HOME:02/09/18 21:39
>72
>他所に子ども作ったのが理由で一度離婚した後、
>なんらかの理由により復縁したもよう。
>その二人、妹達と同年代なんだよね。知ったらショックだと思う。

遅レスですまんが。ということはそれぞれ浮気していたということ?
しかも子供まで作って。
復縁したのは良いとして、その時できた子供たちはどうやっているのやら。
親に捨てられたという心の傷を空けていないかと心配です。



86 :83:02/09/18 22:14
母の兄弟が多いせいで、
叔父の上下関係、叔母の上下関係はわかりますが、
叔父叔母の上下関係はさっぱりわかりません。
従兄弟も何人いるのやら・・・。
姉の結婚式に従兄弟とその配偶者まで呼んだら、
うちの親戚筋だけで2/3を占めました。

確かに9人も10人も変わらないかも・・・。

87 :名無しさん@HOME:02/09/18 23:11
婚姻届を出すのに戸籍謄本をとったら実の父でないことが判明。
昔から似てない、両親の結婚式の写真に幼い私が写ってる等疑問はあったが
あえて何も聞かずに過ごしてきた。
しかも結婚した旦那の父も実の父でなかった。
似たもの同士だなと思った。

88 :72:02/09/18 23:13
>85
父のみ浮気して隠し子発覚、それが原因で離婚。
話し合いによってより戻し再婚って感じの様です。
たまたま書類上で分かった事なので、誰にも何も聞けず
知った当時は一人で悩みました。
周りを不幸にしてる父親って・・・

89 :名無しさん@HOME:02/09/19 00:05
>83
「ランチの女王」がふとよぎりました。

             …ケンイチロー

90 :名無しさん@HOME:02/09/19 13:14
>>87
旦那さんも戸籍謄本を取ったとき?
だったら凄いね・・・

91 :名無しさん@HOME:02/09/19 13:34
父が会社を辞めて独立したことを、子供の頃から
「最終的には自分だけの力でやってみたいと思ってた」
とカッコイイことを聞かされてきたが
このあいだ、実は退職に追い込まれ、止むを得ずの決断だったと知った。
ちょっとショックだった。

92 :名無しさん@HOME:02/09/19 15:19
>>91
(´-`).。oO(なんでだろう?) でも独立して立派じゃん

93 :名無しさん@HOME:02/09/19 15:33
うん、それで食っていけたんだから偉い

94 :名無しさん@HOME:02/09/19 15:47
うん。リーマンの人が独立するって代々自営の人に比べると
感覚が全然違うから本当に大変だったと思うよ(うちは代々自営)。
脱サラ系番組見ると「そんな会社思考でやってけるか」って思うもの。
会社の威信は使えない、業種がリーマン時と違えばコネもない。
失敗せずに食べていけたお父さんは本当に凄いし頑張ったよ。
実力があったんだと思う。

95 :名無しさん@HOME:02/09/20 16:54
うちも自営だけど、父の代で職業を変えたので大変だったみたい。
>91 退職に追い込まれた理由にもよると思いますよ。
派閥関係もあるかもしれないし>島コーによると

96 :名無しさん@HOME:02/09/20 17:57
自分も社会に出て働き出すと
いろいろと親の気持ちも分かってくるもので・・・

97 :名無しさん@HOME:02/09/20 18:22
私は消防のとき母を亡くしてるんですが、
その後再婚せず独り身を通した父を自慢?に思ってました。
母が亡くなってから15年経ち、
兄弟揃って父と酒を酌み交わしていたときに
話の流れから、冗談で浮気したことあるか?としつこく聞いたら
あるって答えた!
しかも結婚する前から姉が小学校入るくらいまで10年弱も!
相手がお見合い結婚するからと別れたらしいが
あいつ(私の母)はチョロイから絶対バレてない、と誇らしげに言いやがった。

私は結婚して半年経ちますが、
一度も父には連絡してません。(怒)

98 :名無しさん@HOME:02/09/20 20:44
>97
そりは辛いね・・・私も多分そうすると思う。
親の浮気ってめちゃめちゃ傷つく。数年前、父の浮気相手?らしき
女性(バツイチで父の同僚)が母に逢いにきたことがある。
「書類か何かの忘れ物を渡したいので・・」って喫茶店で会って受けとった。
はっきりした事実はわからないけど、父の沈黙が事実を語ってると思う。
親の夫婦仲は、だいぶ落ち着いて一緒に海外旅行とかに行ってるけど
父に対して冷めた気持ちは回復しない。春に親にとっては初孫になる子どもが
産まれる予定なんだけど、父には触られたくないってのが正直な気持ち。

99 :97:02/09/20 22:30
>98
最後の2行に禿同。
夫婦喧嘩も記憶に無いし、父は母にベタ惚れだと思ってた反動で
かンなりショックだったし軽蔑に近い感情を抱いた。
まあ、何十年も前の話なのでいまごろ責めてもかわいそうなんだけど、
母にはバレてない、の発言が火にガソリンを注ぎますた。

今となっては他の兄弟からも連絡が無く
さみしい独り暮らしをしているようです。。。
ちょっとかわいそうだから年末には顔出してあげようかな。

100 :名無しさん@HOME:02/09/20 22:33
そこまで嫌いなら二度と会うなよ。

101 :名無しさん@HOME:02/09/20 22:39
みなさん!今>100が大きなお世話をしました!


102 :名無しさん@HOME:02/09/21 00:40
>>97
>>98
読んで「エル・スール」って映画を思いだした・・・

103 :名無しさん@HOME:02/09/21 16:46
みんな修羅場だなぁ・・・怖ヒ。
私の話はむしろほのぼのなんで、気楽に読んで下さい。

私の家族じゃないんですが、親戚のご夫婦の話です。
今年で40になるご夫婦なんですが、どちらも物凄い美男&美女。
ハッキリ言って2人とも30代前半にしか見えません。
2人とも若い頃はさぞかし異性を泣かせてきたんだろうなぁと思っていました。
ところが先日、親戚一同が集まっての宴会のときのこと。
酒が入っていたせいもあって、みなさん口が回る回る。
死んだ爺ちゃんが昔は近所のおばちゃん(存命)と付き合ってたこととか、次々と暴露話が。
そんな中、話題が件のご夫婦のことに。
そこで私は聞いてしまいました。
件のご夫婦は、実は童貞と処女のままで結婚したとのこと。
旦那さんは、端正な顔立ちとは裏腹に昔から堅物で、超のつく硬派。
奥さんは、わりと周りに流されないというか、その内なるようになるという感じで、
高校時代には何と40人もの告白を全て断ったそうです(同級生だったという伯母談)。
そんな2人が知り合ったのはお互い24歳の時。
知り合ってからは流れが早く、1年後には結婚したそうです。
「彼女、初夜はどうしたらいいのかって、私に泣きついてきたのよ〜」と伯母。
「ほお〜。そういや、俺は彼に『やり方を教えてくれ』と相談されたよ」と叔父。一同爆笑。

そんなお2人は、今日も変わらず幸せそうでした(さっき会ったw)。

104 :名無しさん@HOME:02/09/21 16:53
ひゃ〜なんか素敵ですね。
美貌に恵まれているのに、慢心しない心の強さって
すてきです

105 :名無しさん@HOME:02/09/21 17:01
ものすごーく盛り上がる初夜だったんじゃないかな。


106 :名無しさん@HOME:02/09/21 18:01
>>103
いいね!
マンガの「ふたりエッチ」と同じパターンだ。

107 :age:02/09/23 21:06
age

108 :名無しさん@HOME:02/09/23 21:07
子供が生まれたので皆さんに名前を考えてもらいたいのです
http://tv2.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1032757269/



109 :名無しさん@HOME:02/09/23 23:13
>>108
は無視で進行中

110 :名無しさん@HOME:02/09/24 08:43
>106
奥手で相手がいなかったというのと、浮ついていない性格なので、
周囲の誘惑をきっぱり断ってきたというのは全然違う話だと思います。


111 :名無しさん@HOME:02/09/24 15:57
今年31歳。21歳の妹がいると、先月しりますた

112 :名無しさん@HOME:02/09/24 17:00
>>111
こうゆう場合はどうなんでしょうか?
知った真実の悲しさか若い妹が出来たうれしさ・・・
男だけの家系だったらうれしいでしょうが?

113 :名無しさん@HOME:02/09/24 17:39
母方の叔父叔母、美男美女が多くてそれぞれに浮き名を流していたらしく
結婚式には何時誰が怒鳴り込んでくるかヒヤヒヤものだったと
厨房の頃に聞いていたのだが、
先日のじいちゃんの葬儀の際長男の叔父さんには隠し子までいたと判った
(その人に連絡はしたが来ないように言ったとか何とかばあちゃんの会話で)。
妹と二人で、「まだ見ぬイトコかぁ…」としみじみしてしまいますた。

114 :名無しさん@HOME:02/09/24 18:04
成人する年になって知ってしまったのだけど・・・・。
自分の父の実家が童話であった事。

父は幼い頃に離婚したのでよく覚えていないけど
母に対する暴力が酷かったり、すぐにキレたりする人だったから
怖いというイメージだけが残ってる。
父方の親戚もみんなかなり素行の悪い人達が多かった。
でも祖母は温厚な人で、大好きだった。

関連があるのかないのか解らないけれども
バブルの真っ只中にも関らず、私自身も就職先に恵まれなかった。
その時は父の出生について知らなかったけれど・・・。
(就職出来なかったのが自分自身の問題だったらいいと思う)

115 :名無しさん@HOME:02/09/24 21:18
現在形で進行中の話し。
父は婿養子なのですが実家ともめたらしくなにやら色々あった模様。
漏れには何も話してくれないが爺さんの何回忌だかを区切りに縁を
切った様子。
こないだ「やっと終わったYO。。。」と寂しげにもらしました。。。
何があったんだ父ちゃん。。。。。。

116 :名無しさん@HOME:02/09/25 04:53
仲の良い義兄と酒飲み話になって、童貞喪失の話題になったら…
義兄、レイープだとよ。勘弁してくれ、自慢げに語るなよ。・゚・(ノД`)・゚・。
あんた、そんな人じゃないと思ってたのに…

117 :名無しさん@HOME:02/09/25 05:36
>116
ヲイヲイ・・・
心中察するっす

118 :名無しさん@HOME:02/09/25 10:25
親戚のお婆さんがお産婆さんやってて、
事情のある赤ちゃんを養子に出す仲介業みたいなことしてたって聞いてしまった・・・
人身売買じゃなければいいんだけど・・・

119 :名無しさん@HOME:02/09/25 13:49
>>113
結婚後は浮いた話は無しにして欲しいですね。
まだ、見ぬイトコ気になります。
>>114
この話はちょっと思いっすね。暴力的な事があればイメージ付いてしまうし。
皆さんがそうではないと思うけど、暴力はいけないですよ。
就職も関係があったのでしょうか・・・
>>115
縁切るぐらいの原因・・・気になりますね
>>116
ガーーン・・・そんな人じゃないって事は普段はそういう風に見れない方なのでしょうか
>>118
事情がある赤ちゃん・・・この赤ちゃんは何の罪も無いのに親の都合で違う
家庭に育てられるのは可哀想・・・しかしこんな親よりちゃんと育ててくれる
家庭なら、まだましなのかも。

120 :名無しさん@HOME:02/09/25 14:33
友達の話なんだけど・・・、父親がよそにも子供を作っているのは
うすうす知ってたけど、30過ぎて初めて妹と顔をあわせたら・・・。
父親が妹につけた名前は自分と同じ名前だった・・・。
「向こうは『お姉さん』って呼ぶけど、私はなんて呼べばいいのやら」
と、途方にくれておりました。

121 :名無しさん@HOME:02/09/25 16:04
すげ〜汚い父親だね…
それ呼び間違え防止でしょ?

122 :名無しさん@HOME:02/09/26 01:46
>>120
その親父最悪だな!!
娘さんが可哀想だよ

123 :おさかなくわえた名無しさん:02/09/26 02:26
>>116
縁を切りなさい。

124 :名無しさん@HOME:02/09/26 04:24
母が流産を何回かしているのを19の頃にはじめて聞いた。
2歳くらいの頃確かに、祖父母のところに預けられていた記憶と
真ん中の弟と(3人兄弟)5歳離れていることとが
合致してなんとなく納得したけどやっぱりびっくりした。

それを聞いて以来、荒れていたとき弟達に当たっていた自分が情けなくなった。
ずっと優しい子といわれ続けていて、自分もそれを密かに自慢に思っていのだけど、
小6の頃、じいちゃんが死んだとき親戚でただ漏れ一人だけが泣けなくて
「あ〜、優しいとか言われてるけど、結局俺は小遣いのためにしか
じいちゃんをみていなかったから泣けないんだ。」って思ったときから段々と荒れていった。

5歳も離れていれば弟って兄貴に逆らうことはあんまりできない。
それをいいことに気に食わないことがあると特に真ん中の弟に当たったなぁ…

もし、1〜2歳しか離れていない弟か妹がいたらさぞかし馬鹿な兄貴なんだろうな。
まぁ、今は天国で馬鹿にしてんだろう。

しかし、流産を繰り返しながらも、祖父母に白い目で見られながらも
今の弟達を産んだ母は強いなぁ…

ちょっとスレ違いスマソ

125 :124:02/09/26 04:36
>>124
日本語変なとこ多い。鬱

126 :名無しさん@HOME:02/09/26 04:41
>>120
w

127 :名無しさん@HOME:02/09/26 05:01
流産て結構みんなしちゃうものなんじゃないの?

128 :名無しさん@HOME:02/09/26 11:13
多いらしいね

129 :名無しさん@HOME:02/09/26 16:46
じーちゃん(故人)が呆けて寝たきりになって入院していた時のこと。
従姉妹の手を握りしめて「みさえ・・・」と言ったらしい。
そこにはばーちゃんを含め何人かいたけど、全員「!?!?!?」
だってばーちゃんの名前じゃないし、そんな名前の人
身内にも知り合いにもいなかったから。

結局「じーちゃんも結構やるな」ってかんじで笑い話になったけど、
誰だったんだろ・・・

130 :名無しさん@HOME:02/09/26 17:21
>>129
愛人というよりは、隠し子では?とオモタ

131 :名無しさん@HOME:02/09/26 17:22
単なる初恋の人では? とも思えるねw。
憧れの君で幸せな夢見てるとか。

132 :名無しさん@HOME:02/09/26 17:43
クレヨンしんちゃんのママかもしれん

133 :名無しさん@HOME:02/09/26 17:55
かれこれ数年前の話になります。
僕は大学受験の合格発表の掲示を見に行き合格の確認をしてから家に
戻りました。 家族(父、母、姉)に合格を伝えるとみんな異常に
喜びました。 みんなの異常な喜び方に少し驚きつつも、そのまま一夜
明けましたら突然姉がいなくなっていました。
母にどうしたのか聞くと「なに言ってんの。今日から留学しに行くん
じゃない。」 と一喝されました。しかし、絶対にそんな話をされた
記憶はありません。
次の日起きると父が大きな荷物をもって出かける準備をしていました。
聞くと今日から単身赴任だとか。もちろんそんな話をされた記憶はない。
あまりにも突然な出来事の連続にとまどっていましたら、 夕方にある
会社の人から話があると言われたので、その話を聞きに行きました。
そこで僕は今の家族はその会社の派遣したレンタル家族だということを
知らされました。
私の本当の両親はまだ私が小さい頃南米に研究に行くことになり、自分
たちに何かあったときの為に「自分たちが帰るか、私が大学に受かるまで」
という期限でレンタル家族を雇っていたというのです。
そして本当の両親は南米で行方不明になりとうとうレンタル期限を迎えた
というわけらしいのです。最初、私は当然そんなこと信じませんでしたが
「そのときの為に」と残された様々な遺品や証拠を並べられ、何も言い返せ
ませんでした。
私は今までの家族との記憶を回想しながら家路につきました。
そして自宅に戻るとそこには私の大好物を作って待ってくれている母が
いました。何て言えばいいのかわからず、お互い言葉少なに最後の食事を
噛み締めました。涙が出そうでした。
そして朝。
誰もいない食卓で一人朝ご飯を食べ、私は今までと変わらずに出かけました。
もう誰もいない家に向かって今までと変わらず「行ってきます。」と言葉を
残して。


134 :名無しさん@HOME:02/09/26 17:57
>>133
・・・。ヲイ、大丈夫か?

135 :名無しさん@HOME:02/09/26 17:58
うーん、いまいちだな

136 :名無しさん@HOME:02/09/26 18:00
おもろかったよ。

137 :名無しさん@HOME:02/09/26 18:13
>>133
不覚にも泣きそうになった(ピュア

138 :名無しさん@HOME:02/09/26 18:14
>133
結構ウケタ

139 :名無しさん@HOME:02/09/26 18:14
まあまあだね。

140 :名無しさん@HOME:02/09/26 18:36
つまんない… まあ、2ちゃんでスレ汚しするにとどめて桶

141 :おさかなくわえた名無しさん:02/09/26 18:47
>>133
タモリの「世にも奇妙なものがたり」にそのまんまの話があったなぁ。

142 :名無しさん@HOME:02/09/26 19:38
あー、「世にも奇妙なものがたり」だったんだっけ。ドラマでみたよ。
でもドラマにするほど面白くないなー文章にすると短けー

143 :名無しさん@HOME:02/09/27 14:26
たまには、あり

144 :名無しさん@HOME:02/09/27 15:41
>133 最初僕ではじまり、途中から私になっている。推敲の余地あり。

145 :名無しさん@HOME:02/09/27 21:16
父が血液型がB型、父の弟はA型
父の父はO型、父の母はA型だということ。

父と父の母は似ているから、たぶん親子だと思われる。
妊娠中の話をしてたこともあるし。

父の両親が亡くなってしまったので、真相はわからない。

146 :名無しさん@HOME:02/09/27 22:44
友人のアメリカ人男性。両親は中学生の頃離婚。母親に引き取られたが母親はすぐ
再婚。再婚相手の連れ子(男)と妹(父母ともに共通)の3人きょうだいで仲良く
すくすくと青春時代を過ごす。一方、実の父親も再婚。再婚相手も連れ子(女)あり。
さらに父親と再婚相手の女性との間に男の子が生まれる。
都合妹2名と弟5名の計5人きょうだい、現在もしょっちゅう行き来があるそうだ。
ちなみに義理の弟君はゲイ。恋人(男性)と同居中。この恋人も「弟」として仲良し。
将来、それぞれの親もきょうだいたちも皆ご近所で暮らすのが夢らしい。
そんな彼も近く結婚する。もちろん、新妻もみんなと仲良し。
アメリカ人だからか? 彼の家庭が特殊なのか?




147 :146:02/09/27 22:46
↑すいません、全然関係ない話で。
ただ、このスレ読んでて「彼の家庭に秘密はあるのか?!」と、
激しく思い出したんで。


148 :名無しさん@HOME:02/09/27 23:23
>146
米加豪にはそういう家庭ちょくちょくある。
驚く程のもんではない。自分の知り合いにも数人いる。

149 :名無しさん@HOME:02/09/27 23:27
>>146
アメリカ的考えはよくわかりませんが・・・。基本的に家族の絆に関しては
一緒じゃないでしょうか?場合によればそれ以上かな、メディアの情報でしか分かりませんが。
この場合は日本でもありそうですが・・・ゲイも徐々に認識されつつあるし。
(性同一障害として)仲がいいのはいい事ですね。

150 :名無しさん@HOME:02/09/28 14:00
映画でみると絆が強そう
家族に対して恥ずかしさが無いって言うか・・・

151 :名無しさん@HOME:02/09/28 14:14
性同一性障害とゲイは別のものだよ。

152 :名無しさん@HOME:02/09/28 15:27
>>151
同意。ゴッチャにしてる人が多いけど、知識は持って欲しいよね。

>>150
むしろ日本の家族関係が希薄過ぎるのでは?

153 :名無しさん@HOME:02/09/28 15:56
アメリカとは歴史の成り立ちが違うんだから、
表現方法だって違うだろう。それだけのこと。
希薄とかそういう問題ではない。
アメリカでもあの「愛しているよハニー」が
重荷だって人はいる。

154 :名無しさん@HOME:02/09/28 16:37
日本と違って養子縁組も結構見かける国だからね。
連れ子に対する意識が日本と前々違うんだろうなぁ。

155 :名無しさん@HOME:02/09/28 16:42
そういやアメリカにちょっと居たとき、近所にベトナム人の兄妹を養子にしてた人がいた。
で、実子がその下に産まれてる。
向こうは人種違いも気にしないしね。

かたや日本人の我が家は、私が養女だってこと、廻りは誰もしらないよ(w

156 :名無しさん@HOME:02/09/28 17:16
>>153
別にアメリカに限らないんじゃない?
日本でもこういう考え方に疑問を持つ人はいるし。

157 :名無しさん@HOME:02/09/28 20:20
ハワイのホテルで女の子を抱いた白人男性に「可愛い赤ちゃんですね」
「はい、養女なんです」。
初対面5秒で言うなよ。確かによく見ると父娘で人種が違った。
(赤ちゃんは少し南米風の顔立ち)おおらかだね。悪いことではないと思う。



158 :名無しさん@HOME:02/09/28 20:22
アメリカって正直あまり好きな国じゃないんだけど、
養子に関しては本当にいい国だと思う。

159 :名無しさん@HOME:02/09/28 20:25
留学時代のクラスメート。「ロスやニューヨークのコミュニティに集まる
ゲイは酒飲んで騒いでセックスのことしか考えてない。
うちのゲイの叔父さんが、もっとゲイを巡る社会問題を語り合えると思って
都会のそういうコミュニティに参加してがっかりしてた。うちの叔父さんは
立派なゲイだよ。1人の恋人とずっとステディな関係を守っているし、
ゆくゆくは養子を取って、温かい家庭を築きたいんだって。偉いと思う」
そういう彼女は両親・親族公認の恋人を持つ堅実なレズビアン。



160 :コギャルとH:02/09/28 20:27
http://www.tigers-fan.com/~jko

http://www.tigers-fan.com/~tyk

女子中高生とHな出会い
  ロリロリ児童とHな?
  2チャンネルで超有名

161 :名無しさん@HOME:02/09/28 21:42
     はいはい皆さんスレ違いですよ。

−−−−−−−−−仕切り直し−−−−−−−−−

162 :名無しさん@HOME:02/09/29 15:32
マターリいきましょう

163 :おさかなくわえた名無しさん:02/09/29 15:36
>>116 最悪。

164 :名無しさん@HOME:02/09/29 15:45
僕が生まれる何年も前、
母は死産を経験したらしい。
その死産した子は男の子だったって両親から聞いた。
両親が結婚してから僕が生まれるまで、
結構間がある。(12年位)
死産の話を聞くまでは、
「なかなか妊娠しなかったんだな」と思ってた。
でも実際は死産のあと、母がショックのため、
すぐに次の子供を産む気がしなくて、
僕を産むのが遅くなったらしい。
消防の頃は「もうちょっと若いかーちゃんなら良かったのに」
と思っていたけど、今はそう思っていたことを反省している


165 :名無しさん@HOME:02/09/29 16:44
雅子さんが流産したというニュースがあったときに、
母が 私もアンタを産むまえに同じ種類のの流産をした、
という話を教えてくれた。
そのときは17ぐらいだったと思うけど、
そんな話は全然聞いた事無かったので驚いた。
その時は実感わかなかったけれど
後になって考えたら自分にも姉や兄がいたのか・・・という思いより
母がずっと黙っていたということで、
どれほど傷ついていたのかということも分かった気がして哀しくなった。
>>116さんとはちょっと違うけど思い出したので書いてみました。


166 :名無しさん@HOME:02/09/29 16:45
あ、違う!>>164だ・・・。

167 :名無しさん@HOME:02/09/29 18:07
10年前に他界した母は5人姉妹の三女。
親戚は遠地だったけど、仲がいいのか親戚
ぐるみでよくおつきあいをした。

そんな中で何故か最年長の叔母(母の長姉)の話が
ひとつも出てこない。故人ではないという。
でもどうして疎遠なのか話してはくれなかった。
タブーという雰囲気だった。

だた思い出話の中では
「**(地名)の姉さん(長姉のこと)が母親がわりに
なってよく面倒見てくれて…」と言っていたので
憎み合っているわけではないと思っていた。

そしてその5人姉妹の中で一番早く他界した母の葬儀
に初めて見る顔が2人あった。
例の母の長姉にあたる人の子供、私にとっては従兄弟
だった。

私の姉が聞いた話では叔母(母の長姉)の結婚相手が
宗教がらみだったのがよくなかったらしい。
他の叔母達とは交流があったみたいなので、どうもウチの
母がか過剰反応していたのか…今はわからない。

でも大人になったら教えてほしいと思う。隠さないでさ。
                                                           

168 :名無しさん@HOME:02/09/29 22:42
>>167
宗教は難しい問題ですね。


169 :名無しさん@HOME:02/09/29 22:51
うちは、私が両親の結婚13年後の子供なので、それまで流産とか
死産とか、堕胎とかないか?と聞いたら何もないと言われていて、
できにくかったんだな〜、ふ〜んと思っていた。
でも、妊娠したことも無かったとは。
私は親戚から貰われてきた養女ですた。

今は私も子だくさんで、孫を養父母(気分は実父母ですが)に可愛がって貰ってます。

170 :名無しさん@HOME:02/09/30 14:05
>>169
その秘密はどうしてバレたのでしょうか?
良い家庭ぽい雰囲気っす

171 :名無しさん@HOME:02/09/30 14:08
けっこうでかい秘密だと思うけど>169
親孝行で仲良くてよかった。

172 :名無しさん@HOME:02/10/01 17:38
>>169
ほのぼの

173 :名無しさん@HOME:02/10/01 18:12
>>170>>171>>172
おぉ、三連レスありがとうございますた。
秘密がばれたのは、19の時の外国旅行のパスポート所得のため
本人が戸籍謄本持参・・・という事ですた。
実はそれ知って、出発まではちょっとギクシャクしたんですが、(夜中に布団の中で涙したことも)
4週間の長期滞在(というか短期ホームスティ)のため、帰ってきたときは
吹っ切れてますた。
それっきり普通の親子関係で、普段、養女養父母と言う事を忘れてます。
そう言う話を読んだときとか、ふと、あれ、そういや私もそうだっけと思い出す位ですよん。


174 :名無しさん@HOME:02/10/01 22:12
>>173
知った日に両親に告白したの?

175 :名無しさん@HOME:02/10/02 13:00
母の弟一家・・・私の従妹なんですが2人姉妹で2人ともヒキに・・・
上は29歳で下は27歳。上の娘は過食と拒食を繰り返しアルバイトをたまにやりつつヒキ。
下の娘は通信制の高校を出た後やはりアルバイトを一時していたがヒキに・・・分裂症を
患っているらしい(本人達の母つまり私の義叔母談)
最後に私が下の娘に会ったのは10年前。某ヴィジュアル系バンドの追っかけをしていたらしく
フランス人形のようないでたちで新年の挨拶にやってきた。ちなみにその時言葉一言も発せず。
上の娘は8年ほどまえ祖母の家に行った時(叔父は長男で祖母と同居)
「チャーハンを作れ〜」と2階から下りてきてダイニングにどかんと座ってたのを見た時。
会釈だけこちらによこした・・・小さい頃はトイレにまで付いてくるほど私に懐いていたのだが・・・
(余談かもしれないが、彼女は中学生になるまで夜尿症だった)

それ以来私が何度この家に足を運んでも彼女らを見ることはない。
(祖母への)結婚の報告の時も私の娘を披露した時も気配だけで現れない。
叔父も義叔母も私達家族もお邪魔した時その事を口に出しはしないが不自然だよね。
祖母は私に「おむつをまめに替えてミルクをやる時は見つめてあげるんだよ子供はそういう事
覚えてるからね」と意味深に言い、母から聞くところによると叔父は義叔母を「お前の所為だ」
と責めているらしい。ちなみに叔父は普段単身赴任が多く、来年定年。
叔父の定年後、この家族はどうなるんだろう・・・と時折考えてしまう。

176 :名無しさん@HOME:02/10/02 13:03
>「お前の所為だ」
これを言う旦那のいる家庭の崩壊は、大体旦那のせいです。

177 :名無しさん@HOME:02/10/02 13:23
>176
ハゲドウ。

178 :名無しさん@HOME:02/10/02 13:27
>176
私もそう思います。2人がヒキりはじめた頃私の母が叔父に忠言したのですが
「女の子だから別にそんなに働かなくても良い。そのうち飽きて働き出すだろうし
働かないなら無いでどうせ嫁に行くんだから」と返されたそうで呆れてました。

ちなみに義叔母は30年来ママさんバレーをしていて、しかもかなり強く、遠征などにも
行くようです。家事はきちんとこなす人なんですが(料理上手)、色々なことを組み合わせて
考えるとこの夫婦は娘達を「放任」してきたんだな、と思います。愛情過多も放任も紙一重。
育てられ方だけでこうなるとは思いませんが大きいとは思います。

179 :名無しさん@HOME:02/10/02 13:27
↑175です。

180 :名無しさん@HOME:02/10/02 16:49
>178
子育てって難しいんだね。
うちの前の家も長男がヒキだよ。

181 :名無しさん@HOME:02/10/02 19:24
内容には関係ないが、義叔母というのは初めてききました。

182 :名無しさん@HOME:02/10/03 11:27
>181
おやまあ、びっくり。

183 :名無しさん@HOME:02/10/03 14:25
>>175
自分も今アルバイトしながらたまにヒキです。
自分が言うのも何ですが・・・甘えでしょう。
親の居るありがたみと言うか・・・
ちょと自分も考え直します。

184 :名無しさん@HOME:02/10/04 13:43
確かに、このままじゃマズイ状態だと思う
どこかで気持ちを切り替えないと・・・

185 :名無しさん@HOME:02/10/05 13:06
それぞれの家庭にはいろいろな問題があるもの仕方ない

186 :名無しさん@HOME:02/10/05 13:30
>>81
元ヤンって隠すのかな?
折れ元ヤンで鑑別所まで行ったけど、その後更生して、大学もいって、
今会社興してがんばってる。
むしろ、ネタとして、よく話すけどなぁ。
(あんまり真面目な人は引くので、その内容は人によって部分的に)

187 :186:02/10/05 13:32
あ、折れ元ヤンだけど、一時期ヒキもやってたよ(二年半くらい)。
それもよく、ネタに使ってます。
全部ネタにしちゃえばオモロイと思うんだけど。

188 :名無しさん@HOME:02/10/05 13:34
というか、ネタにするという無神経さに引くのだと思います。
レイプ話や窃盗話をおもしろおかしく話すのとさほど、
抵抗感は変わらないかと。
まあ、自分の子どもがヤンキーの被害にでも合えば、
わかるんじゃないですか。

189 :186:02/10/05 13:38
輪姦は折れの回りではやってる香具師いなかったなぁ。

窃盗、ケンカ(第三者を巻き込んでないやつね)、
あと特に警察に対抗して云々、的な話は結構ウケるけどなぁ。

190 :186:02/10/05 13:41
あ、逆に言えば、81カレは、言えないほどヤバい系の元ヤンだった、
という可能性もあるね。
俺らの時代の元ヤンは、同業(ヤン)、警察以外の
しろーとさんには迷惑をかけない(厳密にいえば、迷惑はかかってるけど)
って時代だったんで、ネタにしやすいってのはあるかも。

昔のヤクザは様になったけど今のヤクザはダメってのと同じ話ね。

最近の香具師らは、しろーとさん殺したりとか、むかつくのが多いね、
そういえば。

191 :名無しさん@HOME:02/10/05 13:48
ヤンキーの倫理観をそうでない人に理解してもらうということは無理では?
ヤンキーにもいろんなのがいますし。
私の知り合いは、暴走族同士でしか抗争してませんでしたけど、
だからといって、迷惑がかかっていない、ということはないでしょう。
深夜の安眠を妨害されたり、道路で迷惑行為・威嚇行為を受けた人もいるわけで。

186さんが個人的に努力をしたことは認められるべき、と思いますよ。
でも過去の経験については、「しなくていい回り道をした」という
マイナスの話として受け取ります(表面上はおもしろがって聞くでしょうが)。
私は道を踏み外さない勇気の方が、そうでないことより価値があると
思いますから。

192 :186:02/10/05 13:55
>>191
うんうん、もちろん、191さんみたいの意見は尊重するよ。
それが一番だよね。
折れもおっさんだからさ、191さんみたいなタイプ目の前にしたとき、
ヤンの話なんてしないって。そういうのって雰囲気でわかるじゃん。

んで、実社会では、そういう風にうまく雰囲気でしのげてるわけだけど、
ネットだと、誰が読んでるかわからないから、
実社会と異なりいろんな意見出てきて面白い。

一応、言い訳っぽいかもしれないけど、実社会でそういう話する相手は、
反体制的なところがあるとか、ちょと踏み外す対岸の岸に恐怖と
興味を同時に持ち合わせている人とか、そういう人に対してだけだよ。
きっちりまっすぐに生きていても、そういう対岸への興味って、
結構持ってる人多いと思うんだよね。

基本的に女性にはほとんど話さないね。
女性については、カミさんとか、ごく一部の飲みトモダチくらいかなぁ。

最後になるけど、折れのこの「人を選んで話してるから大丈夫」ってのは
もちろん取りこぼしもあるだろうことは認識してる(実は家帰ってから、
後ろ指さされたりとかね)。

折れが言いたいのは、現状での人格でそれをカバーできないような人間には
なりたくないから、敢えて昔の話もネタで出すってところかなぁ。
それで引いちゃってつきあいなくなるような相手だったら、
自分の現時点での力量不足ってことだから、粛々として反省する、それだけの
ことだね。

193 :名無しさん@HOME:02/10/05 14:15
>>192
うーん。自分ではオサーンの「若かりし頃は俺もチョト悪でさ〜」的な武勇伝と
思っているみたいだけど、私はかなり引く。
現在普通の社会人生活を送る元ヤンなんて沢山いるだろうから元ヤン部分には
ひかないけど、「ヲイヲイオサーン、鑑別所ってなんだよ」って思うわな。
そこに送り込まれるまでにあなたのいう「しろーとさん」に
多大な迷惑かかってただろうにオサーンになっても自覚なさそう。
むしろ未だに「しろーとさん」なんて言い方してる所にその頃の自分は
輝いていた!っていうナルも感じるし、何の反省も成長もしてない模様。
反体制とか興味を持っている人って言うのもスゲエ底が浅そう・・・。

同じ雰囲気の者同士で誉めあって馴れ合ってるっぽい・・・。
「ヒュー! 192さんってカッコイイっすねぇ! ビッとしてるう」
「何言ってんだよ。昔チョット無茶しただけだよ。オメエも頑張れよ」
こんな会話しか浮かばなかったよ。

194 :81:02/10/05 14:23
>>186
私の彼とアナタよりヤバイとか決め付けないで下さい。猛烈に不愉快です。
その後、彼の兄に教えてもらいましたが、
暴れたり事件起こしたり警察のご厄介になったりしておりません。
アナタみたいな浅薄な思考の方には分からないかもしれませんが、
本当に不快ですよ。

195 :81:02/10/05 14:26
ああ、2chなのにマジで腹立ってきた。
微笑ましい程度の思い出話が一気に汚された気分です。

196 :186:02/10/05 14:36
>>81
あんたのダンナ年収なんぼ?
悪いことやるときに気合はいってないやつぁ、
更生してからも中途半端なもんだよね。

まぁ元ヤンに限らず、家庭の複雑な事情とか、いろいろ人に
言いにくいことってあるけど、それをネタにできないやつぁ、
その程度の器ってことよ。

あとさ、知らない人に吹聴するようなのはバカだと思うけど
(今、折れはバカね(笑))、
仲の良い人にそのあたりも晒すことができない
ってことはその程度の関係なんじゃん?ってこと。


197 :186:02/10/05 14:36
>>193
まぁ、普通のリーマン家庭で育ったOLとかは確実に引くわな。

198 :81:02/10/05 14:40
金でしか換算できないような人生を送っているのですね。
ということで以下あなたは放置します。さようなら。

199 :186:02/10/05 14:40
あとさ、カネは別だよって言われるかもしれないけど、
折れ、従業員30人抱えた一国の主よ。
小さな会社だけどね。
まぁ2chでは嫌われるだけろうけど、カミさん、家族と、そいつら従業員、
こいつらだけは死んでも守る気合は入ってるよ。

そこいらの腑抜け野郎と一緒にすんなっつぅの。

200 :186:02/10/05 14:43
>>198
ああそのとおり、カネなんて、人生のほんの一部だよ。
だけど、カネは厳しい現実ってこと。
カネを重視しないで理想論だけ言って文句ばっか言ってる
やつぁ腐るほどいるけど、そいつらは所詮その程度の器よ。

本当のところ、カネをつかむためには、どれだけの努力や
人間関係が必要かわかってていってんのかい?

