5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■■最強天才児育成計画!!■■■

1 :1:02/03/02 22:31 ID:lJiyKgR5
最強天才児を産み、育てようと思っています。
妊娠前、妊娠中、産んでからの注意事項、食べ物、サプリメント、胎教、教育法(七田等)等
わたしもいろいろ調べてある程度は出来上がっているのですが
皆さんの知っているおすすめがあれば教えて下さい。
(これはよかった、したかったけどわたしは出来なかった等もOK)

2 :名無しの心子知らず:02/03/02 22:32 ID:RM4CIu7a
2

3 :名無しの心子知らず:02/03/02 22:34 ID:o21+76jF
1の子だから何をやっても無駄だと思う。
だって、駄スレ立てるんですもの。
真面目に考えてるなら、いろいろなスレから、拾い集めなさい。

4 :名無しの心子知らず:02/03/02 22:34 ID:omaQr0/z
1よ。
遺伝子の問題はどうする?
ソレが一番重要なのだが。

5 :名無しの心子知らず:02/03/02 22:37 ID:o21+76jF
遺伝子組み替えについて情報下さい。と言いそうな1。

6 :名無しの心子知らず:02/03/02 22:37 ID:PWd5tINa
天才つーのはなにもしなくてもスゲエから「天才」っつーの。
「天才児を育てよう」という言葉の矛盾に気がついてない阿呆な1がいくら(以下略)

7 :1:02/03/02 22:40 ID:lJiyKgR5
>>3
>真面目に考えてるなら、いろいろなスレから、拾い集めなさい。

文章読解力が足りないようですね・・・


>>4
>1よ。
>遺伝子の問題はどうする?
>ソレが一番重要なのだが。

遺伝子は関係ないですよ
ほんとに・・・






8 :名無しの心子知らず:02/03/02 22:42 ID:o21+76jF
日本語がわからない1だ!

9 :名無しの心子知らず:02/03/02 22:42 ID:o21+76jF
祭りのヤカン。。。
いや、予感、、、
あっ、おかんだー

10 :名無しの心子知らず:02/03/02 22:42 ID:Whm8dR/y
>7
遺伝子は関係ないですよ

願望ですか??

11 :1:02/03/02 22:44 ID:lJiyKgR5
>>6
>天才つーのはなにもしなくてもスゲエから「天才」っつーの。
>「天才児を育てよう」という言葉の矛盾に気がついてない阿呆な1がいくら(以下略)

知識が足りないようですね・・・




>

12 :名無しの心子知らず:02/03/02 22:44 ID:PWd5tINa
自分のコンプレックス解消の道具に子供を使うのも一種の虐待だよね…。

13 :名無しの心子知らず:02/03/02 22:45 ID:PWd5tINa
>11
あらやだ!馬鹿に馬鹿っていわれちゃったわ〜〜。

14 :名無しの心子知らず:02/03/02 22:48 ID:N4bvye/1
以前、たまごくらぶで頭の良さは遺伝だと読みました。
大体、両親のIQの平均になるそうです。

15 :名無しの心子知らず:02/03/02 22:53 ID:omaQr0/z
1よ。
遺伝子は関係ないと言うならば何故、医学生やマスタークラスの
男たちの精子は巨額な金で売買されるのかね?

16 :名無しの心子知らず:02/03/02 22:55 ID:N4bvye/1
1と旦那は頭イイの?
悪かったら無理だよ。
諦めなさい。

17 :1:02/03/02 22:55 ID:lJiyKgR5
>>6
>天才つーのはなにもしなくてもスゲエ

=時間をかけて勉強しなくてもすぐ覚えられる
=脳の組織、構造が優れている



18 :1:02/03/02 22:58 ID:lJiyKgR5
>>14
根拠がまったくわかりません・・・

>>15
意味のない事をしているだけです



19 :名無しの心子知らず:02/03/02 23:01 ID:ZDWgPK21
だったら2CHで聞いてるひまはないよ。逝きなさい。

20 :19:02/03/02 23:01 ID:ZDWgPK21
削除もよろぴくね♪

21 :名無しの心子知らず:02/03/02 23:03 ID:omaQr0/z
1よ。
2ちゃんをしないこと。
コレ最強。

22 :1:02/03/02 23:09 ID:lJiyKgR5
DNA(遺伝子)とは生物の形態情報の設計図であって、IQ(知能指数)とは
一切関係のないものです。
IQは受胎後、妊娠中、出産後の環境で育成されるもので、両親のIQや遺伝子組み替え
とは、無関係です。

23 :1:02/03/02 23:12 ID:lJiyKgR5
う〜ん、まともに話の出来る人はいないんですか?

24 :14:02/03/02 23:12 ID:N4bvye/1
だって、たまごくらぶで確かに見たんだもん。
頭のよさは遺伝だって。
私も、顔はいいけど頭はそれほどよくないので、(旦那は頭がイイ)
あの記事読んでショックだったのよ。

25 :名無しの心子知らず:02/03/02 23:14 ID:4fKvPtvn
>23
だったら回線切って「子供電話相談室」にでも相談せい。


26 :名無しの心子知らず:02/03/02 23:15 ID:RCsaZN83
>1
つーか、2ちゃんで呼びかけること自体アフォ

27 :名無しの心子知らず:02/03/02 23:16 ID:N4bvye/1
お昼に、みのもんたにでも相談したら?

28 :名無しの心子知らず:02/03/02 23:17 ID:N4bvye/1
さかなさかなさかな〜さかなを食べると
あたまあたまあたま〜あたまが良くなる〜♪

さかなでも与えなさい。

29 :名無しの心子知らず:02/03/02 23:19 ID:omaQr0/z
>28
ダメだよソレ。
ウチの旦那、幼児の頃から魚ばっか喰わされてたけど(九州だから)
アフォだもん。

30 :名無しの心子知らず:02/03/02 23:19 ID:PWd5tINa
ちょっと怖いんだけどさ、>1ってもしかしてまだ妊娠してないの?


31 :名無しの心子知らず:02/03/02 23:20 ID:N4bvye/1
>30
してないんでしょ?
妊娠前からしておくことを聞いてるんだもん。

32 :名無しの心子知らず:02/03/02 23:20 ID:omaQr0/z
してないんでしょ。
「妊娠前」って書いてある。

33 :名無しの心子知らず:02/03/02 23:21 ID:4fKvPtvn
マグロにはDNAが沢山らしいね♪
・・・って関係ないのか、やっぱし。

34 :名無しの心子知らず:02/03/02 23:22 ID:Mpt5CC6d
天才とは生まれ持っての才能でしょ。 それはともかく
天才児「クラス」に育てる方法は・・・知らない、けど
「僕、9歳の大学生(矢野 祥 著)祥伝社出版」という本が
あります。 もしまだ未読でしたらおすすめします。

前述の本とは関係ありませんが、
天才児クラスに子供を育てるのって、ほんっとに努力と継続することが
必須。 親は子供の前でテレビも見れない人生になるよ。
それだけ努力できる賢い親なら、自分自身が既に素晴らしい能力or
学歴を持っているはず・・・

それに頑張って子供に将来東大やハーバード行かせても、
その中で更に光らないとノーベル賞もらえないし、
その1ランク下なら、下司な高級官僚や大学病院勤務のしがない医者が
せいぜいかもよ。


35 :h:02/03/02 23:22 ID:fK2IwzGz
----------------------------------------------------------------------------------------
●復讐・貴方に代って恨み晴らします!★★★別れ工作★★★
騙された・捨てられた・弄ばれた・相手に誠意がない・債権トラブル・不倫疑惑・証拠収集・電話番号から住所などの調査・等など★何でも気軽に相談OK!
確実に貴方の悩みや困り事、トラブル等を迅速に解決致します。
●下記記載のURLがジャンプしない場合には・コピ−してファイルから開いて下さい!
http://www.blacklist.jp/ 
(緊急情報)必ずご覧下さい★驚愕の事実&復讐の実態★★★
●女性秘密工作員・募集中!高収入確実!!!
http://www.blacklist.jp/ 
----------------------------------------------------------


36 :1:02/03/02 23:22 ID:lJiyKgR5
>>14だって、たまごくらぶで確かに見たんだもん。
>頭のよさは遺伝だって。
>私も、顔はいいけど頭はそれほどよくないので、(旦那は頭がイイ)
>あの記事読んでショックだったのよ。

私も・・・?
日本語がおかしいですね
確かに頭はそれほどでもなさそうですね・・・
ちなみに顔(身体全体)の形態は、両親の遺伝子で決まります。




37 :名無しの心子知らず:02/03/02 23:24 ID:13NIoQlL
で、1はどんな天才を生むつもりなの?
天才にもいろんな分野があるとおもうけど…

38 : :02/03/02 23:29 ID:MxQeLyxY
>>1
卵子は自分のつかって、核はよそから調達すれば
ゼロ%よりか多少確立は良くなると思われ

39 :1:02/03/02 23:29 ID:lJiyKgR5
>>37
>で、1はどんな天才を生むつもりなの?
>天才にもいろんな分野があるとおもうけど…

分野?
特に決めていません
というかそういう考え方ではなくて、優れた記憶力、理解力、表現力を持った子どもを
産み、育ててやる方法を調べているところです






40 :名無しの心子知らず:02/03/02 23:33 ID:4fKvPtvn
>1 や>1のダンナはさぞかし天才なんだろう。

だって「蛙の子は蛙」だもんね♪

41 :名無しの心子知らず:02/03/02 23:33 ID:omaQr0/z
自閉症の子って天才が多いよ。
記憶力も優れてる。
1よ、頑張って自閉症児を生むんだ。

42 :14=24:02/03/02 23:36 ID:N4bvye/1
あ、ごめん。「不細工な女ほど」スレとごっちゃになってたわ。
なにしろ、頭は良くないもんで…。

あのさ〜、妊娠したら、流産も全妊娠の10〜15%ほどあるし、
ダウン児かも、
心臓に穴が開いてるかもしれないし、
笑っちゃうほどドブスかもしれないし、
ミツクチかもしれないし。
普通の子供を産むことを考えなさいよ。
普通に産まれてくれれば、万万歳ですよ。

43 :名無しの心子知らず:02/03/02 23:36 ID:Whm8dR/y
1の子は記憶力、表現力はさておき
お母さんの言ってることを理解する力を身に付けるの
難しいだろうな。

44 :名無しの心子知らず:02/03/02 23:42 ID:+O4qH4lx
≫1
天才育てるのは難しいことなんだよ。
天才は知能は大人並でも精神が幼児でらるからして。
親は子供と共に大人になっていくっていうが本当だわ。



45 :名無しの心子知らず:02/03/02 23:46 ID:PWd5tINa
「コレコレこういう子を作ろうと思って作った」と言われた子供が可哀想だ。

46 :名無しの心子知らず:02/03/02 23:49 ID:4fKvPtvn
もし生めれてきた子供が天才じゃない時は・・・。
>1 はどうする気なんでしょ?

47 :1:02/03/02 23:49 ID:lJiyKgR5
>>40
>だって「蛙の子は蛙」だもんね♪

単に親が無知で教育法を知らないため、そのレベルの親からはそれ相応の子どもしか
生まれてこないという意味ですよ。
っていうかことわざとして、使い方間違ってるし・・・

>>41
なぜ自閉症に天才が多いかそのシステムもわかっているので大丈夫です








48 :名無しの心子知らず:02/03/02 23:52 ID:13NIoQlL
でもさ、天才的な理解力を持った子供が生まれたら、
子育てもラクそうでいいなあ…

49 :hh:02/03/02 23:53 ID:fK2IwzGz
----------------------------------------------------------------------------------------
●復讐・貴方に代って恨み晴らします!★★★別れ工作★★★
騙された・捨てられた・弄ばれた・相手に誠意がない・債権トラブル・不倫疑惑・証拠収集・電話番号から住所などの調査・等など★何でも気軽に相談OK!
確実に貴方の悩みや困り事、トラブル等を迅速に解決致します。
●下記記載のURLがジャンプしない場合には・コピ−してファイルから開いて下さい!
http://www.blacklist.jp/ 
(緊急情報)必ずご覧下さい★驚愕の事実&復讐の実態★★★
●女性秘密工作員・募集中!高収入確実!!!
http://www.blacklist.jp/ 
----------------------------------------------------------


50 :名無しの心子知らず:02/03/02 23:57 ID:RCsaZN83
なーんかえらく自信ありげだにゃー
そもそも

>優れた記憶力、理解力、表現力

を持ち合わせてて天才だからと言って、幸せとは限らないやね。
そこんとこ聞かせて

51 :名無しの心子知らず:02/03/02 23:59 ID:4fKvPtvn
>47
あーごめん「蛙の子はおたまじゃくし」だよね♪


52 :1:02/03/03 00:00 ID:Qcx8XX4P
>>44
誤字だらけで意味がわかりません

>>45


>>46

意味を取り違えているみたいですね
よく読み直してください
誤字ぐらい確認してくださいね・・・


53 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:02 ID:mtiiKJ9i
200Xで確かやってたね
脳内ネットワークを幼少時より増やす努力をすることで
記憶力の優れた人間を作ることは可能だとか?
具体的な方法もあったと思うけど忘れたスマン

これは秀才と呼ばれる部類で天才の場合は
ある種障害的要因が必要だとかだったと思う
障害を覆っている部分の脳内ネットワークが
別の機能を強化する形として使われるという
感じだったかな

ほんとの所はどうかわかんないけど
障害はいやだから秀才まででいいと思たよ







54 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:03 ID:ozmU/Sxe
>50
1は子供を幸せにしたいんじゃなくて
「天才児を育てあげた素敵なママ」っていわれたいだけなのでは?

ふと思ったのだが結婚すらまだだったりして…。

55 :1:02/03/03 00:03 ID:Qcx8XX4P
>>50
どう考えても持ち合わせた方が幸せでしょ・・・


56 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:05 ID:VUPPc2uJ
>50
禿同!!
是非>1 の「天才」の定義を聞いてみたいところ。


57 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:08 ID:1yMrpScd
>54
それは違うだしょーーー!
マジで言ってんの?あなた歳いくつ?
もしマジなら考えたほうがいいよ、人生!
皆さんどうスか?

58 :1:02/03/03 00:09 ID:Qcx8XX4P
別に天才と秀才の違いどうこう言う気はまったくありません。
同じ産んで育てるなら賢い子(秀才?)に育てたい、そしてその方法を調べてる
というだけです


59 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:11 ID:1yMrpScd
>56
そうだよにゃ、そもそも1の言ってる『天才』の定義がわからん。
ふと思い出したが、神戸のサカキバラって
>優れた記憶力、理解力、表現力
持っているらしーぞ

60 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:11 ID:VUPPc2uJ
>優れた記憶力、理解力、表現力

ウチはそれに「お笑いのセンス」がないとやだな。


61 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:13 ID:1yMrpScd
>58
オイオーーーイ 秀才と天才は違うぞーーー
結局、動機も定義も理論もなにもかもハンパなんじゃんか。
よって1に天才児を育てるのはムリ。

62 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:13 ID:KQmgWUVd
でも1よ。
賢い子が生まれ、そして育った暁には
お前のような母親は真っ先に捨てられるぞ。
多分、小学生時分から親をバカにする子になるだろうて。
子供は多少おヴァカなほうが、育てる身になれば可愛いものだよ。

63 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:15 ID:VUPPc2uJ
>62
塾とかで予習しまくりで学校の先生ヴァカにしてる子供と一緒やね・・・。

64 :53:02/03/03 00:17 ID:mtiiKJ9i
では覚えてることだけでも

子供との対話にできるだけ質問的要素を取り入れる

これを行うことによって「考える」ということが子供の中に生まれるらしい
その後に質問を広範囲に広げることにより多くのことを考えるようになり
より多くの脳内ネットワークが形成される=記憶力が強化される

>>1は何教えてくれるの?

65 :1:02/03/03 00:19 ID:Qcx8XX4P
皆さんずいぶん「天才」という言葉にこだわっているようですね・・・
まあ勉強がよくできて性格もよくて・・・という、そういう素質を育ててやりたい
ということですよ
「天才」という言葉に語弊があったならあやまります



66 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:20 ID:I47fY52d
教育は3代ですよ。
大体親っていうのは、自分が育てられたように子を育てるもの。

67 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:21 ID:KQmgWUVd
でもさ、あんま記憶力イイと
母親や父親のちょっとした失敗まで
ネチネチ覚えてそうだな〜
勉強分野の記憶はそりゃ残ったほうがいいだろうけど、
自分が失敗したこと、他人が失敗したことも記憶してるんじゃ
イヤな人生だな。
イヤなことは全て忘却の彼方へ運び去りたいぜ。

68 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:26 ID:gSQ7a+Ju
>65=1
そういう子を育てるのは気を使って大変だよー。
うちの上の子はっきり言って秀才タイプ。人にも優しい、先生にも
非の打ち所がないといわれる。下の子はいわゆる普通の子。
年相応のワガママもいうし、勉強も人並み。
どっちの将来が心配かといえば、上の子だなあ。。
どこかでゆがみが出そう。

69 :1:02/03/03 00:26 ID:Qcx8XX4P
>>60,62,63
そういう貧弱なイメージしかできないのですか?
本当に賢い子は笑いのセンスもあるし、親、先生に対する礼儀もわきまえていますよ

>>53
どうもありがとうございます!
やっとまともな人が出てきてくれた!!
参考になります!!
で、教えるっていうか・・・かなり項目が多くなるんですけど・・・



70 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:27 ID:1yMrpScd
>66
意識的に変えようと思えばできないこともないだろうがな、反面教師ってことも
あるし

>まあ勉強がよくできて性格もよくて・・・
これまた幸せとは限らんと思うがなーー(藁

71 :53:02/03/03 00:27 ID:mtiiKJ9i
別に秀才を育てたいわけではないからどうでもいいけど
親になってない>>1がそこまで考えてるってのはある意味
たいしたものだと思うのだが?
わが子が賢くなって欲しいと思うのはどこの親でも一緒だろうに・・

72 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:28 ID:KQmgWUVd
1が幸せになりたいんだろ。

73 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:28 ID:mPODr89c
『最強天才』と、
「勉強がよくできて性格もよくて…」は違うと思うよ〜

74 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:30 ID:KQmgWUVd
1ってリーに似てるね。
あの人も色々やってたらしいじゃん。

75 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:33 ID:1yMrpScd
1に聞く

>遺伝子は関係ないですよ

というのがもし本当だと仮定してもだ、
親がそれなりの教育を授けてやるためには、親自身の資質や教養も大きく関わって
くるんではネーノ?そこらへんはどうするよ?

76 :1:02/03/03 00:33 ID:Qcx8XX4P
>>72
あの〜あなたは母親ですか?


>>73
すみません
みなさんがあまりにもこだわるので・・・

77 :44:02/03/03 00:34 ID:BokkN30U
どこが誤字なん?
私の言ってる事がわからない?
「小さい時からしっかりした天才は育てるの難しい」といってるんだよ。
天才の知能もってても精神は普通のガキと同じだから
そう言う子育てるのは難しいといってるのだよ。ボケ!

78 :72:02/03/03 00:35 ID:KQmgWUVd
勿論、母親だ。
小学4年生の女児を持つ。>1

79 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:36 ID:VUPPc2uJ
>69
わたしの知ってる自称天才や秀才は頭でっかちばっかりでしたが?
ちょっとからかうと逆ギレし、自分は頭がいいからと先生をバカにした態度。
裏と表の二面性も然り。

あれが天才だっつーんなら、自分はいらねーー!!

自分の子供をどう育てようが親の勝手ですから。
>1 頑張って天才児を産んで育てて頂戴な。
でも本気で天才児にしたいなら2chで相談てのはどうかと(w


80 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:37 ID:znEF0fHT
>1へ
子宮ありますか?
ネカマは出産できません

81 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:37 ID:1yMrpScd
>77
44の脱字程度で読解できんのなら、やっぱチミには天才を育てるのはムリだにゃー


82 :53:02/03/03 00:38 ID:mtiiKJ9i
>>44痛いな
レス読み返してみな(藁

83 :1:02/03/03 00:38 ID:Qcx8XX4P
>>75
あの〜すみません
スレをよ〜くよ〜く読んでから書き込んでくださいね・・・
私自身が教育を授けるなんてどこにかいてあるんですか?
優れた記憶力、理解力、表現力を持った子どもを産み、育てたい
そのための方法を調べていると言っているんですよ・・・





84 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:43 ID:KQmgWUVd
>83
それって、親がするんでしょ。
生まれた後には。
親が教育しないで、誰が教育するのだ?
ほっといたら、意味ないじゃん。

85 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:43 ID:1yMrpScd
>83
オイオイちゃんと読めやー マジメに言ってるんだべ
重症だにゃこりゃ

86 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:47 ID:1yMrpScd
それともナニかい?里子にでも出すんか?けど、

>産み、育てようと思っています。

って書いてんじゃんよ
テメエが育てる=教育ってことだろがよ


87 :53:02/03/03 00:48 ID:mtiiKJ9i
>>75の意見はある意味正しいと思われ
上に書いたやり方でも親の知力質問力が優れていないと難しい
>>1はマジレスととってもいいと思うよ

88 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:49 ID:VUPPc2uJ
妊娠前、妊娠中に胎教みたいのしとけば天才児が生まれて
ほっといても天才に育つと思ってるのか?(w

怖いけど、>1は独女で処女か?

89 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:51 ID:1yMrpScd
>88
オウ!マジで!そうゆうことなん!?まさかとオモタ。はげどお!

1にプロフィールキボンヌ。

90 :1:02/03/03 00:52 ID:Qcx8XX4P
>>75
もちろん私が育てますよ
「教育を授ける」ということばでちょっと行き違いがあったようですね
しかし、あなたの言い方では私の素質、教養が悪い、低いという前提で>>75の質問をしているようにしか
思えないのですが・・・

91 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:53 ID:mPODr89c
教育法も…ってあるから
生みっぱなしではないでしょう。

92 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:54 ID:Ds7rQLU4
>素質、教養が悪い、低い
まあそのとおりだな..
わかってんじゃん

93 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:54 ID:KQmgWUVd
だから1のプロフィール、キボーン!
それで天才児ができるか解るよ。

94 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:55 ID:Ds7rQLU4
>1の妄想プロフィールが楽しみ
ワクワク


95 :53:02/03/03 00:58 ID:mtiiKJ9i
煽り多いな・・・夜はやっぱりだめか
>>1
みんな賢くしたいと思っているからなかなか教えてくれんとは思うが
がんばってくれ。何も考えないDQNな親よりは遥かにいいと思うぞ

96 :名無しの心子知らず:02/03/03 00:58 ID:1yMrpScd
>90
オイオイ・・・行き違ってんのはオマエだけだろがよ・・・
まあいい、
たとえ1に水準もしくはそれ以上の資質・教養があったとしてもだ、『天才を育てる』
という意味での資質をどうクリアすんのか、と聞いてんのよ


97 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:00 ID:KQmgWUVd
リーの子供は色々やったのに
たいした事なかったな。

98 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:03 ID:Ds7rQLU4
>1
結婚のご予定は?

99 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:04 ID:yb0slcWy
>最強天才児を産み、育てようと思っています。

うーん。1さんのタイトルもそうだけど、「子供を欲しいから産む」
という愛情を連想させる面よりも、妊娠前からマシン扱いのような
表現で書いてるところがちょっと疑問だけど。

外出だけど「脳内ネットワーク」を増やすと記憶力が優れるって
よく聞くね。脳細胞が一番発達する乳児期にたくさん脳を使わせて
あげるといいみたいよ。
勉強って意味合いより、視覚・体感・聴覚etcをたくさん経験させて
脳の細胞を増やすといいのでは?
ホルマリン保存されているアインシュタインの脳細胞の数とか知らない?
・・・ま、かといって全ての子に当てはまる訳にはいかんだろうが。

てか、リサーチ番組やアイカーブ、NHKスペシャル、ドキュメント21(終ったか?)
そういうのもたまには見たらいいのに。

100 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:05 ID:KQmgWUVd
>53
夜じゃなくて昼間でも
同じような反応になると思うが。
>1は教育板にでも逝ったら?
まあ、そこでも同じような羽目になると思うけどさ。
母親だけじゃないからね、あそこに常駐してるのは。
違ったレスがつくにはつくかも。

101 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:05 ID:VUPPc2uJ
100げと

102 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:05 ID:BokkN30U
≫1
母親の我とはなんぞや?

