5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

グラデーションボブ

1 :スリムななし(仮)さん:03/09/19 16:39
グラデーションボブってどんなのですか?

2 :スリムななし(仮)さん:03/09/19 16:50
パンティ。
この言葉に甘美な響きを感じませんか?
パンティは古来よりエロティシズムの象徴的存在として、その地位を固めてきました。
パンティは広義ではパンツと同義ですが、いくつかの点でその性質を異にしています。
ここではパンツとパンティの違いを、様々な側面から検証していこうと思います。

パンツとパンティは一体何が違うのでしょうか。
それがよく分かる例文を挙げましょう。

A.「僕はパンツをかぶった。」
B.「僕はパンティをかぶった。」

Aの例文から、どんな「僕」の像が浮かんできますか?
多くの人は、ブリーフを頭にかぶった変態を思い浮かべるでしょう。
ではBの例文からは、どんな「僕」の像が浮かんでくるでしょうか。
女性用の可愛らしい下着を、お洒落にかぶった素敵な紳士が浮かんでくることでしょう、きませんか、そうですか。

では次の例文をみて、貴方はどんなイメージを持つでしょうか。

A.「僕はパンツをはいている。」
B.「僕はパンティをはいている。」

Aの文から皆さんは、「僕」は下着である「パンツ」を「はいている」という、ごく日常的な事をイメージすることでしょう。
しかし、Bの文からは、同じ下着をはいているという意味合いの文であっても、何処か非日常的なイメージを抱きませんか?
現実とは切り離された、非日常的で不思議な感覚を覚えないですか、そうですか。

つまり、パンティとは紳士の象徴であり、我々の想像力をかきたたせ、我々の心を非現実の世界へと誘う鍵という事がいえませんか、そうですか。


論文「パンツとパンティと私」より



3 :スリムななし(仮)さん:03/09/19 20:27
アホはほっとくべきなんだろうが、どうしても言いたい

>>1
生きてるうちに頭使えよ
少しはググッてみろ、腐るほどヒットするわ

4 :スリムななし(仮)さん:03/09/20 08:55
正直>>2の論文ワロタ

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)