悪いけど、家では折れはカネなんかどーでもいい、家族これ一番よ。
従業員の前では従業員一番。
お客さんも一番。
いろんな一番があって、目一杯やって、結果、カネがついてくる。
その証としてのカネにこだわれないようなやつぁアウトだね。

201 :名無しさん@HOME:02/10/05 14:45
>>81
チンピラには、アバズレがくっつく。これ、どの世界にも限らず、相場だね。

202 :名無しさん@HOME:02/10/05 14:51
ジサクsジエーンかと思うほど似ている186ト81
元ヤンの文化なのでしょうか。

203 :名無しさん@HOME:02/10/05 14:52
ほんと元ヤンはどうにかしてほしい。

204 :名無しさん@HOME:02/10/05 14:52
ちんこage

205 :元ヤン:02/10/05 14:54
ちみたち永ちゃんの「成り上がり」を読みなされ

206 :名無しさん@HOME:02/10/05 14:56
age



207 :名無しさん@HOME:02/10/05 14:58
エイジage

208 :名無しさん@HOME:02/10/05 14:59
age

209 :名無しさん@HOME:02/10/05 15:00
…てか、186って、過去がどうあろうといくら金稼いでいようと関係なしに、
今現在の中身がダメダメだと思われ。
粘着過ぎ。
今自分が成功を掴んでいると心底思うのなら、
これくらいの会話はするっと流せや。大人気ない。

210 :名無しさん@HOME:02/10/05 15:00
>205
それがなんだよ? アホか。自分も同じレベルのつもりなんかい

211 :名無しさん@HOME:02/10/05 15:01
自尊心を満足させるポイントが変。>元ヤン

212 :元ヤン:02/10/05 15:02
>>209
その指摘は正しいネ

213 :元ヤン:02/10/05 15:04
>>211
元ヤンだけに、更生して今はまっとうにやってる、とは言っても、
内面の深い部分には屈折した感情、というのが残っているのでは?

214 :元ヤン:02/10/05 15:06
>>205
そこまで行ってるつぅんじゃなくて、そこまでがんばらんとなー、
という感じでは。

215 :名無しさん@HOME:02/10/05 15:09
age

216 :名無しさん@HOME:02/10/05 15:13
age

217 :名無しさん@HOME:02/10/05 15:17
age

218 :名無しさん@HOME:02/10/05 16:01
元ヤンは所詮その程度の人間だと思います。
社会の底辺で生きてりゃいいの。
家庭とか学歴とか色々コンプレックスもってんでしょ?
で、こいつらだけは何があっても守ってやる・・・とかキレイ事
言って、口だけだね。変なヤンキー魂みたいなものをムキだしにしてる
だけでしょーが。ほんと社会からいなくなってほしい。大きらいです。

219 :名無しさん@HOME:02/10/05 16:07
元ヤンというのは置いておくとしても、彼はコミュニケーションがとれないんでしょうね(゚∀゚)

220 :元ヤン:02/10/05 16:51
学歴はW大卒だす
でも家庭にコンプレックスはあるな

221 :名無しさん@HOME:02/10/05 17:27
ここは元ヤンスレじゃないぞ。もっと適切なスレに行け・・・だからDQNは(略

222 :名無しさん@HOME:02/10/05 18:06
元ヤンさんって長渕派?的場派?
静香がキムタクごときと結婚したのはやっぱり許せない?
しろーとに迷惑かけてないって言うけど、
あなたを更正させた鑑別所の運営費用って
素ッ堅気が働いて納めた税金でまかなわれてることをお忘れ無く。

223 :名無しさん@HOME:02/10/05 18:16
>>220
そういうの、恥ずかしいよ… 一般的な感覚がないのかなー。

224 :age:02/10/05 18:22
>>218-222
そういうレスするから荒れるんだよ。自分に合わなかったら放置。これ常識
向こうの価値観を否定して悪口言ってちゃあんたらも同類
正直、客観的に見てどっちもウザい

225 :名無しさん@HOME:02/10/05 18:22
母が他界した時に知った事
その1
母は父と結婚する前に一度結婚していた事(その結婚では子供は出来なかった)
その2
爺ちゃんの記憶がないのはものごころつく前に亡くなってたのだと思っていたのだが、失踪していた事

226 :名無しさん@HOME:02/10/05 21:55
ちんこage

227 :元ヤン:02/10/05 21:58
DQNマンセー。
子供は、折れ(W大)よりいい大学行けるように、
いまから教育がんばってるよ。

工藤静香?それ誰?
永ちゃんと児玉誉士夫以外には興味無いね。

228 :名無しさん@HOME:02/10/05 22:40
ちんこage

229 :名無しさん@HOME:02/10/05 22:45
和光大?

230 :元ヤン:02/10/05 22:46
早稲田です。

231 :名無しさん@HOME:02/10/05 22:48
和歌山大学だと思った。

232 :バカボンのパパ:02/10/05 23:01
バカ田大学なのだ

233 :名無しさん@HOME:02/10/05 23:07
ちんこage

234 :名無しさん@HOME:02/10/05 23:17
ちんこage

235 :名無しさん@HOME:02/10/05 23:20
ちんこage

236 :名無しさん@HOME:02/10/05 23:22
どこかのおっさんを殴って植物人間にして家族の人生まで破滅させても、
殴ったヤンキーはつつがなく歳とって嬉しそうに
「昔は悪でさー、でも今は死んでも家族と部下は守るね」とかいってんだろな。
ひったくり被害者なんかよく引き倒されて頭打って死んだりしてるけど
当の殺人犯は嬉しそうに「おれも昔人様の金とったりしたけどさー今は反省してるね」
とかヘラヘラ話してんだろうな。
「輪姦した奴はいねーなー」とか言い乍ら強姦はしてんだろな。
被害者が自殺してても「大人しい女の子とセクースしたら泣いちゃってさー」とか
脳内変換してんだろな。気楽でいいやな。

237 :元ヤン:02/10/05 23:25
>>236
確かに、輪姦はしたことないけど、強姦はしたことあるね。
つぅか女なんてさ、汁たれながしてりゃ、和姦成立だから、
泣き寝入りだよね。

気楽つぅのは事実。来年は年収3本いくかなぁ。

238 :名無しさん@HOME:02/10/05 23:26
まだその話してんの?
妄想話は別の板があるでしょ

239 :元ヤン:02/10/05 23:26
妄想じゃないんだけど、まぁどう思ってもらっても結構。

240 :元ヤン:02/10/05 23:34
ちんこage

241 :1:02/10/06 00:52
レス急激に伸びててビクーリ
皆さんマターリいきましょう!

242 :名無しさん@HOME:02/10/06 00:59
元ヤン はハゲでデブで不細工のヒッキー君なので
みんな相手にしないであげてね!よろしく〜!

243 :名無しさん@HOME:02/10/06 02:02
昔はよくあることですが・・

父は次男で独立し単身で商売を開始し、
軌道に乗った頃、見合いで母と結婚しました。
母も働き手であったため、第一子の
姉を産んだあとは、父の命令で何回か
堕胎したそうです。

私ができたとき、同じように病院に行け
と言われ、病院までの道を歩いていた
そうですが、どうしても産みたくなり
途中で引き返して、怒る父に頼んだ
そうです。

父が亡くなってから、さりげに聞きました。
色々考えさせられました。

244 :名無しさん@HOME:02/10/06 02:25
>243
お父さんはあなたに優しかった?そしてご兄弟は居るんでしょうか?
もしも優しかったなら、あなたのお父さんも色々考えたんだろうな・・・

245 :名無しさん@HOME:02/10/06 02:45
自分の伯母は実は祖父の前妻の子供だと知った。
でも俺の母とその伯母の仲はめさめさいいんだわ。
全然ぎくしゃくしたところがなくて、あけすけで。
しかも後妻である母の実母(俺のばあちゃんだな)は
16歳でじいちゃんと結婚したらしい・・・。
当時祖父ちゃん40歳、。どないなっとんや。

246 :名無しさん@HOME:02/10/06 04:50
>244
ある一定以上の世代の男性には、堕胎に罪悪感持たない人が多いみたいだよ。
私の友達も、年子の妹との間にもう一人いたのだけれど、自営業の邪魔だからと
おろされたらしい。そしてまたすぐに出来たので、仕方なく産むことにしたのが妹。
避妊の手間>堕胎だと思ってるらしい父親の倫理観がショックだったそうだ。

247 :名無しさん@HOME:02/10/06 10:49
避妊は自分も協力しなきゃいけないけど、堕胎は自分は何ともないもんな…。
そう言うのを聞くと、猛烈に腹が立つ。女の身体をなんだと思っているんだっっ。
短大の頃に看護学の先生に「ちゃんと『避妊して』と相手に言わないといけない。」
言われたのを思い出す。

248 :名無しさん@HOME:02/10/06 10:52
>>244さん、246さんもレスさんくすです。

兄弟はなく姉と私の2人姉妹です。
父は優しい面もあり、しでかしてくれる
面もあり・・でも家族に対する責任は
強く、守ってくれる父でした。

246さんのおっしゃる通り、時代背景
もあり、どうこう言えるもんでもないん
ですが、ただ同じ女として胸が痛かった
よ。お母さん・・・(´・ω・`)


249 :名無しさん@HOME:02/10/06 10:57
>>247さんもありがとうです。
送ってから気がついたので・・

250 :名無しさん@HOME:02/10/06 18:51
避妊や堕胎が出来ない時代には「間引き」ってのもあったくらいだから
間引きよりも堕胎の方がまだ呵責が少ないって時代があって、
まだ避妊が浸透していなかったのかもね。
今はいろんな手段が選べるから、そんな選択をしないで済むってことに
感謝しよう

251 :名無しさん@HOME:02/10/06 20:45
>>174
亀レスですが、告白したのではなく、戸籍謄本を取りに行く事を知ってた両親が
ドキドキして待ってました。(といっても父は仕事で母だけでしたが)
私は最初「養女」という欄を見て、意味がわからず頭が真っ白になって
「実子でも養ってるから養女とかくのか???」と馬鹿な事をしばらく考えてました。

それで先にも書いたとおり、旅行にでるまで2ヶ月ぐらい、お互いちょっと
ギクシャクしましたが、4週間居ない間にこちらも心の整理がついて、
帰ってきたら元通りで今に至ってます。


252 :名無しさん@HOME:02/10/06 21:24
偏見かもしれんが、何気にここってAの次とかLの前の人が多いのかとオモタ

253 :名無しさん@HOME:02/10/06 21:28
>237
自慢ゲにいうことか?
俺も金で女買ってるが、ふつーに見合いして、来春にはケコーン予定だ。
女は買いつづけるつもりだよ。
それが、どうした?
強い者が弱い物を搾取しまくるのが、自由主義の原点だろ。
俺たちだってより強いヤツラに搾取されまくってるんだからよ。

254 :名無しさん@HOME:02/10/06 21:37
>>253
見合いなら身辺調査されてるからバレるよ。
もしくはもうバレてるよ。

255 :253:02/10/06 21:54
>254
えっ、でも、今月末に親に挨拶しに行く予定だぞ。
まあ、ばれたらばれたで当然という感じでいこうっと♪
うまくいったら、新婚からこうにんだーいっ(w

256 :名無しさん@HOME:02/10/06 21:56
ていうか、どっかで破談にして慰謝料もらう予定になっていたりして

257 :名無しさん@HOME:02/10/06 21:56
>>256
それだな。

258 :名無しさん@HOME:02/10/06 22:08
>>253
なんで結婚すんの?
世間体?

259 :名無しさん@HOME:02/10/06 23:18
>258
税金対策

260 :名無しさん@HOME:02/10/06 23:35
コムロか?

261 :名無しさん@HOME:02/10/06 23:36
事業専従者にでもなさってますので?

262 :名無しさん@HOME:02/10/07 12:55
>>253
買わなければ、見合いでなければ女が手に入らないことに
あなたには色々不自由な点があるようなので同情しとこう。

見合い相手は実に気の毒だが、自分の目で判断できなかったので
しゃあないわな。

263 :名無しさん@HOME:02/10/07 14:35
おばあちゃんは、いとこにレイプされて
傷物にされたということで責任とってもらうためにいとこと結婚させられていた。
子どもから見てもワガママでイヤな祖父だった。おばあちゃんカワイソウ。

264 :名無しさん@HOME:02/10/07 23:27
身内といっても安心出来ない。
そういえば今日元ドリカムの・・・以下省略

265 :名無しさん@HOME:02/10/11 13:21
>>263
かわいそうな おばあちゃん・・・

266 :名無しさん@HOME:02/10/12 18:30
AGE

267 :名無しさん@HOME:02/10/13 22:50
うちの父がじつはハーフで
私はクオーターだった。

私のおじいちゃんはホントのじいちゃんじゃないし
ばあちゃんもホントのばあちゃんじゃなかった。

複雑ですた。。。

268 :名無しさん@HOME:02/10/13 22:57
ハーフならわかるんでないの?見た目で。
クオーターは場合によるだろうけど

269 :名無しさん@HOME:02/10/13 23:02
>268
ハーフでもほぼ完全にどちらかの人種の特徴のみ表れる事もあるよ。
実の兄弟なのに人種が違ったり。

270 :名無しさん@HOME:02/10/13 23:19
知り合いのことなんだけど。
奥さんが初めての子どもを妊娠中、車に乗っていたら追突されてしまい、
それがきっかけで奥さんは流産。
知り合いだけが、流れた子どもを見た(見せられたor見せてもらった)ところ
はっきりそれとわかる、男の子だったとのこと。
今は、すべて女の子だが3人の子どもに恵まれているその知り合い、
やはり一人くらいは男の子が欲しかった、と。
知り合いの家庭事情を考えると、男の子をのぞむ気持ちもわからんではないが、
それはともかく、流産してしまったときの奥さんの気持ちを思うと…

271 :267:02/10/14 02:32
>>268
父は日本人離れした顔立ちだってのは
見た目でわかるんだけど、私が祖父母だと
思ってた人は顔は濃い系だけど、日本人だ
ったので、まさか父がハーフだとは夢にも思わなかった。

私達夫婦の子供は目がグレー。
今、白子症か遺伝に関係するのか定期的に
眼科に行ってまつ。


272 :名無しさん@HOME:02/10/14 04:01
私は産まれてすぐに両親が離婚し父親に引き取られた。
その後父は別の女(養母)と結婚しその中で育った。
父は産みの母の事はいっさい教えてくれなかった。
父は遊び人で女遊びを繰り返し耐え切れなくなった養母は出て行ってしまった。
その後父はタイ人の女とできてしまいタイに行く事に。
もう日本には戻らないつもりだと産みの母親の話をしてくれた。
母はフランス人で今フランスにいるらしい。
驚いた。
私、ハーフだったのねん。
(ちなみに父親は英語・仏語がペラペラ)


273 :名無しさん@HOME:02/10/14 04:21
>>272
なんかすげー話だ。
自分の顔を鏡で見て「日本人顔じゃないなぁ」とか思った事とかは?


274 :名無しさん@HOME:02/10/14 05:07
俺の名前が当初は「喜一」になる予定だったこと。
これ聞いたときはちょっとショックだった。
そりゃ「喜一」はねぇだろって。「宮沢喜一」と同じだよ?
あの人明治か大正生まれでしょ? オレはまだ19だっての。
結局この名前は大叔父に「喜一」っていう人がいて、その人は戦争でフィリピンだかで戦死した人らしく、
縁起が悪いっていう理由でやめにしたらしい。



275 :名無しさん@HOME:02/10/14 05:24
>274
現在27歳の高校時代の友人は「喜一」ですが、何か?

276 :名無しさん@HOME:02/10/14 06:27
>273
272です。
確かに私の顔は日本人離れしてるんだけど私の父親も外人顔なのよ。
(父はハーフでもなんでもないんだけど)
だから父親似なんだろうと思ってた。
目も髪も黒なんだけど若い頃はわざとカラコンつけたりして
遊んでた。(「私ハーフなのー」とか言って。イタイ…)
まさかほんとにハーフとは…って感じでした。
ちなみに私は英語もフランス語もしゃべれません(トホホ)


277 :名無しさん@HOME:02/10/14 10:39
ひとつ年下の従妹がいる。
私と姉は、この従妹が実は血のつながった妹だと知っているのだが、
十年近く離れた末の妹はつい最近まで知らなかったらしい。
子供のころからE(従妹)はお前の妹なんだよと言われていたので
知っていた。ちなみに、それを言うと従妹は嫌がって泣いたそうな。
さらに伯母はことあるごとに従妹と私を比べて、従妹のほうが優れている
ということを親戚中に見せつける。
従妹のほうも自分のほうがすごいんだと思って散々私を見下していたが、
さすがに大人になってからは自分の母親の言うことがおかしいと
気づいたらしく、尊大な物言いをしなくなってきた。
親戚一同も当然従妹がうちの子供だったと知っている。
末の妹もこの事実を当然知っていると思っていたのだが、先日家系図を
見るまで知らなかったらしく、知ったとき結構ショックを受けていた。
妹よ、お姉ちゃんは逆に、お前が知らなかったことに驚いたよ…。

余談だが、くだんの伯母は、一人っ子である娘の先々が心配になってきたのか
しきりに「この子とお前たちは姉妹なんだから」と口にするようになった。
今更そんなこと言われても、子供のころ私と姉妹だということを泣いて
嫌がった従妹のことを妹だなんて思えないし、散々私を見下してくれた
伯母の本性を知っているからそんな気にはなれません。
だから自分にとって姉妹はふたりだけだと思っている。
冷たいのかなー。

278 :名無しさん@HOME:02/10/14 11:01
その従妹=妹が一番気の毒だ。泣いて嫌がったのは、
自分の居場所がなかったからなんだろうなあ…
そんな伯母では、ふだんから何言われてるか

279 :名無しさん@HOME:02/10/14 16:01
>272
なんかダウンタウンのコント思い出したな。

「俺ら、ホンマは外人やねん」、「ウソ!?」、「きっついやろ?」


280 :277:02/10/14 19:16
>>278
いや、本人は「私と姉妹なのを嫌がって」泣いたのです。自分はあんなのの
妹なんじゃなくて、今の両親の子供だと。あとになって伯父夫婦がうちの
母に抗議してきたらしい。
子供だったから母親の「お前のほうが優秀」を間に受けてバカにしてたの。
実際従妹はうちの姉のことは「お姉ちゃん」と呼んでいるし、末の妹のことも
可愛がってる。伯母がこのふたりのことは認めてるから。
年が近いからいい比較対象として見下しつづけてきたんです。
伯母も伯父も従妹のことをものすごく大事にしていて、甘やかされて
育ってます。従妹も伯父夫婦に対して遠慮も何もないし。
伯母は時々従妹が養女だということを忘れて、自分が産んだ気になってる。
そういうところを全部見ているから、うちの母(従妹の生母)は
「あの子には親がいるんだから、なんかあっても別に心配することないでしょ」
と半ば見捨て気味に言っております。
やっぱり手元で育てた子供に対する姉の数々の暴言に相当怒っていたらしい。
私はまた母親も伯母の言う通りのことを考えていると思っていたから、大人に
なってからその言葉を聞いてびっくりしたけど。
あ、これが大人になってから知った秘密かも。

しかしそんな母は結婚するとき父が大嫌いだったらしい。ついでに一番上を
流産している。
しかし今思うんだが、嫌いだったのにどうして、流産したきょうだいも含めて
四年連続で子供ができてんですか、お母さん…。

281 :名無しさん@HOME:02/10/14 19:38
>280
誤読してませんよ、ご心配なく。

282 :名無しさん@HOME:02/10/14 21:34
>>280
素朴な疑問。結婚するときに父が大嫌いって・・・政略結婚?

283 :名無しさん@HOME:02/10/14 22:38
俺が小学生・中学生の頃、父親が仕事先のパートのおばちゃんと浮気していた事を
大学生の頃に偶然見つけた事かな。おばちゃんは俺の同級生の母親でよく知ってい
ました。父親のPCをいじっていたらそのおばちゃんに対しての手紙みたいなものを
偶然見つけてしまいました。仕事一筋・夫婦仲円満だっただけに意外でしたが、大
学生であったので意外と冷静に受け止めました。
母親はまったくのPC音痴なので父親は油断したのでしょう。その後母親にPCの使い
方を教えたのですが、「こうやって使うんか?」と言って、空中で一生懸命マウス
を動かす、母親を見て少し哀しくなりました。

284 :名無しさん@HOME:02/10/15 01:33
>282
今の常識からは考えられないのかも知れないけど、日本ではつい数10年前まで
「親が勝手に決める見合い結婚」が当たり前だったのよ。


285 :名無しさん@HOME:02/10/15 02:15
数10年前って「つい」じゃないと思う… いつの話なんだ〜
↑が5か2かでも、かなり印象が…

286 :277:02/10/15 02:39
政略結婚とはちょっと違うけど、そんな感じだったみたいです。
いろいろなしがらみのせいで仕方なく、だって。
祖母は「嫌だったらいいよ」と言ったそうなんだけど、腹を据えて
結婚したらしい。
養女に出したのも、一族の風習とかに寄るところが大きかったようです。
何度か離婚も考えたけど、なんだかんだで一生連れ添うんじゃないかと。
五十年ほどではないけど二十年以上前の話でした。


287 :名無しさん@HOME:02/10/15 02:39
284じゃないが、2〜30年は確実だと思う。
ウチの親(自分は28、親は60手前)がそーだもん。
見合いして結婚するまで数度しか会ったことがなかったらしい。
まーお互いどーしても嫌だというほどの不快感はなかったらしいが
それにしても自分の世代では信じられん。

288 :名無しさん@HOME:02/10/15 04:23
>一族の風習
どっひゃ〜 なんか金田一みたいだ〜

289 :名無しさん@HOME:02/10/15 04:41
あ、少年の方じゃなくて、ジーサンの方ね

290 :名無しさん@HOME:02/10/15 08:19
昔は離婚するのでも、世間体を考えて離婚しなかった(出来なかった)もんなぁ。
スレ違いゴメン。


291 :名無しさん@HOME:02/10/16 15:19
>>289
ジーサンってw 横溝正史がジサーンなだけで、金田一耕助はオサーンだ。

292 :名無しさん@HOME:02/10/17 01:21
俺は3人兄弟の一番上。
俺が生まれてから1年後に、お母さんは死産をしたらしい。
この間、20歳になってから少しして、その話を聞いた。
10年立ってから、お母さんは年子の弟二人を産んだ。
生まれる筈だった弟か妹のことを考えると、変な気持ちになる。
お前がいたら、俺たちは弟二人みたく、馬鹿なことでふざけあえる兄弟になってたのかな。

293 :名無しさん@HOME:02/10/17 12:37
>>292 そのまま生きてれば年が近かっただろうけど。
こればっかりは仕方ないよね・・・・。

294 :名無しさん@HOME:02/10/18 01:36
( ´_ゝ`)フーン


295 :名無しさん@HOME:02/10/18 02:56
叔母(60歳くらい)からの話。
つい先日、姑に結婚前の子供がいたことがわかったそうだ。
それというのも、その子供(といっても、70過ぎ)が亡くなり、遺産が入ったため。
当の姑は数年前に亡くなっているし、そんな古い話を知ってる人はみんなお墓の下。
叔父は、顔も知らない異父兄のためにとりあえずお墓を買ったけど、
一生結婚もせず働き続けた人だったそうで、けっこうな額だったみたい。
そういう人生ゲームみたいな遺産相続話・・ちょっと憧れちゃう!



296 :名無しさん@HOME:02/10/18 03:27
爺さんに愛人がいて、その間の子どもがいて、
本妻との間に養子が2人いたことかな。
特に隠していなかったけど、意味はオトナになってからわかった

297 :名無しさん@HOME:02/10/18 12:47
私の伯母の家には表札が2つかかっていて
「おじちゃんとおばちゃんは、どうして名字が違うの?」と訊いたら
「おばちゃんはこっちの名字のほうが合う名前だから気に入ってるの」と言われ
子供の頃は、日本も夫婦別姓なのだと信じてました。
伯母は若い頃に大病で子供が産めない体になってしまったそうです。
それで内縁関係を貫いていたのか、と納得していた最近まで。
先日遊びに行くと、おじさんが
「うちの娘の嫁ぎ先から新米送って来たから、もってけ!」
・・・おじさん、ちゃんと結婚してたのね。
伯母は本妻さんも娘も公認(諦め?)の愛人さんでした。

298 :名無しさん@HOME:02/10/18 14:02
別宅だったわけね。

299 :名無しさん@HOME:02/10/18 15:09
ウチの母は結婚して一年で父が「仕事辞めて田舎に帰る」と言い出し、
父の田舎の実家(商家)に同居。
そこは父の姉達など3世帯が住まうところで、お姑・小姑・田舎のしきたりで
ガンジガラメで胃潰瘍に。

また弟を妊娠した時 小姑さん達にこう言われたそうです。
「私達は家が商売やっているから子供を2,3回おろした。
あなたも○○家の嫁なら、仕事の邪魔だから おろしなさい。」と
詰め寄られたという。
母は断固反対して弟を出産。

そして成長して就職が決まった弟に小姑さん達は、就職祝いを贈り、
長女の私の時は そんなことされなかった。
母いわく「あの田舎は女はすぐ結婚するから就職祝いが無駄と考えるところだから」と。
小姑さん達の子供の結婚式では弟を とても可愛がっていた。
自分達に都合のいいことは忘れているのですな。

300 :名無しさん@HOME:02/10/18 15:31
私が生まれてすぐに母は病気で亡くなったと聞いていましたが
それが自殺だったというのを知ったのは、成人した時に
父から初めて聞かされました。

父も仕事が大変な時期で余裕がなく、私は病弱な赤ん坊で
母は育児ノイローゼだったそうです。
昔から病気で・・・というのに疑問を持ったこともなかったです。

自殺だったということにも驚きましたが、父子家庭だったから
私は親戚に囲まれて育ったのですが、成人するまで
それを周りが皆私に黙っていてくれたことにも驚き感謝しています。
やはり自分が小さい時にそれを知ったらショックだと思うし。

このスレ読んで他にもいろんな人がいるんだなーと思いました。


301 :名無しさん@HOME:02/10/19 00:36
私は赤ん坊の頃の種痘(天然痘の予防注射・年がばれるな)で
脳炎にかかり生死の境をさまよい三ヶ月入院してたそうな。
その頃そういう事故(?)が多く、多くの子ども達が命を落とし
また脳に障害をおったそうですわ。
わたしはらっきーだったのか障害は残りませんでしたが。

さて。
死んだジーちゃんが、死ぬ少し前、私と2人っきりになったとき
「あのとき可哀相だから、母親がいない隙に(首を)きゅっとしめようと思ったよ。
でもやらなくて良かった」と微笑みました。

怖かった・・・



302 :名無しさん@HOME:02/10/19 00:40
正直言ってほんの少しだけ…

おじいちゃんの気持ちも解る気がする


301さんゴメンなさい

303 :名無しさん@HOME:02/10/19 01:52
ウチの両親の家庭事情。
父の母(祖母)は、×1で前夫の間に 子供2人くらいいたけれど、離婚する条件が
子供は渡さないということで泣く泣く別れた。
ちなみに離婚理由は、前夫の浮気。資産家だからお金あり 愛人を次々つくっていたとの話。
そして再婚相手のダンナさんは、いわくつきの家の跡取り。
今まで妻を娶ったことあるけど、原因不明で次々と死亡し、祖母は実は3人目の妻だった。
結局 祖母は早死にしなかったけれど、ダンナさんは40歳で死亡し、先立たれた。
家は商家だが、ダンナさんが死亡すると社員がお金を持ち逃げし、一気に家が傾くが、
今は なんとか商売している。

そして祖母と前夫との間に出来た子供2人は、風の噂では ろくに食事を与えず
餓死した模様。祖母は死ぬ時まで子供を置いてきた事を後悔したという。
もう60年前の事だから真相は闇の中。あの頃は、人を殺しても表にあがらず隠せたのかもしれない。

私の母の母(祖母)は、義理の母。本当の母親は離婚して子供4人を置いて出て行ったらしい。
母は結婚し、私が4歳で弟は3歳のとき、本当の母と会って子供を見せたという。
それから母は本当の母親に会っていない。今は 居場所すら分からないという。
そして本当の母親も再婚して子供がいるという。私には まだ見たことのない叔父・叔母が
どこかでいるのだろう。

自分で書いていても信じられないけれど、本当の話。


私の母の





304 :名無しさん@HOME:02/10/19 02:03
>>303
なんか最後の一文がこわかったです。

305 :名無しさん@HOME:02/10/19 02:05
>>303
映画になりそうなお話だとオモタ。。。
それ位哀しくて切なかったヨー。

306 :名無しさん@HOME:02/10/19 02:09
両親の家庭事情。
父の母(祖母)は×1で、前夫の間に子供2人くらいいたけれど離婚。
離婚理由は前夫が資産家でお金があり、愛人を次々つくっていたのが許せないとの話。
でも離婚条件は、子供は置いていけということで 泣く泣く別れたという。
そして再婚相手(祖父)の家は問題のある因縁深いところで、
今まで妻を2人迎えたが、皆 次々と原因不明で死亡し、祖母が3人目の妻だった。
祖母は早死にはしなかったけれど、祖父が40歳で他界し先立たれた。
家は商家だったけれど、社員がお金を持ち逃げし、一気に家が傾くが 今は
なんとか商売している。

祖母と前夫の間の子供2人は、風の噂では ろくに食事を与えられず餓死したらしい。
もう70年以上前のことだから真相は闇の中。あのころは戦後だから子供が死んでも 
あまり珍しくなく、殺人事件にはならなかった模様。お金あったから それで消してしまったかも。

母の母(祖母)は義理の母で、本当の母親は離婚して子供4人を残して出て行ったという。
母が結婚し、私が4歳・弟が3歳の時 本当の母親に子供を見せたのが最後で
今はどこにいるのか居場所は知らないらしい。
本当の母親も再婚し、子供がいるので どこかで会った事の無い叔父・叔母、
そして いとこがいるのだと思う。

自分で書いていて信じられないけれど、本当の話。

307 :306:02/10/19 02:12
ありゃりゃ、うまくレスできないと思って 二重投稿しちゃった。
スマソです。

ちなみに父のお姉さんが18歳の時、失恋で自殺したとも聞いたことあります。

308 :名無しさん@HOME:02/10/19 14:10
幼稚園の頃、可愛がっていた猫が、ある日、突然消えた。
母にきくと、「人にあげたのよ」と。誰にあげたかきくと、
「あなたが20歳になったら、教えてあげるわ」と、言われた。

私はそのことをずっと覚えていて、20歳の誕生日、母に猫のことをきいた。
母は、「20歳になったら教えてあげるなんて、そんなこと言ったっけ?」
と言いながらも、猫のことを教えてくれた。
猫は、隣の家に上がり込み、赤ん坊に噛みついたため、隣に申し訳なくて
処分したのだという。
……聞かなきゃ良かった。

309 :名無しの心子知らず:02/10/19 14:58
就職について家族と話してたとき、ちょっと熱くなっちゃって
口論になった。
で、私が父親に、『お父さんだって好きで今の仕事してるんでしょう?』
って言ったら母親にひどく叱責された。父親は黙ってた。

なんで叱られるのかわかんなかったんだけど、翌日母親に
「お父さんは若い頃公務員だったんだけど、事故を起こして相手の人が
亡くなってしまった。だから、仕事を辞めざるを得なくて、
今の仕事になったんだ」
って聞かされた。事故は、相手にも非があったらしくて
父親自身は不起訴だったらしいんだけど…。
知らなかったとはいえ、やっぱ申し訳なかった。

310 :名無しさん@HOME:02/10/19 15:51
以前テレビで見たアメリカで実際あった話。
ある日、里帰りの為に駅で男が電車を待っていると、自分にソックリな人間が手招きしているのを見た。
男は不思議に思ってその手招きしている彼についていくと、彼の姿は消えた。
そうこうしているうちに電車は出発してしまい、男は電車に乗り遅れてしまった。
しかし、その男が乗る予定だった電車は事故を起こしてしまい、男は乗り遅れたおかげで事故を免れた。
その事を両親に話すと、実はお前には双子の兄がいたと言う事を知らされる。
兄は生まれてまもなく死んでしまったそうだ。
それ以来、食卓にあった3つの椅子は一つ増えて4つになったという。


311 :名無しさん@HOME:02/10/19 15:56
ん?誤爆かな?

312 :名無しさん@HOME:02/10/19 17:37
幼少の頃から事あるごとに父親から
「お前は3回死にかけたんだぞ〜」と言われていたが
父親の通夜の晩に実は4回死にかけたのが判明。
父が赤ん坊の私を風呂に入れている途中で呆けてしまい、ふと気付いたら私が風呂に沈んでいたのが隠していた1回。

お父さん…。

313 :名無しさん@HOME:02/10/19 18:36
>>312
隠そうとしたらしいのが笑えるが。
故人に免じて、そして今健康だからここは寛大に許そう。

314 :名無しさん@HOME:02/10/19 18:46
うちの父の父(祖父)は、住み込み?で家の手伝いに来ていた祖母の実妹に子供を産ませた。
祖母の妹は家にもどされ、祖母はその子を引き取る事を頑として拒んだ。
同じ頃、祖父の実兄がどこかで愛人に子供を産ませた。

それでお互い、子供を交換して育てたそうだ。
だから父は、祖父の実兄の子らしい。
しかし祖母は我が子と変わりなく育てていたのに、父が戦争に行くときに
よけいな親戚が「死ぬかもしれんから」と告げたらしい。
生きて帰った父が、祖母に確かめるも絶対に「あんたは私の子だ!」と言い張ったらしい。





315 :名無しさん@HOME:02/10/19 19:01
ばあちゃん!いいぞ!

316 :名無しさん@HOME:02/10/19 20:25
>>314
でもよく考えると、実兄が自分の愛人に産ませた子と交換で手元で育てた子
=実妹のダンナがもうひとりの実妹に手を出してできた子
なわけでそっちもめちゃくちゃ複雑だよな。。。

317 :名無しさん@HOME:02/10/20 00:34
>316が何を言いたいのかわからないのは、わたしだけでつか?