103 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:06 ID:USTqWo3/
1はさ、
「心のあたたかい、やさしい子供に育って欲しい。」とか
「元気で、多少やんちゃでもいいから明るい子になって欲しい」
「人の痛みの想像できる子になって欲しい」…みたいな、
ありがちな望みはないの?
知識・理解力・表現力というくくりではこういった曖昧な部分はカバーしにくい
ような気がする。

心が冷たくても知識・理解力・表現力があれば、例えば転んだ友達に
「大丈夫?痛くない?」くらいは言うだろうが、
ある場面で最適な発現・行動が取れるということと、
本気で友達を心配できるということはまた別でしょう。

104 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:06 ID:Ds7rQLU4
もう>1は逃げたのか?

105 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:08 ID:7jh7Tz9M
アメリカでそういう子供産んだ人いたな。
その子供は、たしか・・・小学校低学年で大学卒業レベルまで学習してた。

知能指数の高い人の精子を買うんだよな。
でも、
生まれた子供が天才でも、育つ環境が貧相であれば意味ない。

>>1が直接育てたり、教育したりせず、
中国雑技団か、中国超能力研究所とか、
そういうところに預けてしまえ。


106 :103:02/03/03 01:10 ID:USTqWo3/
すみません、1が言ってるのは
○「記憶力、理解力、表現力」でした。
×「知識・理解力・表現力」失礼しました。

それにしてもこのスレすごい勢いで伸びてますね…

107 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:13 ID:VUPPc2uJ
あうー、100ゲト失敗したー。

ネタスレじゃなく、本気で天才児を産み育てたいなら
ここじゃない所で相談しろ、って言ってるでしょ!!どこぞの研究室とかさ。
昼でも夜でも同じ!!
試しに公園にいる母親に同じ事聞いてごらん。
すぐさまデムパ扱いだから。

それぐらい、世の母親にとって>1の質問はヘンだ、って言いたいの。


108 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:13 ID:gSQ7a+Ju
こうすれば必ず賢くなるって方法がないことは育児やってれば
気付くよね。賢く育てる方法はいろいろあるんだろうけど、
自分の子にあった方法でないと意味ないし。
1はそれにまるで気付いてない風なので育児中のママが叩きたくなるんだろう。
生まれながらの天才の作り方は知らんが、自分の子と向き合ってそこで考えて育てかたを
決めないと、どんな有名な方法でも秀才に育てることは難しいと思う。
つまり、1に子供がいない以上どんなに本を読んでも人に聞いても
最良の方法を選択することは無理。1はいろいろ調べているみたいだし
その知識を生かして子供が生まれてからその子と向き合って決めろっちゅうことやね。

109 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:14 ID:7jh7Tz9M
ところで、1はどんな宗教やってるの?

なんかΩでやってたようなことをやろうとしてるんだよね。
カルト集団と同じようなこと考えてるわけだし。
(爆弾しかけることじゃなくて、
天才を作るという〜サイコなことで)

こういうサイコな母親だったら、正直子供かわいそうだね。


110 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:14 ID:pyi94LQJ
子供なんて、思いどおりにはならないものなのよ。
妊娠前からこんなことを考えてるようじゃ、
出産してからこの人きちんと育てられるのだろうか。心配。

111 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:16 ID:1yMrpScd
結論:

1はママンに今より少しでもいいから賢く産んでもらいたかった、
現役受験生厨房とオモワレ。

違うかなー?(ワラ

112 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:18 ID:VUPPc2uJ
>109
そっちだったか!! 宗教がらみ。
だったら教祖様に相談した方が早くてよ(w

>110
すぐさま理想と現実のギャップに苦しんでノイローゼ・・・
なんて事にならなきゃいいけどね。

113 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:18 ID:KQmgWUVd
1がもし妻だったら。
男ならヒクね。


114 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:21 ID:Ds7rQLU4
もう逃げちゃったのか>1
へたれだったな

115 :1:02/03/03 01:22 ID:Qcx8XX4P
>>96
資質をクリアとかそんな事を議論する気はありません

>>98
ありません

>>99
ありがとうございます!!
アインシュタインの脳細胞の数は通常の人と何ら変わりません
細胞間の神経ネットワークのつながりがすごいそうです
そういう番組はあなたよりは見ていると思います

>>100
教育版ですか・・・
考えてみます・・・




116 :53:02/03/03 01:22 ID:mtiiKJ9i
>>100
そうなのか・・ちょっと残念

>>108
おおむね賛成できるが知識として知っておくに越したことはないと思うが?


117 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:24 ID:mPODr89c
お受験板も気合の入った人が多いよ〜。

118 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:25 ID:KQmgWUVd
1は結婚の予定もないのに
そんなこと考えてるのかぁ。
すげぇな、おい。
じゃ種の選別も始まってそうだな。

119 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:25 ID:1yMrpScd
なんだー1もういないのかー
せっかくマジレスで締めちゃろうと思ったのに。

一般教養以上の心理学・児童心理学・教育学をベンキョして
児童精神科の臨床をいくつかケーススタディし、
理屈ぬきエゴ抜きのたっぷりの愛情を注いでる。

なーもベンキョしないで産むよりかは、よかったかなーと。
けど、なまじベンキョした分、もうちとこうやって育ててくれりゃ、とか自分の親のアラは見えるように
なるんだな。
育児してて、誉めるとこ・叱るとこ・感情のコントロールなど理屈がわかってりゃ
もしカーっときてても少し冷静になれるかんね。

120 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:27 ID:mPODr89c
>1、こんな時間まで起きていたら体に障るのでは無いか?

121 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:28 ID:VUPPc2uJ
前の方のレスで遺伝云々ってのがあったけど、
隔世遺伝てのもあるから自分の代だけ頑張ってもしょうがないかもね。
そこまでこだわるなら家計図とかも調べた方がいいぞぉー(w

普通は子供が出来たと分かったら>>103みたく思うよね。


122 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:30 ID:LyAdp6tl
とりあえず1は2chでしか探す事が出来ない様だから
私が「育児」「胎教」「天才児」
で検索してみたら47件くらいヒットしたよ。
ttp://www2s.biglobe.ne.jp/~katei-H/
こんなのも見てみた?(検索の中にあったもの)

123 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:31 ID:Ds7rQLU4
>1
まじれす
親があなたを育ててくれた以上に子供を育てることは
まず不可能
3代さかのぼってDQSばかりの家系なら
よっぽどの男をつかまえない限りDQSしか産めないと思うが?
胎教なんて幻想にすぎない

124 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:31 ID:1yMrpScd
あー>119の追加

ちなみにワシは我が子を天才に育てようとは思っとりません。
ただ、人間性溢れる味のある大人になってほしいな。
その時代に生きるのに充分な、柔軟性を持った人間。

■■■■■■■■■■終 了■■■■■■■■■■

125 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:31 ID:BokkN30U
>>1


まず子供産め。
あれは失敗だったコレは良かったという
人の体験聞くよりも産め。
人にはダメでも自分の子供には良いかもしれんのだから。


126 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:32 ID:VUPPc2uJ
>>115
ケコーン前からこんな事考えてるなんて(以下略)

いや、もう何も言うまい。
>1と>53でメールででも情報交換してはどうだ?
その方が精神衛生上ずーっといいと思われ。


127 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:33 ID:KQmgWUVd
そんなこと考えてるより、
1よ、早く結婚しれ。
まんず結婚が先だろ。

128 :それから:02/03/03 01:34 ID:Ds7rQLU4
>1へ
虚言癖はなおらないが
リストカットする癖があるならもうやめておけ
早めに精神科に受診しろ


129 :追加:02/03/03 01:34 ID:BokkN30U
まず健康な子供産め。それからじゃ。>>1

130 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:36 ID:VUPPc2uJ
>127
「結婚はしたくないの、でも子供は欲しい」
と思ってるんだよ、きっと>1 は。

子供の作り方は知ってるよね? >1


131 :99:02/03/03 01:37 ID:6dXkQB6G
前置きはそりゃ自分も感想を書いたけど。

アメリカの大学でアインシュタインの脳をスライスして研究した番組見たの?
一応マジレスはつけてあげたのに、最後の一行は余計では?
なんかプライド高そ・・・コワ

132 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:37 ID:LyAdp6tl
>>126
2CHにも(・∀・)イイ!!と思われ(w

133 :53:02/03/03 01:39 ID:mtiiKJ9i
>>126
レスよく読めよ

>>121
そんな幻想など何の役にもたたんと思われ
2chでよく言えたものだ



134 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:40 ID:1yMrpScd
またきてもーた(ピュア

つーか、1の人間性&知性からしてやっぱムリ!
頭の中身も性格も良い子なんてさ。
これにて終了。

135 :1:02/03/03 01:42 ID:Qcx8XX4P
あの〜〜みなさんわたしは結婚していますよ・・・
予定はあるかと聞かれたので無いと言っただけですよ・・・
で、まとめてお答えしますと・・・
皆さんの発想力が堅すぎるとおもいます
宗教とか感情面とか・・・感情や優しさ等
そういう人間的な部分も含めて考えてもらわないと・・・
で、とりあえず産め!って・・・
産む前に出来る事をやるため調べてるんですよ・・・




136 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:45 ID:Ds7rQLU4
>135
>産む前に出来る事
男の選別がもう終わってるんならすることなし


137 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:45 ID:KQmgWUVd
だって〜
結婚の予定は?に
「ありません」って答えてたじゃん。>>115で。

138 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:47 ID:KQmgWUVd
そんで発想が硬いのは1だと思うが。
自分の書いた>1読んでみそ。

139 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:47 ID:LyAdp6tl
>>137
>1はネタケテーイ

140 :1:02/03/03 01:47 ID:Qcx8XX4P
>>137
はあ〜〜
確かに結婚の予定はありませんよ・・・もうしてますから・・・
ちなみにあなたは母親ですか?

141 :137:02/03/03 01:48 ID:KQmgWUVd
母親だよ。
小学校4年生の娘を持つ。
(これも書くの2回目だよ)

142 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:49 ID:LyAdp6tl
>>140
1ってスレ立てて人に相談持ちかけてるわりには
屁理屈な人だね。
普通そういう質問されたら
「既婚者です」と答えるものだよ。

143 :おまえら:02/03/03 01:49 ID:Ds7rQLU4
厨房みたいなやりとりしてんじゃねえよ

144 :1:02/03/03 01:49 ID:Qcx8XX4P
>>136
ですから・・・遺伝とIQは・・・




145 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:50 ID:gSQ7a+Ju
産む前にやることは自分を高める努力をすることです。
親が人間的に成熟していないと、すばらしい子は育てられません。
まちがっても、結婚の予定はあるかと聞かれて、既婚だから予定はないわ〜
などとひねくれた物の考え方をするようではいけません。
普通は予定はあるかと聞かれたら、結婚してます。と答えるものです。
まずは普通の人になってください。

146 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:50 ID:KsSc7Ygq
>137
早く寝たらお肌に悪いわよ

147 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:51 ID:Ds7rQLU4
>144
関係ないって信じたいんだね..
でも明確な事実だよ
認めるのがつらいのかな?>1

148 :53:02/03/03 01:52 ID:mtiiKJ9i
>>147
ソースきぼーん

149 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:52 ID:VUPPc2uJ
>133
ここでからかい半分の(>1にとっては要らない)レスを読むより
お前らだけでやれって言ってんの!!


150 :1:02/03/03 01:53 ID:Qcx8XX4P
>>147
じゃあその根拠を説明してください

151 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:53 ID:LyAdp6tl
分かった!!
じゃ、1はボコボコ産んで
「下手な鉄砲数うちゃ当たる」方式を取ってみては?

152 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:54 ID:LyAdp6tl
あと、>>142>>145にも答えてくださいね。

153 :137:02/03/03 01:54 ID:KQmgWUVd
ヲイ!1よ!
私は母親だって答えた(2回も)よ?
だから一体何?

>146
いいんだよ。今日は旦那が泊まりでいないから
祭りを求めてんだよ。身体が。

154 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:56 ID:VUPPc2uJ
>153
知ってる(w


155 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:56 ID:dCIKje5r
どう作るかじゃない、どう育てるかだ。

156 :53:02/03/03 01:56 ID:mtiiKJ9i
>>149
じゃ見るな
しかもageてるし

157 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:56 ID:Ds7rQLU4
>150
あなたが天才ならそんな心配をするのは不必要ですよ
なぜなら黙ってても子供を産めばそこそこのIQの子供にはなるでしょう
心配な>1や>53ってやっぱり?以下略(藁

158 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:56 ID:BokkN30U
≫1
子供産まないと話にならんで

159 :1:02/03/03 01:57 ID:Qcx8XX4P
>>152
わたしは間違っていないので答える必要はありません

>>137
あなたの言葉が二回も確認させたんですよ

160 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:58 ID:LyAdp6tl
単純に思ったけど
仮にIQ高くても
勉強嫌いだったらどうするんだろう。
これって別物だよね?

161 :名無しの心子知らず:02/03/03 01:58 ID:Ds7rQLU4
>1
まあ,いくらあがいても
あなたと旦那以上の子供は産まれないってことです

162 :137:02/03/03 01:59 ID:KQmgWUVd
だから、そんな奥歯の物の挟まったような言い方しなさんな、1よ。
私が母親なら何がアンタの不都合なのさ?

163 :≫1よ:02/03/03 02:00 ID:BokkN30U
だからきかせて
>わたしもいろいろ調べてある程度出来あがってる
その、中身をさ。

164 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:00 ID:VUPPc2uJ
でもさ、>1の信じる事をすべてやって子供が出来ました、生みました。
でも天才児にはなりませんでした、ってなったらどうする気?


165 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:00 ID:LyAdp6tl
>>159
屁理屈な自分に自覚がないなら
普通の子育ても無理ですよ。
自分を見つめる事が出来ない人には

166 :ところで:02/03/03 02:01 ID:Ds7rQLU4
>1は
精神科受診歴はありますか?

167 :1:02/03/03 02:01 ID:Qcx8XX4P
>>158
レス読んでくださいね!!
産む前に出来る事もいっぱいあるんですよ!

>>161
そういう発言をする前にもうちょっと勉強されたほうがいいと思いますよ

168 :≫1よ:02/03/03 02:03 ID:BokkN30U
>159
>>145の言う事あたってると思われ。


169 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:03 ID:LyAdp6tl
ところで私は>>122を書いたのですが
それはどうなのでしょうか?

170 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:03 ID:Ds7rQLU4
>163
胴衣
>1の考えるスンバラシイ育児法をまずはご教授ねがいたいね

171 :≫1よ:02/03/03 02:04 ID:BokkN30U
オマエが言いたいことはその程度か?

172 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:05 ID:YupbLbFG
祭り?
祭りって、ここ?

173 :53:02/03/03 02:06 ID:mtiiKJ9i
>>172
そうここ
もう終わりそうだけど

174 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:06 ID:CirVKY4H
>>170
ご教授→ご教示

175 :1:02/03/03 02:06 ID:Qcx8XX4P
>>137
別に不都合はありませんよ

>>164
どうする気?ってべつにどうもしませんけど・・・
河に捨てるとでも言って欲しかったんですか?

>>166
ありません





176 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:07 ID:Ds7rQLU4
>174
ありがと〜

177 :1:02/03/03 02:09 ID:Qcx8XX4P
>>169
すみません
みなさんへの返事がたいへんでまだ見れてません・・・



178 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:10 ID:7jh7Tz9M
1さんは、天才な子供が生まれれば、
父親はいらない

と思ってる人?


179 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:10 ID:EgsRv/1e
>1
あのさ。納得できないのか、几帳面なのか知らないけど、
発言に対する受け答えバトルなっちゃってるし、
もうスレの意味なくなってるよ〜

180 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:10 ID:LyAdp6tl
じゃあ、まとめに入るか
龠 λλλλλ....サザエサーンハ ユカイダナー


181 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:11 ID:VUPPc2uJ
>>175
河に捨てるって発想が素敵(w
私のような凡人には考えも及ばないですわ。


182 :1:02/03/03 02:11 ID:Qcx8XX4P
>>171
あの〜いいたいことじゃあなくて
こちらから聞きたくてスレたてたんですけど・・・


183 :≫1よ:02/03/03 02:12 ID:BokkN30U
アナタ本当に調べて勉強したの?

184 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:12 ID:VUPPc2uJ
>>172
  +                          +
 +        おにぎり待機中・・・      +
    +                         +
 +                           +
  +                        +

     ワショーイマダ?
   /■\    /■\         /■\
  ( ´∀`)△ ( ´∀`)       (・∀・ )クソスレダカラ ワショーイハナシダッテ
   /    つ (つ目⊂) ∬    ⊂  ⊂ )
  (人_つ_つ (_(_) 目△▲  (_(_つ
               ┗━━━┛

こーゆー事ですわ(w

185 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:12 ID:YupbLbFG
天才児よりも、三歳児教育したいかも〜。
なにか一つでも得意なんがあれば、支えになるような
気がする。

精神面では、今の所いいかなー。
私がないてたら、抱きしめてくれるし。

186 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:13 ID:hfn5V3Po
1さん、あなたはこのスレッドにおいて、ほとんどすべての他人と
良好なコミュニケーションが取れていません。
あなたの子供が、あなたの強い影響力のもとで育つならば、あなたのその部分の
影響も強く受けると思われます(マイナス要因として働く可能性は少なくない
でしょう)。
「子供の幸福のため」に天才に育てたいとお考えなら、あなたに今できることは
他人の反感をかわないようなコミュニケーション能力を磨くことかもしれません。

187 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:14 ID:LyAdp6tl
>>179
でもさ、几帳面って度合いにもよるけど
子育てってある程度肩の力抜いた方が良いよね・・・。

188 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:14 ID:Ds7rQLU4
>183
勉強したけど>1はきっとわからなかったんだよ
テレビ見て情報収集してるぐらいだからきっと(以下略

189 :1:02/03/03 02:14 ID:Qcx8XX4P
>>178
思っていません
あ〜あ結局まともにお話の出来る人は少ないんですね・・・


190 :53:02/03/03 02:15 ID:mtiiKJ9i
>>186
それでは普通の人が育ってしまう。
ツマランから>>1はこのままでよい

191 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:15 ID:Ds7rQLU4
>189
まともにお話しできないのは>1でしょ?

192 :≫1よ:02/03/03 02:15 ID:BokkN30U
実際天才育てよう思ったらよほど環境作ってやらナイト天才にならないってよ。

193 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:16 ID:LyAdp6tl
今、>>191がいいこと言った!!


194 :1:02/03/03 02:16 ID:Qcx8XX4P
>>183
がんばってますよ〜
本にしても約40冊、ビデオ、テレビ番組、HP等いろいろ調べすぎて
ココに書ききれないぐらいです

195 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:16 ID:KQmgWUVd
1が相手じゃ誰だって話なんかできるかいな。
186に禿げ同意!
1ってまず自分が人とのコミュニケーションの取り方
勉強したほうがいいよ。

196 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:17 ID:Ds7rQLU4
>190
いや〜>1の子供は間違いなく奇人変人にはなるな

197 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:17 ID:LyAdp6tl
>>194
たったの40冊ぅ?┓(l|ll´Д`)┏ヤレヤレ

198 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:18 ID:dTJzwx0D
>1
>あ〜あ結局まともにお話の出来る人は少ないんですね・・・

よ〜のな〜かそんなもん〜
そんな世の中に通用する子供を産み育てなされ〜
ついでにいえばあんた通用してませんがな〜



199 :172:02/03/03 02:18 ID:YupbLbFG
184さん
すごいかわいい〜!


200 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:18 ID:LyAdp6tl
>>196
奇人だったら当たり
変人だったら・・・

201 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:18 ID:Ds7rQLU4
>194
はいはい(藁
それだけ読んでわからないなら(以下略

202 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:18 ID:KQmgWUVd
っつーか1のキャラもここまで来ると
ネタに思えてきた。
ひさびさの祭り、アリガトウ!

・・・・・ネタでしょ?

203 :171:02/03/03 02:19 ID:EgsRv/1e
>あの〜いいたいことじゃあなくて
>こちらから聞きたくてスレたてたんですけど・・・

だから。その聞きたいことが聞けないレスになっちゃってるって
書いてたまでだって。
すなわち、もうスレの意味がないでしょうってことだってば。
いちいち過剰に反応しなくとも・・・(疲)

204 :≫1よ:02/03/03 02:19 ID:BokkN30U
テレビなんて良い様に放送するよ。
教育の本でも良い面だけを書いてるだけだよ。

アナタそれ読んでウノミにしてない?

205 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:19 ID:gSQ7a+Ju
みんな祭り大好きだね。私もだけど、、、

206 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:20 ID:YupbLbFG
むかし、妊娠中に味の素をたくさん食べると
天才が産まれるとかいわなかったっけ?

207 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:20 ID:LyAdp6tl
>>205
ミンナガナー(w

208 :53:02/03/03 02:21 ID:mtiiKJ9i
えー煽り中スマンが
>>147のソース知ってる人おらんかね?



209 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:22 ID:Ds7rQLU4
>202
もうちょっとディテールに凝って欲しかった気も..
質問にしか答えてないんだもん
デムパのかほりがちとほしいかな

210 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:23 ID:44kCXxOb
4時間で200越しちゃったのか・・・すげぇ。まだレスを読んでいないが(w

さ、これから読もうっと。
楽しみ楽しみ(嘘

211 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:23 ID:Ds7rQLU4
>208
つーか,>53は後天的に天才が生まれるとでも思ってるわけ?
おめでてーな

212 :53:02/03/03 02:25 ID:mtiiKJ9i
>>211
いや思ってはいないが根拠を知りたいという願望だけだ

213 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:27 ID:KQmgWUVd
1よ。
色々事前に勉強するのは結構だが、頭でっかちは良くないよ。
ここにいる人たちは皆育児の経験を経ている人ばかりなのだから
煽り以外のレスは、ちゃんと受け止めるべきだと思うがね。


(・・・・でもネタでしょ?)

214 :1:02/03/03 02:30 ID:Qcx8XX4P
>>204
うのみにはしてませんよ
いろんな方面からみて自分なりに噛み砕いて取り入れてます
ほんとにここに全部書いてしまいたいくらいですけど
皆さんまともに見てくれないのにそんな労力はかけてられないし・・・
あ〜あ、ほんとに勉強してる人だったら私の言ってる事わかるとおもうんだけどなあ〜〜

215 :53:02/03/03 02:32 ID:mtiiKJ9i
>>211
どうした?早くソースだせ
めでたいというからにはあるんだろ?

216 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:33 ID:7jh7Tz9M
でもさあ1さん。

子供が超天才だったとしてさ、
山手線の全部の駅名言えるとか、
東海道線の駅名言えて車掌さんの名前まで覚えてるとか、

そういうの・・・うれしい??


217 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:33 ID:YupbLbFG
214=1
その、挑戦敵な言葉つかいが良く無と思う・・・。


218 :1:02/03/03 02:33 ID:Qcx8XX4P
>>213
頑張って受け止めてるつもりなんですが・・・
あの〜〜ネタネタって・・・(疲れる・・・)

219 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:34 ID:YupbLbFG
216
それは天才とは言わない(^^;

220 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:34 ID:Ds7rQLU4
The Terman Genetic Studies of Genius, 1920s-1950s.
Am Psychol. 1992 Feb;47
>212
>1>53まあこれでも読め

221 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:35 ID:KQmgWUVd
1は子供にどんな職業についてもらいたいんだろう?

天才児の苦悩は我々凡人には計り知れないからなぁ。
苦労のほうが多いと思うよ。

222 :53:02/03/03 02:37 ID:mtiiKJ9i
>>220
意味がわからん

223 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:37 ID:chaieaHv
>214=1
わからないなら自分で勝手に解釈して、ジENDにしたら?
いちいち、その最後の嫌味な1行がループと反感買うのだってば。

本当に賢い人ならわかりそうなもんだが?

224 :1:02/03/03 02:37 ID:Qcx8XX4P
>>216
ハハハ!!
天才という言葉に対する発想が貧弱すぎませんか?
そういうレベルのひとは七田のHPにでもいって
右脳について勉強なさった方がいいと思います


225 :≫1よ:02/03/03 02:37 ID:BokkN30U
本やらテレビやら見すぎ。
>最強天才児を産み育てようと思ってます
そう思う事自体が、失敗に終わる危険あり。


226 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:39 ID:Ds7rQLU4
>222
文献名だしてやったんですが?わかりませんか?
これぐらいわからんようじゃ
天才児なんて育てるは無理でしょうね

227 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:39 ID:KQmgWUVd
でもホントに1って性格悪いな。
子供がその性質を受け継がないように祈るよ。

228 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:39 ID:YupbLbFG
>224
じゃあ、1が求める天才って何?

なんか発明でもさせたいの?

229 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:40 ID:Ds7rQLU4
育てるは→育てるのは

230 :≫1よ:02/03/03 02:40 ID:BokkN30U
≫224
七田をやるにはアンタのその性格が直さないと失敗しますわよ?

231 :53:02/03/03 02:40 ID:mtiiKJ9i
>>226
わかりませぬ
日本語ででお願いします。

それとレス読み直しな

232 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:43 ID:Ds7rQLU4
>231
これくらい読めっての(藁
だからここに論拠が書いてあるよ>遺伝の


233 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:43 ID:804u5/hP
35 :a :02/02/22 08:53 ID:Hy/7fXtM



韓国に旅行に行った私の知人の女子大生がディスコに行ったそうです。
その女子大生が日本人とバレると、いきなり数名の男に連れて行かれて
「従軍慰安婦のカタキ!」
と、かわるがわるに輪姦されたそうです。
必死に泣き叫んで回りの人に助けを求めたそうですが、回りの人は女性を含め


              笑っていたそうです...








234 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:44 ID:LyAdp6tl
◆最新事情その1:IQとは速いこと
現在におけるIQの概念は、しごく単純な作業をどれだけ速く処理するか、
その処理速度の速さに基づく。
例えば長い棒と短い棒があったとして、どちらが長いかを判断するスピードが速ければ速いほど、
IQが高いとされる。どんな複雑な思考も、結局は単純な思考の積み重ねだという考え方が背景にあり。
◆最新事情その2:生涯学校に通うべし
ここで言っているのは、高卒よりも大卒の方がIQが高いということではなく、
2人の同じIQを持つ大卒の人がいるとして、現在なにかの学校に通っている人の方が、
どこにも通っていない人よりIQが高くなるということ。
つまりは生涯ケイコとマナブでいろということだ。ただし在宅学習ではなく、あくまでも通学していなければ意味がないとか。
◆最新事情その3:長女と次女、どっちが賢い?
姉の方が高いIQを持って生まれがちだとか、妹の方が兄を見て育つのでIQが高くなりがちだとか、
様々な通説があるが、現在のところ出生の順番とIQの高さには何の関連性も認められていない。
自分が長女なのか次女なのかなんて気にする必要なし。
◆最新事情その4:母乳礼賛
母乳で育てた方が人工乳で育てるより、平均して3〜8ポイントIQが高くなる。
原因は不明。人体の神秘だ。
◆最新事情その5:早生まれの方が得?
なんだか当たり前ってかんじもするが・・・
同学年の場合、早く生まれた児童の方がIQは一般に高い。
例えば4月生まれの児童は、3月生まれの児童よりもIQが高い。
しかし心配は無用。3月生まれの児童も、12カ月経てば同レベルのIQに到達する。
◆最新事情その6:親元を離れたら要注意
同じ親から生まれた兄弟が、一方は教育熱心な家庭で育ち、
もう一方は教育に無関心な家庭で育ったとする。
子供のころは彼らのIQに大差はなかったが、大きくなればなるほど差が開く?
答えは、親元にいる間に関しては「イエス」。
しかし、いったん親元を離れ独立し環境要因に差がなくなると、
遺伝要因の方が強く作用するため、2人のIQは似てくる。
親元を離れたら、いい環境を自分で作るよう努力しよう。
◆最新事情その7:知性って何だ?
IQとは知的レベルを計るものだが、IQで計れる知性はあくまでも分析的知性であって、
人間関係に関わる社会的知性とは別物。人が人生で成功するかどうかは、
社会的知性に負うところが多いと言われているので、IQ信奉者は心すべし。
◆最新事情その8:デカ頭の方がIQは高い?
答えは「ノー」。しかし頭蓋骨の大きさと知能は関係あるとの説もある。
◆最新事情その9:IQと給料の関係は?
大卒の方が一般に高卒より給料は高いが、では高卒、大卒同士だとどうなのか?
面白いことに、高卒同士、短大卒同士、大卒同士のすべてで、IQが高いほうが給料は高い。
頭がいいとよく稼ぐってことですかね。
◆最新事情その10:得意分野を持とう
例えばビリヤードをやるとして、IQが低い人の方が高い人よりも、
ゲーム中複雑で高度な思考をしていることがある。
だからといって、そのIQの低い人が何においてもすぐれた思考ができるわけではない。
誰でも得意分野では、すぐれた能力を発揮できるのだ。
◆最新事情その11:今どきの子は賢い
IQスコアの歴史を振り返ると、驚くべきことに、親の世代より子供の世代の方がつねに20ポイントも
IQが高くなっている。人間は進化しているのだ。このままいくと、未来は天才児でいっぱい?
◆最新事情その12:食べ物はもう常識
食べ物がIQに影響を与えるのは、最近の研究ではもう常識。
防腐剤、着色剤、人工調味料などがいっぱい入った加工食品を口にするのではなく、
なるべく自然のものを食べること。ヘルシーにいこう!
IQと食べ物が関係あるなら、ファーストフード世代の子供に精神異常が多く見られるのもうなずける。
ちなみにIQアップに特にお薦めなのは魚だとか。

何処かのサイトより

235 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:45 ID:KQmgWUVd


もう疲れた。

あとは話の合う1と53でチャットでもすれば?

236 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:45 ID:gSQ7a+Ju
しかし、このスレ以外元気ないな。育児板住人集結?

237 :53:02/03/03 02:45 ID:mtiiKJ9i
>>232
しくしく
わかったよ調べてくるさ

しばし戦線離脱

238 :216:02/03/03 02:45 ID:7jh7Tz9M
なんか、1さんにここぞとばかりにバカにされちゃったよ。

でも、1さんががんばってもさ、
結局>>216のような子供がせいっぱいだと思うんだけどな。


239 :≫1よ:02/03/03 02:46 ID:BokkN30U
アンタに子供がいて、右脳カード見なくなったらどうする?

240 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:47 ID:1yMrpScd
そういや、1の夫はどうなんだろにゃ?
1の考えにマンセーなのか?
もしそうでなけりゃ、父親と隔離するしかないな

241 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:48 ID:b0AKw3hJ
記念カキコ。

242 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:51 ID:YupbLbFG
>241
何の記念?

243 :1:02/03/03 02:51 ID:Qcx8XX4P
>>216
ぜひ!根拠を教えて下さい!!
参考にしたいと思います!



244 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:51 ID:Ds7rQLU4
さて寝るか

245 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:52 ID:LyAdp6tl
私も寝よ。

246 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:53 ID:1yMrpScd
七田式って、七田真だっけか?あのジイさん自体インチキくせえよにゃ

247 :241:02/03/03 02:53 ID:b0AKw3hJ
>242
こんなにおもしろいスレ、久しぶり (^^)

248 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:53 ID:gSQ7a+Ju
祭りも終りかな?寝よ

249 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:53 ID:a2ouX49i
1もくどいけど >>1よ もしつこいな。
みんな飽きてるって。

>53のが往生際ヨロシ(w

250 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:53 ID:YupbLbFG
足元冷えてきたら私もあとちょっとロムって寝よーっと。

251 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:53 ID:1yMrpScd
おい1、早く寝てくれ
気になって寝れんだろがよ(ピュア

252 :1:02/03/03 02:55 ID:Qcx8XX4P
>>239
〜〜しなかったらどうするとか
産まれてきて天才じゃなかったらどうするとか
そういうお話しても何にも前に進まないじゃないですか
どういうつもりでそんな質問を投げかけてくるんですか?
私には理解できません


253 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:57 ID:LyAdp6tl
待ちくたびれたび〜
さよなら。

254 :1:02/03/03 02:58 ID:Qcx8XX4P
あ〜〜ほんとにきちんとした情報交換を出来る方〜〜
おねがいします〜〜
だいたいのことには答えられると思います!
それとも教育版にいけばいいんですか?


255 :≫1よ:02/03/03 02:58 ID:BokkN30U
知らんと素直に言え。オマエには無理。以上。

256 :53:02/03/03 02:58 ID:mtiiKJ9i
横文字はサパーリわからんかった
がソースがあるんだから遺伝もあるんでしょうな

勘違いしている奴が多いが自分は
天才を育てようとは思っていないからな

親の能力がこれだからな

257 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:59 ID:Ds7rQLU4
>254
>220は読んだのか?

258 :名無しの心子知らず:02/03/03 02:59 ID:1yMrpScd
しっかし、こんな糞スレもひさびさに出会ったよにゃー

1の語彙の少なさ、文章力、読解力、表現力・・・何もかも乏しいのは明白。
気付いてないって恐ろしいよにゃ。
要は自分のコンプレックスから天才児に夢を託すってワケか。
子はカワイソ。南無〜

259 :216:02/03/03 02:59 ID:7jh7Tz9M
バカは資ななきゃ直らない。

260 :1:02/03/03 03:00 ID:Qcx8XX4P
>>255
言ってる事がよくわからないんですが・・・
私の知っていることのほかに皆さんなにかありませんか?
と聞いてるだけじゃあないですか!!
本当にレスをよんでるんですか?????

261 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:02 ID:Ds7rQLU4
>260
わかってないのは>1だけ

262 :1:02/03/03 03:02 ID:Qcx8XX4P
>>257
読んでないですよ
日本語で教えて下さいよ・・・

263 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:03 ID:YupbLbFG
>260
まず、あなたから教育しなおしてください。
ってことかしら〜。

264 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:03 ID:Ds7rQLU4
>262
親がそのくらい読めるようじゃなきゃ天才児なんて無理
まあ1日かかっても読んでみな

265 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:03 ID:1yMrpScd
>260
もういいって。誰も答えんからな、はよどっか逝け

266 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:04 ID:KQmgWUVd
育児板で1のようなイタイ女を見れて、おまけに
深夜まで祭り・・・・
なんか今日はいつもと違うコトが起きそうな気がする。
お陰で違う板に逝けなかったよ。
こんなこと初めて。
1は神なのか?

267 :1:02/03/03 03:06 ID:Qcx8XX4P
>>258
茶化す人が多いのでまともに返答できないと言うのもあるんですよ!
>>263
結局そういう茶化しでしかお話できないんですね



268 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:08 ID:1yMrpScd
>267
いやいや、いままでの受け答えで充分わかるって(ワラ
ちなみに学歴きいていいかしらん?

269 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:08 ID:HZgQLH8f
よくわかんないんだけどさ、
脳の形態も遺伝でさ、
素質の問題なんて言われちゃってさ、
能力の限界をひた走らせるわけ?

奇跡的に、上手く大学出れたとしてよ?
燃え尽きる可能性大ですね。

なるべく保育園に預けっぱなしの方が、
将来、賢い大人になってくれると思います。

270 :1:02/03/03 03:09 ID:Qcx8XX4P
>>264
ということはIQ遺伝説ということですか?
勉強が足りないとおもうんですが・・・

>>265
どっか逝けって・・・
スレたてた人間に言う言葉ですか?



271 :るるど ◆RUruDO2M :02/03/03 03:09 ID:tkhk9oNH
>1
ターマン教授の君にとって為になる研究結果ですよ。
>>220をよく読んだ方が(・∀・)イイ!

272 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:09 ID:YupbLbFG
じゃあ、真面目に答えてみます。
結局、今天才児を産み育てるには、とかいった
系統の書物なり、経験談なり読むにしても
それらには、一切なんの根拠も、科学的立証、保証も
されていないでしょ?
そんなモノにすがるよりも、大切な事に目をむけなさいって
私は言いたい。

273 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:09 ID:7jh7Tz9M
>>267
つうかさぁ(w

最強天才児の「最強」って何??
なんか強いのか?

274 :おい1!:02/03/03 03:10 ID:1yMrpScd
アクリルたわしでも編んでろ!(意味不明

275 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:10 ID:KQmgWUVd
1よ、誰も茶化してなんかいないんだよ。
まだまともに扱ってもらえたほうです。
ためしに違う板(教育でもお受験でも気女でもいいから)で
同じスレ立ててみなさい。

276 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:11 ID:vRWJQwh3
>>266
きっとそうだよ!! >1=神

ここまで煽られてもなお君臨しるとは。
アフォ通り越して立派だ。
さすが将来天才児の母は違う(w

277 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:13 ID:DcykW3nZ
>>1
ba ka (w


278 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:15 ID:vRWJQwh3
>276
×君臨
○降臨

間違えた・・・鬱だ寝よう・・・

279 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:15 ID:Ds7rQLU4
>270
>ということはIQ遺伝説ということですか
まあ,平たくいえばそういうことです
巷にあふれている教育法で
商業ベースのものはまずすべて疑った方がいいでしょう>自説に都合のいいことしか書きませんから
その上で論文を検索してみなさい


280 :おい1!:02/03/03 03:16 ID:1yMrpScd
つーか、ある意味アンタが最強天才児じゃん

281 :1:02/03/03 03:16 ID:Qcx8XX4P
>>272
だから〜ちょっとは勉強してから発言してくださいよ〜〜
グレーン・ドーマンでも読んでみたらどうですか?

>>273
皆さんにいろんな情報を頂いて自分の物と比べよく考え
良さそうな方法を使って天才児を産み、育てようと思ったんですよ
まあ、ベストの方法が見つかれば「最強」かと・・・


282 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:17 ID:h/0fvS2K
巷間(こうかん)で声高に喧伝(けんでん)されている能力開発に関する
主張の虚偽性は明白だ。早期英才教育を受けた天才児が成長すると
「ただの人」、しかも引きこもりや鬱症状に悩まされる傾向を示す
ことは象徴的な例といえる。早期知識教育に傾倒したソニーの井深大氏が
晩年にはその主張を変え、情緒豊かに育てることの重要性を説いた点など、
もっと多くの人に知って貰(もら)いたいと思う。

283 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:18 ID:kOkW1RHq
>1 もうお寝みになりましたか?

天才の中には芸術方面や運動方面の才能をも含んだものを想定していますか?
またあなたの想像する天才児とその母の会話(こうなったらいいな、という
ドリーム)があればお聞かせください。
子供5歳、10歳、30歳、50歳の時点の会話を伺えたら嬉しいです。

どんな子供にしたいのか、あなたの言うことは抽象的過ぎるので、
情報を提供しづらいのです。

284 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:18 ID:KQmgWUVd
1は読むのがおっそいなぁ。
ダメダメそれじゃ。
速読できないの?

285 :おい1!:02/03/03 03:19 ID:1yMrpScd
>283 を!いいかんじ!

286 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:20 ID:YupbLbFG
喋るなっていわれちゃった♪
じゃあ、寝ます〜♪♪

287 :おい1!:02/03/03 03:21 ID:1yMrpScd
おっせーなぁ
辞書ひきひき読んでんじゃネーノ?

288 :おい1!:02/03/03 03:22 ID:1yMrpScd
もうマジで寝るぞ!
お・や・しゅ・み(ピュア

289 :情報:02/03/03 03:23 ID:DcykW3nZ
子供と充分に接してあげる事だと思いますが。

290 :53:02/03/03 03:24 ID:mtiiKJ9i
他にどういう論文があるの日本語ソースきぼーん

291 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:27 ID:mjzHeWZA
こんなとこで祭りが・・・
大体は子供は親に似るんじゃないのかなあ。
鳶が鷹を産む事もあるかもしれないけど。
私、絵を書いたり物作ったりするの得意だけど、
親も含め親戚にもそんな人多いよ。

292 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:29 ID:KQmgWUVd
>291よ。
そんな理屈はこの神なる1には通用しないのだ。
始めのほうで玉砕されたよ。そのテは。

293 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:30 ID:DcykW3nZ
子供は環境。
教えたことを覚える。
そこにあるものに興味を持つ。

294 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:30 ID:7jh7Tz9M
子「ママ〜ン、俺さ、さっき気付いたんです。ベッドに寝てる時。
  俺、一定方向に引っ張られてるんです。
  なんかものすごい力で引っ張られてるんです。

  よくよく思い出してみれば、立ってる時も座ってる時も、なんか下のほうに
  引っ張られていたような気がするんです。
  下というか、地面のほうに引っ張られてるんです。
  何か地面の中で強力なエネルギーが生み出されてるんじゃないでしょうかね。
  それこそそこらの磁石なんて話にもならないような。

  これ、永久機関に採用できそうですよね。
  地面に引っ張られる力をエネルギー源にしたら、大もうけできるんじゃないかな。
  さっき発見した大ニュースです。 」


母「まぁ〜この子ったら!なんてすばらしい発想なんでしょう!」
  (天才なのね。ウフフ)


きっとこんなカンジ?
1の子供がたてるようなスレ(w
http://choco.2ch.net/news/kako/1010/10105/1010526347.html


295 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:32 ID:KQmgWUVd
>294
ワラタ!

296 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:33 ID:mjzHeWZA
>292
そか、出遅れちったから・・・
1よ、受け流してくれ

297 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:34 ID:EK4uHd6E
七田式と公文の効果があったのかどうかは分かりませんが
確かに我が子は2歳で本が読めるようになりました。
胎教は私はほとんどやりませんでしたが、
産院を退院してからは、毎日20冊の絵本の読み聞かせを
3ヶ月からは、ドッツカード、絵カードのフラッシュをしました。
語りかけの成果か10ヶ月頃から言葉も出始めました。
1歳5ヶ月頃には、30までの数とアルファベットが
1歳8ヶ月で50音が読めるようになりました。
この頃には100までは理解出来ているようでした。
2歳頃には赤ちゃん向けの絵本程度でしたら読んでいました。
2歳2ヶ月の今では、1桁の足し算は理解できているようです。
只、我が子は1人っ子で
私自身も自分の親と同居と言うこともあって
殆んどの時間は、娘の為に費やしました。
どの子も、接し方しだいで伸びるものだと思っています。
子供ってどの子も可能性はあるから、あとは親次第ですね。




298 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:35 ID:Ds7rQLU4
>子供ってどの子も可能性はあるから
まあ業者の言うせりふの受け売り(藁

299 :1:02/03/03 03:35 ID:Qcx8XX4P
>>283
もちろん芸術面や運動方面も想定していますよ。
しかし、どういう子どもにしたいとか会話がどうとかいうものは、自然に育てていけば
ついてくるものです。
ただ、1で書いている様に妊娠前、中、出産後の食べ物、放射性物質、電磁波、教育等
に気をつけ、子どもが育っていくうえで先天的(的!)な能力の低さを感じることなく
逆に自分の優れた部分を感じ、その能力を使って頑張って生きていって欲しいと思っています

300 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:36 ID:44kCXxOb
おい1さんよ、金はたーっぷりあるんだよね?
立派な教育には金が付き物ですよ。
貴女の理想の教育を行うには貴女が働いていると不都合です。
旦那様の給与だけで生活と教育を支えられなくては意味がありません。
自力でできるというのなら別ですが自力で天才を育て上げて
小学校は荒れた公立(荒れているとは限らないが)というのは
子供が不憫でなりません。せっかくの天才もただの人、いやそれ以下です。

ついでに申しますと育児には「ベスト」はないのです。
子供は親の理想をインプットできるロボットではないのですよ。
子供の元々もった気質によっては貴女との相性が悪くて教育も受け付けてくれない
ということもありえます。(あ、もしも話は受け付けないんだっけ?)
本当に素晴らしい子供を作り上げたいと言うのであれば
その場その場で子供に合った教育を考えるべきなのです。

ってわけで秀才とかとは関係ありませんがこういう育児もあるよということで・・・
yahooで「裸」「育児」でヒットしたページでも読んでみて下さいな。
(はっきり言ってDQNなサイトですが面白いので是非どうぞ)


素晴らしい天才が生まれた暁には日本経済を支える立派な子供にしてください。
そして、ここにいる情報を提供してくれた皆様にお礼を言うべき。
・・・というか今のところ全然言っていないようなのでその時点で駄目かと。




結局は育児が成功したかなんて自分が死んでもわからないんだけどな。
子供のほうが長生きするんだし。

301 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:37 ID:Ds7rQLU4
>290
教えてちゃんばっかりしてるんじゃねえよ
もう後は自分で調べろ

302 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:37 ID:44kCXxOb
300ゲットだ。今日のID、44kだってさ。
ブロードバンドの世の中、せめて64kは欲しいよなぁ(嘘

と書いた所で1には理解不能であろう。
真面目な人(のつもり)だからな。

303 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:38 ID:7jh7Tz9M
>>299

なんだそれ??

結局
>>289
で答えでてんじゃん


304 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:39 ID:JDIhJtLT
漏れは>297の子供が不憫でならない・・・・



305 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:41 ID:44kCXxOb
電磁波がきになるならパソコンやめちゃえ
電子レンジ使うな
携帯電話なんてもってのほかだ


と1さんは思っているのですか?
そうでないならベストでないな。

306 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:41 ID:KQmgWUVd
言わせて貰えば私だって2歳でひらがな・かたかな
読めて本を離さなかったんだってさ。
でも昔だから母親は胎教とか、早期教育なんてやってないよ。
自分の記憶では幼稚園の頃にはひとりっこのせいもあってか
毎日、本ばかり読んでいた。
小学校に入ってからは、学校のつまらない事、つまらない事。
だってみんな知っていることばかり授業でやるもんだから、
完全に先生と授業を見下してたね。
・・・・ところが、普通の子が勉強をしだす高学年頃に、いきなり
成績が落ち始めた。自分でも何なんだ!とあせったよ。
こんな筈じゃないとね。
結局私は天才でも秀才でもなく、ただ単に皆よりも早く知識が
あっただけ。今はこんな時間まで2ちゃんしてる専業主婦だよ。

307 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:41 ID:mjzHeWZA
しかし、1はすごいね〜
理想と現実のギャップに鬱にならなきゃいいけど。
「こんなはずじゃなかった〜」ってね。
実践してもダメだった場合の諦め(でいいのか?)も覚悟しないと。

308 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:41 ID:h/0fvS2K
でもさあ30代40代の学者が活躍しているでしょ。
そろそろ早期英才教育の効果で超一流学者に成長しました!
みたいな人材が現れても良さそうなのに、ぜんぜんそういう話聞かない。
「天才児その後」はマジでどうなってるのよ?
2歳で本が読めたのは、実は私もだが、いたって普通の人間です。

309 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:46 ID:7jh7Tz9M
>>308
あれですよ、きっと。

幼稚園にして既に東海道線全線ソラで暗記してるような
天才子供は
いまは真性鉄道ヲタ・・・・鉄ちゃんですよ。

小学生にして天才子役っていわれた人は、
いまはお好み焼き屋とか、たこ焼き屋の店長で
みのもんたの貧乏脱出に出演予定ですよ。



310 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:50 ID:44kCXxOb
もう1は寝たのか?
つまんないの。
1時まで汚部屋の整理をしている場合じゃなかったな。

311 :1:02/03/03 03:52 ID:Qcx8XX4P
>>302
うちはケーブル2Mbpsですがなにか・・・

非常に残念ですがもう寝ることにします・・・



312 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:54 ID:HZgQLH8f
>297のお子さんと大体似たような道を通りましたよ。私。
読書好き・お勉強(計算)好き。
6年生の頃には、大学受験問題をやってましたよ。

はっきり言います。
二十歳すぎたらただの人!です。
あんなもの何の役にも立ちませんでしたよ。

まあ、私の場合は、ですけどね・・・。
例として。

313 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:56 ID:HZgQLH8f
脳の形態も遺伝

314 :1:02/03/03 03:57 ID:Qcx8XX4P
>>312
継続して右脳訓練を続けていましたか?
実際訓練を続け、薬剤師や弁護士になって驚異的な記憶力(写真記憶)を
持ち続けている人がいます

315 :名無しの心子知らず:02/03/03 03:59 ID:IJxaX1dZ
>しかし、どういう子どもにしたいとか会話がどうとかいうものは、自然に育てていけば
>ついてくるものです。

子は親の鏡です。特に母親の性格の影響は大です。ついてくると解っているなら
もう一度>>186さんの文を読み返して、ご自身の性格から見つめ直しましょう。
最強の天才児を作る為には、子供にとって社会性・コミュニケーション能力は必須です。
母親に欠けていては子供もそれについてきますよ。

316 :名無しの心子知らず:02/03/03 04:04 ID:44kCXxOb
>うちはケーブル2Mbpsですがなにか・・・
くだらないレスだわ〜

317 :1:02/03/03 04:06 ID:Qcx8XX4P
>>315
そうですね・・・ありがとうございます!
どうも皆さんの荒らし(?)に正気を失っていました。
板上ということもあって調子にのっていたと思います
しかし私のような立場、考えの人とお話したいんですけどねえ・・・
あ!↑の体験談書いてくださった方々ありがとうございました!!