318 :名無しさん@HOME:02/10/20 00:36
私も
>実妹のダンナがもうひとりの実妹に手を出してできた子
がよくわからない。

319 :名無しさん@HOME:02/10/20 01:41
>>316
正しくは
自分の弟がヨメの妹に産ませた子
だよね。

320 :306:02/10/20 01:44
今日 新たな事実 発覚。
祖父の2番目の妻に子供が2人いる事が分かりました。(ガーン!!)
一人は大阪、もう一人は父の田舎に暮らしているとの事。
そして父の兄弟は5人(長女は自殺)だと思っていたら、
もう一人 男の兄弟がいて(つまり6人) その人は養子に入ったけれど、10年前に自殺したとの話。

・・・もうこれ以上 秘密ないよね。怖いよおお。
でも叩けば まだありそうだから もうこの話は親の前では二度としないと決めました。
でも祖父の妻2人が原因不明の早死をしたから 祖母が後妻に入って
そして父が生まれて私が今 ここにいる。
前妻の不幸な死がなかったら、私は生まれていなかった事を考えるとフクザツな心境。

321 :名無しさん@HOME:02/10/20 02:22
一族の出来損ない母子
(母は心の病気でほぼ幽閉状態だったらしい、幸い私には今のトコ遺伝せず)
であったが為に、親戚中で不憫に思い、かつ一方では一族の恥に思っていた事も事実だった、
と亡くなった母の姉妹の日記に書いてあった事をいとこに知らされた。
…う〜〜〜ん、子供の頃から薄っすら気付いては居ましたが(苦笑)
まぁでも自分は落ちこぼれなりに結婚もして、やっと「家族」という存在に恵まれて今は良かった。


322 :名無しさん@HOME:02/10/20 04:23
まあ、たいしたことないんだけど。
うちの家族の血液型は母、姉、私はO型で父、兄はわからないとされていた。
でも多分ちちはA型だろうという話だった。
ある日、会社の健康診断の結果を持ってきた兄が
「俺、B型だった。」と、一言。
家族中がええってなった。
私たち子供はしばらくその話題でもりあがっていたが
両親はなんとなく話を終わらせたいようだった。

よく考えると父が未だに血液型がわからないっておかしいよね。
就職するときや会社で定期的に健康診断ってやるもんだよね。
…父は隠しているのか?!
ま、いまさらどうでもいいけどね。
両親は私らが高校卒業したと同時に離婚しました。

323 :名無しさん@HOME:02/10/20 17:27
>>322
O×Oの組み合わせは100%、Oの子供が生まれるらしいが、それ以外の組み合わせなら
どんな組み合わせからどんな血液型の子が生まれてもおかしくないらしい。
というわけで、あなたの家のケースで問題となるとしたら、父がOだった場合のみだな。
(父がOなら、母もOだから、お兄さんも当然Oとなるはずなので)

324 :名無しさん@HOME:02/10/20 18:10
>322
父がABあるいはB

325 :名無しさん@HOME:02/10/21 03:44
>323
Aじゃだめだよね?

326 :名無しさん@HOME:02/10/21 08:33
OとOでもごく稀に他の血液型が出ることがあるそうだ。
それで浮気を疑われて
大もめに揉めた話があったとかないとか
なんかで読んだ。

327 :血液型一覧表:02/10/21 11:11
A×A=A、O
A×B=A、B、O、AB
A×O=A、O
A×AB=A、B、AB
B×B=B、O
B×O=B、O
B×AB=B、AB
O×AB=A、B
O×O=O
AB×AB=A、B、AB

328 :名無しさん@HOME:02/10/21 12:43
>326
それって
AB型の奥さんとO型のだんなさんの間に生まれた子が
O型だったという話じゃない?
普通AB型だとAとBの因子の組み合わせだけど、
その人の場合、OとABの因子の組み合わせという
非常に稀なケースだったらしい。
ずっとダンナ以外の子だと思われて、自分がレアケースだと
わかるまで悲惨だったらしいよ。

329 :名無しさん@HOME:02/10/21 20:27
>328
…それじゃ、そもそも奥さんから生まれる筈のない子になっちまうだろ>子供がO型
子供がAB型だったから騒ぎになったんだと思うが。

330 :323:02/10/21 20:47
オレが某サイトで見た情報だと、O×O=Oが一番確実で(相当に稀な例外はあるらしいが)、
あとは程度の差こそあれ、どんな組み合わせもあり得るらしい。
>>327は悪いけどアテにならない。
大体、オレAで、親はBとABだもん(うちはスレ違いなほど平和で、親の浮気は120%ない)

331 :328:02/10/21 21:30
>>329
その通りです。スマソ。

332 :名無しさん@HOME:02/10/21 21:45
>330
通常の血液検査ではO型になるAB型はシスAB型。
ほかB型とO型の両親から生まれるA型(遺伝子組替で発生)の事例もあり。

http://wanonaka.jp/circular/212/No212-arekore.htm
http://www.tamasima.ed.pref.okayama.jp/tama-40f.html

>322お母さんが無実の浮気を疑われて別れた可能性もありだね。

333 :322:02/10/22 01:15
みなさんいろいろ調べてくれてどーもです。
>332離婚の理由は借金問題です。
まぁ私は母が浮気していようとどうでもいいのだけど
父が変に気を使って隠してるのかなと思っただけです。

そういやまだ2,3歳頃の記憶で母が隣のお兄さんと
部屋にこもってっていたなぁという記憶がある。
子供心になんとなく覗いちゃいかんと思いのぞかなっかたけど。
うーーん、ただの思いこみかも…。

334 :名無しさん@HOME:02/10/22 09:33
>>330
>327
のBxABがBBxABの場合だけになっているからで有って
BOxABならAO型の子供がA型で何の問題もない。

335 :名無しさん@HOME:02/10/22 13:15
age

336 :名無しさん@HOME:02/10/22 13:29
>>334
うん。330がなんで問題視してるのか不思議だった。

高校時代、生物教師が血液型遺伝の話してたら、
いきなりうつむいて泣き出した子がいたそうな
「やべー」と彼は内心思いつつも
「しかし、真の親子であっても時にありえないはずの血液型の子供が
 生まれる事例があります。血液検査には幾通りかあるから、全部
 試さないと正確な血液型か分かんなかったり病院のミスもあるし。
 詳しく知りたい人は論文(雑誌だったかな)持ってるんで授業後にでも
 職員室に来てちょ」とフォローしたそうな。

337 :名無しさん@HOME:02/10/23 23:45
みんな授業でやってんだ・・

338 :名無しさん@HOME:02/10/24 11:49
>>337
メンデルのえんどう豆の話の応用とかで出てこなかった?
私はこんなに綺麗に分かれるものなんだと思って面白かった。
欧米だと髪の色とか目の色とか色々あるらしく
そっちも知りたかったな。

339 :名無しさん@HOME:02/10/24 14:42
>>338 無かったよ・・・。それ面白そうだね。

340 :名無しさん@HOME:02/10/24 14:57
生物とってなかったの?

341 :名無しさん@HOME:02/10/24 15:14
中学校の教科書に載ってたよ?

342 :名無しさん@HOME:02/10/25 03:30
つい最近、結構年いってから結婚&出産した夫婦のエピソードみたいな
番組を見ていて父が「オレも37で結婚したけど友達と子作り競争したゾ!
誰が一番早く子供作るかってなワハハハ」
と言っていた。
その子作り競争の末に生まれたのが長女の私・・・(鬱

343 :名無しさん@HOME:02/10/25 03:36
ハァ?

344 :名無しさん@HOME:02/10/25 13:24
父が、自分の名前を勝手に少し変えていたこと。
母が結婚する時にはもう、今の名前だったらしく、私もそうだと思っていた。
しかし父の実家では違う名で父を呼ぶので、おかしいなとは子供の頃から
思っていた。変えると言っても、例えば「みつお→みつる」のような対して変わらない
感じなんだけど、仕事先から免許証、何から何まで父が後から変えた名前で
通ってるので、意外に平気なのかなあ...。
どうしてこういうことをするのかは、母も私も聞いたことない。

345 :名無しさん@HOME:02/10/25 13:28
>344
お父さんって、昔、新聞ネタになるようなこと、やってませんか?シンパイ・・・・

346 :名無しさん@HOME:02/10/25 13:29
私が小さい頃、二度家事にあったんだけど一度目の出火の原因が
亡き兄の火遊びだと初めて知った。
二度目の出火は父がストーブの前に干した洗濯物が原因だと思ってた
ら、実はおじいちゃんが干したのだった。
あと、父が「お金を落とした」と言ってた大金は実はギャンブルで
使ったらしいということ。


347 :名無しさん@HOME:02/10/25 13:57
>346
お兄さんは火事が原因でお亡くなりに・・・?

348 :名無しさん@HOME:02/10/25 14:03
>344
昔の人は運勢変えるために通称をよく変えましたよ

349 :名無しさん@HOME:02/10/25 22:40
>344
お父さんは昔こえだめに落ちたに一票

350 :名無しさん@HOME:02/10/25 23:33
古いところでは「大久保清」、ちょっと下って「宮崎勤」とか、
超有名犯人と同姓同名だったりすると、氏名を変えることも出来る。
運勢が理由じゃ、運転免許までは変えられないと思うが。

351 :名無しさん@HOME:02/10/26 00:49
>344
349にもある様にずぇーったいコエダメに落ちたと思われる。
俳優の「原田??さん」(名前忘れ)も確かそんな感じだったな。



352 :名無しさん@HOME:02/10/26 06:30
>351
岸なんとかという人もそうらしい

353 :名無しさん@HOME:02/10/26 17:08
横浜の監督解任された森さんも、マサヒコからマサアキに変えたのは
運勢を変えるためだったそうな。

354 :名無しさん@HOME:02/10/27 01:52
メンデルはあの資料をでっちあげたらしいよ。
大学で一発目にその話で、高校の生物がガラガラと・・。
詳しい人、本当のところ宜しく。

355 :名無しさん@HOME:02/10/27 02:04
なんでコエダメに落ちたら
名前を変えるの??

356 :名無しさん@HOME:02/10/27 02:07
早死にするらしい<肥溜め落下

357 :名無しさん@HOME:02/10/27 21:44
保守

358 :名無しさん@HOME:02/10/27 22:12
牛のウンコで滑ったことならある・・・あれは悲しい出来事だった。

359 :名無しさん@HOME:02/10/27 22:14
>早死にするらしい<肥溜め落下

 え〜〜〜、そうなの?
 今始めて知ったよ
 子供の頃、落ちたコトあります>肥溜め

360 :名無しさん@HOME:02/10/28 00:01
コエダメに落ちたら早死にするから
名前を変えるの??

>>359
今何歳?
改名なされ(w

361 :大黒天:02/10/28 00:45
>>354
それは電流がプラスからマイナスに流れるのは実は間違いで、本当はマイナスから
プラスに流れているというのと同じくらいショックだな。

362 :名無しさん@HOME:02/10/28 01:10
「電流」は+から−に流れる。
「電子」が−から+に流れる。

363 :名無しさん@HOME:02/10/28 03:23
A家の三男の父は幼少の頃に遠縁のB家へ養子縁組し京都から横浜に移り住む

母の姉がA家の長男と恋愛ケコーン

翌年に母と父が恋愛ケコーンした

偶然にも実兄弟と姉妹同士のケコーンでしたが、双方ともリコーンしますた

364 :名無しさん@HOME:02/10/28 13:17
離婚して実家に戻った時に初めて知った。

実は、実父も離婚経験ありで実母とは再婚だったこと。

母違いの兄弟姉妹は、いなかった。ほっ

365 :359:02/10/28 19:48
39歳でつ

366 :名無しさん@HOME:02/10/28 19:56
>364
うちの旦那も離婚経験あり。前妻とは子供なし。

うちの子供も将来知ったら「異母兄弟なし」にほ、っとしたりするんかな。
いるよりいいけど。

367 :名無しさん@HOME:02/10/29 19:24
結構聞くよ異母兄弟がいるのって

368 :名無しさん@HOME:02/10/30 23:30
?

369 :名無しさん@HOME:02/10/31 00:28
うちの家計は母方の両親のアパート経営の収入で成り立って
父の給料は全部父の小遣いだった。

370 :名無しさん@HOME:02/10/31 22:59
>>369
お父さん・…お小遣いイパーイでいいね…

371 :名無しさん@HOME:02/11/02 18:00
保守

372 :名無しさん@HOME:02/11/02 20:48
前スレとかにも書いたけど、私は養女。
実父が結婚せず、恋人に子供を産ませ、彼女とは別れたがその子は引き取った、それが私。
そして、結婚して10年以上小梨の姉夫婦にお願いすると、姉も姉の夫も喜んで引き取った。
その4年後、実父は結婚して、長女、長男の二人の子をもうけた。
私はその異母姉弟を、従兄弟と思っていた。
遠距離なので、法事で2〜3回ちょっと話をしたぐらいだけど。
私はその事実を、19歳の時に知った。
その数年後、実父は病気で他界。その奥さんと子供達は今もその事実を知らない。



373 :名無しさん@HOME:02/11/02 20:53
>372
知らないって、ひどい話だね。
実は知ってるのかもよ。

374 :名無しさん@HOME:02/11/02 21:44
>>372
養父が実父の病院に、もう危ないと言う事でお見舞いに行ったとき、
奥さんが「この人が○○さんに会いたい、会いたい、と言うんですよ・・・」
と不思議そうに言ってたそうです。実際、法事とかで数回しか会った事ない関係を知ってるので
不思議だったんでしょう。
そして、養父が世間話のように「うちの娘も今度結婚が決まったんですよ〜」と奥さんに
話をしてると、実父の眼から涙が・・・
奥さんが「あら、お父さんが泣いてるわ〜・・・??」と訳がわからなかったようです。
だから、その時点では知らなかったでしょうし、今でも(それから10年以上経ってます)知らないのではと思ってます。


375 :名無しさん@HOME:02/11/02 21:45
上は>>373宛です・・。

376 :名無しさん@HOME:02/11/02 21:46
何遍もすみません、○○さんというのは、私でも実父の姉(養母)でもなくて
お見舞いに行った養父の事です。

377 :名無しさん@HOME:02/11/02 21:48
大した秘密じゃないですが。
母親が昔ブランド狂いだった。最近実家に帰ると母親が自分の部屋の大掃除をしていて、ヴィトンやらシャネルやらのブラバが山のようにあった。
今は地味な人なのでそのギャップにものすごく驚いた。

378 :名無しさん@HOME:02/11/02 21:49
お父さん、養父さんを呼べば娘に逢えると思ったんだね
養父さんの計らいで最期に幸せになる事を報告できて良かったね
ご冥福をお祈りしますです…

379 :名無しさん@HOME:02/11/02 21:52
父が、孫(小学生〜高校生)をビリヤード場へ遊びに連れて行ったと聞いて
(ま〜た、した事もないのに無理して孫孝行しちゃって頑張ってるな・・)と思ってたら
母に「お父さんは若い頃、ビリヤードにはまってた」と聞いてめちゃくちゃ驚いた。
今はちょっと、よいよい入ったお爺さんなのに(w

380 :名無しさん@HOME:02/11/04 12:34
大人になってから知った、というのとはちと違うし、たいして秘密でもないんですが。

数年前、母方の祖母が亡くなりました。
そこそこ大往生だったんで葬式は沈みつつもマターリムード。
昔に亡くなった祖父の知人も何人か来てくれたのですが。
「うーん、○○さんところの家紋は、そんなじゃなかった気がするよ」
「そうだね、丸じゃなくって四角かったような」「ああそうそう、四角だった」

マジですか?と母の兄弟たちはポカーン。
何せ祖父は早くに亡くなったので、その頃まだ子供だった彼らには
そこまでの記憶はなく、祖母が「これ」というのを自分ちの家紋だと信じてきたわけで。
伯母は「ええっ?わたしもうこれで留袖作っちゃったのに」とプチパニしてましたが、
祖父方の親戚とはもう疎遠になっていて、いまさら確かめるのも、というわけで
「まあ間違ってたって問題があるわけじゃなし、これでいっとくか」という結論に
10分くらいで達してました。
そんなアバウトな親戚の人たちが自分は大好きです。


381 :名無しさん@HOME:02/11/04 15:05
>380
それは,祖母の女紋では?
女性は結婚しても自分の母の紋を使うという風習が地方によってあるよ。


382 :名無しさん@HOME:02/11/04 15:10
そうそう。
実家の紋のままだよね、結婚しても。
普通、未婚時代に喪服とか作っておくから、婚家に会わせて作ると
婚家の葬式に会わせて作る、婚家の死人を望んでる、みたいで感じ悪いから
元々の実家の紋で作って、婚家へ持って嫁入りするんだよね。

383 :380:02/11/04 17:33
>381-382
ああ、ひょっとしてそういうことだったのかも。
祖母自身もとても大らか(wな性格だったので
子供たちにそのへんの詳細な説明を省いてしまったというのは
非常にありそうです。ありがとうございます。

ちなみに、その後も特に誰も気にしてなかったので、
正しい家紋は判らずじまいです。


384 :名無しさん@HOME:02/11/04 17:42
ありがちだけど異母兄がいます。
父が結婚する前に付き合っていた女の人が
別れた後父に内緒で産んだそうです。
私は両親揃って普通に幸せに暮らしていたので
その話を知ったときにショックを受けたりはしませんでした。
一度でいいから、その兄という人に会ってみたいな。無理だろうけど。


385 :名無しさん@HOME:02/11/06 00:41
>>384
気になるよね。いつか会えるといいね

386 :名無しさん@HOME:02/11/06 22:02
父親が愛人宅に赤んぼの私をよく連れて行ったらしい。
子供連れて外出すれば母にばれないと思っての行動だったみたい。(もちろんバレバレ)

今思うとよく私生きてたな、と思う。

387 :名無しさん@HOME:02/11/06 22:07
>384
お父さんが亡くなった後出てきて遺産相続を要求されると思われ。

388 :名無しさん@HOME:02/11/06 23:14
>387
絶対に出て来る!
しかし、後から請求されても面倒なので、
連絡しないわけには、いかないだろうと思われ。


389 :名無しさん@HOME:02/11/07 00:15
私は30才(男)です。
今度、結婚することになり、両親に相手を合わせるために実家に連てれ
きた時のことです。

(母)「まよったけど、相手の方にも聞いてもらいたいことがある・・・」
(父)「???。そのことは関係ない!!!」
(相手)「?」
(私)「???」
(母)「実はあなたの本当のお父さんはこの人(親父)ではないの」
(相手)「??????」
(私)「??????×∽」
(母)「あなの本当のお父さんは貴方が生まれてすぐに、
  『都会で商売をやりたい』って言って出て行ったのよ」
  「私も追うのは簡単だったけど、追わなかったの」
  「当時は離婚するってことがどんなことなのか、今思えば全然理解してなかった」
(母)「これだけは信じて・・・きちんとした人の子だから・・・(号泣)」

なんか上手く書けないけど、ショックは大きかった。救いは、自分が結婚
の準備で忙しいことかな。
しかし、こんな安っぽいドラマみたいなことってあるんだなぁ〜と思ってしまった。

みんなは大丈夫かな(w

本当の親父の所在地はわからないが、その親父の姉の居場所が解りそうなので、
興味本意で、一度会いに行こうかなって考えているよ。



390 :名無しさん@HOME:02/11/07 08:33
>>389
もしお父さんの居場所がわかって、すげー貧乏暮ししてて、
これ幸いと貴方にたかるDQNだったらどうするよ?
親がまともに生活できない場合、子供が親を養う義務が発生する。
興味本位だけでお父さんに会う事は、本気でお勧めしないよ!気を付けて!

391 :389:02/11/07 23:20
>> 389
thx

法律上(戸籍上は養子)は子供ではないので、詳しくはわからんが大丈夫だと思う。


なんでも当時はカメラは高級品だったらしく、親父の写真の1枚もないんだよ。
(母が消去したのか?)
で、漏れを捨てた親父に一矢報いたいっていうのが半分で、あとの半分は
やっぱ興味があるからかな?

しかし、一矢報いたいっていってもいい方法が思いつかない・・・。


392 :名無しさん@HOME:02/11/08 02:14
>>389
「実父」は389が生まれてすぐにいなくなったらしいけど、
389が生まれた時、母親と実父が婚姻関係にあったなら、
法律上、389が実父の「子」になるんだけど…。

>法律上(戸籍上は養子)は子供ではないので、
とは、誰と誰の関係を指すの?
実父と母親とは婚姻関係は無く、実父は389を認知もしなかった、って事かな?
法律上は389は誰の子供なんだろう…。

393 :名無しさん@HOME:02/11/08 21:50
私は養女で、親戚に双子が産まれたのを、「神さんが授けてくれた」
と死んだ祖母が大喜びして、結婚後子供が10年できなかった今の(養)父母に
娘として育てるようにすすめたらしい。実家(?)には6つ年上の姉と双子の姉がおり、
従姉妹として付き合っていたけど、この事実が判明していらい、気まずくなり
現在はつきあってません。
親にはとても聞けないけど、子供ができなかったのは父が若い頃に患った難病
の後遺症だと思う。結婚前から、そのことは父には分かっていたようだ。
そこで気になるのが、母は子供ができないことを知った上で嫁いできたのか???と
いうこと… 母は何年も子供ができなかったことを「ぜんぜん気にしてなかった」
というんだけど、普通気になるだろう。見合い結婚だから、強い愛情があって
どうしてもこの人と、と思って結婚したんじゃないと思う。
母は騙されたのか??と思うと、可哀想で、実子を作るわずかな望みを捨てて
私を養女として引き取ったと思うとあまりにも気の毒。
あまり出来のいい娘ではないからね…
自分もそろそろ結婚する歳になってきたから、自分が見合い結婚でもしてもし
そんな目にあったら…と思うと鬱。

394 :389:02/11/09 00:39
>>392
そうなんですか?
そういった話はよく解ってないもんで。

現在の父は、母のもとに養子にきました。(本筋とは関係ないけど)
両親の話によると、私は戸籍上は現父の養子になっているって聞いた
もので。そうなんだって、鵜呑みにしてただけです。

実際に約30年間も生活をともにしていないし、勝手に出て行った訳な
のに、私に実父を養う義務ってものが発生してしまうのでしょうか?

やっぱ、実父に会うのはデメリットの方が多いのかな。






395 :384:02/11/09 01:16
相続するほどの遺産がないので大丈夫だと思います(w。
母は連絡先知ってるのかなぁ・・・。今度聞いてみよう。

396 :名無しさん@HOME:02/11/09 10:19
>394
>私に実父を養う義務ってものが発生してしまうのでしょうか?

会いに行った途端にたかられるようになったというのは実際ある話。
気を付けなはれ。



397 :名無しさん@HOME:02/11/09 10:48
>>394
特別養子縁組(乳児院の子を引き取るような場合、生みの親との関係を
法律上も一切断ってしまうような縁組。裁判要)でもないかぎり、
実親との親子の縁は切れません。ということは、民法上の扶養の義務は生じます。

398 :名無しさん@HOME:02/11/09 11:47
>396
負の遺産(借金)も遺産のウチだから 気を付けてね

399 :名無しさん@HOME:02/11/09 11:55
相続放棄すればまいなすの遺産はこないぞ。
ぷらすももらえないけど。

400 :名無しさん@HOME:02/11/09 11:58
とりあえず、会うんじゃなくて物陰?から生活ぶりをうかがってくるというのはどうだろう。

401 :名無しさん@HOME:02/11/09 15:53
>>393
ちゃんと聞いたわけじゃないのにお母さんの気持ちをひとりで
不幸なほう不幸なほうに想像して「可哀想」と決めつけるのは
ちょっとどうかと思うんだけど…。
事情は複雑だとは思うけどあなたも悪いほう悪いほうに受け止めがちな
そんな感じに見えるんですが。

402 :名無しさん@HOME:02/11/09 22:52
>>394
>現在の父は、母のもとに養子にきました。
って事は、母親と義父は、戸籍上夫婦ではなく親子なんですね。
なぜお母さんは義父と「結婚」しなかったのでしょうか?
ひょっとしたら、389の母親は389の実父と戸籍上は離婚していない可能性があるんでしょうか?

理不尽だけど、30年もほったらかしにされていても、
実父が「養え」って言ってきたら、養わなくてはいけなくなるんですよね。
実父に会いたいなら、その辺の事もよく考えてからの方がいいと思います。
現実は、テレビでよく見る「涙の再会」みたいに、
「会えたね〜。良かったね〜。」だけでは済まないと思うので。

403 :393:02/11/09 23:33
>>401
最近までは、母の気持ちをそんな風に想像する事はなかったのですが、
少し前に、「向井亜紀さんの気持ちがわかる」ともらしていたのを聞いて、
「実子ができるかもしれない、わずかな可能性を捨てて、養子をもらうことに
したのは、母にとっては辛い選択だったのかも…」と思うようになりました。
つい悪い想像をしてしまっているのかもしれません…

404 :名無しさん@HOME:02/11/09 23:45
>402
婿養子のことじゃないの?

405 :名無しさん@HOME:02/11/10 00:21
婿養子ならちゃんと「婿養子」って書いて欲しいよね。
「養子」と「婿養子」は違うべさ〜。

406 :389:02/11/10 23:44
>>405
スマソ。現父は婿養子です。

もし実父に会うのなら、実父の姉の所在がわかったので、面識もまったく
ないがそこから所在を聞くしかなさそうです。
と、なると隠密に実父の現在の生活状況を調査するってのは無理そう。

けど、冷静に考えてみると、今の実家(母の実家)は、実父は知っている訳
だから、実父はコッソリ来た事があるかもしれない。(余談だけど)

あと、実父が借金をのこしたまま、不慮の事故とかで逝ってしまった場合、
最悪のケースだと漏れに請求が来るってことなんでしょうか?










407 :名無しさん@HOME:02/11/11 06:28
>406
>あと、実父が借金をのこしたまま、不慮の事故とかで逝ってしまった場合、
>最悪のケースだと漏れに請求が来るってことなんでしょうか?

そういうこともあり得ます。財産相続の場合は、借金は負の財産と見なされ
相続放棄の手続きをしませんと請求がきます。
そういうリスクがあるということは認識しておく必要はあると思います。


408 :名無しさん@HOME:02/11/11 10:15
興信所に調べてもらうのがいいかもねー

409 :名無しさん@HOME:02/11/11 13:19
>406
音信不通30年経って債権者からそういう請求が届きましたよ。



410 :名無しさん@HOME:02/11/11 13:26
>409
参考までに、どのような対応をされましたか?

411 :名無しさん@HOME:02/11/11 15:22
母の初恋の人の話。
母が父と結婚する前にお付き合いしていた方が、つい最近亡くなりました。
新聞の「お悔やみ」に載っていて、わかったそうです。
両親の喧嘩の時に必ずその方の名前(苗字)が父の口から出ていたので、子供心に
「この名前は禁句なんだ」と気づいていました。
母とその方(仮名・高田さん)はお互いに好きだったにも関わらず、高田さんが
東京の大学に進学していたこともあり、遠距離恋愛で何度もすれ違い、結局母は
自分に自信がなく別れを告げたそうです。その後知り合った父とあっさり結婚。
結婚後、高田さんは母の行方を知りたくて母の実家まで来たそうですが、祖父母に
「もう結婚したので、そっとしてあげて。」と住所を教えてもらえなかったそうです。
長くなりそうなので一旦切ります。

412 :名無しさん@HOME:02/11/11 15:28
いま一旦切るの流行ってる?

413 :名無しさん@HOME:02/11/11 15:30
うちの父に隠し子がいるという噂があるのですが。
本人は肯定も否定も絶対にしない。なぜだ?

414 :411:02/11/11 15:31
あきらめきれなかった高田さんはクラス会を開くと嘘の電話を母の実家にかけ、
母の弟から住所を聞き出し、手紙をくれました(母と高田さんは中学で同じクラスでした)。
 母は突然の手紙に驚き、ドキドキしながら開封したところに父が帰宅。母はとっさに戸棚に
隠したのですが、見つかり、「まだ(高田さんと)続いていたのか」と喧嘩になり、
母はとっさに手紙をビリビリに破いて捨ててしまったそうです。
数年後、高田さんと偶然再会した母は、手紙の内容を高田さんに尋ねましたが、
教えてもらえなかったそうです。
一旦切ります。

415 :411:02/11/11 15:59
更に数年後、母の誕生日も近い今頃の季節でした。

父と母が車の中でラジオを聞いていた時のこと。
DJ「ここでお便りを紹介します。
    看護婦だった●子へ
    元気ですか。
    噂では、もう3人の子供のお母さんだそうですね…。」
ぼんやり聞いていた母はびっくりしたそうです。(母は結婚する前、看護婦でした)
もしかして自分のことかもと…。
DJ「もうすぐ誕生日ですね。●子の大好きだった曲をリクエストします。」
次の瞬間父にラジオの電源を切られてしまったそうですが、母は確かに高田さんから
のリクエストだと確信したそうです。
 その後父と母はずっと無言で、その後一度もそのラジオのことを話題にしたことは
ないそうです。
 高田さんもその後結婚、子供はいなかったそうです。母の友人が一度高田さんの
奥さんをみたことがあるそうですが、私の母ととても似た人だそうです。
母はもう何十年も前のことだと言ってましたが、最後は目がうるんでました。



416 :名無しさん@HOME:02/11/11 16:02
私が>>411のお父さんだったら離婚モノだ〜

417 :名無しさん@HOME:02/11/11 18:46
>>416
同意・・・。
自分の気持ちに酔ってるだけでヒロイン気取りって感じ<母
勝手にあてつけの道具みたいに使われて
いいようにされたお父さんがすごくかわいそうだと思う。
好きでもないのに都合だけで結婚するのって
相手に対して本当に失礼だよね。

418 :名無しさん@HOME:02/11/13 11:43
保守

419 :名無しさん@HOME:02/11/13 11:45
と、いうか迷惑な人だ>高田さん。

420 :名無しさん@HOME:02/11/13 11:48
でもさあ、本当に一番好きな人と結婚できた人ならこんなことないけどさあ。
片思いしてた人が実は自分のこと好きだったってことが、結婚後わかったら、
どうなるかなあ。
今の旦那が今まで一番好きな人ではないからなあ。


421 :名無しさん@HOME:02/11/13 12:10
でもさ、411の母の場合、遠距離恋愛で自分に自信がなくて自ら別れを
選んだわけでしょ?その時点で自分の決めたこととして「縁がなかったん
だ」ってケリはつけないとね。じゃあ、なんで別れたんだよってことに
なるし。続けようと思えば続けられたんだから。
片思いしてた人が自分のこと好きでいてくれたとしても、それと結婚は
また別だからね・・・。まあ、何事も後悔しないように納得のいく決断
をしなくてはならないという教訓だね、411の話は。

422 :名無しさん@HOME:02/11/13 12:38
中学の頃、タンスの奥のほうにしまってあった自分のへその緒をハケーン。
裏を見ると、自分じゃない名前が書いてあった。
書いてある名前は「○○子」、今の名前は「○○」。
ふたつの名前には共通点が何もないけど、生年月日は一緒。
母親に聞いたところ、「んー、なんだろうね?」と言ったきり。
父親に聞いても「知らん」の一言。
それから15年ほどたった今でも、真相はわかりません。
つーか、なんか怖くて聞けない(w

ま、両親のこと大好きだから別にいいんだけどさ(w

423 :名無しさん@HOME:02/11/13 13:00
>422
双子の片方が死産だったとか・・・ね・・・・。あ、ごめん、これは憶測に
すぎません。

424 :名無しさん@HOME:02/11/13 13:04
父親が隣のオヤジの愛人の相談に乗りつつ、その女にも乗ってしまっていたこと。

425 :名無しさん@HOME:02/11/13 13:13
>>422
今使ってるのが通名とか(画数悪いとかで)、へその緒の箱に書くときは
「○○子にしよう」と思ってたんだけど役所に出すときは
「やっぱ○○」とか、姑と母との確執が潜むとかw。
そんくらいだといいね。

426 :名無しさん@HOME:02/11/13 13:17
子どものころ、一時期叔母が毎晩のように夜中うちへ電話してきていた。
どうも叔父が夜中になっても帰宅していないようだ。
母がいつも電話でなだめていたのを思い出す。

結局叔父は浮気をしていて相手の女のもとに通いつめてて
その女を妊娠させていたことまで知ったのは、大人になってからだった。
父たちが躍起になって別れさせて、子どもも始末させたらしいが。

427 :名無しさん@HOME:02/11/13 19:21
そーいや私の叔父(母の弟)も一時期、女と逃げたらしい。
4歳の従兄とおなかに赤ちゃんを抱えた叔母を置いて。
結局叔母は叔父が不在のまま出産。
生まれた従弟の命名は、母の兄が命名しました。

当時の私は2歳児だったので全く記憶無し。
おなかが大きく子供もいるのにこんな事になってしまい、
叔母が精神的にまいってしまうともっと大変なので、叔父が帰ってくるまで、
叔母と従兄弟は我が家にいたらしい。
叔父は半年ほどで居場所が判明し、戻ってきたそうな。
今では仲のいい夫婦やってます。
叔父も結構優しい人なのですが、、、心の奥では軽蔑してます。
叔母は、明るくて気さくですごく好きなんだけどね。

428 :名無しさん@HOME:02/11/13 19:45
15才はなれた姉がいるんだけど
子供の頃は間違えてできた子、なんてクラスの子にからかわれてた。
で、高校生になる時にびっくり発覚!
私は養女だった。
そしてもっとびっくりしたのが姉と父の子だった。

429 :名無しさん@HOME:02/11/13 19:49
>428

ある意味、間違えて出来た子で間違ってないな…。
強く生きろよ。

430 :名無しさん@HOME:02/11/13 21:09
>422 ゴメン、恐ろしいこと考えちゃった…
へその緒に書かれた名前の子が、422宅のホントの子供で、
名前決めて、出生届出す前にアボーンしちゃって、422両親が
どこかで新生児422を誘か(自粛

431 :名無しさん@HOME:02/11/13 22:41
>>428

さりげなくコワイこと書き込んでないか?ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル

432 :名無しさん@HOME:02/11/13 22:46
>428
ということは、実の親子から産まれたってこと?!
さらっとすごいことを…(((;゚Д゚))) ガクガクブルブル…

養子ってことはお姉さんが非嫡出子として産んだ子を
お父さんが養子にって????


433 :名無しさん@HOME:02/11/13 22:51
>428
ネタっしょ・・・。

434 :名無しさん@HOME:02/11/14 03:41
>>428
映画の「マイ・プライベート・アイダホ」思い出しちゃったよ・・・。
あちらは母親と息子との間に生まれた子供が主人公だった。

435 :名無しさん@HOME:02/11/14 04:27
>>428
養女だってことは調べればわかることだけど
父親と姉との子供だってことはどうやったら
わかるの?

436 :名無しさん@HOME:02/11/14 04:39
>435
DNA鑑定すれば判明することっしょ。

437 :名無しさん@HOME:02/11/14 05:23
>436
でもさ、自分が養女だからって父親と姉が自分の両親だなんて普通思わないじゃない?
姉とDNA判定しようとする時点でなにかしら疑いがないと普通そんなこと考えないでしょ?
だからそれを知ってる誰かが本人に言わないとわからないことだよね?



438 :名無しの心子知らず:02/11/14 07:28
母の姉と父の子って意味じゃないの?

439 :名無しさん@HOME:02/11/14 07:59
だったら「15才はなれた姉がいる」なんて書かないよ

440 :名無しさん@HOME:02/11/14 09:56
素朴な疑問、仮にこの話が本当だとして、どうやって子供を産めたのだ?
15離れているということは、その時姉は高校生?
ばれなかったのだろうか?
それと母親(この場合は祖母)がよく黙っていたものだね。
普通だったら気が狂う位のショックでしょうに。

441 :名無しさん@HOME:02/11/14 10:06
>440
子供が性的虐待されてて、気づいていても、
別れたくないとか、自分が殴られたくないとか、
そういうことで黙ってる鬼母っているからね。

どうやって知ったか、は、多分、本人からでも聞いたんじゃない?

442 :名無しさん@HOME:02/11/14 10:36
>441
>別れたくないとか、自分が殴られたくないとか、
>そういうことで黙ってる鬼母っているからね。

ここは分かるのだが。

>440
>ばれなかったのだろうか?