318 :1:02/03/03 04:09 ID:Qcx8XX4P
>>316
あなたの言葉は非常に下品!!
相手に対して失礼!!
普段の生活の様子が眼にみえるようです・・・


319 :名無しの心子知らず:02/03/03 04:10 ID:44kCXxOb
ハァ?どこが荒らしなのさ!?
あんたが気に入らなきゃ全部荒らしだって言うの?
とことんマイルール人間だな。
対等な立場で語りたいんなら自分でホームページ作って情報収集すりゃいいのに。
ここで聞くあんたはここの住民からしたら荒らし同然だよ。
2ちゃんはね、様々な立場がいるから面白いんだよっ。

320 :名無しの心子知らず:02/03/03 04:11 ID:44kCXxOb
あんたが上品にも見えないがな(w
私は2ちゃん流にレスしているんだがな。
ほんと、場違いな人間だ。

321 :1:02/03/03 04:16 ID:Qcx8XX4P
>>320
ほんとに救い様がない人ですね・・・
2ちゃん流という言葉を使って自分の心のBSを吐き出す・・・
人間として非常に醜いですよ・・・

322 :名無しの心子知らず:02/03/03 04:18 ID:h/0fvS2K

「天才児」がつまるところ薬剤師と弁護士じゃあ、説得力ないね・・

323 :名無しの心子知らず:02/03/03 04:18 ID:44kCXxOb
寝ると書いて寝ないあなたこそ救いようがない。

324 :1:02/03/03 04:20 ID:Qcx8XX4P
>>322
つまるところ・・・
写真記憶の持ち主のたとえを出しただけなのに、こんな風に受け取る・・・
頭のレベルの低さがばれてしまいますよ・・・

325 ::02/03/03 04:21 ID:44kCXxOb
寝ると宣言して30分・・・

326 :名無しの心子知らず:02/03/03 04:21 ID:h/0fvS2K
じゃあ他の豊富な例も出してね。


327 :1:02/03/03 04:22 ID:Qcx8XX4P
>>323
寝ないというだけで救い様がない・・・
まともに言い返すことも出来なくなっているんですね・・・


328 :名無しの心子知らず:02/03/03 04:23 ID:h/0fvS2K
写真記憶の持ち主と言えば神戸児童殺人事件の酒鬼薔薇がそうですね。


329 :1:02/03/03 04:24 ID:Qcx8XX4P
>>328
そうです
彼は異常に右脳が発達していたらしいです


330 :1:02/03/03 04:26 ID:Qcx8XX4P
>>326
スレをよく読んで書き込んでください!!
(ほんとに疲れる・・・)

331 :名無しの心子知らず:02/03/03 04:27 ID:44kCXxOb
あ、俺のまんま書き込んじゃったよ、ハハハ。
なーんて言ってみるテスト。

寝ようと思ってもレスを止める自制心がないんでしょ。
それは救いようがないよ、天才児の母になろうとする女として。
自制心ないんですか?

332 :名無しの心子知らず:02/03/03 04:29 ID:44kCXxOb
>>330
そこでまとめてあげるのが気遣い上手のお母様予備軍。
読んでくださいと言うのはただの人。

母親はただの人か・・・天才児がかわいそうだな。

333 :1:02/03/03 04:30 ID:Qcx8XX4P
>>331
自制心?
今、寝る必要がないから自制心とは一切関係ありませんけど・・・

334 :名無しの心子知らず:02/03/03 04:32 ID:7jh7Tz9M
まぁどっちにしろ、スレタイトルが悪かったな。

1さんは、
勉強ができて将来学者か教授になるとか、
スポーツが得意で将来スポーツ選手になるとか、
絵がうまくて将来画家になるとか、、、

そういう子供に育てたいって
ことなんでしょ?


335 :1:02/03/03 04:32 ID:Qcx8XX4P
>>332
まとめてあげる価値があるかどうかを判断して、処理しました・・・
別に「気遣い上手のお母様予備軍」になる気はありませんけど・・・

336 :53:02/03/03 04:34 ID:mtiiKJ9i
不思議な人だな

なぜ 煽りにばかりレスを入れるのか?
言葉は汚くてもちゃんとしたレスを返してくれている人もいたのに?

レスくれた人いい勉強になたよ
じゃ

337 :1:02/03/03 04:35 ID:Qcx8XX4P
>>334
ん〜確かにちょっとタイトル失敗しましたねえ・・・
気を引こうとしすぎましたね
これからもうちょっと考えます

338 :名無しの心子知らず:02/03/03 04:35 ID:mjzHeWZA
>336
はげどう。
私も含めレス欲しい人いると思うけど。

339 :名無しの心子知らず:02/03/03 04:37 ID:44kCXxOb
>>336
そうそう。
なんで私みたいな気に入らないレスをする人の文に無視できないんだかね(w

340 :1:02/03/03 04:37 ID:Qcx8XX4P
え!え!すみません!!
レスぬけてますか?
煽りっていうかちゃんと答えたいってのがあって・・・

341 :名無しの心子知らず:02/03/03 04:39 ID:mjzHeWZA
レスほしいっていうか、
ちゃんと読んでいるのかなってかんじ。
私だけじゃなく、ちゃんとした意見もあると思うんだけど。

342 :1:02/03/03 04:42 ID:Qcx8XX4P
やっぱり自分でスレ立てといて、聞かれた事にちゃんと答えないと
今度はみなさんが答えてくれないと思うんですよ・・・
で、煽りといわれる人たちにもちゃんと答えるとわかってくれるような気がして・・・


343 :名無しの心子知らず:02/03/03 04:43 ID:44kCXxOb
そうそう。真面目に書いた人とそうでない人を見極めろっ!

このレスに限っては真面目に書いたつもりですが、何か?

344 :名無しの心子知らず:02/03/03 04:43 ID:KQmgWUVd
ダメだよ1は。
2ちゃん向きじゃない。

345 :1:02/03/03 04:44 ID:Qcx8XX4P
>>344
そういう風に言われると元も子もなくなってしまう〜〜〜

346 :名無しの心子知らず:02/03/03 04:47 ID:44kCXxOb
>>345
だから自分の城を作ってそっちに呼び込めばいいの。
ここは皆がルールブックだが貴女の城は貴女がルールブック。
煽りも排除できる。
貴女にぴったりよね。

347 :名無しの心子知らず:02/03/03 04:48 ID:KQmgWUVd
兎に角ココでは早期教育や胎教に成功した例は無さそうだから、
他の板逝くか、ヤホーでも逝ったら?
成功例が2,3歳児じゃしょうがないんじゃない?
大人の例の場合はみな私も含めて玉砕してるし。

348 :名無しの心子知らず:02/03/03 05:04 ID:HZgQLH8f
>>314
右脳。
そんなもの会社でも病院でも必要ないの。
医者好きみたいだからあえて病院入れときます。
私は、薬剤師です。
実際の薬剤師なんて単純作業ですよ?
誰でもなれますよ。

うちの職場、ヒッキー多いのが特徴ですが、
小さい頃からの詰込み勉強で
お外に出てない子ばかりでした。
勉強させるより、人に会わせないとね、
社会適応しにくいですよ。

こんなん書いてると、育てゲー思い出します。

349 :312:02/03/03 05:06 ID:HZgQLH8f
>348も私です。

ええと、右脳訓練法ですか。
何か、右脳感化法だかなんだかわからない話もよく聞きました。
直観力テストとかいう、よく解らない代物もやたらやりましたよ。
聞かれたので答えました。

350 :312:02/03/03 05:11 ID:HZgQLH8f
そうそう。
私、名無しで書いたレスに返してもらってませんよ?
ちゃんと最初から読んで、レスくださいね。

351 :名無しの心子知らず:02/03/03 08:35 ID:igVrZ5iy
>>1
まずはよその女にだんなの子を産ませる。

50くらいまで読んでカキコ

352 :名無しの心子知らず:02/03/03 09:04 ID:dy/ieefK
おはようございます。
1の最初の書き込みに、七田式のことが出てたのでちと調べてきました。
ついでに家庭保育園(って七田とはまた別なのね…混同してたよ)も。
個人的に興味があって、シュタイナー教育とモンテッソーリ教育のことも
以前ちょっと調べたことがあります。

その上での印象なのですが、
そういった早期教育で、「天才児を作る」のは目的違いではないかと。
どの教育も、「子供の可能性を伸ばす」的なことは言ってるけど
「天才を作る」とは謳ってないです。

たしかに幼いうちに将来の可能性の幅を広げるのは、早期教育を進めるサイトを
見ているとできそうな気が(「気が」ね)してきます。
でもそれは「天才」とは何の関係も無いでしょう?
1さん自身が言うように、「タイトル失敗」すぎです。

ちなみに子供のお稽古(賛成派)のスレがあるので見てみては?
早期教育反対派のスレもあったような記憶が。
結構伸びてた家庭保育園のスレがまえにあったので検索したけど
うまく探せなかったよ。今は見られないのかな…。

353 :名無しの心子知らず:02/03/03 14:24 ID:TIG7jiTO
夫は子供時代、「天才」と呼ばれていたらしいです。
でも、呼吸器系が弱いので医者に家に閉じこもらせてはだめだと言われていたので
家では勉強せず遊んでばかりいたらしい・・・。
それでも、常にトップの成績で今は大学助教授です。

でもね・・・、勉強するクセが無いから今一つ研究に没頭できていないんです。
ちょっとチャランポランというか・・・。
子供が自分の持つ能力を最大限生かせるように育てる、というのは理想だけど
難しいですね。
それは方法論、マニュアルには乗らないと思いますし。

何をもって「天才」と呼ぶのか、という基本的合意が無いから
そういう曖昧な状況ではコメントしようが無いですね。

354 :353:02/03/03 15:04 ID:TFDv4L9V
続きです。

私は天才とは「天与の才」だと思っているので、後天的にどうこうできる能力は
あてはまらないと思っています。

今、私が子育てをする上で心掛けていることは
○「説明する・させる」こと。私も論理的に説明するし、子供にも
    きちんと言葉で説明させる。
○「なぜ」を大切にし、共に考え、時にはペンディングにする。
  (親が全て回答を与えないことも大事だと思います。)
○私自身が本に親しみ、また様々な勉強をする。
   親がやっていれば、子供も自然にそうなります。

程度でしょうか。

355 :名無しの心子知らず:02/03/03 15:08 ID:yIGRawrA
>353
お子さんはおいくつでしょうか?
どういうお子さんに育ってらっしゃいますか?
わたしも同じ様な事を心がけて育てています。
たしかにまわりの子より賢いといわれるような子には育ちましたが、
反面、理屈っぽく子供らしさに欠ける子になってしまいました。
自分の育児が正しかったのか自身がもてません。


356 :355:02/03/03 15:09 ID:yIGRawrA
×=自身
○=自信

357 :353:02/03/03 15:38 ID:mwHwAxkI
小学校3年と2年です。
うちの子供たちは、小学校で「20年前の子供のよう」と言われます(幼稚園でも言われました)。

子供たちはへ理屈が通用しないことは骨身にしみておりますので、
何か問題が起こった時に理屈で解決しようとはしません。

子供が感情や情動で行動した後に、後付けで理屈をつけようとする時があります。
それをきちんと指摘して、感情に理屈は必要ないこと、論理は(後からではなく)
結論を得るために使うべきであることを諭しています。
その点だけ押さえれば、大人から見て理屈っぽい子にはならないと思います。

358 :とおりすがり:02/03/03 16:45 ID:Rie75M43
353さん
ときには解答をペンディングする、というのはいいことですね。
優秀な教授はしばしばこちらの質問に対して「貴女の質問は、
じつに素晴らしい。正しく解答したいのでしばらく調べさせてほしい」
と答えていらっしゃいました。
反面、どうしようもない教師はうろ覚えの答えをそれらしく
口にした挙句、それが誤りだったなどということがありました。
子に対する態度として「この世にはしばしば、解なしの質問が
ある」というのは適切だと思います。また、わかるまで調べて
みる姿勢は、もっとよいことだと思います。

ところで、私自身不明なことをネットで調べるのが常套手段に
なっていますが、子どもに対してはその姿はどうなんでしょうか?
わざわざ図書館に行って辞典を繰る、というのはなかなか不便。
ネットは便利ですが安易な解決なのですが、その点、どう思いますか?


359 :とおりすがり:02/03/03 17:31 ID:9Dc+gSNz
とおりすがりに書きましたが、ここはすごいスレッドでしたね。
全部読んで、気分が悪くなりました(笑)
1さん、勝手に使って申し訳ありませんでした。

ところで1さん、たまにば逆の発想で行ってみませんか?
つまりまずは「凡人に育つにはどうしたらよいか」を研究するんです。

360 :/■\ウズウズ…:02/03/03 18:18 ID:nNcz5vQb
>>34 の一行目でこのスレ終わりだよ
>>95 自分の子供を天才と妄想し…マスコミネタ大事件を起こすようなガキになる可能性大
何も考えないDQNな親の子の方がマシかも
>>69 >>318 質問者としての最低限の礼儀にかける>>1
「親、先生に対する礼儀もわきまえていますよ」
の子を産み育てることは不可能。もはや邪教。教祖様ならなれるよ
>>90 悪いよ。電波警報発令中
>>90 柔らかいよ。ふにゃふにゃじゃん(>>53を除く)
>>148,>>150 アンタらの好きな「天才」の研究結果
>>157 禿同!>>166やめとけ。塩酸クロロプロマジン要処方。藁
>>194 それだけ「勉強」して…少なくても>>1は天才でないから天才の子は産まれない
>>219 >>1にとっては天才でしょ
秀才の子供をもうけたいと思う秀才の男は、>>1 に関わり合いをもたない
このスレにレスしている人は、世の中のDQNに埋もれてはいるけど、善良な人が多いよ(>>53を除く)
きっと、激しい競争の中をくぐり抜けてきた30代の人が多いと思われ
そんな善良な方々の忠告に耳を貸さないとは…>>72=>>138 さんの爪のアカでも煎じて…略

361 :/■\ウズウズ…:02/03/03 18:28 ID:nNcz5vQb
訂正 >>90 柔らかいよ。 → >>135 柔らかいよ


362 :記念カキコ:02/03/03 18:28 ID:PJAfbDOD
悲惨な>1と>53のいるスレってここですか?


363 :名無しの心子知らず:02/03/03 19:09 ID:ZubAWFjn
天才を育てる方法じゃないけど
まず、1人の子供を練習台として産んで育てて、育児とかに慣れておくのは重要だよ
何回か失敗を繰り返しながらでも、自信がついたころに本気の子供を産んでみる

うん、これは重要なポイントだね

364 :363:02/03/03 19:17 ID:ZubAWFjn
私も子供の頃から
「あなたは、育児の練習台なのよ」って言われ続けてきたからよく分かる

おいらと、上の弟は、実際に名前が「一●」「二●」
下の弟は「秀●」

食事でも、何故か下の弟は、ほとんどいつも一品多いし。

365 :名無しの心子知らず:02/03/03 19:43 ID:v/kWZHkG
今日は>1は来ないのかな
来たら教えてあげたいことがあるんだけどな

366 :(;o;)ばぶばぶ ◆hiRfkI.o :02/03/03 19:47 ID:hoKG5ef4
http://life.2ch.net/test/read.cgi/baby/1015135592/
だれかきて・・・さびしぃ

367 :名無しの心子知らず:02/03/03 20:18 ID:ZgpnnjGO
わははは。わたし、子どもの頃IQ高いって、何度も呼び出されました。
130くらいだし、公立の学校でやるテストなんて、あてにならない。
ああいう、短い時間でたくさん答える問題が、単に得意なだけだったんですけどね。
読むのが早いし。

たしかに、子どもの頃、勉強で苦労したことはなかったです。
でも、単にまわりよりちょっと進んでただけで(3歳くらいから、本読んで、
小学校の2年生からは文庫本を日に4,5冊よんでたから)、
努力、ってものをしたことなかったので、高校生くらいからは
努力してるひとにどんどん追いぬかされました。
根性ないから、継続した努力はできないんです。
おまけに、おたくになってしまい(脳みその大半はおたく情報を蓄えるのに
つかわれたのでしょう)、気付くと落ちこぼれてました。

大学はマーチレベルの私大、モラトリアムで大学院いったけど、将来性は
ゼロなので止めて、フリーターを経て、いまではただの、ネット中毒母。

仕事しても、何やっても物覚えだけは早いですよ。でも、そんなのって
すぐにまわりと差なんてなくなるし、大事なのは継続する根気や、
まわりと上手くやってく協調性。

自分と同じ轍を踏まないように、子どもには絶対字を教えませんでした。
(でも、いつの間にか覚えてしまった。5歳だったから、いいか)

368 :ぞまはんん:02/03/03 22:11 ID:KmxFtjyb
2ちゃんねるについて番組で話し合ったゾマホンです。

2ちゃんねる先進的で安全なホムペジですよ安全なホムペジ だから私は2ちゃん大好き
2ちゃんはネチケットがまだまだ他のホームペジより守ってない それは素晴らしい
なぜ2ちゃんねるはそこまで無法地帯かいうと IP出ないを大事にしてきたわけ
1994(ほんとは1999)年 あの2ちゃん出来た日の時に
ひっろゆきはたーのしいペジ作るための みんな名無しにおもしろいを与えたですよ
それは非常に素晴らしいこと
あのヤフーはねそれをそこまでやってこなかったから あのネチケットはね ずっと守ってきたですね
問題なのは今ね 今の問題  今はね 問題なのはね IPが出ないの>>1がいいことにはオオオオオナニ覚えたおさるさんみたいに
クソスレばっか立てるですよ。
そうするとね (クソスレの)数はどんどんどんどん増えてくる 私の調査です 私は2ちゃんねるに関して調査しているから
今ね>>1が立てたクソスレはどんどん増えてきたですよ 1日に250ですよ増えてきたら2ちゃんねるは危なくなるですよ
クソスレのどんどん増えてくる 増えてきたら2ちゃんねるは他の優良スレもう書けない
そうすると>>1がクソスレポコポコ作たなったら 私はもう2ちゃんねるから出るですよ以上!




369 :名無しの心子知らず:02/03/03 22:24 ID:Xdq2bNkv
>1って煽りばかりを相手にしてちょっと変わった人ですね。
わたしは2ch歴は短いのですが、逆のパターンが普通だと思ってたので
(煽りや荒らしを相手にしない・頑張れ意見の人と盛り上がるのとか)
煽りをまともに相手にするとこんな風になるんだなってちょっと勉強になりました(w

なにはともあれ頑張って天才児を産んでくださいな(w
願わくば、>1とその子供にはお近づきになりたくありませんけどね。

あ、祭りはもう終わりでしたっけ。

370 :353:02/03/03 22:29 ID:TFDv4L9V
>>358

お誉めに与り光栄です。

私が高校時代、生物を教わった先生は教科書の記述を元に、生化学のトピックス
を教えてくださいました。
教科書にはその時点で諸説ある部分は見事にぼかされていますね。
それを「これには幾つか仮説が立てられて・・・」と説明されるだけで
私はわくわくしたものです。
「これはこうだ」と提示しないことで、子供が仮説を立てて調べる、あるいは
もっと進んで自ら証明する喜びを味わってくれればと思っています。

私は今のところ、子供にネットは使わせていません。
国語辞典をリビングに置いて何時でも調べられるようにしています。
その他の疑問には学校の図書室の辞典を調べるようにアドバイスしています。
「調べて来たことはお母さんにも教えて」と言ってあるのでトクトクと説明します。

>ところで、私自身不明なことをネットで調べるのが常套手段に
なっていますが、子どもに対してはその姿はどうなんでしょうか?

親御さんが調べものをネットでなさるのは、良いことではないでしょうか。
様々な調査方法がある、そのうちの一つがネットだよ、ということですから。


371 :あらら:02/03/03 22:36 ID:/l5TpIQC
あのう、通りすがりのものですが、「自分の子を最強天才児に!」ってすごい事考えるなぁってびっくりしてしまいました。私も妊娠中は「産まれてくる子はかしこい子だといいな」と思いましたが
いざ、産まれて成長をみまもっていくうちに「やっぱ、自分の子だわ〜」って思う事が多いのに気付きました。
結論!!自分の子は所詮(ちょっと表現が違うかもしんないけど)自分に似ていくんだわ。
あなたが超天才なら話は別ですが、あまり過大な期待を自分の子にかけないほうがいいのでは?
それより五体満足で丈夫な子が産まれてくることを願っていた方がいいのでは?
今の時代、『自然に育てる』がどれほど大変なことか....。
すくなくとも、私は自分の子には天真爛漫に広い心をもって育ってくれるといいなぁと思っています。
この世の中それだけじゃ駄目よ、という人がいるかもしれませんが....。

372 :名無しの心子知らず:02/03/03 22:39 ID:KQmgWUVd
371は全部読まずにカキコですね。
それらは全て神である1にとって無駄です。
全て、玉砕されました。

373 :名無しの心子知らず:02/03/03 22:45 ID:v/kWZHkG
今日は>1はこないのかな〜

374 :/■\ウズウズ…:02/03/03 23:12 ID:76y3vBUi
>>369 “煽り”とは、挑発行為のこと。>>1はマジレスに反論しているんだってば!
このスレのレスを煽りと思っていたら「書き込みなんか怖くて…略」

375 :名無しの心子知らず:02/03/03 23:36 ID:/xIYUHJ7
>>1
がんばれ!煽りに負けるな!

376 :名無しの心子知らず:02/03/04 00:19 ID:AYAcXRAx
>>1は、煽りと遊びたいだけです。
ただのマニアです。

377 :名無しの心子知らず:02/03/04 00:28 ID:BISZBlEh
>>1
遺伝子は設計図であることを理解しているなら、
遺伝子である程度脳味噌の働きが決まるということが
理解できませんか?

IQが外的要因で飛躍的に伸びるという根拠を示して下さい。
ある程度伸びるのはわかります。でも天才になるほど飛躍的に伸びる
という集団的結果はでてますか?

遺伝子には、その人格を形成する性格に関する情報も含まれています。
性格にはハッキリと先天的な面と後天的な面があります。
先天的に生まれる子供が何にでも興味持つような性格とは限りません。
後天的にある程度修正できても天才を育てたいならば致命的ですよ。
その辺は遺伝子ということを無視してどの様にクリアーするつもりですか?