私もここが分からない。お腹が膨らめば学校側に気づかれない訳は
ないと思うが。 それとも妊娠したので退学したとか?

443 :422:02/11/14 10:45
皆さんのレスを読んでチョット怖くなった(w
あれから数年後に引っ越しをしたので、
今、へその緒がどこにしまってあるかわからない状態。
アタシの顔は父親にソックリで、母親とは全然似てない。
兄貴が2人いるけど、一番上は母親似、二番目はどっちにも似てない。
アタシが初めての女の子だったっつーこともあって、
「あんたが産まれたときは嬉しくて泣いたんだよ」という
母親の言葉を信じることにしまつ(w

444 :名無しさん@HOME:02/11/14 13:41
父が姉の子として認知していたとか、、、、??

445 :名無しさん@HOME:02/11/14 16:01
>444
>父が姉の子として認知していたとか、

そもそもそんなこと出来るの? 戸籍上は父親と祖母(これも変な言い方に
なりますが)の子供として届け出たのでは?

446 :名無しさん@HOME:02/11/14 16:55
思い出したんだけど私のいとこの同級生が12歳で妊娠・出産したんだよね。
相手は同級生の12歳の男の子。
母親が気づいた時にはもうおろせない時期で出産させて町を出て行ったらしいんだけど
その後どうなったのかなぁ?
この話聞いたときそんな話が実際あるなんてってびっくりしたなー。
小学生でも高学年になったらきっちり性教育せねばと思ったよ。

447 :名無しさん@HOME:02/11/14 17:10
>>445
父と娘(姉)で婚姻はできない(アタリマエ)けれど、
認知は事実の記載だから可能。
役場で母子手当て担当をしている知人によれば、認知している父が実父
という例は
「珍しいことではない」
…ガクブル。
でも、認知されていると母子手当てが出せないので
テテナシゴでかわいそうだからと父が(事実ではないのに)認知する
メリットはない。
とも言ってました。

448 :名無しさん@HOME:02/11/14 17:21
>>442
人によっては、早くからおなかが目立つ人と、
小デブに見えるくらいで妊娠してる風には見えない人もいる。
個人差ありますよ。

449 :名無しさん@HOME:02/11/14 17:37
>>446
マジレスだけど以前近所の女の子は小学生3年で生理があったから
生育の早い子はイタズラ(・・・以上)されたらシャレにならない。


450 :名無しさん@HOME:02/11/14 23:36
利家とまつ、のまつって13歳で子供産んでるみたいだね
昔だったら珍しくなかったんかな?

451 :名無しさん@HOME:02/11/15 00:27
昔は成長が遅いけど結婚は早かったので
初潮よりも先に妊娠出産というのが珍しくなかったらしい

452 :名無しさん@HOME:02/11/15 00:31
>>451
初潮なくて妊娠できるの!?

453 :名無しさん@HOME:02/11/15 00:34
>>451
男だね。
しかも、あんた子供だね(w

454 :452:02/11/15 01:05
ちなみにうちのばーちゃん(物故)は嫁入りのとき(16歳)
まだ初潮はきてなかったそうです(´ー`) 昔だったからなぁ。

455 :名無しさん@HOME:02/11/15 01:23
>>451,452,453
menstruationが何を意味するかがわかれば>>451の言うことも
有り得るという事が理解できる。
インドなどでは今でもそういうことが沢山あって問題になっている。
と言うか、453は小学生のボクちゃんですか?
明日の学校に支障があるので早く寝ましょう。


456 :名無しさん@HOME:02/11/15 02:24
>>451
昔の年齢表記は数えだから、13歳っていうと今の15歳相当じゃないか?

457 :名無しさん@HOME:02/11/15 02:36
>>452-453
私は451じゃないけど、
つまりね、初潮が来る前にお嫁に行きまして、毎日セクースするとします。
そのうち体ができあがりまして、初めての排卵があった、とします。
ここで排卵後、何事もなければ、2週間後に出血→初潮をむかえるわけですが、
毎日セクースしていた為、初めての排卵→受精→妊娠、となりまして、
初潮より先に妊娠する、という事になるわけです。

453は、チョト恥かいたかもw

458 :名無しさん@HOME:02/11/15 02:43
でも以前、閉経を「あそこが閉じてセックスできなくなること」と
思い込んで偉そうに書いている厨房もいたから
フライングで判断しちゃった気持ちもわからんでもない(笑)

459 :名無しさん@HOME:02/11/15 07:40
私が生まれる前、お父さんが風俗に行って、性病もらった事。
お母さんは呆れたらしいが、別に心の浮気ではないので、と、
許したそうです。んで、娘の私も最近ちょっと浮ついた時期
に性器ヘルペスもらってしまいました。すごく痛かったです。
彼氏に話すと(浮気の事ではない)、彼は小3の時に、なぜ
か性器ヘルペスを発症したそうで、同じウィルス持ちと発覚。
遠距離だったので、彼から貰うのは不可能だったのだが、彼
は自分のせいと思い込み謝ってくれました。ごめんなちゃい。
とにかく、今は仲良く浮気せずに真面目に交際してます。
しかし蛙の子は(以下略)

460 :名無しさん@HOME:02/11/15 08:32
>459
あなたの家のような環境を「ドキュソ・スパイラル」とよびます

461 :名無しさん@HOME:02/11/15 11:11
>459
浮気のことは彼氏には隠してるわけね・・・。
それでまじめな交際か。なんだかな。

462 :名無しさん@HOME:02/11/16 13:44
>>458

「一度中だしすると精液が膣内に残るから
たとえ生理が来ても妊娠する可能性がある」
と逝ってのけたヤローがいますた…

あのね、ソレは犬だよ…・゚・(つД`)・゚・

463 :名無しさん@HOME:02/11/16 22:31
日本の性教育もまだまだだな〜(しんみり)
そういえば今から2年ほど前のはなし、いとこ(当時19歳)が出産しました。
お相手は当時17歳の高校生。
在学中に父親になるのはその学校でははじめてのケースではあったらしいけど
停学とか退学とかのお咎めもなく、卒業を待って籍を入れたそうです。
だんなはボンボンのせいか仕事を転々とするとか
色々あるみたいですが、だんな側の実家から住む家とある程度の生活費の補助ももらって
今のところ離婚もせず幸せにやっているらしいです。

464 :名無しさん@HOME:02/11/17 00:32
>>463
それは、あなたのいとこさんの方が青少年保護条例違反に問われるケースだと思われ。
タイーホされなかっただけでも幸運。

465 :名無しさん@HOME:02/11/17 00:36
>464
いとこだって成人してないじゃん。

466 :名無しさん@HOME:02/11/17 03:53
ウチのオヤジ、母曰く。
戸籍上は昭和28年生まれなんだけど、実際は昭和26年生まれらしい。
そんな事ってあり得るのかしら?

467 :名無しさん@HOME:02/11/17 11:33
>464
家と生活費もらってるのがうらやましいでつka?

468 :名無しさん@HOME:02/11/17 13:33
>466
>戸籍上は昭和28年生まれなんだけど、実際は昭和26年生まれらしい。
>そんな事ってあり得るのかしら?

戦前、戦後の混乱期ならともかく、昭和26年でそういうのはありえないかと。
それとも引き揚げてきたというクチでしょうか?


469 :名無しさん@HOME:02/11/17 13:37
>266
ウチも26年生まれ。生まれてから半年後出生届け。

470 :名無しさん@HOME:02/11/17 13:48
オヤジはいちおう四人きょうだいの長男だけど、
下から二番目のオバさんは、祖父さんの種じゃない。
でもって、祖父さんには外にこのオバさんと同い年の娘がいる。
認知はしてないらしいけど、遠戚みたいな付き合いをしている。
祖父さんと祖母さんはごく普通の年寄り夫婦として仲よく
暮らしているよ。

471 :名無しさん@HOME:02/11/17 19:35
>466
ttp://www.sankei.co.jp/news/021107/1107sha123.htm

こんな事件もあるよ。

472 :名無しさん@HOME:02/11/17 19:36
>470
>下から二番目のオバさんは、祖父さんの種じゃない。
>でもって、祖父さんには外にこのオバさんと同い年の娘がいる。

あっさりと書いていますけど、要は爺さん、婆さん両方が不倫していたと
いうことですか? 横溝正の世界ですね。
二番目のオバさんの種は、もしかして同い年の娘さんの戸籍上の父親とか?


473 :名無しさん@HOME:02/11/17 19:48
漏れの祖父の祖父が中国人だった
つまれ漏れは1/16中国人

474 :名無しさん@HOME:02/11/17 23:28
祖父の祖父の死因が首吊り自殺だった事。

475 :473:02/11/18 02:20
ちなみにその祖父の祖父にあたる中国人は
大学教授として日本に来た人だという。
そのおかげか、ウチの父の家系はみんなすごく頭がいい。

あ、俺はマジ例外(w

476 :名無しさん@HOME:02/11/18 02:26
横溝正?(w

477 :名無しさん@HOME:02/11/18 02:37
私の両親、出来ちゃった結婚だったのは知ってたけど
その前にも一回、妊娠してたらしい
でも親(私から見れば祖父母)の猛反対にあい、結局流産。
それで懲りれば良いのに、また子供作って産まれたのが私

私の下に、2歳違いの妹がいるんだけど
実はその前にももう一人いて、
帝王切開だったからまだ早いと言う理由で中絶
妹も帝王切開だったのでそのとき卵管縛ってもらったらしい

そうじゃなかったらまだポコポコ子供作ったんだろうな
避妊くらいしかりしろや節操ないんじゃ馬鹿親がゴルア!

二分の一の確立だったんだなー、生きてて良かった!

478 :名無しさん@HOME:02/11/18 03:19
実は親父は若い頃毛がフサフサだった

479 :名無しさん@HOME:02/11/18 10:49
>>472
亀ですが、W不倫らしいだす。というかそれしかナイ
けど、さすがに
>二番目のオバさんの種は、もしかして同い年の娘さんの戸籍上の父親とか
これはないです。ジジの不倫相手は未亡人か何かだったらすい。
それより不思議なのは、そんなことなかったように
老夫婦仲良く暮らしてることだ(w

480 :名無しさん@HOME:02/11/18 10:54
父親の、従兄の父はモボでしかも愛人を何人も囲ってるような男だったらしい。
彼の妻であった父の叔母(私にとっては大叔母だが)は、彼の葬式の時に
初めて彼と関係があった女たちが焼香に来たのを見て、何人いたか知ったらしい。
しかも彼は、なんと息子の嫁にまで手を出していた。それが原因で息子は離婚。
子どもは4人いるが(上三人が♀下一人♂)2番目がその時の子どもではないかと
親戚内では密かに噂になっている・・・。

481 :名無しさん@HOME:02/11/18 10:56
>>477
私の母と全く同じ中絶ペースでビークリ。
自分のすぐ前後の子を中絶、と聞いたときは
「なんかの事情で最初の子が生まれてたら順番からいって
私が消されていたのか・・・・・・」とガクブルですた。
うちの母はその後リング入れてたようです。

482 :名無しさん@HOME:02/11/18 13:58
>>480

>>しかも彼は、なんと息子の嫁にまで手を出していた。それが原因で息子は離婚。
子どもは4人いるが(上三人が♀下一人♂)2番目がその時の子どもではないかと

竹下登の親父みたいだね…
竹下の親父は、息子が出征中に息子の嫁に手を出した。悩んだ嫁が竹下に
相談するも、「お前が悪い」と叱られ、嫁は自殺してしまったという…
二人目の嫁が産んだ長女の出生にも疑惑がある…(竹下が家を長く空けていた時期に
にしこまれた可能性が大らしい)。
妻が父親に手をつけられたりしても、息子が怒って父親と縁切りしたって
話はあんまり聞かないね…

483 :名無しさん@HOME:02/11/18 22:45
父には早逝した姉がいたこと。
20歳のある日家族でお墓参りに行ったとき、
お墓の側面に見慣れない名前が彫ってあったのに気が付いて
それについて聞いてみたら初めて話してくれた。
戦後の物不足のときに栄養失調で3歳で亡くなってしまったそうだ。

484 :名無しさん@HOME:02/11/18 23:59
とくにない平和な家庭だったなあ

485 :名無しさん:02/11/19 00:10
うちも平和な家庭だったなー。
「ご先祖様に悪い事をした人がいないのよ、きっと」
と母親は言うが、特に良いことをした人もいないのだろう。
だって金持ちはいない。
それでも明るい家庭・親戚だけど。

486 :名無しさん@HOME:02/11/19 00:19
大人になってから知った家族の秘密はないけど、
子供の頃から子供が知ってていいような話ではないことを知ってた。
知らなかったら、
「大人になってから…」といえたんだがw

487 :名無しさん@HOME:02/11/19 01:24
>484

それが実はね…。


488 :名無しさん@HOME:02/11/19 01:30
母方の祖父がホームレスだった事。

489 :名無しさん@HOME:02/11/19 08:00
親父が実はヅラだった…。
祖父はふさふさだったし、弟もふさふさ、父も髪の毛あるのに、
俺だけハゲかけだったので、「何で!?」と思ってたら、
実は親父のじいちゃんがハゲで、親父もハゲだったと…。

490 :名無しさん@HOME:02/11/19 11:54
そういえば、母方のきょうだいは母を入れて4人なんだが
実はもう二人いたのよという話を聞いたことがある。
一人はなにで亡くなったかは知らないが、もう一人は生きていれば母と丁度干支が
ひとまわり違う兄で、12歳で学校の屋根から落ちて死んだらしい。
でもそこに母ができたものだから、トシいってるにもかかわらず祖母は「この子は
死んだ息子の生まれ変わり」と言って母を産んだとか。
そんな祖母は、母が高校3年のとき亡くなった。
「そのおかげで私は修学旅行にいけなかった」と母は今でも話すのだがw

491 :名無しさん@HOME:02/11/19 12:44
>489
>実は親父のじいちゃんがハゲで、親父もハゲだったと…。

隔世遺伝というやつですか。




492 :名無しさん@HOME:02/11/19 13:41
>489
実は祖父も弟も・・・?

493 :名無しさん@HOME:02/11/19 17:21
>488

neta?

494 :名無しさん@HOME:02/11/19 21:57
>>490 不幸が続いたんだね・・・

495 :名無しさん@HOME:02/11/19 23:48
一番上の兄は小児がん(神経芽細胞腫)で1歳で死亡。
妹は何年か前に19歳で事故で死亡。

これらは当然知ってた。

でも次兄と私の間に流産した子がひとり、
私と妹との間に死産した子がひとりというのは
大人になってから初めて知った。

・・・・・親孝行します。
どんなに辛いことがあっても自殺だけは絶対しません。
危ないことはしません。
健康にも精いっぱい気をつけます。
親より1日でも後に死ぬように。

あと関係ないけど書いとく。兄貴しっかりしろっ!!

496 :名無しさん@HOME:02/11/19 23:52
ガンガレ!>>495

497 :sage:02/11/20 00:53
>>186
俺の兄貴族に入って少年院にぶち込まれた奴で自殺するまで憎んでいたよ…

「昔の事」「更正したから」「家庭を持ったから」

等で全て許されると思うなよ。俺なんか兄貴の娘マジで殺してやろうかと思っていたぞ。







俺がアンタの弟だったら確実にアンタの家に放火していたな。子供が苛められるように仕
向けるか。家庭持った途端聖人君子面されてもねぇ〜用心しな。マジで。


498 :名無しさん@HOME:02/11/20 06:49
>497
言いたいことがよくわからん?

499 :名無しさん@HOME:02/11/20 07:17
>498
ホンモノのデ○パのにおいがするので構わないほうが。

500 :名無しさん@HOME:02/11/20 08:02
>499
了解!


501 :名無しさん@HOME:02/11/20 12:57
デ○パのにおいはするが、翻訳してみるおせっかい。

>497の兄は、かつて、珍走団に入っていて、散々悪さをした挙げく、
とうとう捕まって少年院送りになった不良だった。
が、その後更生し、結婚して娘(497の姪)までもうけ、
堅気の人間として、幸せに暮らしていた。
一方、497は、兄とは違い、小心者で、ソコソコ真面目な気の弱い普通の少年だったが
兄がかつて不良であり、少年院に入ったこと等によって、
家庭が崩壊し、学校でも冷たい目で見られるなど、暗くて辛い少年時代を送り、
また、成長して結婚したいと思う女性も現れたが、
やはり兄の過去などがネックとなって、彼女両親から結婚を反対され、破談になる等
自分は悪くないにも関わらず、兄に多々迷惑をかけられてきた。
だから、497は、兄の家庭をぶっ壊したいと思うほど、兄を憎んでいた。
が、その兄も、何らかの理由で自殺に至り、497の復讐は果たせないままとなっている。
>186は、「自分も昔は悪くてさぁ〜」などと呑気に言っているが、
その影で、辛い思いをして迷惑を被った香具師がいるんだぞ!自覚汁!

教訓:恨み辛みが積もり積もると恐ろしい。DQNの弟はDQN?

502 :名無しさん@HOME:02/11/20 13:24
俺的には>501が電波

503 :名無しさん@HOME:02/11/20 21:57
>501
電波にチューニングを合わせようとするのは危険だと思う。
戻らなくなったらどうする。

504 :名無しさん@HOME:02/11/20 22:13
>503
たぶんそれはそれで幸せな事だろ。

505 :503:02/11/20 23:31
>504
ウケタ。笑いが止まらなくなってしまった。

506 :名無しさん@HOME :02/11/21 14:51
若い頃とんでもないプレイガールだったと評判の母。
二股・三股かけて付き合ってた人がいたことは聞いてたけれど、
さっき冗談で「最大何人の人と付き合ったことある?」と聞いたら、
真剣に数えて「一番多い時で8人よ」と答えてくれた。

さすがに八股は酷いよ、ママン。大蛇じゃないんだから…。

507 :名無しさん@HOME:02/11/21 18:15
>506
>さすがに八股は酷いよ、ママン。大蛇じゃないんだから…。

結婚前のことであれば大目に見てあげたら。 その中に既婚者がいたと
いうのなら話は別ですが。






508 :名無しさん@HOME:02/11/21 19:39
>507
結婚前でも二股はどうかと思うが。
それがヤマタノオロチときたらあなたw

509 :名無しさん@HOME:02/11/21 21:51
安易に妥協しないほうがいいよ、あとでもんもんとするから>99

510 :名無しさん@HOME:02/11/21 22:07
うちの父は専任切りを実行したそうです。
しかし、母が更正させ、それ以来母一筋だったそうで。
でも地元にも悪だった被害者がいるみたいで、子供の頃、やたら、
「おばちゃん、あなたのパパと仲良しだったのよ」と言ってきたおばさんがいたけど、
最近になって、「ああ、あの人、被害者だったんだ」と理解した。
そんな父も故人。


511 :電波扱いの497:02/11/21 22:07
>>501は最初の何行しか当たってない(苦笑)
散々な仕打ちをしてくれた奴が家庭持った途端偉そうな口ぶっ叩かれると殺意感じるんだよね。
「その前に土下座して謝れや!!5、6発殴らせろや糞ガキが!!!!」ってなところかな…
本当は死んで詫びて欲しいんだけど。




と思っていたけどいざ死なれるとね…元ヤンの方復讐されないように気を付けてね♪マジでw

512 :名無しさん@HOME:02/11/21 22:40
母方の祖父が、父方の祖父祖母に見殺しにされた事。

30年前の話。
母方の祖父がどうも体調が良く無いということで
父方の祖父に紹介された町医者にかかったんだが、その医者、検査結果を父方の祖父にしか伝えなかった。
父方祖父も本人やその家族には一切何も告げなかった。
その時点で、放っておくとあと10年の命だとわかっていたのに、何の処置もされることはなかった。
他の病院で癌だとわかった時にはもう末期だった。手遅れだった。
父は、発覚する2年前には事実を知らされていたらしいが、結局何も言わなかった。
父方の祖父祖母は、
「私達はあの人がいずれこうなるのを10年も前から知っていたのに、あなた達は何も知らなかったのね」
と小馬鹿にした態度を取っていたそうだ。(知らなくて当然だ…)
母はその一部始終をテープに録音していた。
裁判沙汰にしようかとも思ったらしいが、結局やめた。


513 :512つづき:02/11/21 22:41
母方祖父は、「命が足りない」と言って死んでいった。
私が物心つくかつかないか、という頃の事だった。とても優しい人だった。

こういう複雑な事情があったので、両親の仲は微妙でした…。
その父も、2年前に他界した。
が、父方の祖父祖母は通夜の席にも少し居ただけで、すぐに帰ってしまった。(父は婿養子でした)
父も被害者だ、と母は言っていた。
その他にもコイツラは、口だけだして金は出さない、雑用も一切しない、
と相当なDQNっぷりをみせてくれた。

父が亡くなってからは全く付き合いが無い。
コイツラの葬式だけは絶対行かない。


以上、長文スマソ。しかも後半スレ違い…だな。

514 :名無しさん@HOME:02/11/22 01:27
以前に何か問題があったのかな・・・。
助かったかもしれないのに

515 :名無しさん@HOME:02/11/22 01:59
>>507
別に許さないとか思ってるわけじゃありませんのでご心配なく。
尊敬しつつ呆れてるだけです。
なにしろ彼女、ヤマタノオロチのくせに結婚まで処女だったんです。
いや、マジで。
当然、非処女と思って結婚した父がひっくり返ったそうな。
いくら時代が違うからって言ったって、
セクースぬきでヤマタノオロチはある意味偉大だわ(w

「簡単にセクースなんてしちゃダメよ。
亭主面する男もいるし、身体目当ての男には飽きて捨てられるから。
セクースしないでも男ひきつけとく魅力のある女になりなさい」とは、
中学に入学した時に母がわたしに送ってくれたはなむけの言葉です…。
まじめなお話しの途中でスレ違いな話しでスマソ。

516 :名無しさん@HOME:02/11/22 02:15
>>515
いや〜ある意味正論ですなぁ。
>セクースしないでも男ひきつけとく魅力のある女になりなさい
素晴らしいお言葉を貰った>>515さんが羨ますぃ・・・

517 :名無しさん@HOME:02/11/22 22:13
高1の時に家族で、よくあたる手相見の人のところにいった。
そのおばあさんが父の手相を見て
「お子さんは3人ですね。一人は金持ちと結婚するし、一人は棟梁運のある人と結婚する、
あとの一人は幸が薄いね」
と言った。私は妹と2人姉妹。母の手相を見ても3人と言い切った。
私と妹はわけがわからず「えっ。二人...」とつぶやいていたが
両親は3人と認めるようなことを言った。
帰り道、すごく重い空気の中
実は私の生まれる前に母が病気になり、おろした子がいたことを知った。
私は思春期真っ只中で両親のことが妙に許せなくて(産めないのに妊娠したこと)
ずっとひっかかっていた。

ちなみに手相は未来のことも結構当たっていた。

518 :名無しさん@HOME:02/11/22 23:19
そのばーちゃんに男運みてほしー!

519 :名無しさん@HOME:02/11/23 00:08
>517さんと妹さんは3つの予言のうちどれが当たってたの?

520 :517:02/11/23 08:45
そのばあさんはすごい地方のそのまた田舎に住んでいるばあさんで
実家(地方都市)から2時間もかけて見てもらいにいったんだけどね。
その1年後にはお亡くなりになりました。

旦那運については妹独身だし、私の旦那は転職予定だしまだわかりません。
でも私の職業について「○○になるのがいいよ。すごくむいてるよ」
と、まだ当時何にも考えてなかったのに言われてそのとおりになっています。
後、親戚の結婚、予定外の収入(宝くじ)も当てました。

寿命とかも父、母、私と見てもらった順に言われたんだけど、
妹が何回も「あのー寿命はー...?」と何回も聞いたのに
聞こえない振りして教えてくれなかった。
すごい不自然で。
その少し後で妹が命に関わるような難病に罹っていることが発覚して、
母とすごくそのばあさんの聞こえないふりが怖くなったのを覚えています。

ちょっとすれ違いになってきました。すいません。




521 :名無しさん@HOME:02/11/23 08:50
>520 その人に運命を見てもらいたいような見てもらいたくないような
どっちにしろ、もう亡くなっているなんて残念。

522 :名無しさん@HOME:02/11/23 08:53
>>520
凄い人がいましたね。もうお亡くなりになったのは残念。
私も見て貰いたかった。でも、見てもらっても聞こえない
フリされるか(w

523 :517:02/11/23 09:04
そうですね。残念です。
ほんとに今見てもらいたいのだけど。
そのおばあさんは田舎のちょっとした有名人でしたが
値段も良心的で4人で2000円でした。

旦那運について改めて考えてみると
金持ちと結婚っていうのが私かもしれません。
だんな実家が金持ちなので。
でも姑が最悪な人で仲が悪いのでメリットなし。
自分が金持ちになりたいよ。

524 :名無しさん@HOME:02/11/23 09:06
>517 あなたが向いているって言われた職業って何ですか?

525 :名無しさん@HOME:02/11/23 12:26
>524
羊飼いとかだったら笑えるな。

526 :名無しさん@HOME:02/11/23 12:59
>>525
酪農家って言えば別になんてこともない。

527 :517:02/11/23 13:07
羊飼い??笑っちゃいました。
学校の先生ですよ。


528 :名無しさん@HOME:02/11/23 13:13
占い師は寿命は分かってても言ってはいけないらしい。

529 :517:02/11/23 13:23
そうなんですか。知りませんでした。
寿命っていっても父と私のことは
「あんたは小憎たらしいくらい長生きするよー」
母のことは
「8のつく歳68,78(記憶があやしい)に大きな病気をするから気をつけなさいよー。
あんたはそんなに長生きする方じゃないわねー」
って感じでした。

そのおばあさんは占いを職業としてやってる感じではなかったです。
本当に田舎で、なんとなく評判を聞きつけていろんな人が集まってくるみたいな。
看板も何にもないし、ただの民家の隠居ばあさんって感じでした。
だから料金も良心的だったのかも。

530 :名無しさん@HOME:02/11/23 13:42
羊飼いのほうがしあわせだったかもよ。

531 :名無しさん@HOME:02/11/23 14:13
>>482
マジな話ですか?
竹下の奥さんって金丸の娘だよね?

532 :名無しさん@HOME:02/11/23 14:25
違った。
竹下の娘と金丸の息子が結婚してるんだ。

533 :名無しさん@HOME:02/11/23 21:18
歯医者と結婚した。
そしたら両親とか叔母ちゃんとかおじちゃんがみんな、うちの旦那に治してもらいに来た。

・・・みんな、入れ歯だった・・・(部分入れ歯の人もいたし、総入れ歯の人もいた)
必死で娘には隠してたのかな。まだ若いから。
苦労をかけてごめんね。

534 :名無しさん@HOME:02/11/23 21:41
実は父とお手伝いさんのあいだにできた子だった
18才の誕生日に知った

535 :名無しさん@HOME:02/11/23 22:32
>>534
え?じゃ、二人のお母さんはどうしてるの?

536 :名無しさん@HOME:02/11/25 20:54
>>515
亀レスでスマソ。
ヤマタノオロチ処女って
すごくモてたってことだよね。
時代が違うのかもしれんが
今だったら全然OKだよね。


537 :名無しさん@HOME:02/11/26 05:59
>ヤマタノオロチ処女
ワロタ

538 :名無しさん@HOME:02/11/26 10:28
>>536
いきなり「ヤマタノオロチ処女」だけ目に飛び込んできたので
「…生け贄????」とか思ってました。
田舎スレの誤爆かなあ、でもさすがに生け贄はあんた、とか。

539 :名無しさん@HOME:02/11/26 18:15
538こそが誤読してるようだが


540 :名無しさん@HOME:02/11/26 18:17
>>539
「思ってました」は過去形。

541 :名無しさん@HOME:02/11/26 18:40
>540 北にカエレ

542 :名無しさん@HOME:02/11/26 18:47
ああとにかく北とか部落とか言って絡もうという人が降臨してるだけか・・・

543 :名無しさん@HOME:02/11/26 21:44
>542
そういう人たちは家庭板できなく社会板に還って頂きたいですね。

544 :名無しさん@HOME:02/11/26 23:18
話の流れと関係なくて、ごめんなさい。
昔々私が10歳くらいの頃、生放送の地元番組の中で<旅芸人一家>を紹介していて、
インタビュアーのお姉さんが、座員(娘達)に60過ぎの座長(お父さん)についての
意見を聞くシーンを見てて、変でした。

「夜おっぱいやおちんちんつまんだりしにくるのやだぁ・・」と小3の娘がおかしそうに言ったから。
そして、その妹の言葉を小6・中2・高1の姉達が(゚Д゚)ハツとした顔で見て気まずそうにしてたから。

その娘の言葉に座長(父親)は、手ぬぐいで顔の汗を拭きまくりながら、
「なな何言ってんだよぉ、ははは、何だ、あれ、成長チェックだ馬鹿!
色気が出ねぇで芝居できねぇだろ、なぁ?ねぇ?ったくよぉまったく。。」
と娘達とリポーター&カメラマンに必死で言い訳していた。。。

あの瞬間、男の人は女の人にどんな事をするのか少し知ってしまい、
あの時が私の大人になりはじめだったかもしれません。

545 :名無しさん@HOME:02/11/27 00:12
私のひいおじいちゃんは、大正時代の政府の諜報部員でした。
大正某年の春、足を洗うと同時に元同僚が「お祝いだ」と持ってきた日本酒が
「末期の水」となりその生涯を終えたと聞かされました。
いつ死ぬか判らない仕事だし、家族を持つことが弱みとなるからひいおばあちゃんと
は籍が入ってないってのも。
先日昔の戸籍を取り寄せたら、ホントだったんで驚いた。
ひいおばあちゃんが生前、悔しくて何度も何度もその時のことを詳しく孫娘(母)に
言って聞かせたそうだ。

546 :名無しさん@HOME:02/11/27 00:35
>545

意味がわかんないんだけど、毒入り酒とか暗殺されたってこと?


547 :名無しさん@HOME:02/11/27 00:40
そうでつ。
詳しいことは書けないけれど、すぐに役人が「こんな時に不謹慎だから」とかいって
贈った日本酒を取り返しに来てもってっちゃったそうです。


548 :名無しさん@HOME:02/11/27 12:12
>>545
壮絶な話だ…。
でも戦前はそういう話本当にあったんだね。思想も自由に表現できない時代でも
あったし、出版社とか新聞社の人が特高警察に連れて行かれて拷問を受けたという
話は祖父からも聞いたことがある。
その祖父も20年ちょっと前に83才で他界したけど。

549 :名無しさん@HOME:02/11/27 12:21
545の話すごい.....

550 :名無しさん@HOME:02/11/27 12:32
>>545
戦前の日本って・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

551 :名無しさん@HOME:02/11/27 12:34
私の祖父(80)は40歳ぐらいの時に隠し子を作っていた。
親族の誰も知らなかったが、歴史に興味のある私が自分のルーツを探ろうと
興味本位で古い戸籍をたくさん申請したんだけど、仰天したことに
知らない名前の人を祖父が認知しているではないですか!!
一族あびきょーかんの嵐になりました。
叔父伯母やうちの母なんかは騒いでいたが、祖父の配偶者である
バーサンは意外にも冷静だった。
バーサンを少し尊敬した。

552 :名無しさん@HOME:02/11/27 14:09
>551
>バーサンを少し尊敬した。

で、ジ−サンは?




553 :名無しさん@HOME:02/11/27 14:40
父は、長男なんだけれど、次男だとばかり思っていたおじさんは、
三男だった。
次男のおじさんはどこに?と思っていたら、分裂病で、他県の病院だか施設だかに、
一生預けられていた。父の死んだ年に、その次兄も前後して亡くなって、
三男に当たるおじが、事後処理しにいったようだ。
あと、母方のおば(割と若いので、私は、お姉ちゃんと慕っていた)が、
大学卒業後間もなく若くして亡くなって、ずっと事故だと聞かされていたが、
あとになって、実は失恋?からの自殺だったと、わかった。
生きていたら、いろいろ話もしたかったのになー。
色恋な隠し話は、あまりないなー。
別のおばが、結婚したのは、旦那を追っかけて駆け落ち同然、
だったというのは聞いたけど、今は近くに住んでてごく普通の夫婦。

554 :名無しさん@HOME :02/11/27 16:18
田中さんのような例ってよくあるんだね

555 :名無しさん@HOME:02/11/27 20:31
中学2年のとき、実は父が在日韓国人だと聞かされました。
しかも×イチで一回り年上の姉(韓国人)がアメリカにすんでいる、
いつかお姉さんに会いにいきなさいと。
わたしは、父に離婚歴があったことと、韓国籍だったことが
とてつもなくショックで大泣きしてしまい、それからしばらく父に
冷たくあたるようになってしまいました。こんなことはずかしくて
友だちに言えないノ..と思いながら。

そして、22才のときアメリカにすむ姉に会いに行きました。姉と旦那(アメリカ人)はとても明るく受け入れてくれ、ホ-ムパ-ティ-
を開いてくれました。職場の同僚や近所の人たちに姉はわたしのことを
「harf sisterなの!でも妹は日本人だから私達言葉が通じないのよ-」
とあっけらかんと紹介し、聞かされた人たちも「きゃ-!それは大変ねえ-」
とこれまたあっけらかんと答えるのをみて、私は今まで何を悩んでたんだろうと思いました。今も姉とはたまにですが連絡を取り合ってます。


556 :名無しさん@HOME:02/11/27 21:48
>555
いいお姉さんで本当によかったね
>555さんにいつかお姉さんに会いに行きなさい
といったご両親も立派だね。

557 :名無しさん@HOME:02/11/29 03:21
>>554
田中さんってノーベル賞の?何かあるの?

558 :名無しさん@HOME:02/11/29 08:15
異母兄弟姉妹の存在をあとで知った方にお尋ねしたいのですが、
聞かされるのに適当な時期ってあると思いますか?
私の夫がバツ1で前妻の子が二人いるのですが、私たちの子供(小学生)には
まだ教えていません。
本籍を移したので、戸籍上も夫の離婚歴はわからないようになっています。
しかしいつかは兄姉がいることを子供に打ち明けないと、、と思っています。
いつどんな形で知るのがよりよいのでしょう・・?

559 :名無しさん@HOME:02/11/29 16:22
>558
漏れの親戚は、子供が大学に入った時に教えたそうです。大学生ならば
そういうことも受け止められる年齢になっているであろうということで。
バツになった理由にもよりますが、高校を卒業した後にした方が宜しい
かと考えます。

560 :名無しさん@HOME:02/11/29 16:24
>>559
ハゲ堂。
私も養女だということを、19歳で教えてもらいました。

561 :名無しさん@HOME:02/11/29 17:08
禿道。20歳付近だと世間には色んな人生があるもんだと
いうのが見えてくるから落着いて受け止められると思う。


562 :558:02/11/29 17:26
>559,560.561
ありがとうございました。子供には高校卒業まで伏せておくことにします。

563 :名無しさん@HOME:02/11/29 18:05

                 ┌─┐
                 |な|
                 |ん|
                 │か│
                 │腹│
                 │立|
                 │つ|
      ダァホ    ゴルァ  │ !!│
                 └─┤    プンプン
    ヽ(`Д´)ノ ヽ(`Д´)ノ  (`Д´)ノ    ( `Д)
    | ̄ ̄ ̄|─| ̄ ̄ ̄|─| ̄ ̄ ̄|─□( ヽ┐U
〜 〜  ̄◎ ̄  . ̄◎ ̄   ̄◎ ̄   ◎−>┘◎


564 :名無しさん@HOME:02/11/30 05:42
ダンナは未婚の母の子。
これは知っていたが戸籍に「父」とある人は実は父親ではないらしい。
姑(デムパなので必要最小限しか連絡しない。別居)は元お水。
美人だったので(これは本当だと思う)当時はパパがいっぱいいた。

565 :名無しさん@HOME:02/11/30 06:40
子供の頃に父親が本気の浮気をした。
結局もとのさやに収まったが、その女性を裏切ったことや未練から
女性の消息を調べてもらったそうだ。
今は結婚して子供もいるそうで安心したそうだ。

ある日繁華街を歩いていたらその元彼女とすれちがって目が合ったそうだ。
お互い避けるようにしてすれちがったのだそうだ。
好きではない妻と今も暮らす父は心が痛んだそうだ。

しかしこんな話を子供にする父親って・・・子供の複雑な立場も考えてくれ。

566 :名無しさん@HOME:02/11/30 08:12
王様の耳はロバの耳〜。△ △
          (・・)

567 :566:02/11/30 08:13
ずれた・・・。

568 :名無しさん@HOME:02/11/30 09:18
母が入れ歯を使ってた事を病死する直前まで知らなかった。
アレってカツラみたいに恥ずかしいものなのか?