それに、先天的に天才は物事が解りすぎるが為に、周囲の雑音と
自分の立場に嫌気が差して自殺する確率がかなり高いと思います。
この辺は解っていますね。

最後に、
13歳から53歳までの40年間毎月1つずつとすると、
480個排卵することになります。この中に極めて天才になる可能性の
ある卵があるかもしれません。
一方一つの卵子が受精する一回の行為での精子の数は3億匹程度でしょう。
(相手が一人ならば)
この中にも天才の遺伝子をもっている精子があるかもしれません。

でも、これらの卵子と精子が受精する確率は極めて低いですよね。
なきにしもあらずですが・・・。
自分も鈍才、旦那も鈍才ならば、宝くじがあたるようなもんだと思っておいた方がイイね。
確実に宝くじを当てる方法は無いんだしね。
ではでは、頑張って下さい。


378 :353:02/03/04 00:44 ID:VGuI7kle
>>1
「天才」ってそんなに良いものなんでしょうか?
少なくとも親にとっては苦労の多い存在だろうと思います。

私のイメージする天才は「既存の概念を覆し、再構築する能力とエネルギーを持つ人」。
けれど、その能力は子供時代から発揮されるものでは無いでしょう。
天才の子供時代はただひたすら訳もなく、既存の組織からはみだしてしまう
存在かもしれませんよ。
その親はどれほど神経をすりへらすでしょう。

とはいえ、その選択は親には出来ないのだから、言うべきことは何も無いのでしょうね。

379 :名無しの心子知らず:02/03/04 00:47 ID:AYAcXRAx
1みたく、ヘンなのが増えて世の中おかしいはずや・・・いやだねぇ。

380 :名無しの心子知らず:02/03/04 00:56 ID:YkLGZda2
天才と何とかは紙一重、って言うものね(w
>377さんの説明で納得です。

381 :名無しの心子知らず:02/03/04 02:11 ID:i/ccN9m6
七田、ドーマン、井深など、天才児を育てる方法を書いた本は数多くありますが。
私が今まで読んだ中で一番キョーレツだと思ったのが
『天才とキンピラゴボウの作り方』という本ですね。
(著者名は忘れました。右脳が未発達なもので^^;)
この人は3人の子供を3人とも「天才児」ではなく「天才」に育てたそうです。

で、この人の子育て方法がキョーレツで。とにかく、子供を天才にするためには、
素地を作ることが大切ということで、文字も教えない、触れさせない、なるべく
自然の広いところへ連れ出してそこで遊ばせる、食事は玄米菜食で学校へも
玄米のお弁当を持たせる、子供を絶対しからないetc.と、常識ではまるで
落ちこぼれを育てるような育て方。
もちろん、子供達は中学卒業まで、勉強はクラスでいつも一番ビリ。
ところが、子供達は3人が3人とも、15歳を過ぎたある日、突然勉強が
したいと言い出して、猛勉強を始め、スポンジが水を吸うように、どんどん
知識を吸収しだす。18歳までには友人達に「嘘だろ」と言われるような
天才になり、音楽などでも才能を発揮するようになったのだそうです。

「キンピラゴボウの作り方」というのは、マクロビオティックのキンピラ
ゴボウの作り方で、通常の作り方とちょっと違い、塩を軽く振ってとにかく
ごく弱火でじっくり炒める。炒めて炒めて、もうこれ以上炒めたら焦げ付く
というところで、水を入れる、そうするとゴボウが元々持っていた甘味が十分に
引き出され、下手な味付けをしなくてもおいしいキンピラゴボウになるのだ
そうです。そして、子育ても、キンピラゴボウのように、じっくりじっくり
と素地を作ることが大切なのだそうです。

右脳を重視するというところは、七田等とも共通しているのかもしれませんが。
やり方は、まったく逆。
我が家では、そこまでやる勇気はないし、子供をしからないでいることなんて、
難し過ぎてできませんので、ごく普通の育児をして、ごく普通の子供に育って
ますが。
1さんも、そこまで「最強の天才児」を作る決意が固いのでしたら、
「天才児」でなく「天才」を作るのにチャレンジしてみてはいかが。
作り方詳細は「天才とキンピラゴボウの作り方」を読んでみてください。


382 :名無しの心子知らず:02/03/04 08:10 ID:LuRN2Tav
>>381
キョーレツですね。

ちょっと検索してみました。
「天才と、キンピラゴボウの作り方」
小倉充倭子 著  三五館
定価1300円+税

383 :名無しの心子知らず:02/03/04 09:09 ID:TtXiR14z
そうやって天才になる子もいるんだろうけど、ただの変な人で終わってしまうかも
しれない。。。自分の子で実験する気にはなれませんね。

384 :??c?c:02/03/04 11:52 ID:rwuEq0s4
>1は変な人〜〜〜!
そんなに『天才児』が欲しいなら、お金ためて、ものすごい天才の精子でも買ったら〜〜〜?
あなたと夫が普通のIQの持ち主ならいくら研究してもだめじゃない?
DNAはごまかせんよ。

385 :t ◆bLLl.fL6 :02/03/04 11:58 ID:nc/BJGGq
へえ〜こんな駄スレに400近いレスが。
自分の頭の悪さにコンプレックスを持っている人がこんなにいるとは・・・

386 :名無しの心子知らず:02/03/04 12:27 ID:5wapmG5w
ttp://homepage1.nifty.com/NewSphere/EP/b/genetic.html

387 :名無しの心子知らず:02/03/04 12:29 ID:5wapmG5w
ttp://homepage1.nifty.com/NewSphere/EP/b/genetic_kangen.html

388 :/■\ウズウズ…:02/03/04 13:06 ID:32CUu5cM
>>369,>>375-376 煽りというのは、>>385をいうんだよ
でも、>>385 ハズし過ぎ。痛い。ここにマジレスする人は大人だから
「漏れの学歴は…」
なんて自慢しないよ(京大卒なんかもいるかもね)
>>372 の言うとおり、>>1はマジレスを玉砕しているだけだよ。藁

389 :名無しの心子知らず:02/03/04 13:20 ID:5wapmG5w
ttp://www.oitaweb.ne.jp/hp/river/mitsugo-1.html

390 :名無しの心子知らず:02/03/04 13:54 ID:ej64nCO7
一通り読んだ新参者です。
『ギルフォードSI教育』って、御存知ですか?
引っ越しで子供(年少)が転園した先の幼稚園で
やっているのです。教材費が毎月加算されるので、
転入時「SI遊びって何ですか?」と先生にお聞きしても
「知育に役立つ遊びの一つですよ」としか教えてくれず。
先日、そのSIによる発達診断検査をした結果の
『知能構造診断分析書』が配付されて、その説明会に行って
ようやく少し分かったのですが・・・ほんの少しでした。
知能構造(SI)の、どういう部分を伸ばす事によってどういう
知能が育てられるかってもので。

私がものすごく疑問に思ったのは、この教育法自体は
どーでもいいんです。それなりに有効だと思いました。
でも、それをやっている側の園の態度が、すでに
ながら状態で、まるで流されているような感じだったのです。
途中転入して来た親に、この教育法がどういうもので
自分達の園ではどうしてこの教育を進めているのかすら
説明できない先生方なんて・・・・。

このスレッドを立てられた1さんも、何か
流されてませんか?何かをすればどうなる、ってな理論だけで
考えていませんか?
それよりも、親自身がどういう目的を持って、どういう信念を持って
この世に無二の我が子の親としてどう行動するか、が
大切では?

391 :名無しの心子知らず:02/03/04 15:09 ID:DaQ50hbM
なんか、「カッコイイorカワイイ奴しか友達にしない。」
って言ってるヴァカと同じという気がするのだが。
そういうこと言ってる奴に限ってブサイコ。
世の中イタイ。


392 :t ◆bLLl.fL6 :02/03/04 15:14 ID:LRPwmRKN
>>388
(´ι _`  ) あっそ
別に煽ってなんかいないけど?
他人のことを勝手に想像するのはいいけどあんたは京大卒なの?

393 :t ◆bLLl.fL6 :02/03/04 15:18 ID:LRPwmRKN
>>390
だから1は「最強天才児」を育てるという信念を持ってるんだろ。
流されてる?わかったようなわからんような雰囲気だけの言葉は慎みなさい。
バカモノ!

394 :/■\ウズウズ…:02/03/04 15:37 ID:32CUu5cM
  ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ´∀`)< >>393 「慎みなさい」? 
 (    ) | オマエの煽りモナー
 | | |  \______
 (__)_)

395 :名無しの心子知らず:02/03/04 19:50 ID:g9qqKwEH
アニヲタキモイ上げ

396 :>392>393:02/03/04 23:53 ID:Uwip06Vn
ププッ、アタマ悪すぎ

397 :名無しの心子知らず:02/03/05 10:42 ID:qIxkonrg
6歳の時に受けたIQテストで298点を取ったという
米国の男児(8歳)の母親(29歳)が、
「天才児の証拠」である数多くのテスト結果を偽造していたことを認めた。

英国BBCのドキュメンタリーで紹介された少年はその後、情緒不安定になり、
一時、専門の福祉施設に収容された。
母親は、うそを重ねて息子を傷つけたことを悔やんでいるが、
当局から保護怠慢の罪で起訴され、18日に初公判を迎える。

息子は才能に恵まれていると信じた母親は、
近所に住んでいた学生のテスト結果をもとに成績を偽造したほか、
知能テストでは、大学の図書館で
テストの手引書を見つけ、息子が答えを暗記していたという。

母親は繰り返し息子の精神治療を妨害、施設から連れ出そうとしたとされ、
当局は「天才児」であることを誇示するため
息子を過酷な日程で連れまわして、息子の発達を損なったと指摘している。

2週間前に息子と面会したという母親は、
これまでのことをわびると、息子は「分かったよ」と抱きしめてくれたと話している。

http://www.cnn.co.jp/2002/US/03/04/genius/index.html


398 :名無しの心子知らず:02/03/05 12:06 ID:OAzHxKbj
とりあえずドーマンの本読んで、木村久一読めばいいんじゃないのか。 
久保田競、三石由紀子、石井勲なども読んでおきたい。 でも、この辺は
1さんも既に読んでいるのではないか?

しかし、手法論だけを鵜呑みにすると手段と目的が逆転するのでご用心、
ご用心。 

しかし、1さん、貴方の思いは良く分かるが、書き方、レスの仕方等に
もう少し配慮がいるのではないだろうか? 

399 :1:02/03/06 01:55 ID:Hx2aZkOK
遺伝とは「親から子に、体の形や色などの「形質」が伝わる現象のこと」です。
知能指数は関係ありません。



400 :名無しの心子知らず:02/03/06 02:06 ID:zX7uvVmp
何をもって「天才だ!」と感じるか、1さんの感性によるところも大きいと思います。
(いや、勿論IQが高い、って言われればそれでお仕舞いっすけど)。
例えば、サヴァン症候群のような、カレンダーの日付を全て暗記している、
という能力をお望みでしょうか?

あっしの娘は、一応それなりの「早期教育」をしてきました。
今のところ、「学校の授業についていってる」という具合っす。
でも、昔昔、娘がまだトイレトレーニングをしている頃、
あっしがおじゃましたお宅のトイレのポプリを見て
「かわいい!いーな、欲しいな」って言っていた事をずっと覚えていて
10年近く経ったあっしの誕生日に
「前に『欲しい』って言ってたでしょ?」と、お小遣いを貯めて
ポプリをプレゼントしてくれた娘を、あっしは
「すげー!天才だ!」って思う。

401 :名無しの心子知らず:02/03/06 02:15 ID:g9R3jlCG
おお〜っ!400の娘、かわいい〜天才〜!
泣けるぜ!

402 :名無しの心子知らず:02/03/06 02:16 ID:0MIQhPZ2
>400
良いお子さんをお持ちっすね!

403 :400:02/03/06 02:25 ID:zX7uvVmp
>401-402
ありがとう!
あっしはこの子供の感性を大切にしていきたいと思う。

「何故?」と思う気持ちが「科学」の始まりで
「どうして」と思う気持ちが「哲学の始まりで
「「素敵」と感動する気持ちが「芸術」の始まり。

そうあっしは考えてきた。
食事、育児本、教室、教材、色々あるけれど、
あっし自身のアンテナが広がっていなければ、子供のアンテナは広がらない。
そう考えている。

1さんが、天才児を育てる「種」をお望みというのであれば、あっしは
それには答える事は出来ない。でも
天才児を育てる「土壌」をお望みであれば、あっしの経験から言える事がある。
それは、「自分自身の感性のアンテナを広げること」っす。


404 :七田:02/03/06 02:51 ID:j2nfZ+/4
1みたいな人が多くて儲かってます

405 :名無しの心子知らず:02/03/06 02:56 ID:2R5Ft+xn
>>400>>403
がイイコトユッタ!!

一概に天才と言っても子供本来の個性や性格、生活環境などの違いから
本の通り育てても必ずしも思う結果は生まれないかも知れない。
でもいい子に育てようと思い、実行する親の努力はその方向に間違いがなければ
きっと報われる筈、と思うんだけどな。

406 :名無しの心子知らず:02/03/06 04:37 ID:1F75iU20
7田真 のお教室に通わせてた子の話だと
入会時に お月謝半年前払いですとよ
その子は教育方針で旦那と離婚。
今は英語各国語のシャワーを浴びせる教室に・・・


407 :名無しの心子知らず:02/03/06 08:21 ID:018XtFjz
そうだよね。親自身が子どものよい手本にならないと。
例えば、幼児にいくら英語教室に通わせるより、親が普段から
英語の本をあたり前のように読んでいるほうが(もちろん、
親は英語なんて一切おしえない)よっぽど子どもは英語に興味を
もつと思う。
いやがる子どもにピアノを習わせるより、親が楽しそうに弾いてみせるとか
子どもの「教育」に血道をあげる親よりも、親自身が常に自分を磨く
ことを忘れないことの方が、大事だと思う。

408 :名無しの心子知らず:02/03/06 08:27 ID:g9R3jlCG
やっぱ天才を子に持つより、
可愛げのある奴を子に持ったほうが幸せだよ。


409 :名無しの心子知らず:02/03/06 09:22 ID:2FyafDZT
イイスレニナッテキタヨ

410 :名無しの心子知らず:02/03/06 09:22 ID:Lqq5FxpM
>>399
>遺伝とは「親から子に、体の形や色などの「形質」が伝わる現象のこと」です。

これは不正確な表現ですね。
「遺伝とは遺伝情報の機能的単位である遺伝子の、親から子への垂直伝授である」。
遺伝子は身体中のあらゆるタンパク質をコードしています。
これは身体を構成するもののみならず、制御統制活性化といった働きをするタンパク質
も含んでいるんです。
ですから、生物のあらゆる機能は遺伝の影響をまぬかれません。
ただし、その機能をきちんと使えるようにするためには、後天的な刺激が欠かせません。

411 :名無しの心子知らず:02/03/06 09:28 ID:u2X6qIxB
>>408
そう。同性にも異性にもモテる子の方がよっぽど幸せ。
他人に好かれる子にしたいな。


412 :名無しの心子知らず:02/03/06 09:34 ID:Ngb9O3IG
天才じゃなくてもいいや、アフォじゃなきゃ・・ってオモッタ。

今朝の読売朝刊の「どうなる学力」って記事中、都立高校の
所謂「底辺校」の一年生達は、新入最初の作文で「しんじく
(新宿)」「しくだい(宿題)」「わかた(わかった)」な
んて日本語を大真面目に書くらしい。「かなりの生徒は、
ひらがなさえ危うい」と・・。

難しい漢字が書けないとか、計算が出来ないとかってレベルを
ある意味超越したね。今の底辺の子供達は。

相対性理論が理解出来なくてもいいから、そのアインシュタインが
素晴らしいって言ってくれた「日本人」になってくれればいいや・・。
それだけで、満足です。私は。


413 :名無しの心子知らず:02/03/06 09:42 ID:g9R3jlCG
>412
私もソレ読んだよ。
暗澹としたね。そんなに酷いのかと。
それでも公立高校に受かってしまう現在の日本の教育の歪みを
其のままにする、ゆとり教育ってどうしようもないな。

414 :名無しの心子知らず:02/03/06 09:49 ID:MXLrCtha
>>412
アイタタタ・・・既出をガイシュツと読むほうがマシだ(w

415 :??c?c:02/03/06 10:43 ID:zVaanUF4
>408さんの意見に賛成〜〜〜〜^!!
>1さん、あなたは天才言う前に日常的な育児でつまずくよ!
難しい本に書いてある通りにはいかないよ!!
せいぜいわが子が夜泣きをしたりしないことを祈ります。
育児ノイローゼになって『虐待』なんかしないようにね。


416 :/■\ >>1はいずこ…:02/03/06 16:47 ID:zE/7JmJp
でも、相殺→ソウサツ、御利益→ゴリエキ、解毒→カイドク、会得→カイトク、
早急→ソウキュウ、世論→セロン(最後の二つは日本語化したが)
とか、『2ちゃんねる』で流行りそうで流行らない。
厨房ジサウクジエーンしないと無理か?

417 :1:02/03/06 20:36 ID:Hx2aZkOK
可愛げのあるアホより
可愛げのある天才を子に持ったほうが幸せでしょ・・・
>408の書き方だと、天才=可愛げがないということになる
根拠0・・・

418 :名無しの心子知らず:02/03/06 20:52 ID:RKpEdJgf
>417
天才=可愛げがないということになる 根拠0・・・

証拠はないが、見たことないんだな、これが。
天才って、子供の場合はカワイイより痛々しかったりもする。



419 :名無しの心子知らず:02/03/06 21:02 ID:zX7uvVmp
天才=可愛げがない
というよりか、天才天才とチヤホヤされる事で
子供が天狗になって「自分は特別な人間なんだ」と傲慢になる
傾向は強いんじゃないのかな、と思う。

私が読んだ本で、天才児を育てたという「ヴィッテ少年」の父親は
周囲に「ヴィッテの事をどうか誉めないで欲しい」と頼んでいたそうな。

そして何よりもヴィッテ少年の生活環境を大切にしていた。
その姿勢は非常に参考になった。

でも、「同年代の子供たちと遊ばせることは、無駄以外の何ものでもない」
と、周囲の子供たちと遊ばせる事はしなかった。
ヴィッテ少年の生まれ育った時代と違い、今はそんな選択の出来ない
世の中であるなら、一層家庭環境を大切にしていかないといけないな、って
思ってるっす。



420 :名無しの心子知らず:02/03/06 21:03 ID:YGCXDnkS
はぁ、私、自分が凡人なものですから。
子供が天才になっちゃったら、寂しいなぁ。悲しいかもなぁ。
子供の苦しみは理解不能になっちゃうだろうし、
子供も私には何も期待しなくなるだろうし。

やっと言葉が通じて、笑いあえるようになったんだもん。
それで十分。天才なんかじゃなくてもいいよ。


421 :1:02/03/06 21:18 ID:Hx2aZkOK
はぁ?
なんで子供の苦しみは理解不能になったり、
子供も親に何も期待しなくなるなんていえるんですか?
そもそも「天才」に対するイメージが貧弱すぎると思うんですけど・・・




422 :しなぷすちゃん:02/03/06 22:00 ID:J6/QMEHP
1さんの「天才」のイメージを教えて下さい。

423 :1:02/03/06 22:17 ID:Hx2aZkOK
書き込みはレスを全部読んでからにして下さい

424 :しなぷすちゃん:02/03/06 22:22 ID:J6/QMEHP
>>423
読みましたよ。
読んだけど具体的なイメージが湧いてこないので。
あなたが書いたことは全ての子供に望まれるべきことであって
特別に「天才」などと括るべきものでもないでしょう。

425 :名無しの心子知らず:02/03/06 22:28 ID:/ou8rm8B
>424
胴衣,>1の言う「天才」って大したことなさそう
っつーか「そのへんにいる賢い人」レベル

426 :1:02/03/06 22:31 ID:Hx2aZkOK
>>424
>>39

427 :しなぷすちゃん:02/03/06 22:36 ID:J6/QMEHP
>>426
読みましたよ。
優れた記憶力・理解力・表現力ですね。
これは別に「天才」とは関係ないでしょう。
全ての子供達は育て方次第で上記の特性を持つ事が可能です。

1さんは書物も沢山読まれているようですが
実際にご自分ではどの程度まで理解されていますか?
どのように育てればあなたのおっしゃる特性を持った子供が育つ、とお考えですか?

428 :名無しの心子知らず:02/03/06 22:41 ID:YXqAUEUV
家の娘5歳。
ばーちゃんに教えてもらって、百人一首20枚は確実に
覚えてます。夏と冬2回のオリンピックを見て
国旗30カ国以上あてられます。絵も全国展覧会に幼稚園から
出展してもらって賞をいただきました。ピアノもエリーゼの
ために位は弾けます。
でも、平仮名の鏡文字は未だ持って直りません。
親の意図だけではどうにもなりませんので
自然に育てるのが一番では?
ちなみに稽古事はピアノだけ。毎日ハム太郎ごっこして
遊んでいるだけ。特別なことはしていません。

429 :名無しの心子知らず:02/03/06 22:43 ID:1g3Y+epl
豆乳を飲ませるといいよ。

430 :名無しの心子知らず:02/03/06 22:44 ID:U9RDCRKN
たまには外遊びも新鮮だよ。

431 :428:02/03/06 22:46 ID:YXqAUEUV
そーなの、外で遊ぶのは好きなんだけど
今いち鈍いのよね。いまだに鉄棒の前回りもできません。

432 :名無しの心子知らず:02/03/06 23:16 ID:g9R3jlCG
香ばしい1が戻ってきたんだね。
もう戻ってこないと思ってたからビックリしたよ。
ウ〜ム、相変わらず香ばしい。
ところで1よ。まだ子供仕込まないの?

433 :イオン:02/03/07 00:52 ID:NqVwkHUY
すごく叩かれそうなんだけど・・・
私は1さんの考えがわかるっていうか好きですよ。
煽ってる(?)方は「天才」という言葉に敏感になりすぎじゃないですか?
私は前半の1さんのレスから、純粋に「すこしでもいい子に育ててあげたい。
そのためにも自分にできることは全てしたい。」というふうに取れたんですけど。
煽りに対する1さんの反応も極めて自然だと思う。
1さんが真剣にスレを立てたからこそ、頭から否定する人には感情的になると思います。
1さんは、将来の子供のために何十、何百という時間を費やして学習してきたのに
一方的にあんなふうに言われたら・・・
それに「お前には無理」とか言う人とかのほうが、現時点で人格に問題があるのでは?と。
1さんのコミュニケーション能力を問うレスがありましたが、みなさんは現実社会で
そのような話し方をされるのですか?おそらくそれでは成り立たないのではないですか?

このスレが立った瞬間から参加できなかったのが残念です。
しかし、1さんとは是非、このタイトルについて話し合ってみたいです。
煽りを100%無視しろとは言いませんが、続けてみてくださいね。
私も子供はいません。将来、天才に・・・とは考えていませんでしたが、
私は20歳をすぎて、自分はアダルトチルドレンと知り、それは代々続く
親の責任であると知り、私の代でそれを終了させると決意しています。
そういう意味で、親の教育は、絶対に大切であり、むしろ勉強は義務だと思います。
遺伝や、子供しだいと「放任主義」や「自由教育」の名のもとに努力を怠ることは
怠慢以外のなにものでもなく、無責任ではないかと思うのが私の気持ちです。
1さんはどう考えられますか?天才教育以外にも、その他の方面の教育は勉強済み
ですか?なにか情報がありましたらお知らせくださいね。

私も当然、健康な子というのが一番大切ですが、選べるなら天才の子が欲しいです。

長文を大変失礼・・・

434 :名無しの心子知らず:02/03/07 01:16 ID:2zSHGFqx
きっとイオンさんの為に1は戻ってきてくれるよ。

・・・・・でも全部読んだ?

435 :イオン:02/03/07 01:29 ID:NqVwkHUY
>>434
読みましたよ〜。
興味深いレスもたくさんありましたね。

これはお互いに言えることですけど、掲示板への書き込みだけで
相手の心理みたいのを読み取るのは難しいですよね。

でも2ちゃんでは、スレ立て人を煽るのが趣味みたいな人
(中には本音でぶつかってる人もいるのだろうけど)が一通り言うだけ言ったら、
必ずといっていいほど「あのときは、ああいった」とか揚足をとりにきますよね。

そもそも複数の人が一人の人をののしるのは恥ずかしいことなのに、
煽ってる側の矛盾や低レベルなレスには目をつぶる。
そして、せっかく良いスレを立てた人は疲れてこなくなる。
興味がある人も参加しにくくなる。

文句を言うほど怒りを覚えるなら見なければいいのに・・・と思います。

では今日は閉じます・・・。

436 :名無しの心子知らず:02/03/07 01:29 ID:6GeM0kX9
>434
同感・・・
1の考えている事は、一度は誰しも考えた事じゃないのかな、って思う。
我が子が天才である、という事をね。
(親ばかも含めて)
ただ、1がなぜ非難されるかというと、ガイシュツだけど
人造人間のように「つくる」という暖かみのない言葉故、だと思う。
喧嘩腰で噛みついてくるレスからは、少なくとも
何かを感じ取ろう、学び取ろう、という姿勢は伺えない。
1の望む「理解力・表現力豊か」な「ニンゲン」であれば
それぞれのレスの行間から読みとれるメッセージがあるのに。

437 :名無しの心子知らず:02/03/07 03:07 ID:vjtifiV2
イオンさんに同意!
そろそろ一通りの煽りも出尽くしたようだし、タイトルに基づいた
話ができるのでは?
353さんとかとおりすがりさんのお話にも大変興味があります。
キンピラゴボウの本も是非一読してみたいと思います。

ただ、私はある程度先天的な素質があることが絶対条件と考えて
いますので、1さんの説とは少し違いますけどね。そういうことも
含め意見をかわすことはかなり有意義なんではないでしょうか。

このまま意見交換できるような場になれば、環境や体験談など
追々披露していきたいと思います。
アメリカで子育てをしていますので、「天才」の定義が少し違うの
かもしれませんが、「Gifted Children」のクラスのご両親と接することが
多いので親のあり方については参考になるお話ができるかも?