569 :名無しさん@HOME:02/11/30 09:24
>>568
実家の父が総入れ歯らしいが、歯医者から「入れ歯を取った顔を家族に見せるな」
と言われてるとかで、母も見た事無いらしい。
滅茶苦茶老人顔になって、情けないらしいから。
特にお母さんなら女性だし、言いたくなかったんじゃない?
恥ずかしいというより、モゴモゴ・・・

570 :名無しさん@HOME:02/11/30 11:47
電波2chから来ますた。
ここ、ニュー速とかと違って、凄い良心的でいいね。
嫌韓ネタにも食いつかないし。

571 :名無しさん@HOME:02/11/30 12:01
うちの母(65歳)も総入れ歯だったことを
ついこの間知った。
今の年齢ならどってことないが、40代の終わりには
もう総入れ歯だったらすぃ・・・シランカッタ
やっぱり恥ずかしいんだろうかね。

572 :名無しさん@HOME:02/11/30 12:17

幼少の頃から「家はお金がないんだから」と言われ続けてきた。
だから欲しいものなんて一度もねだったことが無い。
それでも親は少しばかりのお小遣いをくれていた。
でも「家は苦しいんだから」と思って全く使わなかった。
お使いを頼まれてはお釣りを多めに(お小遣いから)渡してた。
生活必需品が無くなりそうになったら、
気付かれない様にお小遣いで買ったり学校から拝借したりしてた。
高校受験で失敗して、お金の掛かる私立に行く事になったとき、
自己嫌悪でしばらく立ち直れなかった。
少しでも親の助けになればと、卒業したらすぐにでも働くつもりでいた。

そんな状況だったから、金銭面の話は全くしなかった。出来なかった。
だから気付かなかった。
いや、少しはおかしいと思ってたんだよ。よく車が変わってたし。
母のタンスにはブランド物が並んでたしね。
でも何か負の事情があるんだと思ってた。

だからますます気付かなかった。

家がバブルで財を築いた不動産仲介業だったなんて。
お金持ちだったなんて。
ただケチなだけだったなんて。



573 :名無しさん@HOME:02/11/30 12:25
でも、幼少時の572さんがとても良い子なので
親御さんの育て方(ケチ)もあながち間違いではない。

574 :名無しさん@HOME:02/11/30 12:37
自分の母の兄弟・姉妹は、全部で3人だと聞いていたのに、本当は5人だったこと。
私の叔父に当たる人物が一人目。詳しくは話してくれなかったが、どうやら祖父と
うまくいかなかったらしく、長い事音信普通だったらしい。
祖父が死んだ時は火葬場に来ていた。母達は、「親不孝者が!」と、静かに怒っていた。
葬式には来なかった。会わせる顔がないと思って来れなかったのだろう。
二人目は、母のすぐ上に実は姉がいて、幼い頃に死んでいること。母の生まれる前だったようだ。
祖先が書いてある手帳を見た時に発覚した。

もうひとつ。
母の年齢が、ずっと45歳だったのでおかしいと思っていたが、実は55歳だったこと。

575 :名無しさん@HOME:02/11/30 13:53
>>572
うちも建築屋(親父一代で築いた)で金はあるんだけど、すげーケチだよ。
今おれ30だけど、子供の頃普通に風呂は週に2度だし服もパッチしてたし。
俺より前の世代だとそれもあたりまえなんだけどね。
親の世代ではもっとひどかったわけだし。
そのへん奢らずに金あっても足るを知り生活してきたからこそ、不景気でも
ベンツのりまわして遊んでいる今の父がある!ぞ。遊んでいるっても金つかう
のでなく母つれて旅行してるだけだけど。
俺自身もそういう生活だったからいまだに靴下さえパッチしてる。
そういうの理解できない女とはすぐに別れる。理解できる女は既に結婚してる!

576 :名無しさん@HOME:02/11/30 14:22
>>574
>母の年齢が、ずっと45歳だったのでおかしいと思っていたが、実は55歳だったこと。

そりゃ、おかしいわな。

577 :名無しさん@HOME:02/11/30 14:43
>574
母親の生年月日くらい知っているのが普通では?

578 :名無しさん@HOME :02/11/30 14:53
>>557
田中さんについて
http://www.zakzak.co.jp/tsui-sat/tsuiseki/contents/2002_10-03/021019_02.html

579 :名無しさん@HOME:02/11/30 14:58
>>575
パッチってつぎあてのことですか?

私は二人姉妹だが、母はもう一人妊娠した。
が、貧乏だったせいか中絶してしまったそうだ。
母が死んでから知らされた。
複雑だった。

580 :名無しさん@HOME:02/11/30 17:17
曾祖父が人殺しだったこと。
小学校に入学する直前の長男を首絞めて殺した。
その妻(曾祖母)は気を病んで自殺した。
その曾祖父、愛人と借金がたくさんあって、そのどれかの被害者に
家に火をつけられて全焼した。
大人になってから知った。

581 :名無しさん@HOME:02/11/30 20:47
母はずっと病気がちだった。確かに入院費や治療費などにお金はかかった。
母が58才で亡くなったのち、父は「騙されて一緒になったようなもんだ」と私たち子供に言った。それでも私たちにとったらただ一人の母なのに…。
現在父は贅沢三昧に暮らしている。

582 :名無しさん@HOME:02/12/01 00:00
俺のせいでどうって話じゃないんだけど
ウチの長女が姉夫婦の娘で養女なんだよね。
娘が1才の時旦那が交通事故で死亡。
1年後ノイローゼで姉が自殺。
今はまだ幼稚園だから全然教えて無いけど
いつかは教えないといけないと思うと気が重い。
過去レスに血液型の話があるからその頃に教えようかと思う。
俺がAで嫁がO、長女がBなのでバレるの必至だし。
誰か逆に自分が子供に養子だってことを伝えた人がいたら
きっかけを教えてください。

583 :名無しさん@HOME:02/12/01 00:33
>>582
自分自身はお役に立てませんが、
とりあえず、上にある田中さんの話は参考になるかもですよ。
似たような事情なので……


584 :名無しさん@HOME:02/12/01 01:27
田中耕一さんは大学入試が済んでから聞かされて、
入学後もそのショックから立ち直れず、
勉学に身が入らずに留年したと
先日TVで放送されてますた
(そこまで取材班が本人に確認したのかどうか怪しいケド)。
「何も知らずに今まで甘えて、大学まで行かせて貰って良いのか」
みたいなことでも悩んだりしたらしいでつ。


あと、「いい仕事してますねぇ」の中島誠之助氏も
1歳になるかならないかで両親に死に別れて
伯父さんの養子になったようですよ。
それを本人がいつ知ったのかは存じませんが…。


…と例だけ並べましたが私にはベストな時期って正直わかりません。
ごめんなさい。




585 :名無しさん@HOME:02/12/01 01:31
おやじが×イチだったこと。
自分に兄がいたこと。
ついでに気がついたら兄と同じ会社で働いていたこと。

おやじは昔同じ職場の女性にちょっかい出して、妊娠させたらしい。
おやじ本人は入籍する気はなかったけど、祖父が無理やり籍を入れたらしい。
兄が生まれても結局おやじは一緒に暮らすことなく離婚。
兄の母はその後再婚して兄は実家に預けられたそうだ。

おやじはその後うちのおかんとできちゃった婚。
(いつも妊娠が先なんだな、と思う)
いまだに兄のことをうちのおかんの親戚一同知らない。

私がそのことを知ったのは20のとき。
おかんが入院中でおやじと二人でいたときに、けんか口調で「おまえがショックを受けるようなことを教えてやる」と
兄のことを話した。
…ショック受けるって言うか、自分の息子のことそういう言い方するかとあきれた。
もともと虐待系のおやじだったので、子どもの扱いなんてそんなものなんだろう。

同じとはいえそこそこ大きな会社なので兄とはまだ会ってない。
兄は私が同じ会社で働いていることも知らないはず。
会いたいのだけれど、どう切り出してよいのか分からない。
父親の葬式で初対面、ってのだけはやりたくないのだけれど。

586 :名無しさん@HOME:02/12/01 01:35
高校の同級生(女)

 名簿の『保護者』欄に書いてある人物と姓が異なる、聞けば赤の他人で
「自分で選んだ父親」なのだという。
本人は生後すぐ遺棄され、帰宅途中に発見して警察に届けたのが『保護者』
施設で暮らす四歳のとき、たまたま『保護者』が訪れこの話をうち明けた。
そのとき本人は「このひとをわたしのおとうさんにしよう」と勝手に決め、
気に入ってもらおうと必死で甘えまくったという。

 夜中に施設を抜け出し、歩いて『保護者』に会いに行くこと延べ20回余り
(本人談)「あたしをこのうちのこどもにして」と訴え続け、晴れて五歳の
誕生日に>『保護者』を勝ち取った。<

『保護者』を勝ち取った、とは妙な言い回しだが、実はこのとき
『保護者』は独身だった。養子縁組が難しく「後見人」という扱いにした
らしい。

 『保護者』は彼女が嫁ぐまで独身を通し、45歳でようやく妻帯した。
現在『保護者』夫婦は彼女の家族(旦那&子供二人)と同居して仲良く
学習塾を経営している。

 因みに漏れの母親は、父親がみみっちい贈収賄事件に連座して捕まった
とき「金の切れ目が縁の切れ目」とばかりに離婚して以来音信不通。
何度この同級生を羨ましく思ったことか。

 



587 :名無しさん@HOME:02/12/01 01:46
>>582
本当の娘さんとかわらない気持ちで
育ててこられたんですね。すごいなあと思います。
血が繋がっているとはいえ、なかなかできることでは
ないと思います。
色々難しいとは思いますが、二十歳前後の大人の分別が
つくまで無理に話さなくてもいいのではないかと思います。
うちの伯母も582さんとほぼ同じような事情で、夫である伯父
(私には義伯父ですが)のお姉さんの子どもを育てました。
高校を卒業する時に事実を告げたそうです。
もうその子も40歳を過ぎていて、伯父・伯母の面倒は
伯母の生んだ子が見ることになっているらしいですが、
「スープの冷めない距離」に住んでいて、
今も本当の親子のように交流していますよ。



588 :名無しさん@HOME:02/12/01 02:09
長男な自分がまだ乳児だったころ。
初の子供だけになにをやっていいか分からない。
そんくせ漏れは泣き虫で、寝ているときにちょっとでも音がすると起きて泣きはじめたらしい。
そんくらい泣き虫な漏れ。
オパーイも飲ませてだっこしてあげてパンパースも取り替えてある。
それなのに泣きやまない。一層ひどく泣きやがる。
母上曰く、なんで泣くのか分からない。
ふと魔が差して放置プレイ、やもすると虐待もありえたって当時を振り返ってた。
だから、つい虐待してしまってニュースになってる母親の気持ちが分からんでもないんだそうだ。
お互い酒飲めるようになって晩酌していた時の一こま。
((((;゚Д゚))))というよりは、ここまで育ててくれてカンーシャ(・∀・)ノというきもちですた。

589 :名無しさん@HOME:02/12/01 02:39
>588
それはうちの母も言ってたし。あわや虐待、てのは母親なら誰しもある瞬間だと思う。

590 :名無しさん@HOME:02/12/01 03:13
うちは死別母子家庭。
母も死別母子家庭で育った。
死んだ父は死別兄弟家庭で育った。

大人になって知ったというか、大人になって改めて考えてみて
ちょっとビクーリしたので。スレ違いスマソ。

591 :574:02/12/01 09:45
>>576,577
誕生日は知ってたけど、生年は知らなかったよ。
免許証見た事もなかったしね・・・年齢言われてたのでずっとそれだけを信じてたさ

592 :名無しさん@HOME:02/12/01 11:11
秘密とはいえない小ネタでスマソだが、
うちの父ちゃんは中国東北部で生まれ育って、
あと半年帰国が遅れていたら、まちがいなく残留孤児になっただろう
と言っていた。家族の中に歴史を見た・・・


593 :名無しさん@HOME:02/12/01 13:01
>>582
告白の時期は587さんのおっしゃる通り20歳前後がいいと思います。
その前に遺伝の授業で血液型について学校で習い、お子様が勘付いたりしないように、
父親である582さんの血液型を「A」とは教えず、
「調べてないからわからないんだ〜。」と秘密にしたほうがいいかもしれません。
(母親は出産前に血液型を調べるので、母親の方を秘密にするのは不自然になってしまいます。)

594 :名無しさん@HOME:02/12/01 13:02
このスレでは珍しい話ではないですが、
母方の祖母が、母を生んだ後2度妊娠したものの、祖父の意向で中絶し
子供は母ひとり。
その母も結婚前、父と交際中の学生時代に父の子を妊娠したものの
学生ということで中絶。その後、父と結婚するも子供は私ひとり。
そして私も今の夫の子供を学生時代に妊娠→中絶。

因縁というものを感じられずにはいられません。
母や祖母の嘆きを思うと、自分はたくさん子供を作って喜ばせたい…
夫の両親は我が家に子供が少ないので、私にもできるか心配していると
思いますが、本当は多産系なのです。

595 :名無しさん@HOME:02/12/01 13:11
祖母に子供が出来なかったため、実母は養女。
祖父の兄の子だそうな。
実母はず〜っと一人っ子と聞かされていたけど
本当は5人兄弟で、実家はお金持ちで
中には有名医大付属病院に勤めていた(現在は定年退職)医師もいる。

祖母はまだ健在だけど、なぜ子供が出来なかったのかは
未だに謎のまま・・・(聞くに聞けないんだけどさ)

596 :名無しさん@HOME:02/12/01 13:19
>>594
水子供養でもしたら?

597 :名無しさん@HOME:02/12/01 13:53
義兄の子を育てなきゃならない祖母も可哀想だし
自分の子をギリギリ妹に目の前で育てて貰う義兄妻も可哀想。
昔は「家」が大事だったからね〜。

どうせ女が悪い事になってるんだろうけど、祖母じゃなく祖父が無精子症かもよ。
わかったってどうしようもないけど。


598 :名無しさん@HOME:02/12/01 13:56
>>594
最低だな。
>>595
聞く必要ないでしょう。聞いたらどうにかなるわけ?
あなたの好奇心が満たされるだけでしょう。

599 :名無しさん@HOME:02/12/01 13:57
昔は旦那に子無しの原因があったらどうしてたんだろ?

600 :名無しさん@HOME:02/12/01 14:02
600

601 :名無しさん@HOME:02/12/01 14:04
>>598
本人はともかく、祖母は不本意だったろうからそう言うな

602 :名無しさん@HOME:02/12/01 14:05
養子でしょ?
大名家だって養子多い。
正妻と側室たち全員に子供が出来なかったら、男のせいってわかっただろうし。
庶民は、「三年小梨は去れ」で嫁交換してたかも知れないけど、何人交換しても
子供ができなきゃ、最後は養子でしょ。

603 :599:02/12/01 14:26
>>602
ありがと、そっか〜
そういえば秀吉は何十人も側室がいたのに子供ができなくて
淀君には出来たから浮気だと言われてるみたいだね

604 :名無しさん@HOME:02/12/01 14:37
10歳年下の弟がいたかもしれないということ。
私が9歳の時に、母親が妊娠して中絶していたらしい。
そういえば子供の頃そんな記憶があるようなないような…。
私が3人兄弟の末っ子で、3人目ですら周囲に反対されていたらしい
からしかたないんだろうけど(母親が病気がちだから)。
24歳の時にこの話を母親の口からはっきり聞いて、
今私は30歳なので、時々ふと「弟が産まれていたら今頃ハタチか…」と
思ってしまう。ちょっと残念。

605 :通り掛り:02/12/01 15:08
母親が結婚直後に妊娠、世間体を考えて中絶してたこと。
時代と父方の祖母に言われてかもしれないけど、
そんな理由で中絶してたことがショックだった。
悲しいよ・・ママ。

606 :名無しさん@HOME:02/12/01 21:36
子供の頃、ときどき家族で食あたりを起こしていて、
ある時期から料理の材料のニオイを確認する係になった。
母親は鼻が悪いのかなぁとは思ってたけど、
実は鼻がまったく利かないのだと最近聞いた。
よくそれで料理とか作れるなぁ、わりとおいしいし、と感心。
子供のころ屋根から転落して、それ以来だって。

607 :名無しさん@HOME:02/12/01 22:59
母はもともと体が弱かったので、漏れや弟を産むとき死にかけている。
漏れ→工房・生意気盛り、弟→厨房・おバカ盛りのときに夕食の時、TVの話の
流れで母に
「あんた達水子になるとこだったんだから」
と笑って言われて、兄弟そろってひきますた。父は、母体の方を助けてくれと医師に
言っていたらしい。母は「母体も子供も大丈夫よ」って言い切ったそうだ。それを
聞いた瞬間なぜか
「正直、漏れが悪かったです。産んでくれてありがとうございました。」
って思いました。

608 :名無しさん@HOME:02/12/02 01:50
自分が小さい頃両親が離婚。母の実家で育ったので
顔も知らなかった父親が昨年亡くなっていた事を知った。
父方の伯父が亡くなって三千万の負債の相続がまわってきた時に。
そんなもんいらんので当然遺産放棄なわけだが、
親の生き死にを信用金庫の担当者の口から聞くとは……
せめて親戚の口から……(w
相続放棄にいると思って(いらなかったけど)取り寄せた戸籍謄本を見たら
父方は、なんだか早死の家系みたいだったのでちょっと鬱。
母方は長寿なのになー……長生きしてね、じいちゃん、ばあちゃん。

609 :名無しさん@HOME:02/12/02 02:25
>>608
そりゃ確かにきついな<信用金庫の担当者の口から

元気出してがんがれ〜

610 :名無しさん@HOME:02/12/02 03:18
あの、男性の方の意見が聞きたいんですけど・・。私、女女男の三人姉弟
の真ん中なんですが。ある日姉が青ざめて言うには「昨日夜中に息苦しくて
目を覚ましたら、弟(中2)が私に乗っかって胸触ってた」「ええー!」
「何してんの!」って言ったら「いや・・ちょっと・・電池探してる・・」
なんて訳わかんない事言って逃げたそうです。それ聞いて私も気色悪くて
青ざめた。だって弟だよ。姉は24才OL、私女子大生。年の離れた弟を
可愛がってきたのに。で、問題は次です。姉と私は早速彼氏にその事を報告。
俺にはわかんないよーって返事を期待してたら、どっちの彼も同じ反応。「えっ
!マジ!(興奮して目を輝かせてる)いやあ、弟の気持ちわかるよ。責めちゃ
だめだよー。しかし、興奮するなー。」だって・・・。何で???彼の様子
から察すると「弟にもっとやって欲しい」とまで思ってるみたい。な、なんで??
で、「こいつらが特殊なんだ」と思って、バイト先の真面目〜な男子に聞いたところ
「うーん・・弟くんの気持ちわかるよ・・中学生ってすごい興味あるんだよ。
触ってみたいんだよ。」とやっぱり弟をかばう発言。な、な、なんでよー!
男の人ってそうなの??私と姉は気色悪くて弟と顔合わせないようにしてるのに。
そう言ったら「可哀想だよ。普通に接してやりなよ」だって。でもさ、弟に・・って
やっぱ生理的にだめすぎる。これを読んだ男性の方の意見お願いします。

611 :名無しさん@HOME:02/12/02 03:21
>610
部屋に鍵かけよう!


612 :名無しさん@HOME:02/12/02 03:42
ちんぽ握りかえせ。でなくば、両親につげ口する。あるいは
巨乳アイドルのポスターでも置く。どうしても触られるときは
蹴り飛ばす。男をつれてくる。

613 :名無しさん@HOME:02/12/02 04:02
>>593げっ!そういえばウチの父親血液型聞いた時「調べてないから〜」って言ってたよ‥で私が「あれ、この間検査したはずじゃ?」って言ったらゴニョゴニョとなんか誤魔化してたんだけど…?あれ??

614 :名無しさん@HOME:02/12/02 04:22
>>610
俺は姉と仲が悪かったから、そういう欲望は皆無だったな。面白がって冗談半分に
スレつけるやつもいるかも知れないけど、もしあんたの話がネタじゃないとしたら、
親御さんに相談して、かなり強烈に弟君を怒ってもらうのが一番かと思う。
欲望のあるなしで笑っていられる問題ではない。下手をすると、あんたの身にも弟君にも
とんでもないことに発展する可能性があるよ。こうしたことは、、。

615 :名無しさん@HOME:02/12/02 04:26
ネタだろ。
姉妹に幻想を持つのは、兄弟だけの人間くらいだ。

616 :名無しさん@HOME:02/12/02 04:31
>>615
幻想なんか持ってないけど
「身体だけ自分の好き勝手にできりゃいいや、手近にあるし」
と思ってる異常者

というのもいるにはいるさ。
兄弟が姉妹をレイプしたって事件が皆無というわけじゃあないんだから。

ただ>610が相談した相手の男が全員、男きょうだいしかいない、しかも
想像力のないバカ、という風には思うね。

617 :616:02/12/02 04:32
想像力のないバカと書いたけど

要らん想像力(妄想力とも言う)しかないバカ

と訂正したほうが正確かな。

618 :名無しさん@HOME:02/12/02 07:21
エロ本を一冊与えるのはどうでつか?

619 :名無しさん@HOME:02/12/02 08:24
>>618
ますます興奮して、身近にある女体に・・・

620 :名無しさん@HOME:02/12/02 08:42
ネタじゃないです!本当の本当です!フィクションの世界ではそういうの平気
だけど、実際自分の身内で起こると、気持ち悪い、以外の何者でもないほど
イヤーなものです。弟の部屋にはエロ本が無造作に置いてあるし、一見すごく
普通のコなんですが。(もてませんけど)。

621 :名無しさん@HOME:02/12/02 09:03
うちの弟も似たよーなコトやらかしたコトある
乗っかるなんたコトはしなかったけど、
就寝中の私の部屋に入り込んできたこと・・・
深夜、ふと目覚めたら、足元に立っていて
「何してんの?」って聞いたら
「○○借りに来た・・・」

翌日、両親に話をしたら
父親に殴られていたよ>当時15歳の弟

622 :名無しさん@HOME:02/12/02 10:43
マジレスするのも恥ずかしいが
中学生くらいのころは女の子のオッパイをとてもさわりたかった
姉ちゃんのオッパイにさわりたいではなくて
誰のでもいいからオッパイをさわりたい
でも、他人のオッパイをさわるのは何だから、まあ、姉ちゃんならと……

ただし、気色悪いから弟と顔を合わせないってのはだめ。
中学生ならそんなもんだと分かったうえで
バカヤローとしっかり叱りつけよう(グーで殴るのも可)


623 :名無しさん@HOME:02/12/02 10:47
因縁という言葉で思い出したよ。
昔つきあってた彼氏の家の話だけど、彼の家は代々、子どもが男一人だけしか出ない。
彼の父方祖父母は長年子どもができなくて男の子の養子をもらったのだが、
養子をもらったあとで子どもが出来た。それが彼の父親。
それが長じて結婚するわけだが、彼しか子どもには恵まれず、それ以外にも2回妊娠した
らしいがいずれも流産と死産で終了。
で、何らかの折りに家じゅうでお祓いを受けたことがあったのだが、その時のお祓いの先生に
よると、彼の先祖は権力に任せて女たちに散々酷いことをしてきた、これはその報いなのだ、
というお返事だったらしい。いや〜そんなことあるのかな。

624 :名無しさん@HOME:02/12/02 10:55
>>620
普段暴力はいかなるものも大嫌いな漏れ(30歳男)だが、
その場で怒鳴りつけ、グーで殴ってよかったのではなかろうか。
つーか、今からでも遅くない。いけ。
本当は父親が行くのがいいかもしれないけどね。

625 :名無しさん@HOME:02/12/02 13:54
そうですか・・。わかりました。姉と2人で弟をぶっとばすことにします。
(グーでいいんですね・・?)そのあとは、ま、「中学生の気の迷い」と
思い、一応普通に接しようと思います。で、できるかな・・。

626 :名無しさん@HOME:02/12/02 14:38
弟の処置はそれでいいと思うけど
(何年もたったら笑い話にすらなりそうだ)
問題は彼氏だと思う。
興奮して顔輝かせて、もっとやって欲しそうな顔してるって…
全くの他人事ならともかく、ねえちゃん本人の彼氏もそうだったんだろ?
それは頭おかしいと思うぞ。自分の彼女がその弟にもっと襲われてほしいって…
バイト先の男子の言い方はすごくわかるけどな。
彼氏ふたりはかなりやばいね。
弟よりも遥かに危険だと思う。
言いたくはないが、ねえちゃんの彼氏は弟との3Pまで想像してそうだぞ。

627 ::名無しさん@HOME :02/12/02 14:46
軽いノリでここへ来て見たら、かなり重い話が…。
みなさん、頑張ってください。


私の話。
父も母も目が印象的なきれいな二重。
他の造形もそこそこなので、二重の目は妹とふたりして密かな自慢でした。
でも、弟はぽってりした一重で、母の兄も一重なので遺伝だろうと思っていました。
先日、母は若い頃、全面美容整形していたことをこっそり話してくれました。
結婚してからの写真しかないわけです…。
「あんたたちがお父さん似でよかったわぁ」
女なので、二重の目とそこそこの造形は単純に母の遺伝だと思っていました。



628 :名無しさん@HOME:02/12/02 15:24
8歳くらいの頃親が離婚。
当時、理由は父の商売上の借金だと思ってた。
父の性格もちょっと問題あるが、許容範囲だろうと。
17,8歳くらいの頃まで、本気でそう思ってた。
しかし、そのころからうすうす、この父はかなり性格まずいかも・・・。
と思い始め・・・。
酒癖が悪いのね。でも手を上げたとこ見たこと無いしなぁ・・・。

そんなある日、夜中に一本の電話が。
警察からだった。
父が飲酒運転で逮捕。
警察で大寅演じてるので、引き取りに来い。とな。
って言われても、一緒に住んでるわけじゃ無し。
ましてや、免許取り立て、道も良く判らない・・・。
と、お断りしたら。
先ほどのお家でも、そう言われましてね。
お子さんが小さいから出れ無いって。。。

婦警さん。ばらしちゃまずいんじゃないのか?

誰からも引き取ってもらえない父って。。。
ちなみに、異母兄弟は多分15,16くらいだと予想される。
小さくもないと思うんだけどね〜。

629 :名無しさん@HOME:02/12/02 16:24
>628
で、結局どうなったんですか?

630 :名無しさん@HOME:02/12/02 18:46
誰も迎えには行かず。
一夜をそこですごしたらしい。
母はほぼ隠し子については感ずいてたらしいし。
ま、既に離婚はしてるからね。

彼は自業自得で。誰からも相手にされてないかんじかな。
うち側の人間も、もう何年も連絡してないし。
向こうのうちからもそうじゃないかな?

結婚して、子供生まれてるのも知らせてない。
だって、酔払って乗り込まれたらイヤだから。



631 :名無しさん@HOME:02/12/02 18:56
実は弟が寝静まった時を見計らってティンポを触るのを楽しんでいた時期がある。
小学生だったんだけど大きくなるのが面白くて。つい。
ある日を境に勉強部屋と称して私の部屋がもらえて1人で寝る事になった。
今思えばきっと弟が母さんに訴えたんだと思う。
男を感じたわけじゃなく厨房の出来心だ。弟よスマソ。


632 :名無しさん@HOME:02/12/02 21:54
なぜか小学校に上がるまで母方の名字だった。
で、小学に上がってから父親の名字になった。
10歳で父親がなくなってまた母親の名字に戻った。
二十歳過ぎて知らされたが、父と母は入籍していなかった。
父親が病死する直前、俺が私生児になるのを恐れて慌てて
籍を入れたらしい。
つまり小学校はずっと偽名で…
最初聞かされた時はビックリしたよ。

633 :名無しさん@HOME:02/12/02 22:10
>>631
弟さんは、絶対トラウマになっていると思う

恥を知れ!(゚Д゚)ゴルァ

634 :名無しさん@HOME:02/12/03 02:34
>624
確かに姉の彼氏はヤバイです。経歴もルックスも申し分ないんだけど、本能で
感じるヤバサってのがあって。姉の彼は姉とデートする時しょっちゅう私も
誘うんです。3人で会おうよ、って。姉は彼にべた惚れなのでさからえない。
で、仕方なく3人でデイナーした。彼は異常にうかれていて、目をキラキラさせてた。
どうも「私たち姉妹+オレ」っていうシチュエーションが彼を興奮させるようで。
何か熱い目でこっち見るし。私は黙々と食べながら「・・この男絶対変・・。
一人っ子だし姉妹妄想炸裂してんのかな・・。でも(言いたくないけど)
絶対3Pとか妄想してるよ・・。うわあ〜ん!気持ち悪いよ〜!(泣き)お姉ちゃん
早く別れてよ〜。」と内心パニック化してました。
ちなみに私の彼氏の方は「体育会系単純馬鹿」。姉が弟に襲われた話しには
異常に興奮してたけど、「じゃさ、あなたのお姉さんや妹と(彼は姉と妹がいる)
あなたが・・・っていうのって抵抗ないわけ?」と聞くと「げっ!気持ち悪い事
言うなよ!うわ〜想像したくもねーよ。勘弁してくれよ。」と激イヤな顔して
ました。・・やっぱバカ。想像力ゼロ、しかし妄想力100の男と判明しました。
やっぱ、どっちの彼氏もヤバイですね・・。

635 :名無しさん@HOME:02/12/03 02:37
すみません。↑のレス。626様あてでした。

636 :名無しさん@HOME:02/12/03 02:45
>>634
あなたの彼氏のほうは単純なおバカちゃんタイプなだけで(スマン)
言われたら気付くだけ大丈夫だと思うけど
ねーちゃんの彼氏ヤバイよ・・・・・
それは本当にかなりヤバイよ・・・・・
いるんだよ、AVと現実の区別つかないやつ。
AVでしか性の知識ないのか!ってやつ。
AVでは絶対外出しだからって外出しするのが普通だと思ってたり。
それゆえコンドームのつけかたがわかんなかったり。(AVにゃ出てこないから)
AVではこうやってるっていうのが基準だったりするんだよ。

なにかのはずみでその姉彼とふたりきりになったりしないようにな。
姉が惚れるあまり言いなりなんだとしたら、場合によっては密室で
姉と姉彼と3人っていうのもヤバいかも。

637 :名無しさん@HOME:02/12/03 02:48
自分の血液型知らない奴ってクラスにいたよね。


638 :名無しさん@HOME:02/12/03 03:20
ウチの両親(二人ともに65才)は、できちゃった結婚だったようです。
戸籍謄本を見て初めて知りました、だって私が生まれる4ヶ月前に
入籍ってなってるんだもん。
その当時は珍しかったんだろうか?


639 :名無しさん@HOME:02/12/03 03:42
スレ違い承知で、ロバの耳代わりに使わせていただきます。
当方、小さな塾を経営しています。3年前の理科の時間、血液型の
遺伝の話になったのですが、(この話題は常に子供に受けるので)
…一人いたのです。親と符合しない子が。
その時は「は〜い、閑話休題。これは高校に行ったら習うから、お楽しみに〜」と
ごまかしたのですが、来年彼女は高校生。
確かに両親・兄弟ともに全く似ていない。(姉は母親にそっくり)
思春期に事実を知ってしまうかも知れない彼女が不憫です。
願わくば、実は彼女の家族の血液型が、その子の記憶違いでありますように。
それならば「やだー、心配して損した〜」と笑い話になるし。
誰にも言えないので、ここで愚痴らせていただきました。すみません。


640 :名無しさん@HOME:02/12/03 03:45
>>639
あなた優しいね

641 :名無しさん@HOME:02/12/03 05:13
>>639
前の方のレスでその授業中生徒がいきなり泣き出したので
「間違いなく両親の子だけど血液型だけ違っちゃうという例外もあるべ。
ソースきぼんぬの香具師は職員室に来て論文見ろ」と
きっちり説明した教師の話がいたよ。

642 :名無しさん@HOME:02/12/03 05:16
>>610
>>625
>>634
それでその後、お姉さんと二人で弟をグー殴りしたのか?

643 :名無しさん@HOME:02/12/03 05:48
ついでに姉を殴って目を覚まさせた方が

644 :名無しさん@HOME:02/12/03 06:03
>>634
うわっ、私にも弟がいるけど男女の意識なんてした事無い無いっ!
「中学生くらいなら興味持つのは当然」
そりゃそうだけど、兄弟間ではイカンだろ。
つーか、ちょっと弟ヤバイんじゃないの?
性犯罪を犯す兆候を感じるよ。
ガツーン!とお灸をすえなさい!それからだね、普通に接するのは。

645 :名無しさん@HOME:02/12/03 06:04
家庭内暴力の嵐(w

646 :名無しさん@HOME:02/12/03 06:13
>>634
姉妹そろってそんな男どもと付き合ってるのかい
男を見る目を養ったほうがよいぞ

647 :名無しさん@HOME:02/12/03 06:45
639です。
>>640
私にはもったいないお言葉です。ありがとう。
>>641
そのレスと参考文献読んできました。血液型誤認の判例集は読んでいたのですが、
(彼女には当てはまらなかった)これは知りませんでした。
ご指摘感謝いたします。
はぁ、人様の子供を預かってるのだから、もっと勉強しなければ。(汗)

これだけではなんなので、自分の話。
ずーっと遠縁だと思っていた人が、数年前従姉妹(父方)とだとわかった。
伯母の葬式の時、いきなり号泣・それで判明・確認済み。
只でさえ妖しい父方の祖父母(故人)。子供達には一切経歴を明かしていない。
でも祖母は嫁である母には、ぽつりと「オレの故郷は**なんだよ…」ともらしたとか。

さて、私は自分のルーツを探るべきなのだろうか?
はっきり言って、何が出てくるか恐いんですけど…w


648 :名無しさん@HOME:02/12/03 09:17
自分には歳の離れた弟がいる。
何で11年も離れてできたのだろうと思っていたら、
理由は父親の浮気、離婚封じのために母親が過去の恨みをこめて
無理矢理作った子供だったということ。

子供をそんな理由のために作る親っておそろしいね。
望まれて愛されるために生まれてきたんじゃなかったんだね。
もしかして私もそうなのかな・・・・
どうりで子供には冷たい母親だと思ってたよ。

649 :名無しさん@HOME:02/12/03 09:25
>642
>643
>646
まだ、弟を殴ってません・・。っていうか、私出来ないかも・・。
あの一件以来、弟ショボーンとしちゃって、まるで捨てられた子犬みたいで。
それ見ると何か可哀想で・・。「反省してるのかな」って思うと、な、殴れない・・。
やっぱ、年が離れてるから弟の赤ちゃん時代もよく覚えてるし「いつまでも
可愛い子供」って印象がぬけなくて。でも中2ってもう子供じゃなくて「男」
なんですよね・・。自覚しなきゃ。
姉の方は「恋は盲目」状態なので何言ってもだめだろうなあ。
あの「真性変態キザ男」が姉には「知的でナイーブで優しいもったいないほど
の素敵なヒト」に見えてるらしいし。
やっぱり私たち3姉弟ってある意味似てるかも。「変態(哀しい・・)3きょうだい」
なのかな?そうかな・・。そうですか?!うわあ〜ん。


650 :名無しさん@HOME:02/12/03 10:35
>>638
昔は「子供が出来るまで入籍の必要なし」という考えもあったから。
だからあなた(もしくはあなたの兄or姉)を妊娠してはじめて、
入籍の許可が下りたのかも。(じじばばなどから)

>>649
次の時には必ず殴るってことで。
反省してるならしらんぷりしとき。

651 :名無しさん@HOME:02/12/03 13:00
そういえばうちの両親、結婚式は3月だったのに
入籍が7月になってた。
しかも長子の私が生まれたのは10月。
おい!どうなっとるねん!と突っ込みたいよ・・・。

652 :名無しさん@HOME:02/12/03 14:37
>649
ある意味で、あなたが
「変態(哀しい・・)3きょうだい」
であるという自覚は当たっていると思う。それは、あなた達姉弟にとって、
現在一番興味のあることが、彼Pとの恋愛であり、異性であり、セクスー、エチー、
だからじゃないのか。無論、それは生きていくうえで、重要であり、また最も気持ちの
いいことではあったりるんだけど、近くで見ると、動物本能のまま生きているようで、
非常にグロテスクな人間に見える場合がある罠。<姉の彼P@見本
もう少し、別なものに興味を持ってはどうかね。
俺が、仕事中にこんなマジレスをするのは、あなたが少なくともアフォじゃない、
分析力も文才もある人だと思っているからであって、知的に考えることのできない
@見本みたいな香具師に、こんな話はせんのだが、腹がたったんならスマソ。
最後に弟は少し心配だな。もし反省していても自己嫌悪になっていないなら644の言う
ように性犯罪者になりかねないな。少なくとも両親には報告すべきだろう。

653 :名無しさん@HOME:02/12/03 15:33
ま、厨房の弟が罪悪感で性的に変な風に成長しないよう、
ウジウジしてるんなら座ってるところを後ろから頭スパーンと
一発はたいて「もうすんなよヴォケ」とはっきり陰湿さを込めずに一言言って、
狼藉を繰り替えさなきゃ、その事については二度と触れないで終了。
姉の彼氏に関しては食事やその他一緒の行動を(勿論二人きりにならない)
一切拒絶する。もしくはあなたの彼氏を必ず同席させる。
こっちの方が心配だよ。馬鹿は冷たく対応してやんな。

654 :名無しさん@HOME:02/12/03 15:46
>649
>634
両親に話とけ。深刻にな。
抵抗しないとエスカレートして結局レイプされるケースもある。
そんくらいになると、親は感づいていながら公になると世間体が悪いので黙殺。

乳揉みあたりでぶっ飛ばしとけばオオゴトにならん。

655 :名無しさん@HOME:02/12/03 19:11
>649
弟おちこんでるのか。ちょっとかわいそうだな。
でもそこで陰にこもらせて、後々妙な心の傷を残さないためにも
>653さんの言うように明るい感じで「もうすんなよっ!」と
スパーンといっとくのはいいと思う。

姉彼は今後可能な限り接触を拒否すべし…

656 :名無しさん@HOME:02/12/03 19:14
>>649さんの弟って可愛いんだろうね。
>でも中2ってもう子供じゃなくて「男」 なんですよね・・。自覚しなきゃ。

ウチの中二の息子175cmの83kgの運動部。とても可愛いとは思えない(w

657 :名無しさん@HOME:02/12/03 20:01
>>656
それを可愛いと思って書き込んだりしたら
この板や既婚女性板ではめちゃくちゃ叩かれるよね(笑)
そのまま健全にいってくだせぇ。

658 :名無しさん@HOME:02/12/03 20:48
>>649
さんざんガイシュツなんだけれど、弟さんのためにも、弟さんを叱りつけてあげようよ。
グーで殴りつけるのができないとしても、本人が反省しているみたいだから

2度とヤったら許さないぞー!+今回の件は許してやるぞー!
で、叱って、けじめをつけたほうがいいよ。

このままだと、
弟さん:自己嫌悪してグチョグチョ、姉さんと顔を合わせられない
649:弟をどうすればいいか分からない、気色悪いので弟と顔を合わせられない
→弟は姉たちから見放され、引きこもり→犯(以下、略……)だよ。

弟さんが可愛いなら、なおさら、けじめをつけてあげようよ

姉彼の話は、ちょとパスしますけどね。


659 :名無しさん@HOME:02/12/03 21:41
私も、弟を一度きちんと叱った方がよいと思う。

「性に興味のある年代だから、胸さえあれば誰でもよいのかもしれんが、
相手は誰でも良い男と違って、女は相手を選ぶんだよ。ボケ。
どんなに興味があっても、やらせてくれる彼女が出来るまで、あきらめろ」

って、さっぱりきっぱり怒った方が良いかも。
ちなみに、私の旦那も
「通学途中、痴漢した事あるよ。もう、学生の頃って性別が女であれば
相手は誰でも良いもんだからねぇ。」
なぁんて言ってたクソボケなので・・・男はみな同じかも。

660 :名無しさん@HOME:02/12/04 01:36
皆さん、色々貴重な意見を日本全国から(たぶん)有難うございました。
私なりに皆様のご意見を統計、分析したところ
1・両親に報告して叱ってもらう。
2・私と姉もきちんと叱る。
3・でも弟が反省してるならしらんぷりしてやれ
4・弟の頭、明るく一発スパ−ンとはたけ
5・いや、グーで殴れ
6・ついでに姉も殴れ
7.姉彼はマジ変態だぜ、やべーよ。
8・男見る目養えよ、ばーか(あ、すいません、ばーかは無かったです。)
ですね。
わかりました・・。(わかったの!?)
真面目な話、親に言ってみます。それが一番いやだったんですが。
うちの親、厳格で教育熱心で相談しづらい人たちなんで。
とにかく頑張ります。皆さんありがとう。

661 :名無しさん@HOME:02/12/04 01:53
両親に報告はやめろ。逃げ場がなくなって下手すると自殺する。

662 :名無しさん@HOME:02/12/04 01:54
>>660
厳格で教育熱心な親になんて相談しちゃだめだよう〜〜〜!!
「おとーさんおかーさんには内緒にしといてやる!年頃だから。でももうやめれっ」
て明るくスパーンと頭はたいて終わりがいいよう!

663 :名無しさん@HOME:02/12/04 02:02
「捨てられた子犬」状態の弟を追い込んじゃダメだよ。

この前、小さな子供がウソをつくのはウソをついている自覚がないからだ、
というテレビ番組やってて、ウソをついた幼児を厳しく叱ると、
その子供は悪いことをした自覚がないのに叱責されたことになり、
性格を歪めて悪影響を残す、って内容だった。

弟は思春期で、ホルモンに命じられて自分が自分でなくなってる状態だと思う。
中学生のころは猿みたいにオナニーするっていうじゃない?

だから、あんまり厳しくしすぎるとよくない結果を招くと思うよ。
親に言うなんて「絶対に」しちゃダメ!!

664 :652:02/12/04 02:40
<660
俺は親に報告するべきだと思う。なぜなら、相談したのは660の悩みであって、
その後に発生した弟の苦しみではないからだ。頭一発殴って、弟が反省せず
また、同じことを繰り返したら、どうなるんだ。その時相談しても、厳格な親なら
654の言うとおり、世間体を憚って黙殺されかねないね。俺はそっちのほうを恐れるな。
ただ、661・662・663の言うことも、もっともな可能性なわけで、こうなると
素人には判断が付きかねるような気もする。
660にお勧めサイトは
http://www.okweb.ne.jp/
ここは会員制(タダ)だけど専門家も答えてくれることがある、良心サイト。
2chで素人の言い合いを聞くより、遥かにいいだろう。
もし相談するとしたら、必ず、弟のことを主体に聞くんだよ。
もともとあんたの質問自体が、この板とスレ違い臭いんだからね。
それにしても、660は、社会経験の乏しさは仕方ないにしても、ヴァカなのか、
利口なのかよくわからんな。

665 :名無しさん@HOME:02/12/04 03:03
漏れも親に相談した方がいいと思う。
当事者だけの秘密(ハアトって萌えるから再犯率高くなる。

666 :名無しさん@HOME:02/12/04 04:46
>>665
反省の色を見せずに目をギラギラさせてる場合はな。
でもこのケースは違うだろ。
シュンとしちゃって捨てられた子犬みたいになってるんだろ?
それは自分のしでかしたことの重大さを認識してるってことだ。
ここで親に言ってしまったら100%グレる。間違いない。保証する。

漏れは厨房のころ万引きして捕まった。
母親が警察に引き取りに来てくれて、親父や兄弟には黙っててくれた。
その対処の仕方には今でも心から感謝している。
もし家族全員の周知の事実となっていたら確実にグレて家出してたよ。
ひょっとしたらビルから飛び降りたかもしれん。
それまでイイ子で通ってたからな。
俺はそれ以来、一度も万引きしていない。
引き取りにきたときに母親が警察署員に涙流して謝ってるの見て心から反省したからだ。
反省している人間にトドメを刺してはいかん。
過ぎたるは及ばざるがごとしだ。

667 :名無しさん@HOME:02/12/04 05:01
>>666
>反省している人間にトドメを刺してはいかん。

んだんだ。逃げ場を完全に奪われたらグレるしかないもん。

668 :名無しさん@HOME:02/12/04 06:57
じゃ、2回目やったら親に通報だな

669 :名無しさん@HOME:02/12/04 08:26
誰にも言わなかったばっかりに事態がさらに悪化して、私の友人は実の兄に犯されたよ。

670 :名無しさん@HOME:02/12/04 08:43
私は言った方がいいと思う。それくらいでぐれるほうがおかしい。

671 :名無しさん@HOME:02/12/04 08:50
>>670
なんでそのほうが「いい」なの?
なんとなく「てってー的にやっちゃったほーがいくねえ?」みたいなニュアンス感じる。

672 :名無しさん@HOME:02/12/04 09:52
じゃあ
「今度やったら親に相談すると弟に言う」でどうだ?

再犯するならホンモノなので家族全体で対策しなくちゃ。
性犯罪者は罪になるとわかっていながら止められないつーからね。

自分一人の力で止められないなら回りが抑止力を発揮してやらにゃ。
欲望の為なら犯罪犯すような香具師になって欲しくないでしょ?


673 :名無しさん@HOME:02/12/04 09:55
672は「じゃあ」で始まってるけど670ではありません。
紛らわしい書き方してスマソ。

家族をレイープするよりぐれたほうがましだな。
コトを密室で進行させてはだめだ。明るくさらけだせ!



674 :名無しさん@HOME:02/12/04 11:02
>>672そだね。反省の色があり怖い両親なら、
「次にやったら親+警察+精神科に報告だが、反省してるなら
出来心と見なし一回だけ見逃しちゃる」と冷静に言って一発入れとく。

675 :名無しさん@HOME:02/12/04 13:59
>>670
あなたの頭がおかしい。
状況から判断するに、このケースは親に言ったらダメだろう。
それぐらいまともな判断力のある人間ならわかりそうなものだが。
ただし二度目やったら言ってもヨシだが。

676 :名無しさん@HOME:02/12/04 14:39
ぐれるもぐれないも弟が全面的に悪いわけだろ

677 :名無しさん@HOME:02/12/04 14:57
>676
行いは悪くても肉親だからね。
すべてがにくいわけじゃない。

678 :名無しさん@HOME:02/12/04 16:35





------ここは● 大人になってから知った家族の秘密 2 ●スレです。----

もう相談した人が後はどの方法取るか決めることでしょ。
本人を知らない人間があーだこーだ言ったって正しいかどうかはわかんないよ。


679 :名無しさん@HOME:02/12/04 18:56
いろんな意味でドキドキするスレだな。

680 :名無しさん@HOME:02/12/05 02:33
うわあ〜ん。何か討論になってるよ〜。すみません。私達三姉弟問題ごときで。
まず、664さんへ。確かに私の質問自体スレ違いですね。ごめんなさい。
それから、専門家に相談した方が良いっていうのは私もずっと考えてました。
深夜パソコンに向かいながら「・・チガウ・・チガウ・・ワタシハモットチガウ
カイケツホウヲサガスベキダ・・」と自問自答してました。
それで、行きました。カウンセリング。ちゃんとまともなとこです。
心理学は華道や茶道と同じで「徒弟制度」です。フロイト派、ユング派、
ロジャース派・・数限りなくあります。ただ、どの派閥にせよ、熟練した
腕のいいカウンセラーは何故かとても似ているそうです。(クライアントに
対する対応が)。
私の担当の方は60代位の温和な男性でした。彼の回答は
(思春期の男子が性的に目覚め興味を持つのは至極健全な事であるが)
(健全に生育した男子ならその性の興味の対象を「外」へと向けるものである)
(ところが、その性欲対象を「内」へと向けるのは)
(機能不全の家庭で生育したと考えられる)・・ナゼナラバ・・
(続く)


681 :名無しさん@HOME:02/12/05 02:55
(家庭、主に親が子供に対して不適切な養育(過保護過干渉、厳格すぎる、
息苦しくさせる程関心を寄せすぎる、子供を生きがいにしてしまっている、
結果子供はまるで首に蛇が絡みついたような不可解な苦しみを背負って生きる)
等してきたと推論される。)
(あまりにも親の拘束が厳しいと)
(子供は特に男子は性欲という本来自然な感情を出せず)
(しかし押さえつける事に限界が来て)
(対象を身内へと向ける)
つまり弟が云々より私の育った原家族の問題を解決しなければ、今後も
様々な問題が起こるであろう、私や姉にも。
という訳でカウンセリングに本格的に取り組むことになりました。
根っこを治療しなければ表面をいくらいじっても何の解決にもならない。
皆さんお返事ありがとう。嬉しかったです。これからは専門家に問題を委ねます。
これで最後(たぶん)です。「私 解決編」「私 ファイナル」(え?ショムニ?)
「私 エピソード完結編」(え?スターウオーズ?)です!
街ですれ違ってもあなたと私は全く気づかないでしょう。その「匿名性」が
ネットの長所でもある訳だし。
ありがと。さよなら。縁があれば又どこかで・・。



682 :名無しさん@HOME:02/12/05 02:58
面白いエンディングになったし、どういうわけか為になる知識まで入ってたので
読んでて良かった〜という気になった。

683 :名無しさん@HOME:02/12/05 03:25
本当だね。
じゃあ、これで終了しましょうよ。
681さん、またね!

684 :名無しさん@HOME:02/12/05 07:59
親のカウンセリングが一番必要だったという事なのね。

685 :名無しさん@HOME:02/12/05 14:34
ウチの話。
と言っても、大人になってからじゃないから微妙に違うかもしれないけど、許してください。

中学生の時、TVの心霊番組を見ていたら、霊媒師(?)が一言、
「ここに水子の霊がいて、母親を求めて泣いて彷徨っている・・・」
すると、一緒にTV見ていた母親が大声を上げて泣きだした。
不信に思って聞いてみると、泣きながら、不倫して出来た子供を下ろしたんだ、と言った。
母親の話によると、父親はEDなんだという。
私が出来た時の行為から、その後1度たりとも母親に触れていないのだそうだ。
何度も離婚しようとした、でも判を押してくれなかった。
そして、同じような境遇の、妻子ある男の人と出会って、真剣な恋愛になったんだそうだ。

そういえば、そんな兆しは見えてたんだ。
家族で日曜の某映画劇場を見た後、隣の寝室から、ぼそぼそと話し声。その後、母親の
すすり泣きとか。(ちなみに、次週予告でエロい映画の予告をしていた)
母がそれまで使ってなかった種類の化粧品を使い出すとか、香水をつけるとか。
それと、母親が電話で、友達に「閉経かと思うんだけど・・・吐き気もする」って相談してたのとか。

中学生で、そういうことに興味を抱いた年頃だっただけに、とてもショックだった。
母を構わず、そういうことを『させてしまった』父に対して、嫌悪感を抱いたよ。
時が経つと、嫌悪感は父親から母親に移って、すごく憎い、汚らしいとかって思った。

でも、今だったら、EDになったのは、父が悪いわけでも、母が悪いわけでもない。
二人とも、上手く自分の気持ちを伝えられない人だったんだ、って判ったから。
不器用な両親だけど、私にはやっぱり、二人は掛け替えのない親だしね。

ただ・・・弟か妹のことを思うと、今も泣きそうになる。
今は暖かい家庭に生まれて、元気に育っていると思いたい。

686 :名無しさん@HOME:02/12/06 00:24
なにで読んだか忘れたんだけど、産婦人科の先生の書いた本で、
中絶に来る人は40代以降の主婦ってのも結構多いとか。

687 :名無しさん@HOME:02/12/06 01:17
そういう人と685さんのお母さんは違うと思うよ。無神経な発言しなさんな。

688 :名無しさん@HOME:02/12/06 09:32
つーか四十代以降の妊娠では出産にこぎつけるのは
1/4だとか。
残りの3/4は中絶、流産。

689 :名無しさん@HOME:02/12/06 09:33
ショッピング★お歳暮&ギフト特集★
http://www.emzshop.com/shonan66/

690 :名無しさん@HOME:02/12/06 09:36
>686
どういう人を想定してるのか知りませんが、
介護問題、健康上の理由、経済上の理由など
さまざまな理由の方がいるそうです。(もちろん不倫も)
一番の問題は、そうした問題を話し合うことのできない
夫や義理家族との関係だとか。

691 :名無しさん@HOME:02/12/06 09:43
以前水子供養はある意味産業だしある意味恐喝
とか逝ってるひといたけどなんとなく納得...

692 :名無しさん@HOME:02/12/06 10:12
おはようございます。685です。

当時、母親40代でした。
昨日の書き込みでは書かなかったけれど、同じ時、母親がこう言ったんです。
「お母さんだってね、普通の女なんだよ。性欲もあるんだ。愛されたいんだ」って。

結局、その真剣な恋愛の相手とは堕胎を期に別れたそうだけど、その後も
別の男性と(肉体関係はないって言っていたけれど)不倫を続けていた母親(苦笑)。
しかもそれを子供に話すなよ……いそいそ出掛ける背中をどういう気持ちで見送れと。
そのことが、母親に対する嫌悪に繋がったんです。
でも、嫌悪しきれないのは、上の言葉を聞いてしまったから。

父親がEDになったのは、私が生まれる前後からショックなことが起こりすぎた関係
だそうで。それに元々、自分の気持ちを口に出すことが極端に下手な人だし。
でも、酔っ払って帰ってきて、母親に怒鳴り散らされた後、落ち込んで
「●●(私)、いつもお前はお母さんとどういう話してるんだ?」って、すごく寂しげに
言われた時、自分の部屋に駆け込んで本気で号泣しました。

夫婦で率直に話が出来ないと、例え大切に思っていても、すれ違って間違いを
起こしてしまうもんなんだ…って、切なくて溜まりません。

>水子供養
実家の近所に、そういうお寺があります。
話を聞かされた後、兄弟連れ立ってお参りに行ったりしましたが、常にお線香が
立っている状態だったり(つまり前に誰かが来ている)。
小さい手のひらサイズのお地蔵も、増えてるし。

長々と自分語りごめんなさい。

693 :02 ◆countLQaVc :02/12/06 11:06
先祖に外人がいたらしい。

694 :名無しさん@HOME:02/12/06 13:46
>>692
お父さんもお母さんもお気の毒です・・

695 :名無しさん@HOME:02/12/06 15:56
旦那がEDだからって不倫してあげくおろすようなヤシ同情できない。
問題解決も離婚もしないで。
最低だろ。

696 :名無しさん@HOME:02/12/06 23:16
- - - - - - - - - - -感想はここまで - - - - - - - - - - -
では次の方、どうぞ。

697 :名無しさん@HOME:02/12/07 02:36
>>695
中絶自体は私は反対派だけど、お母さんの気持ちは分からないでも無い。
そうやって追い詰めてしまっては、ますます心の闇は深い所に沈んで行くだけと思う。
やっぱり悲しいと思うし、今の若い人程(今でもかな?)性に対して
大っぴらに語れない人は思っているより多いもんだよ。
それに、やっぱり本人の気持ちは本人にしか分からない事だってある。

申し訳ないが簡単に「最低」という695も最低だと思う。



698 :名無しさん@HOME:02/12/07 03:31
うちの親父、実は昔高校野球の選手だったそうだ。全国大会にも出たらしい。
運動なんか全然してないように見えた親父が、
実は熱血体育系だったと聞いて吃驚した。
俺が運動できないのは、親父からの遺伝だと思っていたのに…。

699 :名無しさん@HOME:02/12/07 04:15
>>698
なぜ、今までそんな輝かしい青春を息子に言わないんだろう?
漏れのよく行く居酒屋の常連オヤジなど、人生の誇りが甲子園出場、
それしかないって感じで、酔っ払ってその話ばかり(多分に半ネタ)
してるけどな。

700 :名無しさん@HOME:02/12/07 04:27
>>685
性欲でしか愛を量れない淫乱女って時々いるよね♪
うちの職場にもあんたのおかあさんみたいのいるよ♪

701 :名無しさん@HOME:02/12/07 05:42
700>まぁまぁ。母親であるより女でいたい人って
    たまにいるじゃない。でも子供は不幸だね。

702 :名無しさん@HOME:02/12/07 05:53
>700.701

淫乱・低モラルおばさんの話はその辺でやめとかないと。。。。
あふぉの697に  最 低  とかいわれちゃうにょ。(w

703 :名無しさん@HOME:02/12/07 07:11
>>700-702
はいはい、同レベル。

704 :名無しさん@HOME:02/12/07 07:15
>>703
文体からいって同レベルじゃなく明らかにアフォ。

705 :685:02/12/08 01:18
スレを荒らすような書き込みをしてしまい、申し訳ありませんでした。

父と母の不仲は、EDの件も1つにありますが、お互いの気持ちを上手く伝えられずにすれ違い
ばかりして、修復できなくなったというのが一番の理由です。母も多分、EDだけだったなら…
と思いたいのが、私の気持ちです。
また、私が高校の時、離婚に関して家族全員で話し合い、一度決定しましたが、周囲(親族)の
猛反対にあって実現できなかったんです。

私自身、「不倫」なおかつ「不倫の行為による堕胎」という行為は、絶対反対です。だから、今も
母に反感を覚えます。子供にそれを話すこともね。

ともかく、書き方が悪くてごめんなさい。私の書き込みで不快になられた方も、本当にごめんなさい。

706 :名無しさん@HOME:02/12/08 05:50
>>705
大丈夫ですよ。荒らした方が悪いんだから、気にしないで下さいね。


707 :名無しさん@HOME:02/12/08 10:11
軽い話ですけど
お年玉を両親が着服してたって言うのは良くある話ですが
3人兄弟の兄と妹のお年玉はそれぞれの口座にちゃんと貯金してあった事


708 :名無しさん@HOME:02/12/08 13:33
あなただけは使われちゃってたの?

709 :名無しさん@HOME:02/12/08 13:51
兄弟3人のお年玉が全て使われていた我が家はまだ幸せかも
しれない・・・・。

710 :名無しさん@HOME:02/12/08 13:57
     ___,.....
  ,.-‐'´   `ヽ,
 ,'        ,'
 /_  ・∀・  ,ゝ < とちぎー!
 /       i
 \_   _,..-‐'´
   `‐-'´


711 :名無しさん@HOME:02/12/08 18:18
>>709
うん、そうだね…。うちもだ。

小6くらいの頃に「そういえばお年玉の貯金は?」と言ったら
母に投げやりに「なくなったんじゃないのー」と言われた。
「ずっと放ったらかしにしていると銀行口座ってなくなっちゃうんだ…」
と思ってしまった私。

高校出てからある時ニュースで「睡眠貯金がどうこう」っていう話題を聞いて
「ふーん、口座放ったらかしてる人って結構いるんだ…って、あれ!?」
と思い、ようやく真相に気付きました。
ママンにつめよったらあんた今頃気付いたの!?と驚愕された挙げ句
家族に言いふらされ全員に笑われました。
その日の夕飯は私の好物ばかりでした。

おばかだ。私。

712 :名無しさん@HOME:02/12/08 18:37
700はうちの家族です。
傷ついている人を見つけると、飛んでいってその人を
もっと傷つけるよう書き込みをして愉しんでいたなんて。
普段は普通の人のような顔しているのに、こんな邪悪な人間だったなんて…。
秘密にできませんので言いふらします。

713 :名無しさん@HOME:02/12/08 18:44
>>711
で、夕飯で手を打っちゃったの?

714 :名無しさん@HOME:02/12/08 18:46
正直、712の書き込み内容がワケワカランのだが

715 :名無しさん@HOME:02/12/08 18:47
>>713
うっちゃいました。
古いことだったしね。

私の話は大人になってから自分がバカだと知ったって話ですね、よく考えたら。
で、家族はそれを秘密にしてくれていたと言う。
早めに指摘しておいて欲しかった。
努力しはじめるのは早いほうが良かった。

716 :名無しさん@HOME:02/12/08 18:57
711は親も子供もよい育ち方をしたね
明るい話だ

717 :名無しさん@HOME:02/12/08 19:08
子供の貯金がめる親のどこがよい育ちなのか教えてください。

718 :名無しさん@HOME:02/12/08 19:18
>>717
それよりそういうことをひとりすっごくニヤニヤしながら書いてるであろう
あなたの育ちのほうが気になります。
陰にこもってるもの。

719 :名無しさん@HOME:02/12/08 19:19
>718
いえ、眉をひそめながら書いてますが。
マジで理解できません。

720 :名無しさん@HOME:02/12/08 19:21
常駐しだしてるなあ

721 :名無しさん@HOME:02/12/08 19:48
子供のお年玉がめる親の話しって2ちゃんでは結構聞くけど信じられない…。
無駄遣いしないよう取り上げて子供名義で貯金しとくってなら分かるけど。
子供時代の数少ない楽しみを奪うなんて。


722 :名無しさん@HOME:02/12/08 19:50
子供時代の楽しみが数少なかったという人って不思議。
虐待でも受けてたんだろうか。

723 :名無しさん@HOME:02/12/08 19:56
私の親はお年玉を貯めておいてくれたけど、
今考えるに、親戚の手前お年玉のやりとりをするとして、
親の金がそっくり子供にいったのとたいして変わらないわけで、
親が子供にちゃんと説明すれば、お年玉を取り上げてもいいんじゃないかなあ。
なんで何万も子供にやらなきゃいかんのよ。
親戚同士で初めから虚礼廃止できればいいけど、できないときもあるだろう。


724 :711:02/12/08 19:58
思えばうちの親はよその子達にいっぱいお年玉出す羽目になってたから
その親達から私達がもらったお年玉を徴収するのは
別にいいんじゃないかなぁと真実を知った時には思ってましたけども。
お年玉がなくとも普段おこづかいを親からもらっていたし。
でも小学生くらいの時に上のような理屈を言われて取り上げられても
その時は納得できなかっただろうから、親のそのやり方って
方便だっただろうなあとも思ってる。

うちの場合、本人達が納得してるんで他人様に色々言われることでもないなと。


725 :711:02/12/08 19:58
>>723
微妙にケコーン?

726 :707:02/12/08 22:56
>>708
私のだけ親が使い込みだす
>>717
私は小6くらいの頃に通帳にお金が無いのに気づいて
「お年玉の貯金はどうしたの?」ってシツコク聞いたら
母に「あんたら育てるのにお金が要るの!!」って怒鳴られた
当事はそれで納得したんだけどね。
他の兄妹のお年玉がちゃんと貯金してあることをしったのは大人になってから


727 :名無しさん@HOME:02/12/08 23:58
俺も、お年玉を大部分取り上げられていて、親は銀行預金をしていた。
さすがに工房になると、反発して絶対徴収には応じなかった。
大学の時、カナダホームステイ制度があって、必死でバイトしたんだけど
10万ほど足りない。
そしたら、親が、はじめてお年玉を預金していた通帳と印鑑を渡してくれた。
うれしかったけど、元々は俺の金だと思うとちょっと複雑だったな。
姉は、今でも俺が、親金を援助してもらってカナダへ行ったと信じている。
あの貯金は、姉もしていたはずだが、ひょっとして、使い込まれたかも、、、。

728 :名無しさん@HOME:02/12/09 00:07
うちの両親も使い込んでた。
ものすごい貧しかったからなぁ。うち・・・

でも、お年玉を全部使ってもせいぜい20万くらい。
それより多いお金を、進学・就職・結婚と嫌味一つ言わずに出してくれた。
やりくりがんばったんだろうなって思う。

人の親になって思うけど、子供のお金に手をつけるってつらいことだと思う。
ただ、金があるのに手をつける神経はワカラン。

729 :名無しさん@HOME:02/12/09 01:14
子供の頃は「ゆるさん」と思ったけど、子育てって金かかるしな
今は「それも、まあ、よし。」って感じかな。
結局、諸々の費用を親が負担してくれている事を考えれば、
そっちの金額の方が大きいしね。

ただ、なぜ707の親御さんは、兄弟のなかでひとりの分だけ使ったのかは
確かに不思議なんだけどさ。

730 :ななし:02/12/09 12:26
うちはちゃんと貯金しといてくれてたけど
お年玉もらうたび
そっちの家にもやんなきゃいけないから結局は親の懐から出てるのよ
が口癖だったな

731 :名無しさん@HOME:02/12/09 13:39
すいません、子供のお年玉着服してまつ。
やり取りしたお年玉の+差額だけを、子供の取り分にしてる。
だって、ウチは一人っ子なのに、あげる側の親戚っ子が多くて、出費が大なんだもん。
我が子よ、ビンボボなとーちゃんかーちゃんを許しておくれ。。・゚・(ノД`)・゚・。

732 :名無しさん@HOME:02/12/09 13:55
うちはねー「貰ったお年玉は親に渡さないと大変なことになる」って洗脳されて
ますた。
でも、高校生の時思い切って「あのお年玉どうした?」って聞いたら
「家の頭金にした」ってあっさり言われました。高校卒業して渡された通帳には
3000円入ってますた。早く自立しようと思った。

733 :名無しさん@HOME:02/12/09 14:57
親戚の男性が妻第一子出産時に子の血液型が自分と違うといって、離婚だーと
大騒ぎした。妻は真っ青、そんなことはない、と言ったのだが、不倫は許さんの
一言に、妻も切れた。実際には、自分が自分の血液型を間違えていたのだった。
そのことで妻には今でも頭があがらない。

734 :名無しさん@HOME:02/12/09 15:02
母がゲーノー人だったこと。
叔母が不倫して離婚した事
伯母が不倫してた事。(こちらは継続中)

735 :名無しさん@HOME:02/12/09 15:32
>>733
貞淑な奥さんに一方的に疑いを掛けたのだから
一生頭下げっぱなしでよろしw切れる勇気のある奥様でよかった。
切れられない奥様だったら身に覚えないのに後ろ指指されっぱなしだもの。

736 :名無しさん@HOME:02/12/09 19:16
妻に本当に身に覚えがなくてよかったよ。
身に覚えがあったら(子供が別の男の子供)は濡れ衣でも、
キレられたかどうか…w

737 :名無しさん@HOME:02/12/10 01:33
実は身に覚えがあったとしたら…。
正に女傑だな(w


738 :名無しさん@HOME:02/12/11 00:03
お年玉で思い出したけど、母は6人兄弟の末っ子。 父は一人っ子。
母方の親戚がいっぱいいるのでお年玉もいっぱい貰えるはずが
母が付き合いを否定してたので、結果、両親と父方の祖父母だけしか
貰えず毎年少なかった。 
子供の頃はよく母にもっとお年玉欲しいって文句言ったけど、何故母が
付き合いを否定するかまでは考えなかった。
大人になって、父から言うには母は子供の頃病気になって在宅で治療を
受けてたが良くならず、もう死ぬかもって時に母の両親と長男がどうするか
話し合ってたらしい、母の寝てる枕元で。
結果、高い金払って治療するより放置しようと決まり、他の兄弟も
反対しなかったらしい。 往診に来た医者に治療はもう結構と言ったけど
医者は熱心に説得し、なんとか生きる事が出来たそうだ。
母にはその会話がしっかり伝わってて凄く傷ついたらしい。

お母さんごめんよ、無神経な事言って(小学生だったけど)

739 :名無しさん@HOME:02/12/11 01:04
>>738
お母さんを大事にしてあげてね。

740 :名無しさん@HOME:02/12/11 01:19
>>738
近代における「日本の貧しさ」が色濃く出た話だ。貧しさは、親子の情愛さえ
奪ってしまうものか?せめて、これが、お母様のご両親にとって「苦渋の決断」で
あったことを望む。

741 :名無しさん@HOME:02/12/11 23:22
うちの両親が離婚した理由、小さい頃はお互いの目標のためとか
何とか聞いていたけど、この前兄貴に尋ねてみたら、実は、
母親の子育て放棄&不倫&変なヲタ趣味のせいだったらしい…。
…こりゃ、父&兄が俺に何で離婚したか言いたがらないわけだ。

742 :名無しさん@HOME:02/12/12 02:49
>>741
母の目標は育児を放棄し放題で不倫相手と大っぴらに付き合い
ヲタ趣味に邁進すること、だったというわけで、「目標のため」
というのも間違いではない…ってことだねえ…。

743 :名無しさん@HOME:02/12/12 08:11
>741
お母さんとは、その後会っているのでしょうか?
それとも一切付き合いはありません?

744 :名無しさん@HOME:02/12/12 08:41
>741
「変なヲタ趣味」の内容が気になる・・・

745 :名無しさん@HOME:02/12/12 13:09
>744
>「変なヲタ趣味」の内容が気になる・・・

私も気になります。

746 :名無しさん@HOME:02/12/12 13:52
>>693
かの国でないことを祈る・

747 :名無しさん@HOME:02/12/13 02:06
3年前、入院していた父が危篤になったと知らせを受けて病院に駆けつけた。
病室に着いた時、心停止状態で医師が父に馬乗りになって
心臓マッサージをしていた。
「お父さ〜ん」とウルウルしながら、その様子を部屋の隅で見ていた・・・
涙いっぱいの私の目に何気に飛び込んで来た光景。
それは、はだけたパジャマから見えた刺青・・・
最初、柄物のシャツを着ているのかと思った。

30分ほど後に「ご臨終です」と告げられた。
父が亡くなったショックと父が刺青をしていたショックで頭の中グルグル。

20年間まったく気付かなかった。

748 :名無しさん@HOME:02/12/13 02:25
母とお風呂に入るとき、母のお腹にキズがあり、たずねてみたら
私を生むときにお腹を切って産んだと言ってた。
私が年頃になって、実は母が若いときに暴漢に襲われたときの刺し傷
だったと教えてくれた。
夜、帰宅が遅い私を必要以上に心配していた理由がやっと分かった気がした。

749 :名無しさん@HOME:02/12/13 04:30
>>747すごい話だ。ネタとは思わんが、父親と風呂に入ったことも、泳ぎに行った
こともなかったのか?

750 :名無しさん@HOME:02/12/13 04:32
>747
>20年間まったく気付かなかった。

それも不思議な話だね。

751 :名無しさん@HOME:02/12/13 05:14
>>747
本当だったら20年間隠し通したお父様って凄いですね。

>>748
・゜・(つД`)・゜・
きっとお母様あなたをご自分と同じ目に遭わせたくなかったのですね。
お母様を大切になさって下さいね。

752 :名無しさん@HOME:02/12/13 17:42
>>784 夜道は注意!