今後の展開、楽しみにしてます。

438 :名無しの心子知らず:02/03/07 03:58 ID:MF1n9/pL
親がまず、「どういう子供になって欲しいか」
具体的に、強く心の中でイメージするのがまず重要。
天才児と漠然というけれど、子供の頃だけいくら天才でも大人になって
タダの人、では意味ないでしょ。そういうパターンって圧倒的に多いんだし。
東大に入れればもうそれでオッケーという時代でもない。
例えば「世界屈指のサッカー選手」とか、「天才シンガーソングライター」
とか、多少壮大でもいいから、最終目的が「何者」であるかを具体的に、
はっきりさせて、子育てに取り組むべきだと思う。
天才=遺伝、は違うね。
99%は育った環境。
もっと言えば、前述したような「親にどういうイメージを期待されて
育てられたか」が、一番重要。
大半の親はそういうイメージを子供に抱かないで漠然と育てるから
子供も漠然と育つんだよ。
そういう意味では、天才児を育てる親にも、これまた特殊な能力は
多少必要かもしれないけどね。あと執念というか。
それから、これは有名な話だけど、成果をあげた時に必ず誉める。
で、次のワンランク上の目標を与える。
基本はこの繰り返し。
絶対に叱ったりしてはダメ。

439 :名無しの心子知らず:02/03/07 06:59 ID:Ca+lgVQE
俺は幼少の頃、言語障害で殆ど話さない子供だった。
教育研究所という所に小学校低学年くらいの頃まで週に1回くらい行って
話す練習をしたり、長所を伸ばす為にとカードを覚える練習をした記憶がある。
小学校の頃は先生の言うことを理解しにくかったが
白昼夢を見ながら黒板を何気なく見つめてるだけで
自然に授業が頭に入ったから成績は結構良かった。
他の生徒が簡単に出来ることが俺には出来なかったり、時間がかかったりしたが
他の生徒が出来ない事を簡単にこなす事も結構あった。
学校生活では人よりストレスが多かったと思うし
親が厳しかった(特に母親)から、結局グレてしまった。
今は良くも悪くも普通の人になった。
俺の親父(特許を何点か取得した技術者)にしても
親父の叔父(勲章を貰った事もある大企業の元重役)にしても
話し下手だから遺伝だと思うな。
親父に至っては子供の頃から学校に行かずに
自分の好きなことばっかりやってたそうな。

右脳教育マンセーという風潮は俺はどうかと思うな。
学校ではバランスの良い子供のほうがストレス無くやれるだろうし
成長するにつれて左脳が優位になった時に、右脳のみに頼ってた子は
落ちこぼれる事もあると思う。
過度なストレスを与えると少年Aみたいな子になる恐れもある。
本来は子供に主体性を持たせる為に自由に行動させて
モラルに反する行動をしたときには冷静に叱れば良いと思う。
感情的に怒鳴ったり、むやみに叩くのは厳禁。
それに、さりげなく知的好奇心をそそるような物が家にあれば
才能のある子は自然に寄っていくと思うな。

440 :名無しの心子知らず:02/03/07 09:17 ID:kaToM699
>>1
グレン・ドーマンシリーズはお読みになりましたか?

441 :1:02/03/07 10:58 ID:8f2Ei1qN
>>440
もちろん!
全刊持っていますよ。

なんだかやっと落ち着いてきたって感じですね・・・




442 :1:02/03/07 11:10 ID:8f2Ei1qN
上記の皆さんの意見は非常に参考になりました.
ありがとうございました。
で、私的にはとりあえずもう少し早い段階(妊娠前、妊娠中)での対応についても
お願いします。
もちろん産まれてからの育て方も大事なのは当然ですが、それまでに出来る事もたくさんあると
思うのでその辺の情報、経験、理論等お願いします。



443 :名無しの心子知らず:02/03/07 11:14 ID:uvd6ZpKo
>1
ドーマン博士はもともと知障やダウソの教育の研究者
知障やダウソの知能を伸ばすために使ったメソッドを
健常児にも当てはめようとしているだけ
天才教育とはほど遠いと思うんですが....




444 :440:02/03/07 11:37 ID:p4vyl0IE
>1
まずは良い卵子・精子を育てるべし。
もちろん遺伝的にってことではありませんよ。
「タイミング妊娠法」市川茂孝著を読んだことありますか?

>443
早期教育のための登竜門ってことでいいんではないですか?
障害者でも健常者でも使われてない脳の割合は大差はないわけですし。
伸び悩むニューロンを刺激をすることや
天才でも基礎からステップは大切だと思います。
なんたって私も含めて凡人が天才を育てようというわけですから。
しかしドーマンを全て鵜呑みにしてるわけではありませんよ。
あくまで登竜門ですから。


445 :mama:02/03/07 11:49 ID:jaH1kCus
>1
あなたは妊娠前、妊娠中にどうしたら
天才が生まれると思っているのですか?

446 :1:02/03/07 11:50 ID:8f2Ei1qN
>>443
あてはめた結果どうなったかをわかっていますか・・・

>>444
読みましたよ。
もちろん取り入れるつもりです。



447 :443:02/03/07 11:52 ID:uvd6ZpKo
>>446
どうなったの?実例キボーン

448 :1:02/03/07 11:56 ID:8f2Ei1qN
>>443
はぁ?
あなたの言っていることはどう考えても矛盾していますよ。
本は読んだのですか?




449 :443:02/03/07 12:01 ID:uvd6ZpKo
>448
ドーマン博士の研究論文は読みましたが何か?
(ダウソ,知障についての)
一般書などは読んでいませんや
学問の世界では研究論文>>>>>一般書ですから
その一般書にいかに良いことが書いてあろうと
研究論文になって発表されてないものは糞ですね
(理論の裏付けがないと見なされます)





450 :名無しの心子知らず:02/03/07 12:01 ID:LZ1q7ns4
>>1
逆に教えてほしい。
情報を求めるだけでなく、そっちも情報提供したらどうかな。
ダメだと思っても、試したい人たくさんいると思う。

451 :名無しの心子知らず:02/03/07 12:03 ID:nCS/3pk8
あなたんちの本棚、すごそうですね。

天才児を作るには、天才的遺伝子を持った父親と母親が必要でしょう。
これをミックスして、いろんな調味料を加えれば出来あがりです。
ぉ試しあれ。


452 :名無しの心子知らず:02/03/07 12:03 ID:nCS/3pk8
451は1さんへのレスです。

453 :443:02/03/07 12:04 ID:uvd6ZpKo
>449
訂正
一般書などは読んでいませんや→読んでいません(藁


454 :1:02/03/07 12:12 ID:8f2Ei1qN
>>443
あなたは母親ですか?
糞だとかそういう言葉を使う人が母親だと思うと悲しくなってきます。
学問の世界では・・・ってここは育児板ですよ・・・

>>451
結局そういうことしか言えないんですね・・・


455 :443:02/03/07 12:16 ID:uvd6ZpKo
>454
母親ですが,何か?
母親が理論の裏付けをきにしちゃいけませんか?


456 :443:02/03/07 12:18 ID:uvd6ZpKo
>1
逆に,母親が理論的なことを考えなくなると
迷信,盲信のたぐいの育児書にだまされやすくなるのではないでしょうか?


457 :1:02/03/07 12:31 ID:8f2Ei1qN
>>450
とりあえず妊娠前からいくと
・新鮮な精子、卵子が受精するようにタイミングを計算する
・電磁波、放射線・X線・酸素不足等に気をつける
・バランスよくビタミン、葉酸、レシチン、DHA,鉄分、カロチン等摂取する
・胎教、音楽、読み聞かせ、外に出ての話し掛け
・母親の精神状態を安静に保ち、瞑想、思念等で子供と対話する
・ドッツ、絵カードを始める
等々一部ですが・・・


458 :437:02/03/07 12:33 ID:dd5NVnoj
天才教育とは無関係だとは思いますが、私が妊娠中には
ドクターに妊婦用のサプリを処方していただきました。
特にForic Acidというのが重要だそうで、これから
妊娠を考えている人も受精の3ヶ月位前から摂取した方
が良いそうです。(摂取は授乳終了まで続けます。)
日本でも販売されてますか?


459 :443:02/03/07 12:35 ID:uvd6ZpKo
Foric Acid→葉酸です
不足すると神経管の障害が起こるので
アメリカではサプリを取るのが流行だそうですね

460 :1:02/03/07 12:36 ID:8f2Ei1qN
>>443
わたしは全て理論的に考えて本を読んだり、資料を参考にしたりしているつもりですけど・・・
世の中数多くの説(理論)があるわけですから、それらを集め、噛み砕き、より分け、
自分の判断で取り入れるようにしています。

461 :1:02/03/07 12:39 ID:8f2Ei1qN
>>437
アリガトウございます!!
そういうのを待っていたんですよ!!
日本ではってことは、どこか外国で処方されたのですね?

462 :443:02/03/07 12:39 ID:uvd6ZpKo
まあ普通にメシくってりゃ摂取できるので
さらに投与する事が有効かどうかは知りません
アル中や抗ガン剤療法を受けている人には(葉酸が不足するので)
良いんじゃないでしょうかねえ

463 :1:02/03/07 12:44 ID:8f2Ei1qN
>>443
普通に摂取しにくいものもたくさんあるんですよ。
そういう情報をみんなで出し合おうとしているのに、なぜそんな後ろ向きな
ことばかり書き込むんですか?


464 :437:02/03/07 12:45 ID:dd5NVnoj
日本語では葉酸というのですか。ありがとうございます。>443

そうですね、気休めくらいにしかならないかも。
でも、1さんご興味がおありでしたらPrenatal Vitaminで調べて
みて下さい。

465 :443:02/03/07 12:48 ID:uvd6ZpKo
>463
後ろ向き??
まともなことを書いてるだけですが?
たとえば葉酸は不足すると障害が出るというデータは有りますが
過剰投与するとどうなるかは不明です
自分の体を実験台にしたいならどうぞ

あなたは「何かする」ということばかりに熱中して飛びついているようですが
「必要の無いことはしない」というのも母親としての選択の一つだとは
思いませんか?

466 :450:02/03/07 12:52 ID:LZ1q7ns4
>>1
いろいろやる事があるんだね。
何一つ試してないや。
電磁波なんて浴び放題だったかも。在宅で仕事してたし。
それが原因とは思わないけど、心疾患の子が産まれたよ。
でも知能その他、成長は普通の子と変わらなくなってるから、
これからでも勉強してみようかな。

467 :名無しの心子知らず:02/03/07 12:52 ID:nCS/3pk8
まず、うさまびんらでぃん 
を洞穴から探し出し、彼の精子を頂くのだ。
で、それをクーラーで保管しながら
アメリカへ渡り妊娠、出産。おっとその前に豪族と婚約ね。
アメリカなら研究は進んでるし、グッズもいっぱい。
サプリなんかよりどり緑!です。
これでもしなんかあっても、スタッフは揃ってるし
精神的ケアもばっちし!
どう?
最強だと思うんだけど、種類が違うか?

468 :名無しの心子知らず:02/03/07 12:53 ID:vNne0G+D
煽りじゃないけど
物凄い難産だったり九死に一生を得るような
経験をすれば天才になる確率は高まるよ。


469 :443:02/03/07 12:55 ID:uvd6ZpKo
>465
自分のレスにつっこみを入れるようだが
まあ多分葉酸は水溶性ビタミンだから取りすぎても大丈夫だろうとは
思うけどね,サプリマンセーもどうかと..

470 :437:02/03/07 13:05 ID:dd5NVnoj
これはなんの科学的証拠もないんですけどね。

10歳で大学に入学した少年のお母さんが、妊娠中納豆を毎日
食べていたとかで、私も実母に相当食べさせられました。
うちの子は5歳ですが3年生に飛び級させてもいいくらいだと先生に
言われています。(私と主人は今のとこ進んで飛び級させるつもり
はなく、いろいろ調べているところです。)

あ〜、でもやっぱ書いてて恥ずかしくなってきました。
私は納豆はただの偶然だろうと思います。
(443さん、突っ込みはなしにしてね。)

471 :443:02/03/07 13:10 ID:uvd6ZpKo
>470
納豆はvitKが多いから脳内出血の頻度が減るかもしれませんね(藁
つっこみませんよ〜
>1はあまりにかたくななのでつっこみを入れたくなるだけです

ところで
Gifted Childrenの教育について私も興味あります
ちょっと聞かせて欲しいな〜

472 :443:02/03/07 13:19 ID:uvd6ZpKo
飛び級についてはいろいろ(良い面も悪い面も)あるようですね
特に知能面での進歩と情緒面での進歩の兼ね合いが難しいとのことですね
そのへんのフォローはどうなっているのかも聞きたいところです
ん〜でも>437さんはもしかして深夜かな?寝ちゃったかな?

473 :名無しの心子知らず:02/03/07 13:21 ID:4p8MTkm3
若乃花、貴乃花の憲子ママも、妊娠中は毎日納豆を食べてたそうです。

474 :437:02/03/07 13:24 ID:dd5NVnoj
あと>>428さんのお嬢さんは典型的な「Gifted child」ですね。
鏡文字を書く子(又は書いていた子)というのは物凄く多いです。

日本ではそういう子の受け皿がまだまだ不足していると聞きましたが
どうなのでしょうか?親としてその子の才能を伸ばしてあげるのは
当然の責任なのですが、よく見受けられる「過度に繊細」とか
「感情の起伏が少なすぎ or 激しすぎ」といったマイナス面をフォロー
してあげることがそれ以上に大切だそうです。
(428さんのお嬢さんが、というのではなくあくまで例えの話です。)

子供が Gifted と診断された場合、もちろん嬉しさはありますが、
同時にさまざまな不安が生まれてきます。アメリカにはサポートグループ
があり、親同士いろんな情報交換をしています。

ジョディー・フォスターの「Little man Tate」はご覧になりましたか?
たぶん日本でもみつかると思います。


475 :437:02/03/07 13:32 ID:dd5NVnoj
443さん、絶妙のタイミング!

しかし、今日は限界です。また、後日いろいろ書きますね。
それでは、おやすみなさい。

476 :1:02/03/07 13:44 ID:8f2Ei1qN
>>437
納豆は非常にいい!
科学的根拠十分ですよ。
納豆に多く含まれるレシチンは脳細胞、神経細胞、神経伝達物質等の構成上
かかせないといわれています。

>>450
電磁波は大人や幼児にも有害です。
特に胎児の身体形成時に浴びせると奇形、神経異常の確立が高くなるといわれています。


477 :mama:02/03/07 14:28 ID:GOP02Xat
私も妊娠中に納豆を毎日食べていました。
今のところ、赤ちゃんは順調に育っています。
月齢に比べて反応は早いほうだと思っています。

1さんは専業主婦ですか?
私は育児休業中なのですが、9ヵ月半まで仕事をしていました。
お腹の中で聞いていたのか、言葉の飲み込みは早いようです。


478 :450:02/03/07 14:51 ID:LZ1q7ns4
>>1
一応、電磁波カットのエプロンしてたんだけどね。
そういえば、PCに全く縁のないお母さんもいたなあ。

で、>>1は今PCの前では何か対策でもしてるの?

479 :440:02/03/07 15:11 ID:HqguAEQD
>>1
読んでる?読んでると聞いてごめんね。
教えてチャンはちょっと辛いなと思って。
やっとだもんね、まともな会話になったの。
失礼な思いしてしまったら本当にごめんなさい。

夫は4ヶ月前から、妻は20週まで遺伝毒物の摂取を避けて下さいね。
当たり前のことだけど、たばこ・医薬品・食品添加物です。
食品添加物は見落としそうなので要注意です。
・亜硫酸塩(ハム・ベーコン・たらこ等々)
・着色剤(赤色3号、104号、105号)
・人工甘味料(チクロ)
・アフラトキシン(ピーナッツ、とうもろこし、豆腐などのかび)
・コーヒー

480 :名無しの心子知らず:02/03/07 16:04 ID:Ooa1qHIg
同じように育ちましたが、
妹はIQが高く、小さい頃は神童と呼ばれ、
一番難しい国立大に行きました。
でも今はいたって普通のOLです。
親は両方働いており、保育所から小学校までは公立。
記憶をたどっても、親はずっと忙しかったので
何かしてくれた記憶はありません。

私は中堅の私立大を出て、普通に会社員してますが。(鬱

481 :mama:02/03/07 16:48 ID:Mxg4YpiE
私も電磁波エプロンしてました。

482 :名無しの心子知らず:02/03/07 17:33 ID:3dO8kLZb
ぷっ・・・。1は自分の思い通りに妊娠できると思ってる?
世の中には、涙ぐましい努力をしても
子どもがさずからない人がいるんだよ。
妊娠したら、またおいで。



483 :1:02/03/07 17:46 ID:8f2Ei1qN
>>482
だから!・・・妊娠する前にすることがたくさんあるんだと言ってるじゃあないですか・・・
スレも読まず内容も理解せずに「ぷっ・・・。」なんて言わないで下さい。
非常にこっけいですよ・・・


484 :名無しの心子知らず:02/03/07 17:50 ID:TUYTCdIy
1さんも、かなりこっけいですよ・・・
だって天才を産み育てる知恵を、2ちゃんねるで大真面目で訊いてるんだもん。
ネタじゃないんでしょ?ネタなの??

485 :1:02/03/07 17:52 ID:8f2Ei1qN
>>450
電磁波対策としては
・モニターに電磁波カバー
・すぐ両脇に備長炭
・電磁波エプロン
・電源フィルター式電磁波発生防止装置
・マイナスイオン発生空気清浄器
です。

486 :1:02/03/07 17:58 ID:8f2Ei1qN
>>484
あのですね〜
きちんとお話ししようといってる人間と
その人間を茶化したりネタだネタだと言っている人どっちが
こっけいだと思いますか?


487 :名無しの心子知らず:02/03/07 17:58 ID:Gy7Q0TP7
>1
言い方はともかく、482の言う事ってちょっと考えた方がいいよ。
いくら妊娠前にすることを調べて準備万端でも妊娠できないことも
充分考えられる。子供は授かり物っていうじゃない。
気合入りまくりで知識を貯める人よりも、知識もあるが余裕もある人の
ほうが育児には向いてる。
このスレでの対応を見る限り今の1は前者だと思う。
後者になったほうが天才児も育つんじゃない?

488 :名無しの心子知らず:02/03/07 18:02 ID:YDli735o
万が一産まれた子供が天性の才能を授かっていても>1に育てられるのかな〜?
産みっぱなしで
「ハイあとは自分でどうぞ。アンタ天才でしょ。天才に産んでやったんだから
親孝行してよ」
じゃ駄目よ。

489 :1:02/03/07 18:03 ID:8f2Ei1qN
>>487
もちろん考えていますよ。
言っている事はよく理解して答えを返しているつもりですが・・・
それに、知識も有り余裕もあるつもりです。


490 :1:02/03/07 18:05 ID:8f2Ei1qN
>>488
産まれた後も色々やる事があるのでそんなバカなことはしません。
ちゃんと育てます。


491 :名無しの心子知らず:02/03/07 18:11 ID:TUYTCdIy
ネタではないのね。失礼しました。

まぁ、頑張ってください。
もし努力の甲斐なく凡人だったとしても、可愛がって育ててあげてね。

492 :450:02/03/07 18:12 ID:LZ1q7ns4
すごいなあ、ちゃんと電磁波対策してるんだね。
うちみたいに奇形が産まれたら、元も子もないね。
そうならない事を祈ってるよ。

で、もしちゃんと妊娠したら、
「最強天才児育成実践中」とかスレ立てて、随時報告してほしいな。
やっぱ、行く末が気になるし。
これが実証されたら、誰も何も言わないでしょう。

493 :名無しの心子知らず:02/03/07 18:16 ID:Gy7Q0TP7
>489=1
余裕が無いと思ったのは自分の欲しがっている情報には飛びつき、
(といっても、それも読みました!!的なレスであまり情報になっているようには見えないが)
批判的な意見には頭から馬鹿にしたような意見。煽りにもやたらに反論を返しているから。
前しか見えてないような印象を受ける。
こういうスレを立てた時点で煽りや批判的な意見が出る事は予想できたはず。
煽りは無視。批判的な意見にはきちんとしたレスを返してこそ余裕があるんじゃない?

1が真剣に考えていることは読み取れるが、育児書の類には机上論でしかないような物も多い。
自分の子を育ててみてはじめて分かるというのも、また真実だと思う。

494 :450:02/03/07 18:18 ID:LZ1q7ns4
>>493
そうだよね。
育児経験者の意見は貴重だと思う。
私も育てて分った事たくさんあるもん。

495 :名無しの心子知らず:02/03/07 18:25 ID:Gy7Q0TP7
493=487です。
ついでにいうと、私は1の考え方に真っ向から反対というわけでない。
子供には賢い子に育って欲しいし、自分の子にあった方法は常に
探して実行している。
しかし、1には地に足がついてないような、危なっかしい印象を受ける。
これはいままでレスをつけたたくさんの育児中の人が感じていると思うのだけど、
1は、それについてはどう思う?


496 :440:02/03/07 18:52 ID:fzHZMZgd
只今妊娠8ヶ月。私も机上の空論派です(^_^;
折角授かった我が子。
自分なりの最前は尽くしたいと勉強してます。

いろんな天才観があることでしょう。
私は自分が子供の時の夢を子供で叶えたいというのがあります。
・好奇心を満たしてあげたい。
・小学校の時に図書室や図書館の本が全部読めたらなんて素敵だろうと。
(凡人は児童書でも一日1〜2冊が限度。
 のちに速読をやってた子と出会ってびっくりした。)
・世界中の人と言葉の壁を乗り越え付き合いたい。文化を知りたい。
(英語だけでは限度あります。英語も習えないような人達と交流を持ちたい。)

これらは天才とはいえないかもしれませんね。
世に名を残してもらいたいとか全然ありません。
職業も何についてもらってもいいんです。
常に喜びと好奇心に満ちあふれた人になってもらいたいのです。
これって気合い入りすぎですかねえ>諸先輩方々

497 :>>1:02/03/07 18:58 ID:kQNbojBS
>遺伝子は関係ないですよ

検索エンジンで、BLUPもしくはアニマルモデルを検索しる。


498 :しなぷすちゃん:02/03/07 19:13 ID:Srzin1OZ
妊娠を望む女性が、有毒物質を避け精神的に安定した生活を送ることは
当然のことであって「天才」を生むためのことでは決してありません。

1さんはご自分のところにやってきた赤ちゃんが「他人と比べて」優秀だと感じる事が出来れば
充分に愛し慈しむのですか?
もしその反対に「他人と比べて」劣っていると感じたらどうするのですか?

人間の本能として健康で優秀な子供を望むのは極めて自然な事です。
しかし、それが余りにも相対的な評価によるものであるとすれば
親子とも不幸な状態であるといわざるをえないでしょう。

親から子への愛情って一体なんでしょう。
「天才」にすることが本当に唯一子供にとっての愛情の掛け方なのでしょうか。

499 :名無しの心子知らず:02/03/07 19:47 ID:/UDEgR2d
>496
気合はいりすぎとまでは言わない。
ただ、ほんっっとに子供は思い通りにはいかないよ。
それで子育てが嫌になっちゃうくらいなら、
下手な理想はもたないほうがいいくらいかもしれない。
あ、でもその
「喜びと好奇心に満ち溢れた人」には、
ぜひママが率先してなってみせてね。それが一番早道。
子供は親のやっていることを恐ろしいほど模倣して育つから。

「とんびが鷹を産む」ことはなかなかないようです。だから、
まれなこととしての諺になっているのでしょうが(笑)




500 :名無しの心子知らず:02/03/07 19:49 ID:I9o60xcc
子供は思い通りの気質で生まれないということを肝に銘じている人なら
どんな教育でも成功するでしょうけど、
子供とはこういうものと理想のみで取り組んでいったら失敗する。

501 :名無しの心子知らず:02/03/07 20:07 ID:O4PAPcZh
>496

あなた自身が、
・常に喜びと好奇心に満ち、
・図書館の本が全部・・・ではなくてもせめて半分読めて、
・世界中の人と言葉の壁を乗り越え付き合いえる、
そういう人なら、そういう子供に成長する思います。


502 :名無しの心子知らず:02/03/07 20:27 ID:9QLA5zO1
とりあえず今知ってる分でやるだけやって、成功したら報告してね〜
ダメだったら次の子でもーっと試してみて、成功したら報告してね〜

早くしないと子供産めなくなっちゃうよーん

503 :1:02/03/07 20:27 ID:8f2Ei1qN
>>497
ん〜今までのレスを読んでいますか?
「遺伝」とはその生物の「形態」が子孫に継承されることであって、
IQ等の能力とは関係ないんですよ。

>>498
>当然のことであって「天才」を生むためのことでは決してありません。

当然のことが根本にあって、始まる話でしょ・・・
なに訳のわからないこといってるんですか?