753 :747:02/12/14 02:50
>749,750,751
父とお風呂に入った記憶も泳ぎに行った記憶もないんです。
20年間、父の裸って見た事なかったんです。
お風呂上りは脱衣所できちんと着替えて出てきたし、
親父が良く着てる白い下着じゃなくて、エンジや紺色のシャツを着ていました。
だから透けて見えるって事も無かったんです。
夏でも七分袖のシャツを着てたけど、変とか不思議って思った事も無かったんですよ。
それが小さい頃から見てきた父の姿だったので・・・

今考えると、隠すために必死だったのかな〜?と思います。

754 :名無しさん@HOME:02/12/14 03:03
>>753
あなたに必死に隠していたお父様って何だか可愛いですね。
それだけあなたに知られたくなかったのでしょうね。

755 :747:02/12/14 03:08
そこまで必死で隠していたのに気付いてしまって、
なんだか申し訳ない様な気がします。
しかも臨終間際に・・・

756 :名無しさん@HOME:02/12/14 03:17
>>755
でもそういう場面なら知ってしまっても仕方がないと思いますよ。
知ってしまってもあなたがお父様を思う気持ちに変化が無ければ
それで良いと思いますが。

757 :名無しさん@HOME:02/12/14 05:30
>>756
同意だ。お父さんにしたら親心だったのだろうし。
747は最期にお父さんの親心に気付く機会があったということだよね。
お仏壇なりお墓なりの前で「気にしないで、お父さん大好きだ」と
言ってあげてほしい。

758 :名無しさん@HOME:02/12/14 06:36
750でつ。
自分ひとりなら良い、だけど子供がどう思うかを考えてかな?
いいお父さんだね。747さんの事を大事に思ってたんだよ。

759 :名無しさん@HOME:02/12/14 17:49
ヤリトモ見つけるサイト
http://www.h3.dion.ne.jp/~smz/0i-deai.html


760 :名無しさん@HOME:02/12/15 01:06
免許をとって自分で車を運転するようになって分かった。
うちの父親の運転マナーは最悪だった。

761 :名無しさん@HOME:02/12/15 03:01
父がヤクザだった!しかも前科つき。墨いれてないし、指全部揃っててわからんかった。


正直恨みましたよ、ええ。

762 :749だ:02/12/15 04:56
>>747
昔堅気の職人さんだとか、芸人など、別にヤクザでなくても墨を入れる場合がある。
ただ、子供であるあなたに20年間、墨を見せなかったのは、お父様の若い頃に、
一時期、無頼な何かがあったのだろう。その世界から抜け出すため、家庭をや
子供を守るためのお父様の悲哀、と涙ぐましい努力、察するに余りある。757に禿同。


763 :名無しさん@HOME:02/12/15 08:40
昔、父の実家のお隣は有名な暴力団組長の実家だった。
父の兄は長男だったにも関わらず家を継がずに出ていき
その組長について行って組に入ってしまった。(今は堅気)
その叔父さんちには昔よく遊びに行ってたのに全く気付かなかった。
あとでその話聞いたときはガクガクブルブルでした。

764 :名無しさん@HOME:02/12/15 16:34
父借金ふみたおしてたよ。
疲れる奴。

765 :名無しさん@HOME:02/12/16 02:39
高校の卒業も間近に迫ったある日のこと、親父が
俺に言っておかなきゃならんことがあると言った。

親父「○○(地名)のおばちゃんのことなんだけどな…」
俺「ああ、血の繋がったばあちゃんだってことでしょ?」
親父「!? 何で知ってるんだ!?」

親に秘密を明かされる前に知っていたというオチでした。

親父「どうやって切り出そうか悩んだ俺がバカみてえじゃねえか」

親父、スマソ。

766 :名無しさん@HOME:02/12/16 02:47
おばあちゃんに隠し子がいた。

767 :名無しさん@HOME:02/12/16 02:51
>>765
お父様相当悩まれたのでしょうね。
どうしてあなたがその事を知っていたのか
良かったら教えて下さい。

768 :765:02/12/16 03:16
>>765
高校卒業と同時に就職っつ〜ことで、そのばあちゃんから
お祝いとしてスーツを買ってもらうことになったんですね。
で、スーツを買いに行った先での店員との会話の中に
ばあちゃんの「孫へのお祝い」という言葉があったんですわ。

その言葉でそれまでの記憶が繋がって「ああ、なるほどね」と
気付いたんですよ。

ばあちゃんの家にはよく遊びに行ってたんですが、そのことを
同居中の祖父母には内緒にしてたりとか、ばあちゃんの
ことを「会社の知り合い」と教えられてたりとか、色々思いつく
ことがあったっつ〜わけです。

769 :名無しさん@HOME:02/12/16 03:20
>>768
なるほど・・・

教えて下さって有難う御座います。

770 :名無しさん@HOME:02/12/19 23:45
age


771 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

772 :名無しさん@HOME:02/12/21 21:56
ここ見てたら年末にやるタモリとの徹子の部屋を
思い出す。
まだ、親類関係ネタやってるのかな?

773 :名無しさん@HOME:02/12/21 22:53
>>772 何それ?

774 :名無しさん@HOME:02/12/21 23:12
自分が私生児だと知ったときはビックリすることもできなかったなぁ。
自分が「子」で弟が「長男」で。
あーいう時って思考が止まるもんだってわかった。

775 :名無しさん@HOME:02/12/21 23:16
>>774
私も。前の方に書いたけど、戸籍で「養女」と見たときは
(実子でも養ってるから養女と書くのかな)と、まったく「もらわれてきた」
という発想がわかなかった。
その後、頭ん中真っ白になったよ。


776 :772:02/12/21 23:31
タモリのおばあさんを筆頭に家族関係の相関図が
どんどん変わる。という話です。
年をとったり葬式であった人のことで話をするたびに
親類が増える、相関関係がドンドン変わるという話しです。

黒柳のおばさんは、タモリのこの話すきで年末の楽しみとか
言っていたので、年末のヘヤを見るといいですよ。

777 :名無しさん@HOME:02/12/22 02:03
兄は連れ子で自分とは母親の血が一緒で、父親は違う。
で、父親は実は再婚で、前の妻との間に娘・息子の2人の子がいる。だから、
この2人は俺の兄と姉になるみたい。詳しいことは聞いていないし、聞く気もない。
知ったもの最近。ただ、俺が生まれる前は両親ともにいろいろな人間模様があったことは
推測できる。小さいころから「血筋」とか「親子愛」とかどうも胡散臭いと
なんとなく思っていたが、何か感じるものがあったんだろうね。

778 :名無しさん@HOME:02/12/22 07:26
>>777
変な話で申し訳ないけど、よくお話で「連れ子同士の結婚(血は
繋がっていない)」とかあるけど、もし母と父の連れ子が結婚したら
777の立場ってちょっと微妙というか、複雑だよね。
実の兄弟が夫婦って事になるのかな??

779 :名無しさん@HOME:02/12/22 08:52
母方の祖母が実の祖母でないと、亡くなる寸前に聞いた。母は前妻の子。
1歳の時に小姑達が嫌で前妻が母を置いて家を出たそうだ。
とても仲いい親娘で、5歳下の妹(叔母)も仲良く、寸前まで私も弟も
何もきづかなかった。母も直接前妻の子と言われた事はなく中学の時
戸籍を見て知ったけど表面何も知らないそぶりを50年もしていたそう。
叔母も戸籍を見て知ったらしいけど。でも、その日から母は遠慮がちに
なり、叔母は大学に行ったけど、母はすぐ自立しようと進学しなかったり
結婚してからも実家にはなるべく世話かけず、祖父祖母にお小遣いをたん
まりあげることで、祖母に恩返しをしたらしい。祖母は「実の子とおんな
じに思って育ててきたから、おまえにも少し遺産残したから絶対いら
ないって言わずに受け取ってくれ」と言い残して遺言残して亡くなった。
でも、それから叔母の夫が豹変。婿養子だけど最初の何年以外同居はせず、
近所に住んでる私の母が祖父祖母のことを気遣っていたというのに、
「血がつながってないから」と母もうちも弟夫婦も葬式にでることを許され
なかった。叔母の夫の母や親戚はでたのに。ちなみにうちの父の家は田舎だけ
ど本家で、悪い家ではまったくないです。父は葬儀委員長だったのに、母は
奥でおにぎり握ったりお茶出したり、表に一切でれませんでした。財産の件が
からんでたようです。私と弟も孫と認めないし。母は一切お金はいりませんと
遺産放棄しました。私たちもお金なんていらない、ただ好きだった祖母のお葬式
にでたかっただけなのに、母もそれが悔しいと弟の嫁に泣いてあやまってました。
今まで大人しかった婿養子が幅をきかせて、祖父は何も言えず一緒に死にたかっ
たと言ってるそう・・・・・・・。狭い車庫なのにいきなり婿養子が車を数ランク
上のものにすぐさま買い換え、家を改築、店を出す・・・。思いっきり解りやすい
行動にでて、母は今では笑ってそれをネタにできるようになりました。
田舎はこういうことがけっこうあるし、土地もってるから遺産はかならずもめるよ。





780 :名無しさん@HOME:02/12/22 09:02
>>779
これをどうぞ
http://life2.2ch.net/test/read.cgi/live/1036476080/l50

781 :772:02/12/24 01:19
何回もでてきてスマンですが
徹子の部屋
http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/index.html
12/27
タモリ
お楽しみに!

なので興味あるかたは見ると出てくると思います。親戚話

782 :名無しさん@HOME:02/12/26 00:16
>779
何かでそういう話を見たけど
「死んだ人が祟るよ」と言うと結構効くらしいです。
葬儀屋関係の人だったかな、仕事に行ったはいいが遺族が揉めて進まない時に使うとかなんとか。
読んでて、その婿養子がやってる店が傾いたら言ってやりたいと思ってしまいました。ここ読んだだけの人間が言うのも何ですが。

783 :名無しさん@HOME:02/12/26 06:45
家族に障害者がいると結婚に差し障るの?

母方の兄にあたる人らしい
母親が隠してた。

因みに妹ケコーン、俺まだ

784 :名無しさん@HOME:02/12/26 06:57
>>783
今でも遺伝にこだわる人はいるし、後天的な要因で障害者になったとしても
面倒見させられるんじゃないか、とか。

785 :名無しさん@HOME:02/12/27 08:25
>783
周囲を見る限りですが家族自身の方が気にしてるかんじですねぇ…
私はイトコにかなり重度の人がいますがケコーンしてます
もちろん相手には事前に話した上で。

妊娠中の風邪薬がよくなかったとからしいがそのイトコの兄弟(歳上&同年齢)はミコーン
歳上の方はかわいくて優しい人なのでそういう話があってもよさそうなので気にしてるのかなーと邪推。
まぁもっともケコーンしてなくても不思議じゃない歳だが

786 :名無しさん@HOME:02/12/28 00:01
はっきりと表れている障害の方が良いよ。
ウチの夫の家系は精神的に問題のある人が多い。
アル中とか躁鬱とか、うつ病とか…。育ちの問題かもしれんが…。

787 :名無しさん@HOME:02/12/28 10:41
結婚してから知ったけど、姑の姉がちょっとオカシイそうだ。
エピソード交えて、夫と姑が面白バカにしながら話してくれた。
普通隠さないか???と思っていたところ、「オカシいのは、先祖が士族で
人を殺してきたから、そのたたりかも」らしい。
ようするに「先祖は士族」が自慢らしい。
姑は結婚する時「よく士族の出なのに、平民の所にお嫁に行ったね」と言われたと
自慢してたんで。


788 :名無しさん@HOME:02/12/28 10:42
>>786
アル中は血が優るよ・・・

789 :名無しさん@HOME:02/12/28 10:45
>>787 他に変なとこがなかったらいいんじゃない

790 :名無しさん@HOME:02/12/28 10:48
>>789
十数年前の話で会った事も無いし、旦那とは離婚したんでそれは良いんですが、
子供たちには内緒です・・・。

791 :名無しさん@HOME:02/12/28 11:00
>>789
親戚の中にひとりぐらいは変な人がいたりってよくあることだよ。

792 :名無しさん@HOME:02/12/28 11:01
@父が色弱
A父が浮気した経歴
B父が酔っ払った帰り道に放置チャリ盗んでつかまり
C深夜、妹背負った母が幼い私の手を引いて警察に身元引き受けに行った

・・・という事を、結婚式の前日に母から聞かされました

793 :名無しさん@HOME:02/12/28 11:10
>>792
なにも結婚式の前日に言わなくてもいいのにね。

794 :名無しさん@HOME:02/12/28 18:21

名前:浜崎あゆみ 日付:2002/01/28(Mon) 23:13

なんかここでいろいろ言われてるけど、
あゆは自分でもその子のことを考えてあげる気持ちが足りなかったなって反省してる。

あゆが誤解されるような発言したばっかりに、あゆを応援してくれてるファンのひとたちや関係者、
その他たくさんの人達に迷惑をかけてしまったこと、深くお詫びします。

あのときあの発言には、クライマックスだから全員で一体となって盛り上がりたい、
あゆのコンサートももうすぐ終わっちゃうんだよ?
座ってていいの?座ってる暇なんてないよ、あゆと時間を共有できるのもあと少しなんだからがんばろうよ、
って思いが本当は込められてたの。

悪びれた言い方でそれが伝わるはずない、
それがわかんなかったあゆはホントばかだよね。あゆはその子を傷つける気は全然なかった。
しかも足の悪い子だったなんてあゆ自信もすごくショックで、言葉が出ない。
その子に本当に心からあやまりたいです、

ごめんなさい。そしてこんなバカなあゆだけど、これからも応援してね。みんなほんとにごめん。


795 :名無しさん@HOME:02/12/28 19:28
ヘビーな話の後で、小ネタだと我ながら思うが。
父方の祖母がバツ一で祖父は初婚だった。
しかも父の一番上の兄は、その祖母の連れ子だった。
祖父母ともに亡くなっているし、
祖父母が結婚したのは伯父が幼児の時だったので、
伯父も二人が結ばれた経緯とかは知らないらしい。
田舎なのに長男の伯父が近所に家を建てて出たし、
次男(実質長男)の伯父が家を継いでいるのは確かに不自然。
当然だがその伯父は祖父には全然似てない。
しかし父のきょうだい6人は、上ほど祖母似、
下に行くほど祖父似のグラデーションみたいなきょうだいなので、
末っ子の父などは祖父が亡くなった後初めて教えられて驚いたらしい。
そのときにはすでに父も四十をいいかげん過ぎていた。
考えたら呑気な家族だ。


796 :名無しさん@HOME:02/12/29 05:27
>下に行くほど祖父似のグラデーションみたいなきょうだい
ワロタ

797 :名無しさん@HOME:02/12/29 16:36
父が死んで2年。母から聞いたショッキングな話。
父は昔、刑務所に入ってたことがあって、仮出所していた時に
私を身ごもったらしい。
かなりショックでした。父は21歳、母は29歳だったらしい。
母は、父がまじめになってくれるものと信じてたらしいのですが
酒に暴力、おまけに借金、、、と死ぬ間際まで大変な人でした。
いや、死んだ今でさえ母に苦労をさせている。
残してた借金はチャラになったのですが、他人名義でお金を借りていたことが発覚し
母は死ぬまで年金から返さなければならないのです。
できるだけ私も援助しているけど、時々無性に腹がたつことがあります。

798 :名無しさん@HOME:02/12/29 17:00
>>797

そんな男を選ぶあなたの母って・・・

799 :人でなし:02/12/29 20:17
今で言う「だめんず」ですか。

800 :名無しさん@HOME:02/12/29 20:19
酷い話だ

801 :名無しさん@HOME:02/12/29 20:33
なぜ相続放棄しなかったのでせう。

802 :名無しさん@HOME:02/12/29 20:54
ネタだから

803 :名無しさん@HOME:02/12/29 21:25
>>802

ワラタ。

804 :名無しさん@HOME:02/12/30 12:01
>>797
お話を作るなら、皆さんが信じるようなお話を作って下さい。

805 :名無しさん@HOME:02/12/30 12:34
>801
うっかり、相続放棄できる期間を過ぎてたから
ではないのかな?

806 :名無しさん@HOME:02/12/30 12:38
5年間ずっと妹だと思っていたのが
最近になって猫であることが判明

807 :名無しさん@HOME:02/12/30 13:04
ねこ?

808 :名無しさん@HOME:02/12/30 13:17
>>806
作りすぎ(w

809 :名無しさん@HOME:02/12/30 13:50
>>806
でもかわいいからワラタ

810 :名無しさん@HOME:02/12/30 14:07
夫が生まれた病院で、同じ頃に母親が病院から失踪してしまった
赤ちゃんがいたそうだ。
義父は「何て無責任だ!そんな奴は戻ってきてもろくな親にならん!
うちでその赤ん坊を引き取る!」と病院に本気でかけあったらしい。
結局その子は警察が親を見つけて…ということになったらしい
という話を、義母から聞いて夫に
「もしかしたら双子として育てられていたかもよ」と話したら
とても驚いていた。

811 :名無しさん@HOME:02/12/30 17:08
>>797
ネタではないですよ。マジ話です。
もちろん相続放棄はしました。
でも、他人名義のはダメだそうです。

812 :名無しさん@HOME:02/12/30 17:22
借金ってさ、個人的な遊技費なんかで借りたものは、
家族に返済義務ないんだよね?
他人名義の借金ってのはこれには当てはまらないの?

813 :名無しさん@HOME:02/12/30 19:11
>811
うっかり、一度でも返しちゃうと
返済義務が生じるんだっけ?>借金

市役所の法律相談の相談に行って
弁護士か司法書士の人に相談に乗って貰えば
なんとかなるのでは?
お母さん、年金しか収入がないのでしょ

814 :名無しさん@HOME:03/01/01 07:28
>謹賀新年age

815 :名無しさん:03/01/02 09:01
自分の秘密になるかもしれないけど。

とある親戚宅に行くことが、子供の頃6.7回ほどあった。
年に一度くらいで。
なんか一族のしがらみだかで絶対行かなきゃいけなかった。
その間、私は三人の兄の誰か一人と絶対一緒にいなくてはいけなかった。
理由はわからなかったが、兄たちが真剣な顔なんで逆らわなかった。
トイレまで出待ちは恥ずかしかったが、とにかく何かから守られている気はしていた。

18の誕生日の次の日、初めてその真相が明かされた。
予想していた通りだった。
集まる親戚の一人に障害者がいるのだが、それがロリペドだったとのこと。
ちなみにこいつ普段はすごいおとなしい。はじっこでぼーっとしてる感じ。
そして、こいつの一番のターゲットが私だったとのことだった。

私の両親は「障害者の人だから優しくしなさい」って偽善者なんで、
兄たちが私を守ってくれていたらしい。一度障害者が切れて
「○○(私)ちゃんと遊ばせろ!!」と兄に殴りかかったことがあったが
不意打ちかましたくせに返り討ち。それが気に入らなかったのか、その後
障子なぎ倒しながらすごい暴れた。その隙に私と兄たちは帰宅。
その後障害者家族とは絶縁した。

816 :名無しさん@HOME:03/01/02 09:38
ロリペドって何?


817 :名無しさん@HOME:03/01/02 09:39
815兄達ブラボー!!!

818 :名無しさん@HOME:03/01/02 12:15
>>815
兄ちゃん、カコ(・∀・)イイ!!
俺にも一人くれ(w
>>816
社会の害悪の一つ。変態異常者。幼児にハァハァ。
空想で済ますヤシのような無害な奴ならまだしも、
現実で手を出す奴は、はっきり言って、逝ってよし(つーか逝け)な存在。

819 :名無しさん@HOME:03/01/02 20:50
マジでえらいよ815さんの兄弟。
大体そういうことって知っても「まさかそんなこと・・」で放置になりがちなのにね。
ちゃんと対処したその勇気はスゴイ。

820 :名無しさん@HOME:03/01/05 23:41
こいつ呼ばわりはどうだろうかと思うけど

821 :名無しさん@HOME:03/01/06 22:54
両親が結婚するまで(当時父・45才 母28才)童貞、処女だったらしいってこと。
キモぃ。。。
しかも出来婚。
さらに長女の私を筆頭に、立て続けに4人も子供をつくった。
一番下の妹とは、6つしか離れてない。
妹は「お姉ちゃんって、濃い精子だったんだねー」って言う。

822 :名無しさん@HOME:03/01/06 23:03
結婚するまで童貞・処女で出来婚って?
出会うまでお互いに童貞・処女で、
出合ってから出来ちゃったんで結婚したってことですか?

823 :名無しさん@HOME:03/01/06 23:06
>>821
妹さん、えげつない事言うね。

>>822
そうなんじゃないの?

824 :名無しさん@HOME:03/01/06 23:10
>821
童貞・処女で出来婚って矛盾してないか?


825 :824:03/01/06 23:11
スマソ。ガイシュツですた。

826 :名無しさん@HOME:03/01/07 00:04
父すごい高齢童貞だったんだね…。歳の差も気になる。

827 :名無しさん@HOME:03/01/07 00:04
あ、でももしかしたら毒男板の希望の星になるかもしんない。

828 :821:03/01/07 00:27
ごめん、文章おかしかった。
母から聞いたんだけど、父は避妊の方法しらなかったみたい。これもコワイ。
何回やったか知らないけど、すぐ私を妊娠した。


829 :名無しさん@HOME:03/01/07 00:29
>>821
コンドームも知らなかったの?

830 :名無しさん@HOME:03/01/07 00:32
混同さんを知ってても、付け方がよく分からないというのはよくある話。

831 :821:03/01/07 00:32
みたいよ。それか使い方がわからなかったか。あまり詳しく聞けなかった。


832 :名無しさん@HOME:03/01/07 00:39
きかないほうが良い

833 :名無しさん@HOME:03/01/07 00:46
お見合いだったの?お母さんはなんでそんな年上の男と結婚したのかな。

834 :名無しさん@HOME:03/01/07 00:57
うう、身内のことをこんなところにかいていいものか。
一応は恋愛みたいですよ。
母の兄ってのがいて、(後に自殺したんだけど)両親がないいから
なんかの縁で、兄の身元引受人っての?になったのが、私の父。

母は高校生の頃、父の実家(父はもうその頃住んでいなかった)に
住まわせてもらったり、恩人みたいな感じだったらしい。
兄に死なれ、母は天涯孤独になった時も
父や私の祖母は親身になってつくしてくれたんだと。

で、就職も父の目の届く所に決まり、
年相応の恋愛もしたが、いつも父に反対されてたらしい。
である時、結婚を前提につきあって欲しい
と言われたんだって。
子供の頃は、美談のような感じで聞いていたけど
今となるとね。なんとなく人に話せない、微妙すぎて。

835 :名無しさん@HOME:03/01/07 00:58
834−821です。

836 :確かに:03/01/07 01:00
>834
(´д`)…ビミョーン…

837 :名無しさん@HOME:03/01/07 01:10
よく言えば足長おじさん

だが源氏物語風でもあり・・・

838 :名無しさん@HOME:03/01/07 01:11
はっきり言えば「炉理?」

839 :名無しさん@HOME:03/01/07 01:20
仮面夫婦だったこと

840 :名無しさん@HOME:03/01/07 02:50
>年相応の恋愛もしたが、いつも父に反対されてたらしい
ここに引っかかりを感じるのだな…。

841 :名無しさん@HOME:03/01/07 02:55
↑ガイシュツに比べたら大したことないが・・。

母方の祖父が、実は血縁じゃなかった。
おかんが、ば〜様の連れ子で、必然的に・・。
一応、我が家は財産ナッシングとは言え、由緒と歴史だけはある家柄だったし・・。
漏れ、じいちゃんっ子だったし・・。
2.3日、食欲なかった・・。

842 :名無しの心子知らず:03/01/07 14:47
源氏物語か...
うちのばあちゃんのばあちゃんも、旦那に育てられたって話聞いたなあ。
何でも、先に嫁に行ってた姉様が子供何人か残して亡くなって、
同じ頃、両親亡くしたばあちゃんのばあちゃんが、後妻として引き取られたとか。
ただ、その当時彼女はまだ七歳だったんで、旦那が読み書きから何から、手取り足取り教えたらしい。
まあ、姉妹が後妻にってのは昔の田舎では珍しい話ではないんだろうけどね、
夢見る少女時代に聞いたんで、ロマンチックな話だと思ってたんだけど、
現代でそんな事やったら、ただの炉利だわな...

843 :名無しさん@HOME:03/01/08 13:23
私は色白で瞳の色がうっすい茶色。父もそうなので、色素の薄い
家系なのかと思っていたら、去年祖母(父の母)が亡くなった時
遺品を整理してて謎が解けた。戦後まもなく亡くなった祖父(父の父)は
ロシア人とのハーフだった。仏壇に祖父の遺影だけがなかったのも
それで納得。田舎じゃ外聞悪かったんだろうな。
でもこんな田舎に何故ロシア人?こわくて聞けない・・・。

844 :名無しさん@HOME:03/01/08 15:01
>>843
曾祖母が、ロシア革命の時、
日本に逃げてきた美人ロシア人女性(貴族出身)
ということにしておけば?

845 :名無しさん@HOME:03/01/08 15:37
うちのジイちゃんも血がつながってない。
本当のジイちゃんは戦争から帰ってきて病気で死んだらしい。

小さい時に、一度だけベッドに入ってきて胸を触られた事がある。
死ぬほど鬱だったけど、本当のジイちゃんじゃ無い事がわかって、逆にホッとした。

846 :名無しさん@HOME:03/01/08 15:48
>>743一番イヤなのは終戦直後満(略)。去ります・・・

847 :名無しさん@HOME:03/01/08 15:51
>>842お姉様の年の離れた7歳の妹を後妻に??最初は後見人のつもりが・・・かすぃら。

848 :名無しの心子知らず:03/01/08 15:56
>>846
時代考証間違ってまつyo!

>>847
ホントに、手取り足取り何から何まで教えちゃったんだね。
...下品でスマソ。

849 :名無しさん@HOME:03/01/08 21:42
まあ、恋人に父性を求める女の子って結構いるみたいだから
お父さん代わりだった人を好きになっちゃうこともあるのかもね。

850 :名無しさん@HOME:03/01/09 17:23
>849
そういう話ならいいんだけどね…。

851 :842:03/01/10 14:28
>>847-848
真相は知らない。
その話してくれたばあちゃんも、4年前に亡くなったもん。
このばあちゃんも謎の人だった。
かなりの美人だった(大おじ談)のに、結婚は27才。
しかも、相手(うちのじいさんなわけだが)は二人の瘤付き。
高等女学校出てからの、ばあちゃんの空白の年月が気になるぜ。

852 :842:03/01/10 14:32
ついでに言うと、母方のばあちゃんと自分に血の繋がりが無いって事を、最近になって知った。
漏れの生後1ヶ月の写真ってのが何故か両親のアルバムにだけ貼ってあって、
見たらじいさんとばあちゃんの結婚式の写真だった。
本当のばあちゃんは、じいさんちの仏壇の上に飾ってある写真の人だった。
どうりで、母親と良く似てると思ったよ。

853 :名無しさん@HOME:03/01/11 01:42
おばあちゃんが後妻さんで、お母さんが前妻の子だった、ってことか。
でも最近まで気付かなかったってことは、
842さんやお母さんを可愛がってくれるいいおばあちゃんなのかな。
大事にしてやれや。

854 :842:03/01/11 16:38
>>853
おうともさ。
母方のじいちゃんが死んで久しいが、
ばあちゃんとの付き合いはちゃんと続いてるよ。
漏れとも、母親ともね。
ま、ここの皆さんの話に比べたら、秘密でも何でも無いんだけどね。
小ネタ連発スマソ。
↓さあ、"次の大人になってから知った家族の秘密"のある方、どうぞ!

855 :名無しさん@HOME:03/01/11 17:29
>>693
人類全員の祖先はアフリカ人の女性。

一月以上遅レス。


856 :名無しさん@HOME:03/01/11 18:54
815です、私も遅レスですが。レスどうもでした。
実際は年長のいとこ(男)が中心となった、親戚の子供たちで結成された
「「奴」から女子を守る会」みたいな
もんだったようです(3兄談)。妹、さらに一番のターゲットだったんで、私は特に
厳重だったようですが。
とにかく障害者は天使、みたいな考えなんですよ、親戚中。
同い年のいとこ(女)がいるんですが、彼女が奴にはがいじめにされて
助けて―と泣き叫んでじたばたしてるのに「まあまあ障害者ちゃん、いとこちゃんと
遊んでもらって楽しそうで良かったわねえ」と微笑んでいるどうしようもない
連中なんで。
今はもう奴はそういう施設の中らしいですが、正直一生そこにいてと思います。

857 :名無しさん@HOME:03/01/11 19:29
父が再婚だっていうことは小さいときから知ってたけど
他に兄姉が3人いることを知ったのは23歳のときだった。
パスポートを取るために戸籍謄本を取ったんだけど、
そこに知らない名前が・・・ショックというより呆れた。
うちは4兄弟。実は7人兄弟って。作りすぎだよ、パパン

あともう一つ。母は私が小さいころ心中しようと
思ったことがあるって。私の手をつなぎ、弟を
おぶって、海に飛び込もうと思ってたらしい。その時
私が「おうちに帰ろうよぅ」と言って、ハッとなり
今があるらしい。
そんな話は墓場まで持っていって欲しかった・・・

858 :名無しさん@HOME:03/01/11 20:58
>857
後ろ向きに考えるなよ。
あなたは3人の命を救ったんだぞ。


859 : ◆K7Wm1x0F4s :03/01/11 21:12
全スレで自分の名前と異母兄弟の名前が一緒だった方の話で思い出した
(>120前後あたり)
実父の愛人の名前が私と一緒。
(本当は違うが改名したいらしく父にそう呼ばせていた)

…本当に呆然としたというか…
でも秘密ではないのでsage

860 :世直し一揆:03/01/11 21:17

<血液型A型の一般的な特徴>(見せかけの優しさ・もっともらしさ(偽善)に騙されるな!)
●とにかく気が小さい(神経質、臆病、二言目には「世間」、了見が狭い)
●他人に異常に干渉する(しかも好戦的・ファイト満々でキモイ、自己中心)
●自尊心が異常に強く、自分が馬鹿にされると怒るくせに平気で他人を馬鹿にしようとする
(ただし、相手を表面的・形式的にしか判断できず(早合点・誤解の名人)、実際にはたいてい、内面的・実質的に負けている)
●「常識、常識」と口うるさいが、実はA型の常識はピントがズレまくっている(日本の常識は世界の非常識)
●権力、強者(警察、暴走族…etc)に弱く、弱者には威張り散らす(強い者に弱く、弱い者には強い)
●あら探しだけは名人級(例え10の長所があってもほめることをせず、たった1つの短所を見つけてはけなす)
●基本的に悲観主義でマイナス思考に支配されているため、性格がうっとうしい(根暗)
●一人では何もできない(群れでしか行動できないヘタレ)
●少数派の異質、異文化を排斥する(差別主義者、狭量)
●集団によるいじめのパイオニア&天才(陰湿&陰険)
●悪口、陰口が大好き(A型が3人寄れば他人の悪口、裏表が激しい)
●他人からどう見られているか、体裁をいつも気にしている(「世間体命」、「〜みたい」とよく言う)
●自分の感情をうまく表現できず、コミュニケーション能力に乏しい(同じことを何度も言う、知障)
●表面上意気投合しているようでも、腹は各自バラバラで融通が利かず、頑固(本当は個性・アク強い)
●人を信じられず、疑い深い(自分自身裏表が激しいため、他人に対してもそう思う)
●自ら好んでストイックな生活をし、ストレスを溜めておきながら、他人に猛烈に嫉妬する(不合理な馬鹿)
●執念深く、粘着でしつこい(「一生恨みます」タイプ)
●自分に甘く他人に厳しい(自分のことは棚に上げてまず他人を責める。しかも冷酷)
●男は、女々しいあるいは女の腐ったみたいな考えのやつが多い(他人をけなして相対的に自分の立場を引き上げようとする等)


それと、O♀はエコヒイキきつくて、冷酷だからな。

A♂の異質排除×O♀の冷酷=差別・いじめ とあいなる。


861 :名無しさん@HOME:03/01/11 21:45
だけどもし寝言で 他の娘の名を呼ばぬように
気に入った女の子は 私と同じ名前で呼んで

平松愛理の「部屋とYシャツと私」という曲の中に、こんな歌詞があるんだが、
まさか浮気のカモフラージュ用に、自分の娘に愛人の名前を・・・まさかね。

>859さんの気に障ったらスマソ。

862 :名無しさん@HOME:03/01/12 10:42
>>861 いや、あれは天然でつ。
てか、母の死の半年前くらいからの関係でした>愛人と父

例えば、私の名が友子とします。
その愛人(仮名トメコ)はその「田舎臭い名前」が嫌だそうで
「お金貯めて名前を変えたいんだ。トモコって、
あなたとは字が違うのよ。私は知的な子で知子って」と言い放ち
なおかつ父は愛人を私と同じ名前(てか音)で呼びます。

カモフラ出来るほど頭を使えるような男じゃないです
てか、絶縁しないですんだと思います。
(いろいろあって絶縁してます)

863 :名無しさん@HOME:03/01/12 12:56
私が消防の頃、母が胃潰瘍でしばらく入院したことがあった。
成人してから、母方の祖母と母と3人で話しているとき
実は胃潰瘍ではなくガンだったと聞かされた。
しかも嫁姑のストレスから来ていたらしく(父方の祖父母と同居していた)
離婚するしないで、母の兄が私の父に怒鳴り込んだらしい。
「妹を大事にしないなら、家に連れて帰る!」って感じで。
私ら子供は何にも知らなかった。オバアチャンッコだったし(その辺も母にはストレスだったみたい)。
その後、同居していた祖父母とは別居しました。

864 :名無しさん@HOME:03/01/12 12:58
>>858
ありがトン。そうだね、そう思うことにします。
今は結婚して幸せだから、そんな話されてもフーン、だけど
思春期のころだったらどうなってたか(w

865 :名無しさん@HOME:03/01/12 13:10
うちの父方祖父はモロ明治の男!だったんだけど
私が生まれた時祖父は私の名前を勝手に決めた。
「生まれた子どもの名前は○○○にしろ」と。
両親は慌てて「そのままの名前ではちょっと…」と字を変えることにした。
区役所と「その字は使えません」だのなんだとのもめながらようやく決定。
無事に出生届を出すこととなった。
だがジジィが言い出したその名前の由来を、私は彼が死ぬまで聞くことが出来ないまま
現在にいたる…と思っていたのだが、なんと結婚前うちの夫に我が父が話していた
ことが最近発覚!
それは、我が祖父には3人の妻がいたが先二人は新婚のうちに病死(祖母は3人目の妻に当たる)。
私の名前の由来は、その最初の妻と同じ名前だったというのだ。
なんでそんな縁起悪い名前をつけたんだよーウワァァァァァァン!!! ヽ(`Д´)ノ

866 : ◆K7Wm1x0F4s :03/01/12 14:01
862です。
全国のトメコさん、トモコさん
変な例えに出してしまってスイマセン(w

867 :山崎渉:03/01/12 18:56
(^^)

868 :名無しさん@HOME:03/01/12 23:31
今から20年ほど前のこと、私の恋人は同い年の従兄だった。
お互いに結婚したいと思っていたが、親類一同に猛反対された。
駆け落ちまで考えて実行に移そうとした時、もう隠せないと諦めたのか、
母に真実を告白された。
私と従兄とは実の兄妹、しかも二卵性双生児だったのだ。
なぜ別々に育てられたかというと、私達は母と伯父(実の兄妹)の間に
出来てしまった子で、私は母に、兄である従兄は実の父の伯父に
引き取られたそうだ。
あまりの衝撃の事実に、若かった私は自殺未遂をするなど色々とその後も
修羅場があったが、今は普通に家庭を持って二児の母となった。
伯父や従兄とはこの20年は会うのを避けていたのだが、昨年末、
母が病気で亡くなり、その葬儀の場で再開した。
従兄も今では別の人と結婚して家庭を持っているそうだ。
話の感じから、従兄は真実を知らされていないらしい。
私が急に冷たくなって振られてしまったと話すのを聞き、
なんだかとても悲しくなって一人になった時に泣いてしまった。
私の二人の子供も兄妹なので、母が私に真実を打ち明けた時、
どんな気持ちだったのだろうかと、子供の寝顔を見ながらふと考えている。
従兄や夫にはこのことは言わずに、私が墓の下まで持って行こうと思う。

869 :名無しさん@HOME:03/01/12 23:40
↑ ほんと?

870 :名無しさん@HOME:03/01/12 23:42
>868
マジすごいっす。

871 :名無しさん@HOME:03/01/12 23:43
>868
母と伯父の間に出来た子って…
お母さんは自分のお兄さんと関係を持ったという事ですか?
では868さんは母子家庭だったという事ですか?
それともお母さんはその後普通に結婚したんですか?
私は2人が兄弟だったという事よりも、そちらの方に
驚きました…。
血が濃いと普通に産まれないと思っていたので…。
ごめんなさい、無神経に質問してしまって。

現在はお幸せのようで、良かったですね。

872 :名無しさん@HOME:03/01/12 23:46
>>868
ほんとにそうならお母さんは伯父さんとはもう
会わないんじゃないかな、普通。
と素朴な疑問ですが・・

873 :868:03/01/13 00:13
>>871
そういうことです。
母はその後別の男性(私の育ての父)と結婚しましたが、その父は私が中学生の時に
事故で亡くなり、その後、母は再婚はしませんでした。
父は私の出生の秘密は知らなかったらしいです。
伯父の方は少し複雑で、私達が生まれた当時、伯父は伯母と既に結婚していたはずなのです。
(従兄には3歳上の兄がいます)
子供の目から見ても、伯母は母をかなり嫌っている様子でした。

>>872
昔から伯父の家、というか、他の親戚ともあまり付き合いのない家でした。
親戚と会うのは年に1回か2回程度でしたが、従兄とは誕生日が同じということや
(あたりまえなのですが・・・)、妙に気が会うので子供の頃から大好きでした。
年頃になって恋人同士として付き合えるようになって、本当に嬉しかったのですが、
母は私が従兄と会うことを嫌がっていました。
でも、私は単にそれは、伯父の家とはあまり仲がよくないからだろうぐらいにしか
当時は考えていませんでした。
従兄との間に子供ができていなくて良かったと本当に思います。

874 :名無しさん@HOME:03/01/13 00:16
そういうドラマのような話って、あるんだね・・・。


875 :名無しさん@HOME:03/01/13 00:33
>>874
>ドラマのような話って、あるんだね

「坂東眞砂子」の“狗神” ですね?

876 :名無しさん@HOME:03/01/13 00:36
>>875
読んだよ。悲しいような切ないような話だよね。

877 :名無しさん@HOME:03/01/13 00:40
自作自演?

878 :876:03/01/13 00:42
私は違う。これだけよ。キッーー!

879 :874:03/01/13 00:44
わたしはこれだけよ。だいたい狗神なんて知らんもんね。

880 :名無しさん@HOME:03/01/13 00:47
どうしたらいいのだろう・・。

881 :山崎渉:03/01/13 00:56
(^^)

882 :名無しさん@HOME:03/01/13 01:04
          山崎!!(゚д゚)カエレ!!

883 :名無しさん@HOME:03/01/13 01:11
実は金目当てだったこと

884 :おーやん ◆wCXLl0A2Lo :03/01/13 11:00
 深刻な、哀しいお話の後には笑える話を。

 大人、ではなくて中学の頃ですが。
 タンスにしまわれていたオイラの臍の緒を発見し、自分が産まれた時の
話を母親としていた時の事。
「ホンマあんた産むのには苦労したわ。4000gもあったし、最後には諦め
てたんやで」
 諦めてたって何だ? と思って聞いてみると、あまりに赤子(つまりオイ
ラ)が大きく、難産だった(しかも当時のお母んの年齢が35だったため、
年齢的に出産がキツかった)ので、産婆さん(家に呼んで出産していた
そうな)が家の外で待っていたお父んを呼び、
「旦那さん、どうします?」
と聞いたらしい。
 お父んは苦しむお母んの顔を見ながら悩んでいたらしいが、お母んが
先に、
「おばあちゃん、この子は諦めます。うちは上にも一人息子いますから(
七歳上の兄の事)うちの人と息子残して死ねません!」
と産婆さんに告げ、お父んも産む本人がそういうなら仕方ない、という事
で産婆さんに頷き、「死産」とする事を了承したそうな。

 続く。
 

885 :おーやん ◆wCXLl0A2Lo :03/01/13 11:14
>>884
 続き。

「判った。じゃあソレでええね!?」
と産婆さんが確認、「処置」をしようとしたその時に、ひときわ激しい痛み
と共に「あっという間に」(お母ん談)オイラが出て来て、えらい勢いで泣き
だしたらしい。
 産婆さんはその唐突さと勢いに、
「この子聞こえとったんとちゃうか?」
と笑っていたそうで、お母んがオイラに対して、
「そんな苦労して産んだんやからちゃんと勉強して年とったら楽させてや」
と言うのに礼を言いながらハイハイ頷くのと同時に、心の中では
「そうか…。死にかけのところを自力で産まれましたってネタに使お」
と思っていました。
 それ以来、人生の中でハッキリと心構えとしてあるのは

・人間はギリギリのところで生き死にの「計算」をする。
・だが同時に注がれる愛情に嘘は無い。
・世の中はそんな風に矛盾するようでいて、矛盾しない事がある。

 以上のような事柄なので、自分に関連する事ではそれ以降動じるよう
な出来事はありませんでした(ホントに何も無かったせいですが)。

886 :名無しさん@HOME:03/01/13 14:49
>>884-885
難産って後遺症出たりする事があるから無事でよかったね。
もしかして本当に聞いてたのかも・・・?

887 :名無しさん@HOME:03/01/13 15:03
「え?おかんちょっとまてって、氏なすってマジ?
うっそーん…俺、急かんとマジヤバってこと?
ちょっと眠かっただけやん、勘弁してよもー
ちょっと今、ほら、急いでるからさ…ほらもう大丈夫やって!」

スポーン

て感じですか?>>885

888 :おーやん ◆wCXLl0A2Lo :03/01/13 17:13
>>887
 親戚筋一同、そーいう事で見解がまとまっております。
「アンタやったらそういう感じで出てきたんやろ」と。
 おおざっぱに見て、世間で大災害や戦争が起こった時、ちょろちょろして
真っ先に死んでしまうか何だかんだで切り抜けて最後まで生き残るか、
両極端なヤツ、という評価を親族の中では得ているオイラなので。

889 :名無しさん@HOME:03/01/13 18:19
産婆さんの「処置」って何なんだろ…ガクガク(((((゚д゚;))))ブルブル

890 :名無しさん@HOME:03/01/13 21:11
しかしこんな話を「笑える」と言える明るさは、
きっと生後は(藁)改めて沢山愛情を注がれて育ったからなのでしょうね…
それとも中学で聞かされて1回グレて更正済み?

891 :おーやん ◆wCXLl0A2Lo :03/01/13 23:02
>>890
 愛情を受けた、と言うのが判ってたからです。
 ギリギリのラインで、オイラを諦めてお母んを生き残らせて、兄を育て
上げなければ云々と計算する人生のシビアさと生き残った後の自分へ
の愛情と厳しい躾は同居するモンだ、と納得できるほどに。
 なもんでグレた事は無いですね。出来は悪いですが。

892 :名無しさん@HOME:03/01/14 23:48
>891
ちくしょー泣けるじゃねーか!いい話だ…・゚・(ノД`)・゚・

893 :名無しさん@HOME:03/01/17 00:24
age

894 :名無しさん@HOME:03/01/17 18:27
>泣きage

895 :名無しさん@HOME:03/01/19 15:56
ちょっとアレな話ですが・・・

漏れの家は暴れん坊将軍の時代から代々続く田舎の農家。
田舎にありがちなことに、代々近所の寺(曹洞宗)の檀家をやっている。
家の仏壇は何体か小型の仏像が鎮座ましましているが、その中で一体だけ
明らかに毛色の違う仏像が・・・

んで、最近わかったのだが、その毛色の違う仏像は、ご先祖様の一人が
な ぜ か 日 蓮 宗 に 改 宗 し て い た という事実だった。

江戸時代によくそんなことができたな・・・>>ご先祖様
ちなみに、改宗したのはそのご先祖様の代だけで、あとは皆曹洞宗。


大人になってから知った「ご先祖様の秘密」なのでsage。


896 :山崎渉:03/01/20 23:51
(^^;

897 :名無しさん@HOME:03/01/22 00:17
>>895
そのご先祖、何を考えてたんだろうな?

898 :名無しさん@HOME:03/01/22 00:44
>889
むかしは、頭の大きいきくてなかなか出て来ない胎児は
産道通すために、胎児の頭蓋骨こねくり回して細くして出す
細く変形した頭蓋骨は日数をかけて直す
ってコトやっていたみたいだから、
頭潰して出す(場合によってはあぼーん)なんじゃない


899 :名無しさん@HOME:03/01/22 01:06
>お金貯めて名前を変えたいんだ
遅レスですが、この一文がヒジョーに気になります

900 :名無しさん@HOME:03/01/22 07:01
>899
私も気になるなー…その一文。
お金を貯めなくても、「名前(下の名前の方ね)」は、
家庭裁判所で諸経費(切手を買うお金)1000円位で変えられるしね。
ってか、私自身が経験済みです。

審査の弁護士さんみたいな人と5〜10分の押し問答で、
意思の確認をして終わり。
後日、郵送で書類が来るからそれを区町村の役所に提出。
使わなかった分の切手は戻って来ました。

ちなみに私は「読みづらい漢字」だったので改名しました。

>お金貯めて名前を変えたいんだ
と書いた方がまだ、見てるか解らないけど、
お金貯めなくても出来ますよー…って事で。
長文スマソ。

901 :名無しさん@HOME:03/01/22 07:20
あっ! 私もそう思ったの。
お金の問題じゃなくて、改名の必然性の問題だろうって。

902 :名無しさん@HOME:03/01/22 08:48
>>899-901
知恵拝借ありがd

改名の必然性なぞないから金貯めるんじゃないですか?>愛人
もう55くらいなはずなんだけど…
その歳まで先延ばし(?)して「改名の必然性」問われて何て答えるかな?


903 :名無しさん@HOME:03/01/22 19:19

家族(旦那)の重大な秘密により家庭崩壊しそうに見えるのですが
なぜか旦那にすがる奥様の深刻なスレに、アドバイスをお願い致します。

http://human.2ch.net/test/read.cgi/ms/1043035994/

904 :名無しさん@HOME:03/01/22 19:26
すげー。びっくりした。ホンマかいな。

905 :名無しさん@HOME:03/01/22 19:37
>903
読んでみたけど、気持ち悪くなった。
ネタでないのなら、あの奥さんを張り倒したい。

906 :名無しさん@HOME:03/01/22 20:03
あれってさ、コドモ作っちゃえばこっちのモンよって
略奪デキ婚したものの、期待してた結婚生活とは違って不満だらけになって
自分の行為と前妻に怯えてノイローゼになっちゃったってこと?
書いてる内容が滅茶苦茶なんだけど

907 :名無しさん@HOME:03/01/22 20:20
ブチ切れキタ!

908 :名無しさん@HOME:03/01/22 20:51
子供を死においやるだって

909 :名無しさん@HOME:03/01/22 22:09
>906
結婚という言葉を信じて同棲してすぐ妊娠
その後やっと入籍するが、調べてみたらなんと事実上は不倫デキ略奪。
夫は前妻に生活費や養育費も払っている状態で
籍やそのことについて口出しするとDV夫に大変身。
でも2人の子供を抱えて自分で働くより
夫のDVに耐えて経済力に甘えることを選んだものの
愚痴は絶えず、たまらず2ちゃんに書き込んでみたら大ブーイング。
何で?私、悲劇のヒロインのはずなのに!

という感じでしょうか。

910 :名無しさん@HOME:03/01/22 23:45
夫を徹底的に悪者に仕立てたヒロインぶりには、吐き気がした。
むしろいい夫じゃないのか?
別れた前妻と子供にちゃんと支払いをしているのは。
その誠意と金が現妻には許し難く腹立たしいようだが。

故意に夫を貶めて悪者にすることで
自分に非がないことを主張しているようだが
あれはDQNの手法というやつだ。

911 :名無しさん@HOME:03/01/23 00:10
前妻に払ってるんだから
自分だって離婚して養育費せしめればいいのに、
と考える私もDQNだろうか…?

912 :名無しさん@HOME:03/01/23 04:55
や、私もそう思う。本当に被害者なら、そうすればいいと思う。

913 :名無しさん@HOME:03/01/23 07:08
文句ばかり言うけど、どうにかする気はなくて
ただ文句を言ってる自分に酔ってないか、あれ

このスレの人たちの、秘密に対する善処の聡明さがよく分かった

914 :名無しさん@HOME:03/01/23 11:33
月並みですが、母が中絶していた。
小さいときに「妹がほしい」とかねだってた。
でも中学生のとき、がん検診の通知書だったかを何気なく見て
「中絶1回」とか書いてあった。思えば借金だらけの家だったのに
それを子供に見せなくて、知らなかったからなあ。

915 :名無しさん@HOME:03/01/25 17:58
小さい頃に、知らないオバサンに無理やり連れ去られる
夢を何度も見て、そのたびに夜泣き?していました。
てっきり怖い夢をみただけだと自分では思っていたのですが、
なんとその知らないオバサンっていうのが、実在の親戚の
おばさんであることが大きくなってわかった。

田舎の祖母の家に遊びに行ったとき(私、両親と3人で)そのオバサンが
家に乗り込んできて「あたしの子なの!!」と錯乱して
無理やり私を連れていこうとしたらしい。まだ2歳になっていないくらい
の時のことなのですが、相当怖かったのだろうなーと自分でも思いました。

そのおばさんもちょっとオカシイ人だったらしいのですが
両親、祖母と近所の親戚の人が引き剥がして止めたらしい…


916 :名無しさん@HOME:03/01/27 22:40
>>914 ちょっと切なくなってきた・・・
>>915 意外と小さい頃の怖い記憶って残ってる事もあるね・・・

917 :名無しさん@HOME:03/01/28 12:25
私も、昔の母の病院の診察券を見たら
私の前に妊娠8ヶ月くらいで流産してしまった子がいるらしいということがわかった。
回復が早かったのか、流産後間もなく私を妊娠したので、
もしも流産した赤ちゃんが無事に産まれていれば、私はこの世に存在し得ないはずだった。
なんだかチョト複雑な気持ちではあるのだが
母もその子や流産の話をくわしくは話したがらないので
「名もない私の兄(赤ちゃんは男の子だったらしい)」の存在が
お骨はないのかな、戒名もないのかな、などとチョト不憫。

918 :名無しさん@HOME:03/01/28 15:23
水子のお寺などに供養されているのかもよ、お兄さん。


919 :名無しさん@HOME:03/01/30 06:31
流産死産は、確率上、どうしても起きてしまうことなので、
秘密というよりは、しかたがない事です。
妊娠に気が付かないまま流産のケースも多いですし。

920 :名無しさん@HOME:03/01/30 07:54
>917
私は妹がいたよ。お腹の中で芯でしまったけどね。
いつも会った事のない妹の事を思い出します。

921 :名無しさん@HOME:03/01/30 08:28
それはそれでヤバイな…

922 :名無しさん@HOME:03/01/30 08:42
母の姉(すっごい綺麗な人)が結婚前に付き合ってた人と今も付き合ってること。
叔母は18で結婚したんだけど、その相手ってのがチビデブDV男。
どうしてこんなにやさしい綺麗な人がこんな不細工馬鹿と結婚してるんだと
常々、変だと思ってた。
そしたら、結婚前付き合ってた彼氏の職場の経営者が叔母に一目惚れしたらしく
半ば強引に結婚に持ち込んだらしい。確かに地元じゃ名士で出来る男で通ってるけど
裸の王様っぽい。

それが最近、その元彼とまだ叔母がちょくちょく会ってると聞いた。
しかも、数十年前も会ってることが旦那にばれてかなりボコボコにされて
元彼もかなりボコられたらしい。しかもその元彼の家はなぜか2回の不審火が出てるらしい。
私と母の間では叔父さんの仕業じゃないかと睨んでる。

元彼といってももう70歳、叔母63歳なんだけどねw

923 :名無しさん@HOME:03/01/30 09:45
>>922
その元彼、独身なの?

924 :名無しさん@HOME:03/01/30 09:52
最近、知ったこと。
できちゃった(私)結婚だったこと。

925 :名無しさん@HOME:03/01/30 14:00
俺が大学の春休みに車校に通っていたある日の晩飯後オヤジと酒飲んでた時の会話で発覚。

俺「いやもー金かかるから卒検とか落ちれねーしマジプレッシャーかかるわ」
オヤジ「何を言うか。俺なんかオマエと同じ歳で免許取ったけどな、
   転職したばっかで仕事覚えないかんわ、仕事終わってから夜間の車校はえらいわ、
   かーさんはオマエが腹の中にいるのに実家帰っちまうわ、
   産まれるまでに迎えに来なかったら離婚だって向こうの両親に脅されるわ。
   それに比べりゃオマエなんか余裕だろ。はよ寝て明日は気楽に逝け」

ウチはヘボイオヤジとダルイカアサンなホノボノ家庭なんで想像してもみなかったけど、
昔は遊びまくってて結婚〜出産あたりは修羅場だったらしいっす。
たいした秘密じゃないのでsage

926 :名無しさん@HOME:03/01/30 14:06
>>925
ナゴヤ人ハケーン

927 :名無しさん@HOME:03/02/02 11:28
age

928 :名無しさん@HOME:03/02/02 16:09
母親が養女だったこと。
したがって、母方の親戚はみんなオレと血が繋がっていないのだ。

929 :名無しさん@HOME:03/02/02 17:14
>>928
私は母方の親戚からの養女だったので、父親と父方の親戚と思ってた人達とは
血が繋がってなかったよん。

930 :名無しさん@HOME:03/02/02 17:30
極度の仮面夫婦だった事

931 :名無しさん@HOME:03/02/03 00:11
>930
ストロンガーとタックル

932 :名無しさん@HOME:03/02/03 00:55
>931
ワラタ

933 :名無しさん@HOME:03/02/03 02:09
実父が200マソの借金を作ってた事。
もう返済は終わってるのだが(母談
生命保険解約したんだってさー
母も私(長女)だけにしか打ち明けてない、と思う。

沈黙期間が続いた後、唐突に借金があると父に告げられること数回。
だがこの200マソが最高額(あとは30とか10って感じ←でも多いよパパン)

それにしても、育ち盛り4人も居たのによくもまあ悶着を子供に
見せなかった母の胆力というか、意志の強さに感動。
普通は「こんなことして最悪、借金男」とか父親を完全悪にしても
おかしくない家庭環境だったろうに。

とりあえず、兄弟ラスト一人が大学入学。
サポートする為に姉も頑張ります。

934 :名無しさん@HOME:03/02/03 08:28
10万を借金しないといけないなんて・・・
パパン・・・・

935 :名無しさん@HOME:03/02/03 16:37
>>933
お母さん、すごく偉いと思うよ!

936 :名無しさん@HOME:03/02/03 20:09
最近母の夫婦喧嘩のグチの相手役をさせられるようになって、そこでポロリと
父親が浮気していたのを知った。しかもまだ相手とは完全に切れてないらしい。
相手は相手で結婚してるのですが。
自分的にはあおれ自体はあまりショックな事実でもなかったです。
子供の頃、仕事のストレスで当時幼稚園児くらいの自分と弟を散々殴った父なので、
親子的感情はとっく無いので。
ただ口の堅い母が何故今頃になってそんな事を自分に言うのかと問いただした所、
自分が死んでも自分の代わりに、恨み続けて欲しいとのこと。

家族全部殺して自分も死にたくなったよ…。

937 :名無しさん@HOME:03/02/03 22:54
>>936
イキロ!!

938 :名無しさん@HOME:03/02/04 03:04
>>936
イキロ…。

939 :名無しさん@HOME:03/02/04 11:45
母方の祖母とは血がつながってなかった事。
母の兄弟3人とも母親が違う。
母の妹の母親や、おばーちゃん家に子どもの頃普通に遊びに行ってた。
なんで気がつかなかったんだろ。
それにしてもじーさん若い頃何してたのか・・・・。


940 :名無しさん@HOME:03/02/04 15:38
うちの母が、昔宗教をやろうとしたこと。
祖父(母の父)が亡くなった時、母は祖父の供養のために、軽に拝める通信教育の
ように自分のペースで出来る宗教を探して入信したそうだ(例糾L)。
しかも、本部に葉書で申し込んだそうだ。
すると数日後、近くの支部の人が数人で自宅まで数珠と入会セットを届けにきた
そうです。運悪くそこに父も居た為(父は宗教大嫌い)、ものすごく叱られて
すぐ脱会したそうだ。

それにしても、手軽に拝めて通信教育に自分のペースで出来る宗教って一体…。

941 :名無しさん@HOME:03/02/04 18:17
>>941

うちも母親が入っているが、まあ出来る範囲で先祖を敬いなさいって
のが趣旨なのかな。父親と俺は特定宗教大っ嫌いだから入っては居
ないが、家庭に支障をきたすわけではないんで、信仰の自由だ、好き
にしろって感じ(w

でも結構有名人が名を連ねてんのな・・・インナートリップ




942 :名無しさん@HOME:03/02/04 21:06
我が家の祖母である>>941が、自己レスをしていたことを今知りました。
ナンテコトダ! モウオシマイダ! 。・゚・(ノД`)・゚・。

943 :名無しさん@HOME:03/02/06 21:49
ageてみる

944 :名無しさん@HOME:03/02/10 21:05
保守

945 :名無しさん@HOME:03/02/10 23:04
先日、母に「隣の家のおじさんをずっと見かけないけど?」
ときいたら、実はおじさんは事業に失敗してここ10年
引きこもりになってずっと家に閉じこもってるのだといわれた。
おじさんはプライドが高すぎて事業に失敗した事を
人に知られるのがいやで、奥さんにもあまり外出を許さず、
気に入らない事があると怒鳴り散らす暴君になっていたそうです。
息子さんが働いて給料のすべてをおじさんに渡して生活を
支えていたそうです。私がみるかぎりでは
奥さんは毎日美容院にいって、物静かでいつも綺麗にしていて、
娘はお嬢様で・・・というかんじだったので、
裕福で優雅な家庭だと思い込んでいました。
ビクーリしました。家族の秘密じゃないけど、隣人の事をずっと
私に秘密にしていた私の母の話でした・・

946 :名無しさん@HOME:03/02/11 00:34
age

947 :名無しさん@HOME:03/02/11 00:46
>>945
そういえば「最近あの人見かけないね」といったら
母が「ああ、あそこ離婚したから、あの人もうこの辺にはいないよ」という
情報をもっているのには、確かにビックリする・・・。

948 :名無しさん@HOME:03/02/11 01:57
>>945
確かに隣人をわかったつもりでいても
全くちがうって事あるよな。

949 :名無しさん@HOME:03/02/12 17:37
保守

950 :名無しさん@HOME:03/02/12 17:39
うちの母も天●教にはまって入信しようとしたが
現実的で即物的で超合理主義な父に阻止された。

951 :名無しさん@HOME:03/02/12 20:11
ここで言うと叩かれそうだが、母が在日だった。
知ったのは20歳になってから。
今まで迫害されてきて、子供にはさせまいと黙ってきたママン・・・。




952 :名無しさん@HOME:03/02/13 02:46
叔母(父の妹)は、親(私から見りゃ祖父母)に結婚を反対され、
駆け落ちしてゴーインに籍を入れたこと。
理由は結婚相手の家系に障害者がいたから。
その後和解したが、祖父母に対してはビミョーに隔意があったように見えた。

それは当然だと思うが、結構好きだった祖父母がそんなこと言う人だったなんて、
そっちのほうがショックだった。

ま、結局、嫁(マイ母)は10万人に一人という難病にかかり、
孫(私)はスキゾの母を持つ男性と結婚し、
祖母自身呆けちまった今となっては、
そんな反対は毛ほどの意味もなかったことが判明しただけ。



953 :名無しさん@HOME :03/02/13 02:58
>>951
で、今は市民活動に参加していらっしゃるんですね。

954 :名無しさん@HOME:03/02/13 04:26
両親共々、銃刀法違反でタイ-ホされた経歴がある事…
結婚の決まった、24歳の私には重すぎるカミングアウト
シクシク…

955 :名無しさん@HOME:03/02/13 05:48
銃刀法って、ご両親はヤクザだった?
ただ、骨董品の日本刀を無許可で持ってた?
どんな状況よ.....?

956 :名無しさん@HOME:03/02/13 05:55
>>952
スキゾってなに?

957 :名無しさん@HOME:03/02/13 10:03
>952
スキゾフレニー
精神分裂症、今で言うところの統合失調症。

958 :名無しさん@HOME:03/02/13 10:26
>954
ご両親、学生運動でもしてたの?

959 :名無しさん@HOME:03/02/13 21:05
>>951
叩かないよ。あなたの書き方に人間的な優しさを感じるから。
お母さまも優しい方だったのでしょう。
他の板で言ったらどうなるか知らないけど。

960 :名無しさん@HOME:03/02/13 21:55
銃刀法違反って、「銃」じゃなくてもつかまるからね。包丁でも。
昔、学生運動してたら捕まる事もあったかもね。

昔、オウムの信者がカッターナイフを車に入れてたからつかまったのはビックリした。
(罪名は忘れたけど)

961 :名無しさん@HOME:03/02/13 21:58
実家で昔飼っていた猫が行方不明になった。死を悟って姿を隠したのかと
思っていたら、のちに父親がその猫を気に入らなくて山に捨てに行ったことが
わかった。

殺意を覚えた。

962 :名無しさん@HOME:03/02/13 22:27
いいから在日は死ねよ。
チョンに吸わせる空気がもったいないから、口を開けるな。

963 :名無しさん@HOME:03/02/13 22:29
あのースキゾじゃなくてシゾと読むんだが

964 :名無しさん@HOME:03/02/14 01:44
スキゾとも読むみたいだよ。
キング・クリムゾンの「21st Century Schizoidman」では思いっきり、
「スキッゾォーイド マァーン」って歌ってるし。

965 :名無しさん@HOME:03/02/14 09:28
英語読みとドイツ読みの違いでねえの

966 :名無しさん@HOME:03/02/14 12:09
精神医学用語で通用されるのは大体ドイツ語だよね日本は。

967 :名無しさん@HOME:03/02/14 13:50
通じればどっちでもいいんだよ。

968 :名無しさん@HOME:03/02/17 11:30
>>962君は人としてやばい

969 :名無しさん@HOME:03/02/17 11:44
うちのばぁちゃん、じぃちゃんを若くして亡くして
1人暮らししてた時に、じぃちゃんの知り合いに
強姦されてたことがわかった。かわいそうで
私、許せなくてその男ぶん殴りに行こうと思ったけど、調べたら
男もう 死んでいなかった。今考えても腹立つ。



970 :名無しさん@HOME:03/02/17 12:32
叔母さんだと思っていたら、本当は従姉だった事。
長男の娘なのに、戸籍では祖母の子と言う事になっている。
何故そんな事になったのか、未だに聞けない。

971 :名無しさん@HOME:03/02/17 13:16
>>960
それってただ単にしょっぴくための言い訳検挙だったんだよね。

972 :名無しさん@HOME:03/02/17 13:17
>>970
それは遺産狙い。
じゃないの?


973 :名無しさん@HOME:03/02/17 15:43
叔母だと思っていたら、実の母親で
父親だと思ってた人が、実は伯父(実母兄)だった。
実母はシングルマザーで私を生んだんだけど
私が1歳の時、好きな人が出来て私が邪魔になり
施設へ入れようとしたのを、子供のなかった兄夫婦が引き取ると言ったんだって。
一旦、縁切りされたんだけど、相手の男に捨てられて頼って来た時に
「母親ではなく、父親の妹として接するんなら・・」って事になったらしい。
成人してから聞いたんだけど、でも叔母は叔母。
私の両親は育ててくれた人でしかない。

974 :名無しさん@HOME:03/02/17 15:47
父が母とは不倫の末の再婚で、
先妻さんとのあいだに、玲子さんという七才年上の異母姉がいるということを知った。
会ってみたいという気持ちも強いけれど、
あの時代、父親がいないということはどれほど彼女を傷つけただろうかと思うと、
いまさらのこのこ顔出しにも行けない。
でも、父も65歳を過ぎて、だんだん死に近づく病気をしはじめた。
いつかは通らねばならない門と思っても、やっぱり躊躇してしまう。

975 :名無しさん@HOME:03/02/17 15:49
>973
どうして事実を知ったのでしょうか? 育てのご両親が話されたの
ですか? 


976 :973:03/02/17 15:57
結婚する時に戸籍を見たら、養女と書いてあったから
聞いてみたら、そういう事だった。
「もうお前は成人しているんだから、話してもいいだろう」って。

977 :名無しさん@HOME:03/02/17 16:11
>976
ご立派な親御さんですね。色々葛藤もあったんでしようが。

978 :名無しさん@HOME:03/02/17 16:48
両親の寝室でハケーソ!!
コドモの頃は何に使うものか分からなかったが
オトナになって分かりました・・・・バイブ・・・

979 :名無しさん@HOME:03/02/17 16:51
父方の祖父と母方の祖母ができていた。おばあちゃんも女だったんだ・・・

980 :名無しさん@HOME:03/02/17 16:55
>979
最近の話? いったいお幾つなんですか? 

981 :名無しさん@HOME:03/02/18 02:43
今日知ったのだけど、旦那に兄か姉がいるかもしれない、との事。

15年近く前に、旦那の母親の妹が「○○の上に兄弟が…。」とポロッと言ったそうな。
直後、母親が恐い顔で睨みつけ、話は終了。
旦那はその時の母親の顔があまりにも真剣だったので、
話したくない話なんだなと、今も母親に真実を聞けないまま…。

そろそろ、この話の続きを母親に聞く時期かも、と旦那は悩んでます。

982 :名無しさん@HOME:03/02/18 10:04
>980
それはもう私が小さい頃のことみたいです。一緒に住んでいたんです。
ちなみに私の姉は現場を見たそうな・・・
その後、じいさんのほうは他に女をつくって同棲してました。
たまに家に帰っては、洗濯物をおばあちゃんに洗わせていた。
今考えると、その女にやらせろよ!ってかんじ。
その後、その女は死んで、老いぼれたじいさんは戻ってきて、
おばあちゃんに介護されていた。最悪な男。

983 :名無しさん@HOME:03/02/18 20:01
父は色弱で、長兄は色弱ではない。
次兄は血液型がO型だが、父A、母AB型。
次兄と姉の誕生日が半年しか違わない。

なんか変だと思っていたら、皆赤の他人同士だった。
近所の人の話によると
捨てられていたのを引き取って育てていたらしい・・・。
どうりで全然似てないわけだ。


984 :名無しさん@HOME:03/02/18 20:03
>>972
ふつーに考えたら
長男がよそで作った子
ということなんだと思うが


985 :名無しさん@HOME:03/02/19 07:14
家庭板って差別の温床のようなところだと思ってたけど
こんないい(?)スレもあったんだね。
なんか人が暖かいよ!!

986 :名無しさん@HOME:03/02/19 09:48
うちの母離婚して再婚してる
離婚した実父にも子供が2−3人いて
義父にも2−3人子供がいるらしいから
一人っ子のはずのわたしはなにがなんだか団子状態。
でも、誰とも会ったことはありません。

987 :名無しさん@HOME:03/02/19 10:37
>>983
あなたの家の場合は違ったのかもしれないけど、一般論としては
父親が色覚異常なのに息子が色覚異常でないからといって
血が繋がってないとは限らないよ。


988 :名無しさん@HOME:03/02/19 11:19
>>972
多分>>984の言ってる事の方が当たりかも。
長男の嫁は叔母さんとの接触は避けてたし、
叔母さんの子供の結婚式にも出なかったもん。
長男が「今更どんな顔して出ればいいのか・・・」って言ったの聞いて、
父や、他の伯父が「誰もおまいに○○(叔母)の父として出ろとは言ってないだろ!」
と憤慨してた。私は同じ部屋で寝たふりしとりました。
中途半端に言うな、最初から順序立てて教えてくれ!
とデバガメな気分でした。

989 :名無しさん@HOME:03/02/19 11:36
結婚するときに、母から自分が養子だということを知らされた。
妹たちとは似てないってよく言われていたが、自分ではそんなこと
ないって思ってたからショックだった。でも育ててくれた両親には
本当に感謝しているよ。

990 :名無しさん@HOME:03/02/19 11:46
出生の秘密とかがやっぱり多いね。
私には、現在兄が1人いるのだが、実際は私の下に兄弟が二人できるはずだったらしい。
私のすぐ下の子は、家庭の事情で堕胎、その下の子は流産だったと。

4人兄弟になってたのかと思うと、想像つかないけど
妹や弟に出会えなかったのは寂しい。

991 :名無しさん@HOME:03/02/19 11:56
母の両親が離婚していた事は知っていたが、
母の父親は氏んだと聞かされていた。
大人になって生きていると聞かされて、あわてて会いに行ったが、
たった2回程会っただけで亡くなってしまった。
別に氏んでるなんて言わなくてもいいじゃん。・・・大人って身勝手。

992 :名無しさん@HOME:03/02/19 11:59
>>989
本当のことがわかってよかったじゃん。
私は戸籍上は血のつながりがあるようですが(ちゃんと「長女」になってる)
妹とも両親とも全く似ていません・・・。
そのうちなにか言ってくるような気がして今からガクブル

993 :名無しさん@HOME:03/02/19 13:43
>>991
>・・・大人って身勝手。
顔も見たくない、もう、死んだことにしときたい
とまで思わせる理由があってのことだろう、と外野は思うけど。
あなたも大人なんだから、なんでそう言ってたのか確認してみればいーじゃん。

994 :名無しさん@HOME:03/02/19 16:31
次スレは?

995 :名無しさん@HOME:03/02/19 16:33
まもなくここは 乂1000取り合戦場乂 となります。

      \∧_ヘ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,,、,、,,, / \〇ノゝ∩ < 1000取り合戦、いくぞゴルァ!!       ,,、,、,,,
    /三√ ゚Д゚) /   \____________  ,,、,、,,,
     /三/| ゚U゚|\      ,,、,、,,,                       ,,、,、,,,
 ,,、,、,,, U (:::::::::::)  ,,、,、,,,         \オーーーーーーーッ!!/
      //三/|三|\     ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ∪  ∪       (    )    (     )   (    )    )
 ,,、,、,,,       ,,、,、,,,  ∧_∧∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ,,、,、,,,       (    )    (    )    (    )    (    )

参戦 → 機を見て敵陣へ飛び込め
退避 → 速やかに新スレへ移動


996 :名無しさん@HOME:03/02/19 16:40
ha

997 :名無しさん@HOME:03/02/19 16:40
1000

998 :名無しさん@HOME:03/02/19 16:41
譲るよ

999 :名無しさん@HOME:03/02/19 16:42
1000?


1000 :名無しさん@HOME:03/02/19 16:42
1000!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

290 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)