>「天才」にすることが本当に唯一子供にとっての愛情の掛け方なのでしょうか。

唯一って・・・
どこにそんな風に書いてあるんですか?
同じ育てるなら天才のほうがいいでしょ?
基本+アルファーって考え方が出来ないんですか?





504 :名無しの心子知らず:02/03/07 20:28 ID:nCS/3pk8
わはは

505 :名無しの心子知らず:02/03/07 20:33 ID:hWjFtm5Z
なんというか、受験前に本屋で参考書とか問題集とか買うだけ買って
形から入ろうとして結局失敗する人みたい…

っていうか、こういう考え方の母親が自分の子供と同じクラスとかだったら
すっげー嫌なのは私だけ?


506 :しなぷすちゃん:02/03/07 20:33 ID:Srzin1OZ
>>503
あなたは私の疑問に答えていませんよ。
子供が自分の思うような出来ではなかったらどうするのですか?

507 :しなぷすちゃん:02/03/07 20:38 ID:Srzin1OZ
1さんは文章を深く考察する能力をつけられた方が良いですよ。
この「深く考察する」という行為は実際に子供を育てるうえで
非常に役立つでしょう。

あなたの理論の組み立ては非常に底が浅いように感じます。
いわゆる付け焼刃というか。
本のウケウリをただ書き連ねているような。

508 :名無しの心子知らず:02/03/07 20:42 ID:ABX5Ofor
天才天才って・・・
天才であることが、そんなにいいものなの?
子供が幸せになるために必要な資質とは思えないけど。
っつうか、天才児(天才でもいいけど)で幸せに生きられた人って
少ない気がする。

過去レス読んでないので、(というかあまり読む気になれないスレだわ)
ダブっていたら失礼。

509 :名無しの心子知らず:02/03/07 20:43 ID:ABX5Ofor
>508は>1宛。

510 :名無しの心子知らず:02/03/07 20:44 ID:ulu2gRfu
>506
そうなってもこういう人は今までの自分の余裕の無さを悔いたりはしないよ。
全部子供のせいにしちゃうんだよ。きっとどんな子供でも上を見て嘆き、
周りを見て自分の子より劣ってないと安心できないタイプだから。
こういう人に子供が生まれたら子供が可哀想だなあと思うんだけど、
「どうしてそう決め付けるんですか?それが可哀想だと見てもないのに
あなたに分かるんですか?」とか吼えちゃうだろうねえ。

511 :1:02/03/07 20:45 ID:8f2Ei1qN
>>506
質問になっていません。
どの時点でのことかわかりませんし、教育はず〜っと続くものです。
それに「思うような出来」なんて子供に対して使う言葉とは思えません。
「失敗作だからリセットする」という答えを求めているんですか。
レスを読み直してください。


512 :名無しの心子知らず:02/03/07 20:46 ID:2zSHGFqx
ウ〜ン・・・・・
合いも変わらず香ばしい1。
このまま、唯我独尊で突っ走れ〜

513 :しなぷすちゃん:02/03/07 20:47 ID:Srzin1OZ
>>508
そうです。あなたのおっしゃるように「天才児」は統計学上の異常児ともいい
凡人が大多数を占める世の中では、生き難い、とも言われています。

アメリカ等では天才児を適切に教育する手段が整いつつありますが
それもまだまだ不完全です。
日本のような狭い島国社会で「天才児」を育てる事がいかに困難が多いかは
ちょっと世間をわかっている方ならすぐに見当がつきますよね。

本当に知的水準の高い人間はむやみに子供に「天才児」であることを
望まないものです。

514 :しなぷすちゃん:02/03/07 20:53 ID:Srzin1OZ
>>510
反省したり、忠告を受け入れる余裕の無い人というのは
所詮知れていますよね。
この1さんとお話ししていてもうまく噛みあわないのは何故かしら。

515 :名無しの心子知らず:02/03/07 20:57 ID:2zSHGFqx
>514
1さんは
唯我独尊・直情径行・天下泰平どどんがどん!
だからです。

516 :しなぷすちゃん:02/03/07 21:01 ID:Srzin1OZ
>>515
ワラタ。
マジレスすると一番子育てに失敗するタイプの親御さんと言えなくもないですねぇ。
1さんに幸あれ!

517 :名無しの心子知らず:02/03/07 21:02 ID:vhCJ8O7l
ここにいる人たちすら、思ったように誘導できない1に、
もっとわけのわからん自分のお子さまを、天才にできるとは思えない。
理解力も、洞察力も、説得力も、なんにもないじゃん?

所詮、思った通りにいかないのが子育て。
この状況を自分の思うように改善できないのだったら、
最初から天才なんて作れないから、あきらめたら?

518 :名無しの心子知らず:02/03/07 21:03 ID:Gid+ezWY
>515 同意
私にも香ばしいキティのにほいがします。別の意味で面白いですな。

あとね>1、2CHでもちゃんとしたスレにはちゃんとしたレスがつくもんだよ。
自分の立てたスレ読み返してみなよ。面白いから。

519 :名無しの心子知らず:02/03/07 21:04 ID:vhCJ8O7l
改善、じゃないね。ホントは。参加者、失礼!

520 :440:02/03/07 21:15 ID:vxM3+hQU
>>499
ですよね・・・。
過剰な理想・期待はしないように努力してきます。
やりたいけど今更恥ずかしいことを、
子供と一緒に経験して楽しんでしまおうと
親のヨコシマな気持ちも入ってます(w
まだ子供って夢ですね。
ひょうたんからゴマくらいにはなりたいです。笑

>>501
近づけるよう親も勉強ですね。

私自身、好奇心旺盛なのですがそれに追いつく記憶力がないが悲しいです。
すぐに忘れていく自分の頭の悪さがいやになる。
野鳥・野草・昆虫の観察が好きなのですが形や名前が覚えられない。
いちいち図鑑を調べなくてもパッと出てくる頭が欲しい。
あー子供って自分のコンプレックスの現れなのかもしれませんね。

521 :1:02/03/07 21:16 ID:8f2Ei1qN
>>513
本当の天才なら生きにくいなんて考えません。
ひとつ上の視線で周りの人間達とうまくやっていくものです。
浅く世間をわかったつもりのひとがそう言う事を言ってるのをよく見かけます。


>>516
子育てに「失敗」という言葉が非常に気になるのは私だけでしょうか。



522 :名無しの心子知らず:02/03/07 21:20 ID:2HiiRpPK
馬鹿と天才は紙一重なわけで、
その「紙一重な子」を受け止める親の器が、そうとう大きくないと、
才能を引き出す前に、子供を壊してしまうわけです。
1さんは、その点が心配ですね。

ただ、天才を育てるという机上の空論は面白いので、
「育児」としてではなく「教育」として別の板にスレを立てたらよかった
かもしれませんね。

523 :名無しの心子知らず:02/03/07 21:23 ID:ABX5Ofor
>>521
天才といわれる人の自殺率の高さがどのくらいかご存知でしょうか。

>ひとつ上の視線で周りの人間達とうまくやっていくものです
この程度を天才と言うのでしょうか・・・・びっくり。
これなら親次第で可能でしょうね。天才かどうかは別にして。


524 :しなぷすちゃん:02/03/07 21:23 ID:Srzin1OZ
>>521
あなたは「天才」を知らなさ過ぎる。
天才児と呼ばれる子供達にいかに精神的病変が多いかご存知無いですか?
それがどうしてかもご存知無いのでしょう。
本当の天才って誰ですか?
あなたのお子さんがそうなると?
努力をすればそんな子供が育つと?

525 :名無しの心子知らず:02/03/07 21:28 ID:2HiiRpPK
あれれ?
1のいう「天才」って、ただ単にお利口な子ってことなのかな?

526 :1:02/03/07 21:40 ID:8f2Ei1qN
>>523
その自殺した人たちは精神的に未熟だったのでしょう。
本当に天才なら自殺なんてバカなことはしませんでしょうから・・・
この程度?
言っている意味がよくわかりませんが・・・
要するに天才=変人で精神的に弱い
でないといやだということなんですか?

>そこまで言うなら説明と根拠をお願いします。

527 :1:02/03/07 21:43 ID:8f2Ei1qN
すみません↑の
>そこまで言うなら説明と根拠をお願いします。
>>524です



528 :名無しの心子知らず:02/03/07 21:44 ID:2zSHGFqx
天才って精神的に未熟・遅滞気味の人が多いんだよ。
1さんは知らなかったんだね。

529 :1:02/03/07 21:49 ID:8f2Ei1qN
>>527
それは知っていますが・・・
そうなるには理由があるわけで・・・


530 :しなぷすちゃん:02/03/07 21:49 ID:Srzin1OZ
>>526
悪い事は言いません。
これから母親になるというのなら、もっともっと勉強しましょう。

私は子供に「天才」なんてことはこれっぽちも望んでいませんでした。
ただただ健康に生まれてきて欲しいとそれだけを願って。
実際に生まれてきた子はここでも何度か出てきていますが
「Gifted child」でした。(小児精神科医のお墨付きです)

安易に「天才」と口に出して言うのもはばかられる辛さがありますよ。


531 :名無しの心子知らず:02/03/07 21:57 ID:J3zz/nQW
>1
もう一度自分の書いた1を読み直したらどうでしょうか。
経験談を交えて、おすすめの育児法、教育法が知りたかったんじゃないんですか?
今までのレスを見ると、おそらく教育熱心だろうと思われる方のレスも
たくさんあるんですけど、そのほとんどにレスしてませんよね。
あなたの対応次第では経験談、失敗談いろいろ聞けたはずだと思いますが。

天才についてのスレになっていて、天才児を育てる為に役立つことは
ほとんどありません。
524さんに説明と根拠を求めてもそれが1さんの役に立つとは思えないのですが。
自分の欲しい情報を引き出すようなレスの返し方をしたらどうですか?

532 :名無しの心子知らず:02/03/07 22:01 ID:i10cGrQw
>>531禿同、あなたが天才!!

533 :名無しの心子知らず:02/03/07 22:11 ID:ZCAlGdZg
>しなぷすちゃんへ
わけのわからん>1はほっといてちょっと質問です
Gifted Childは成長しても必ずしもGeniusにはならないと思うのですが
最近の考え方はどうなのでしょう
私的にはGifted Childは標準偏差を単に上に超えた者だと思っていますが
アメリカではそれを維持する方法論はかなり確立してきているのでしょうか
それとも模索中なのでしょうか

534 :しなぷすちゃん:02/03/07 22:24 ID:Srzin1OZ
>>533
成長が順調に進んだ場合は能力が存分に発揮され本物の「天才」
または「特殊能力者」になるのでしょうが
この順調な成長というのが非常に難しいとされているのがGifted Childです。
何故かというと幼い頃からその卓越した能力のせいで
周囲との疎外感に苦しめられ、孤独を避けるために自分の能力を隠し
無理をして周囲に合わせてしまうからです。
そのような状態が長期にわたって続くと子供自身が「鬱」的な病状を呈したり
やる気が極端になくなったりするようです。

そういったことを避けるためにアメリカでは隔離的な教育の場を設けているわけですが
そこでは子供一人一人の特性に応じた個性的な教育が行われるようです。
歴史的にみてまだまだ短期的な状態ですし、なにより数が少ないので
模索中というのが正直な所でしょうが、普通の世間で生活するよりは
子供達は伸び伸びと生活出来るようです。

しかし実際にいずれは世間へと出て行かなければならない時が来る訳ですが
その時にどうなのかはまだわかっていないのではないでしょうか。

翻って、日本での状況はどうかというと・・・・特殊能力児という認識さえも
世間一般的ではないですし、非常に厳しい状況ではないでしょうか。

535 :名無しの心子知らず:02/03/07 22:31 ID:J1nwBd1T
う〜む、ここまで読んだけど。
個人的に「天才児」を産み育てたお母さん達のレスには
すごく説得力が合って感心する。
本当に頭がいい人から天才児(こういう言い方でいいんでしょうか?)
が産まれるのだなと。
>>1さんが精神が未熟だから鬱になるみたいなこと言っていたけど
天才児と言えども精神的には発展途上で、そこがやはり「子ども」
なんじゃないのかな。当たり前のことなんだけど。
>>1さんが望んでいるのは精神的にも知能的にも成熟しているこども
なのかな。
精神的に熟するのは、いわゆる経験も必要だと思わない?

536 :名無しの心子知らず:02/03/07 22:32 ID:DiksBDYb
>534
ここにレスつけることじゃないんでしょうし、慰めにもならないかもしれません。
でも、頑張ってほしいです。
きっと私らじゃあ考えつかないくらい勉強もしたんでしょうね。
お子さんを育てるのは私には想像もつかない大変さだと思いますが、
お子さんの「Gift」を大事にしてあげてください。

537 :名無しの心子知らず:02/03/07 22:32 ID:ZCAlGdZg
>534
>特殊能力児という認識さえも世間一般的ではない

その通りですね
それにわかりやすい説明ありがとうございました

538 :しなぷすちゃん:02/03/07 22:44 ID:Srzin1OZ
>>536
ありがとう。本当に嬉しいです(涙
私もまだまだ発展途上。これからも沢山勉強していきたい(子供のために)
と思っています。

>>537
つたない文章でわかっていただけたでしょうか
また何か新しい事がわかったらここにでも(w レスしますね。

539 :名無しの心子知らず:02/03/07 22:59 ID:YDli735o
天才児は扱いにくいよ・・・。
親の欠点もよく見えるからね。
ぐうの音も出ないくらいの強烈な批判をされることを覚悟しておくべし。
反抗期(しかも低年齢)には的確に親が凹むツボを(コンプレックスなど)
寸分違わずピンポイント攻撃してくるよ。
感受性も強いしあなたの育児方針を冷ややかに批判するよ。

そんな子供でも良いのか?>1

540 :名無しの心子知らず:02/03/07 23:05 ID:YDli735o
http://life.2ch.net/test/read.cgi/baby/1015335611/l50
こっちのスレも読んでご覧なさい。
元できの良いお子さん達の話も参考になると思うよ

541 :353:02/03/07 23:15 ID:aaw/TOqs
しなぷすさん、はじめまして。
実は、私もわが子(小2)が特殊能力児の可能性があるのではないかと思っています。

子供は問題を解くよりも作る方が楽しいらしく、よく私に問題を出します。
1年生の時には「3-5」に私が一度答えただけで、マイナスの概念を理解してしまいました。
最近はお姉ちゃんの宿題の2けたのかけ算を見ていただけで、因数分解の概念がわかったようです。
この子は学校では授業の破壊者です。
先生が基礎の説明をしているのを遮って、次々と応用してしまいますから。

(もし、特殊能力児だったとしたら)きちんと診断を受ければ学校の理解が得られる
のでしょうか。
かなり深刻に悩んでいます。

542 :名無しの心子知らず:02/03/07 23:26 ID:VYPedhT0
公立の小学校なら無理だよ。
それこそ学級崩壊に繋がる危険児としてしか見られない。

543 :名無しの心子知らず:02/03/07 23:31 ID:gC/lebnF
「出来がいい子」と「天才」は、まったく別なんだね。
単に「出来がいい子」関係は>>540さんの紹介スレに行こう。

544 :名無しの心子知らず:02/03/07 23:34 ID:YDli735o
>>541
先生がお子さんに傷つく言葉を投げかけたりしなければいいけど・・・
私はそういう子だった。先生にいわれたのが
「おまえが知らなければならないのは自分が何を知らないかという事だ!」
低学年の時に言われて物凄くショックを受けました。
それが自分にとって物凄く恥ずかしい事だとわかったので
誰にも言えず悩みました。

545 :しなぷすちゃん:02/03/07 23:58 ID:Srzin1OZ
>>541
はじめまして。
日本における特殊能力児の扱いは先にも書いたように
非常に立ち遅れているのが現実です。
ですから>544さんがおっしゃているように、周囲の無理解な一言に傷付き
心を閉ざしていく危険性がとても高いのです。

ではどうしたら良いかというと・・・。
その方面に多少なりとも理解のある学校を探すしかないのではないのでしょうか。
公立では能力別の学級編成などはやらない所が多いと思いますし
突出することを嫌う傾向があるのでなかなか合わないのでは、と思います。

特殊能力児の心の拠り所は思春期までは完全に家庭(父と母)しかないと思います。
ですから子供の事を丸ごと受け止め、批判的になることは避けた方が良いのでしょうね。
頭が良ければ良いほど、疎外感を感じ周囲から浮いているような感覚を持ってしまうそうです。
下手をすると学校に行くこと自体になんの興味も持てず(バカらしくて)
引きこもってしまう事もあるようです。

子供が幸せな人生を送れるように、親が出来る事って何なんでしょうね。
私も今それを模索中なのです。

546 :名無しの心子知らず:02/03/08 00:04 ID:SdihDvqm
しなぷすちゃんさんのレス、すごく勉強になります。有難うございます。

高校受験時代に先生が「天才は1%の才能と99%の努力」と仰っていたのを思い出しました。
やる気になればなんでも出来る!!・・・・・・・かな?(w
明日から子供に対する態度をちょっと変えてみよう。

いい感じなスレになってきましたね。

547 : :02/03/08 00:16 ID:7JYKk7uh
英才教育で知能検査の成績が上がるから
IQは後天的だと思ってるのか…
電磁波対策しても親が電波じゃしょうがない

548 :名無しの心子知らず:02/03/08 00:21 ID:2zJbpjHb
なんか1が哀れになってきた・・・
なんの為にスレ立てたのさ。
所詮、空想の域を出ないね、未経験だと。
その他の育児中の方で良いスレにしていきましょう。

549 :しなぷすちゃん:02/03/08 00:26 ID:BisLscxP
>>546
ありがとう(テレ
皆で良スレに出来れば良いですね。

子供ってそれぞれ個性の固まりですよね。
親とは全く別の人格をもっているし。
その個性を見極め、その子に一番合った教育法で取り組む事が出来れば
能力をどんどん伸ばしていく事が出来るのだろうなと思います。

でも日本のようにともすれば画一的な集団教育では、統計学上の少数派は
はじ出されてしまうのですよね・・・。

550 :名無しの心子知らず:02/03/08 01:22 ID:SdihDvqm
ウチの息子は言葉が早かった。1歳前には「とーしゃんしごと」「いぬこわい」
とかの2文語(っていうんだっけ)もはっきり喋ってて、1歳半頃には看板を見て
セブンイレブンだのジョモだのと大人を喜ばしてくれた。
2歳頃になると50ピースくらいの子供用パズルにはまり、大人も驚く集中力を見せておったのだが。

ところが小三の現在、かつての神童(?)ぶりは微塵もなく、授業中集中力がなく困ると
担任の電話・呼び出し多数と、親の頭を悩ませる。
でもテストの点数は80点以上なんで授業を聞いてないわけじゃないんだよね、きっと。
相変わらず組み立てるおもちゃとかジグゾーパズル・図書室から借りてくる本なんかには
ご飯食べるのも忘れる程の集中力なのだけど。
あととにかくよく物をなくす。鉛筆、消しゴム等の細かい物は毎日、色鉛筆ケースごと、教科書、上着等、
なくしても探そうとしないのに、パズルのピースとかだと必死なんだよね。

だから息子に「集中力の使い所が違う!!」と良く責めちゃってたので反省。
息子は特殊能力児ではないと思うけど、親が学校の枠にはめようとしてて
息子に辛い思いさせちゃったなって。もう小一時間反省しても足りません。

>>549 ちょっと耳が痛かったです(w

自分語りなのでsageます。


551 :名無しの心子知らず:02/03/08 01:24 ID:SdihDvqm
ってsageってませんでしたー。ごめんなさいー。
ちなみに>550=546です。

552 :名無しの心子知らず:02/03/08 02:59 ID:ij7wmDBL
参考になるかどうか、ですが、妹の赤ちゃんがちょっと、凄い。将来、唯の
可愛い女の子かもしれないけど、11ヶ月の今、喋る、喋る(今日は、いないいないあー、ばいばい、
要らない、いや、あつぃ、ちゃーちゃん、バンビ、)。歩く(張った方が
早いので、はうことが多い)本を読んでるとき
は静か。トイレを教える(おむつを抱えて、母親の所に行く)。言葉を理解出来る(横の人は誰?と聞くと横を向くし、名前を呼べばはいと返事をする)
。検診で医者、保健婦を驚かす(3ヶ月検診でまず、お座りで。先日は喋って、医者が興奮して”2才ぐらいにならないと、これだけ喋らない”と言わした。
妹は勉強嫌いで高卒、義弟は3流私立大学卒。
妹曰く、ちょっと何でも早い見たい、だったけど、医者も驚いたので、
今ちょっと、怖がっている。妹は甲状腺ホルモン異常で薬を此処数年、服用中。妊娠後期も43kg
位しかならず(身長160cm)、奇形児の心配もあった。
五体満足、可愛い赤ちゃんだけれど、此の早熟は、薬の影響かも?
もし、そうなら、此の赤ちゃんは????
頭でかい。でも顔は小さく可愛い。でも、変わった赤ちゃん。



553 :マジで1に問う!:02/03/08 03:07 ID:XMqCGzHZ
結局アナタの言ってるのは、様々な能力を兼ね備えていて、かつ人格も素晴らしく
結果として幸福な人生を送れる人間を育てたいってことですよね?
もしそれが現実的に可能であれば、それを願わない親は居ないでしょうね。
もちろんここにレスしてる人含めて。それって究極の理想論ってことは認識してますか?

実際に育児してる人はそれが理想論だってことは充分分かってるし、
それぞれいろんな人生経験の中から、どんな生き方が子供にとって幸福かってこと
を会得しているわけですよ。
そんな人達の意見について、なぜアナタは真摯に受け止めようとしないのでしょうか?

仮に天才に育った子供が、アナタを恨んだとしたら?
子供は親の思うようにするための道具ではないし、我が子を天才に!と望むこと自体
親のエゴだと思いませんか?
天才であろうが凡才であろうが、その人それぞれの人生は誰のものでもないのです。

あなたが天才を望み、それに努力する姿勢が悪いというのではありません。
もしそのような天才が居たならば、社会に貢献し、素晴らしい活躍が期待できるで
しょう。
ただ、以上に書いたようなことについて、あなたのスタンスを知ることが
できれば、よりいっそう有益な(あなたにとっても)スレになっていくと思うのです。
どうぞよろしく。

554 :353:02/03/08 09:06 ID:33tObDv2
>>544さん、しなぷすさん、アドバイスありがとうございます。

今のところはやさしい先生に恵まれて、楽しく過ごしているようです。
学校は・・・難しいですね。
特に男子は土地柄なのか「先生には絶対服従」的な私立しかありません。
幸いなことに、今通っている小学校は大規模校で先生の手が行き届かず、
比較的自由にさせてもらっているようです。
(有り体に言えば、勉強の出来る子は放っておかれています)。
疎外感、孤立感はまだ感じていないようです。
と言うより、あまり興味が無いようなんです。
友だちとよく遊んでいるのですが、相手を名前以外把握できていません。

>特殊能力児の心の拠り所は思春期までは完全に家庭(父と母)しかないと思います。
ですから子供の事を丸ごと受け止め、批判的になることは避けた方が良いのでしょうね。

本当ですね。
学校が理解してくれなくても、家庭で子供を守ってやりたいと思います。

>>550
何か似てます、うちの子と。
忘れ物、落とし物は記録的だと言われました。

うちの子は非常に能動的です。
興味のあることには、矢継ぎ早に質問し考えています。
が、興味の無いことになると肩をゆさぶって「聞いてる〜??」と言いたくなることが
あります・・・。

授業で質問に答える時も、算数の場合は質問に答えず応用に走ってしまいますし、
興味の無いことの時はとんちんかんなことを答えています。
別のことを考えていたのでしょうね。

555 :名無しの心子知らず:02/03/08 09:54 ID:/V1O1hUL
しばらく、>>1さんの言動が気になりROMってました。

私は、小さい頃から色んな事が早かった様で、覚えてませんが、周囲からは
神童と呼ばれてました。私が幼稚園入る前に書いたというノートには、
「しょうらい、おいしゃさんになります」だの「がいこうかんになって、せか
いじゅうにいきたい」なんつー言葉が書かれてます。
親や親戚が、私に書かせて楽しんでた様です。完全に、オモチャですよね。

覚えているのは、幼稚園の絵の時間。「お友達の顔」をお目めぱっちりとか、
唇真っ赤とか、少しでも漫画チックに描こうもんなら、顔叩かれて、怒られる
んです。「顔をよくみてごらん!肌色一色じゃないでしょう!描き直し!」
・・・・トイレで鼻水垂らしながら、大泣きしました(藁
お友達は、可愛く描いたら花丸貰えるのに・・私も花丸が欲しかっただけなのに
・・って(藁

小学2年生の時、私が、遠い空を飛ぶ飛行機を見て、音と映像に差がある
のは何故だと聞いたそうで、それをきっかけに相対性理論を習いました。
実験は楽しかったけど、計算はつまらなかったです。そんな記憶しかあり
ません。

学校ではずっと普通の授業を、家と職員室では「大人の欲するレベルの授業」
と二重生活をしてました。それが、小6年生まで。「大人が欲する言動・知識」
を披露してあげて、大人の満足感をくすぐる・・。気、使いましたね、結構。
そんな環境のせいか、同時に私は吃音とチック症に苦しんできました。

小学6年の夏、それが元で酷いイジメを受けました。
ある意味「子供の世界」を達観してましたし、お友達も居ませんでしたから、
頭では冷静に解決方法を考えられたんですが・・・・心まではコントロール
出来ず、保健室常駐者になりました。

そこで、クレヨンと絵の具、画用紙を渡され、保険の先生と雑談しながら、
歌謡曲聞きながら、無意味な線や円を書きまくりました。今思うと、相当
ヤバかったようで(藁)でも、そういう無意味なものを書いたり、歌ったり
しても、変な踊り踊っても、先生は怒らなかった。それが嬉しかったですね。

中学からは、「普通」になりました。それでも、親が怒らなくなったのは、
小学校の保険の先生から、親と中学校の担任とで話し合いが持たれたから。
「ヤバイ子」になってたようです。私は。でも、中学では、友達が出来、
好きな人の話しをしたり、カンニングしたり(私は答えが解るんですが、
あのドキドキ感を経験したかった(藁)、授業をサボったり・・・・・・。
楽しかった〜。終いには、DQNの仲間にまでなり、盗みなんかも経験しまし
たけど、とっても楽しかった(藁) チック症は、この時から出てません。

30超えた今、吃音は大分出なくなりました。でも、親や親戚に囲まれると、
話せなくなるほど激しくなります。まだまだ、心は治ってないようです。

天才・神童。・・・結構な事だと思います。
でも、子供が感じる「不思議」を、丸ごと全部説かないであげて欲しい。
不思議を残してあげて欲しい。解らない・出来ないを悪いことと思わない
で下さい。子供のナンセンスを大事にしてあげてください。
親は親で居て下さい。ぎゅっと抱っこしてあげて下さい。良い子良い子
してあげて下さい。

・・・恥ずかしいけど、これが、子供の私が望んだ事。
そして、こんな大人になっても、親に対して思う事です。


556 :名無しの心子知らず:02/03/08 10:04 ID:vnfn6B5x
>555さん、
ありがと。555さんの文章読んで泣けてきた。


557 :名無しの心子知らず:02/03/08 10:15 ID:sBkGKmPN
>>555さん
>終いには、DQNの仲間にまでなり、盗みなんかも経験しまし
たけど、とっても楽しかった(藁) チック症は、この時から出てません。

わかるわかる!愛情に飢えた子同士でいると癒されるんだよね。
普通の子の家庭が絵空事の様に見えて「ケッ。なにあれ」なんて思っていたり
親は普通に接しているつもりだろうけどこっちは家庭でもどこでも
物凄く緊張してるからDQNの世界で気を抜くのはたのしいんだよね。
そのうち負けず嫌いな気質が妙なところで働いてどん底目指したくなったり(藁

私は吃音チックはなかったけどよくどこでもコップをひっくり返すとか
うっかり忘れ物するっていう失敗は多かったな。
あと時間の感覚がちょっとズレていたんだよな・・


558 :名無しの心子知らず:02/03/08 10:27 ID:toLShcI/
555さん、泣けました。

ここで訳の分からんレスを一度して無視されてたものです。
他のスレ「よく出来たお子さんをお持ちの・・・」スレでは
元出来た子として、自分の過去の話をレスしました。
555さんのように私は過去の事をリアルに思い出すのがツライので
細かに書きませんでしたが、
私も子供の頃から吃音に悩まされています。
普段は出ないのですが、とても緊張しがちな性格で
人と話してても相手の反応が気になって仕方なくなるんです。
そんな時決まって親の顔が目に浮かびます。

子供は子供なりの成長のスピードがあり
スポンジの許容量があります。
それを、「親の安心の為」と言っては
躍起になって詰め込ませ、期待をする・・・
子供は親の自己実現の道具じゃないんです。

こんなこと言ったら叩かれそうですが
外でお稽古事のかばんを持ち、子供の手をぐいぐいひいて
歩く親を見ていると、息苦しくなる時があります。
何時までたっても親の洗脳受けてるみたいです。

1の気持ちに少しでも共感できると思う人。
どうか、気持ちを改めて欲しい。

559 :名無しの心子知らず:02/03/08 10:32 ID:6QMDT1c4
一晩で名スレに変貌していてビックリ。
>555
そうなんですよね。子供の「不思議」、大事にしてあげたい。
それがどんなレベルの子でもね。

560 :353:02/03/08 10:37 ID:KCG83LRo
>>555
>親は親で居て下さい。ぎゅっと抱っこしてあげて下さい。良い子良い子
してあげて下さい。

これ、心に沁みました。
頭脳と心は別なんですね。
理路整然と大人びたことが言える子は、つい心も大人であるかのように錯覚して
しまうけど、ちゃんと子供として接しなくちゃいけませんよね。

・・・しかし、凡人の親があのアンバランスに対応するのは、非常に難しいです。
マジで専門家のアドバイスが欲しい〜。

561 :名無しの心子知らず:02/03/08 10:39 ID:uqPxcYJe
香ばしい1が来ないと名スレになるんだよん。>559

562 :名無しの心子知らず:02/03/08 10:40 ID:17FuQYTl
こんにちは。
ミントメールというのをご存知ですか?
これはアメリカで運営されていて、登録者は企業の広告メールを1通受け取るごとに
月に10ドルもらえるというサービスです。
メールを受け取るだけで良いので英語が読める必要はありません。
もちろん登録料・維持費は一切かからないためノーリスクです。
興味のある方は以下の手順に沿って登録してみてください。

↓まずはこのサイトを開いてください。
http://www.MintMail.com/?m=2316004

ここから(sign-up)をクリックします〜!!そしたら加入画面が出ます。
下記の説明通り入力すればいいです。
(*がついている部分のみ正確に入力します。)
- First Name*: 姓 → TANAKA
- Last Name*: 名 → TAROU
- Company Name: 書かなくていいです
- Street Address*: 市区郡より →MINATOKU TORANOMON 1-2-3 SUMAIRUMANSYON 101
(住所は正確に入力して下さい。この住所に小切手を送ります)
- City*: 都市名 → TOUKYOUTO, JAPAN
- State*: そのまま
- Zip*: 郵便番号 → 000-0000
- Country*: 国 → JAPANを選択
- Phone*:電話番号 → 国家番号(日本):81 + 地域番号の前0を除いた電話番号
03-1111-1111 → 81-3-1111-1111,090-1111-1111 → 81-90-1111-1111
- Fax:書かなくてもいいです。
- E-mail*: メールアドレス(全てがメールで処理されるから正確に書いてください)
- Confirm E-mail*: メールアドレスもう一回入力
- Year of birth*: 出生年 → 1970
- Gender*: 性別 → Male(男性), Femaie(女性)
- Password*: 暗証番号 (6文字以上)
- Confirm Password: 暗証番号確認, 上記と同じ
- how do you want to receive commissions that you earn?プレゼント選択
*gift certificates(double$$) プレゼント券(2倍) *cash現金
- do you want to be notified when your referrals sing up?*あなたの会員が登録された場合お知らせしますか?
 yes を選 択
- 興味ある分野10個まで選択します。(10個以上だった場合、エラーになるから10個まで)

- Submitをクリックすれば画面に thank youというメッセージと一緒にあなたのID番号と
 暗証番号が出ます。そして5分以内にあなたのメールアドレスに加入完了のメールが届きます。


563 :名無しの心子知らず:02/03/08 10:51 ID:/V1O1hUL
>>556
長いの読んでくれてありがとう。
私も、自分の子供時代を思い出すと、今だに餓鬼っぽい事ばかりを望んでる
自分が見えてきて、泣けてくる(汗

子供を抱きしめる、認めるって重要だと思う。凄く。

>>557
>普通の子の家庭が絵空事の様に見えて「ケッ。なにあれ」なんて思っていたり

あ〜・・そんな風に思えたら気が楽だったのかも知れない。
私は、土日に家族で海行ったー川行ったーキャッチボールしたーとか
って他の家庭の話しを、凄く羨ましく聞いてたから・・・。

私は、親や周囲に「やらされてきた」って感が強い。
全然、普通に接してくれなかったからなぁ、私の親は。

「なぜ?どうして?」って事に対して、親が答えを出す。それを一発で
理解出来るからって、それ以上は欲してないのに、関連する事を次から
次へと、無理矢理理解させられたって意識かな・・・。スゴイ嫌だった。
また、それを理解した私を見て喜ぶ大人の顔も、嫌だった。
醜い顔だなーってオモッてた。

私も、教科書とかよく忘れて怒られてた(藁
でも、低学年の頃って、あんな重い教科書毎日持っていくぐらいなら、
全部覚えて、頭の中で見ればいいのにってオモッテたから、怒られるのが
不思議だったよ。全部画像として頭の中に持ってるって感覚、先生に
は解らなかったのかも知れないけどね(藁


564 :名無しの心子知らず:02/03/08 10:56 ID:/V1O1hUL
>>558-561さん
解ってくれて嬉しいです。
頭と心は、別モノです。
「何故?どうして?」という知りたい欲求があるのは、
子供なら誰でも持ってる事だと思う。
それで親が、狂喜する気持ちも、今なら理解出来る。
でも・・やっぱり、子供は子供ですから。

私は、そう思います。

565 :名無しの心子知らず:02/03/08 11:00 ID:/V1O1hUL
>>558さん
・・・そろそろ解放してあげよう?自分を。
私は、あなたの苦しみは解る・・つもり・・だから、それしか言えない。


566 :555:02/03/08 11:27 ID:sBkGKmPN
>>563
なんていっても親が自分を見せびらかして悦に入ってるあの神経が許せなかったんだよね。

今の家庭は私もそうだったし私の妹はいつも知能テストやIQ測定、適正検査は驚くほどの
成績で就職も入社試験TOP。でも応用や気働きが出来ない。
夫もそうだったし夫の兄(今医者。やっぱり性格悪い)
もそうだったらしい。その妹もそうだったって。
お兄さんと妹は家庭が崩壊して離婚してる。
家族に求めるものが大きすぎたんだと思う。
これは書くと長くなるのでまた後程。
夫の場合見せびらかされる役はお兄さんが請け負ってくれていたから少し楽だったみたい。

義兄の子供たちも同じ。義姉の子供はADHDでLD。
私達の子供は・・・どうなんだろう。早生まれでまだ年齢も低いのでまだ
目立ったところはないのが幸い(?)普通なのかな。
わが子の情緒面での普通なところに感動を覚えるし尊敬する時もあるよ。
私から見たら物凄く聞き分けがよくいい子だけど
先生から見たらガンコでこだわりが強くて扱いにくいかも知れないけどね。
ただ・・音楽に関しては物凄い執着と集中力があるみたい。
そして忘れ物大臣。




567 :482:02/03/08 12:12 ID:dxkLYzGZ
>だから!・・・妊娠する前にすることがたくさんあるんだと
>言ってるじゃあないですか・・・

だから、それを全部やったら確実に妊娠できると
思っているのですか?世間知らずですね。
妊娠したら、またおいで。




568 :名無しの心子知らず:02/03/08 12:27 ID:2zJbpjHb
ところで、>>1
不妊の可能性は考えた事あるのかな。
旦那ちゃんと種ある?
あなたの畑は大丈夫?
いざ、作ろうとして出来ない人っているんだよ。

569 :497:02/03/08 13:46 ID:j6t0UUax
>1
アニマルモデルは能力評価であって、形態の評価でもあります。
現に畜産で活用されており、世界で認められているこの評価方法は
牛の「乳を出す」能力なども含まれています。
当然評価遺伝形質には「足が長い短い」などの単形質もありますが、
個体の能力(乳を出す能力)などは複数の遺伝子によって表現され
るものだとの理解されていて線形形質と呼ばれており、アニマルモデ
ルではこの線形形質についても評価されています。
頭の良さなどはこの線形形質でしょう。

実際に乳牛の世界では、少し前までは「乳を出す能力」について、
親同士が優秀であれば子が優秀という前提で改良が進められてき
ましたが、飼養方法によって乳を出さない牛があり不完全であった
改良が、この遺伝子評価を行うことにより改善されました。

では、何故このような優れた評価方法が人間に適用されていないか、
または広がっていないか、わかりますよね?
社会がうまく成り立つためには、あえて目をつぶるところも必要だとい
うことです。

それで本題ですが、あなたの子供はあなたの子供です。頭のよさが
単形質の遺伝子で表現されるのであれば、配偶者によってF1の効
果も期待できますが、線形形質である以上、期待値としてあなたから
半分の能力が伝わってしまいます。これはどうしようもないことです。
そうしたくなければ受精卵移植にて他人の卵子から作成された受精
卵を体内に入れて出産するか、養子をもらう以外に方法はありません。

私も人の親ですので、我が子には頭が明晰で性格も良くなって欲し
いと心の中の片隅では思っておりますが、逆にそう親が思い込みす
ぎることで子供にとってはプレッシャーとなり、人格形成に大きな影を
落とすことが予想されるために、我が子に対しては何も要求しており
ません。出来れば健やかにたくましく育って欲しいとは常々思ってお
りますが。
ですので、子供は親程度(もしくは低い)というのが世の常ですので、
逆に親よりも優秀なところがあれば自分が成し得なかった分、その
分野で活躍できるように親が道を切り開いてあげるのが、本当に子
供のことを思う親のすることではないでしょうか。親は所詮子供の踏
み台ですからね。

結論:蛙の子は(最初はおたまじゃくしかと思っていても)蛙です。
鳶が鷹を産むのは、現代の統計学上ありえません。ただし、環境に
よって鷹に限りなく似せることは出来ますが、飛べなくなる危険性が
常に付きまといます。


570 :名無しの心子知らず:02/03/08 14:13 ID:aFLihs2L
はじめからあきらめてネグレクト状態になっている親よりは、熱心な親のほうが
軌道修正できそうな気がする。
子供に多くの機会を与えたいと思うのは、愛情表現のひとつ。でも、恋愛と一緒で、
彼のため、彼のためとがんばっても、ストーカーになってしまうこともある。
だから、自分の教育方針や行動を子供がどう思っているのか、立ち止まって考える
時間を持てるといいね。私も。

571 :1:02/03/08 14:30 ID:ZlUuPsME
>>462
>だから、それを全部やったら確実に妊娠できると
>思っているのですか?世間知らずですね。
>妊娠したら、またおいで。

う〜ん読解力が不足しているようですね〜〜
妊娠する前にすること=妊娠する方法じゃなくて
妊娠する前に準備しておかなくてはならない事です。
別に確実に妊娠するとも思っていませんし・・・

世間知らず?
あなたの言っている事がおかしいのは明らかですよ。

>>497
言いたいことはよくわかります。
しかしそれは人間が能力(脳力)を100%使い切っていたらのはなしですよね。
ご存知かとおもいますが人間は脳の力を3〜5%しか使えていません。
そのパーセンテージをちょっとでも上げてやることが大事なんであって
親の能力とは関係ないんですよ。
あなたの言うように形質・運動能力・機能等は両親の遺伝子から引き継ぎます。



572 :名無しの心子知らず:02/03/08 15:12 ID:+h3nq/PS
2ちゃんやってる間に、己が勉強すべし。

子は親の姿見て育つと思う。
親が勉強熱心であればおのずと子も親の姿を見て育つでしょう。
それ以外に何もする事はない。
宗教がかった育児本読むんじゃなくて、
もっとアカデミックな本を沢山よんで、そこで蓄積された知識を子供に分け与えたら
いかがでしょう。賢くなるよ。
親ほど先生に適した人材はいないからね。


573 :名無しの心子知らず:02/03/08 15:21 ID:+h3nq/PS
幼稚園(年少)で見てても、賢い子の親は皆、すごく勉強or仕事熱心だよ。
小学生高学年並に漢字の読み書き出来る子がいますが、
母親は翻訳家でいつも本を手放さないような本好きの女性です。
特に何も教えてないけど、自然に覚えちゃったのよねと言ってました。

DQN親よりも、勉強や仕事が好きな親の方が賢い子供が生まれるのは
当たり前じゃないかと思うわよ。すでに環境が違うし、子供の疑問にいつでも答えられる
下地がそろってんだもん。

574 :名無しの心子知らず:02/03/08 16:35 ID:Cg3d6Mdx
>>553さんが書いているけど、
>結局アナタの言ってるのは、様々な能力を兼ね備えていて、かつ人格も素晴らしく
>結果として幸福な人生を送れる人間を育てたいってことですよね?

>>1がどんなことを言ったとしても、所詮これが1の望みなわけですよね。
これってさ、生まれた時から子供は成人並みの精神力を備えたスーパーお子様という設定で
1は何一つ苦労せず悩まず、周囲の人には羨望の目で見てもらえ、
最後に、成人して成功した子供に大切に守られて暮らしたいって書いてるようなもんで。
子育てにおいて自分が何一つ磨り減ることなく、逆に苦労どころか
子供から、良い目見せてもらいたいのね。

本当に、夢ばっかり見てないで、自分の与えたれた環境を認識して、地に足つけて
もう一度きちんと人生考えたらどうよ。
わかんないなら、「結婚するなら、年収5000万以上で〜、カッコよくって〜、
家事も出来て〜、私のことを守ってくれる人〜!!」とかいってるバカ女と一緒。



575 :とおりすがり:02/03/08 16:46 ID:/DCXzJjt
またここに舞い戻ってきましたが、得がたい情報があるというのに読んでいて
気分が悪くなる雰囲気は1さんのもっておられる「空気」でしたね。
子どもは空気を敏感に察知しますよ、もっとフンワリした文章を書いてね。

どなたか、別スレを立ててくれたらいいんですが、、、、、

576 :名無しの心子知らず:02/03/08 17:34 ID:IYrpG3NI
>>574
いや >>1 の望みはやっぱり「子供は幸福な人生を送って欲しい」ということだと思うよ。
それは親として当然のことなんだけど、
ただ、「天才的な能力を持っていたほうが幸福になれる」と考えている点が
世間の常識と異なっているし、反感を買ってるんだよね。

このスレには、元天才児や天才児を育児中の人の貴重な話がいろいろあって、それを読めば
特殊な能力を持つことが必ずしも幸福にはつながらないし、その能力を大人になるまで
順調に伸ばし、開花させることがいかに難しいかということがわかるだろうに、
>>1 が何故、あえてそういう苦難の多い道を歩みたがるのかが正直わからないね。

漏れも最近人の親になったけど、子供にそういう特殊な能力はまったく求めないなぁ。
むしろ、多少愚鈍でも自分の内なる声にしっかり耳を傾けて、
地に足のついた人生を送れるような人間になって欲しいよ。

「この世に、継続に勝るものはない、才能は継続に勝ることはできない
才能がありながら成功を収められない人々は山ほどいる
天才も継続に勝ることはできない
恵まれない天才などはほとんど語り種となっている
教育も継続に勝ることはできない、この世は教育を受けた落後者だらけだ
継続と決意こそが、絶対的な力なのである 」

米国元大統領 カルヴィン・クーリッジ の言葉


577 :名無しの心子知らず:02/03/08 18:15 ID:U6h4LoBd
まあ、情報を集めていろいろやってみるのはいいんじゃないの?

>>1さんへ、マジレスです。
妊婦になる前から、タバコはもちろん、飲酒も控える。バランスのいい食事をする。
妊婦時代や子供の食事のためにも、料理や栄養の研究はかかせないですね。
よい環境で育てられるように、お金を貯める。熱心にやるのであれば、教育費も
かかりますが、他人の手に委ねては気が気ではないでしょう。育児に専業する
しかありませんから、お金はいっぱいあったほうがいいですよ。
妊婦になると脂肪がたまりやすいです。妊娠中毒などを予防する意味でも、
たくさん運動をして、代謝のよい体を作っておきましょう。
サプリメントの中には、まだ研究が進んでいないものもあります。ビタミンAの
過剰摂取への警鐘がだされたのも、ここ5年ぐらいではないですか?サプリメントに
頼らず、なるべく食品から栄養を摂取しましょう。
それも安全な食品を選ぶ目をもち、少々高くても、食の安全を選びましょう。
ご近所からもかわいがられるよう、普段からお付き合いもしておいた方がいいですね。
ご近所の目が、子供を危険から守ってくれることでしょう。
生まれたら、多少高くても、これだ!と思った知育玩具や教材を子供に与えてみては
いかがでしょうか。もちろん、毎日育児日記を詳しくつけ、子供の初めてを
克明に記録しましょう。もちろん、おやつも手作り。お菓子ではなく、おやつ。
そして、これらのことが子供のプレッシャーにならないよう、配慮が必要です。
時々育児のコンサルテーションでも受けられてはいかがですか?

ここまでやって、子供が天才にならなかったら、あきらめもつくでしょう。
がんばってくださいね。

578 :名無しの心子知らず:02/03/08 18:27 ID:vx4ns8Me
姑や舅、親戚、近所の子どもが接しそうな人、すべてに理解を求めておかないと、
せっかくよい食品を用意していても、無駄になりそう。
がんばってね!

579 :名無しの心子知らず:02/03/08 18:44 ID:DzTp2x7w
>1=>571
>ご存知かとおもいますが人間は脳の力を3〜5%しか使えていません。
>そのパーセンテージをちょっとでも上げてやることが大事なんであって

それは下手に上がるとヤバイ部分じゃないの?
何だかもう、私には>1が子供を天才児というよりも
北斗神拳の使い手にしたいんじゃないかと思えてきたよ。


580 :1:02/03/08 18:53 ID:ZlUuPsME
>>577、578
ありがとうございます!!
フムフムなるほど・・・
でもこれといって目新しいものはありませんね・・・
現時点で実行できるものは全てやっていますし、
当然タバコは主人にやめてもらいましたし、
知識、各種用具のメーカー、価格、預金、育児日記、手作りおやつ等
考えています。


581 :名無しの心子知らず:02/03/08 18:57 ID:LwhQk9N/
>1が来ると見事に駄スレになりますね

582 :名無しの心子知らず:02/03/08 18:57 ID:KvT6NrdE
>北斗神拳

激ワロタよ〜
成長のあかつきには、
「私の屍を超えていきなさい!!」と子供に命をいけて
勝負を挑む>1

カコイイ!!!!

583 :名無しの心子知らず:02/03/08 19:00 ID:rYeIs71o
>>579
>北斗神拳の使い手にしたいんじゃないかと思えてきたよ。
なんとなくわかる気がします。

584 :582:02/03/08 19:05 ID:bxrWOfoP
命をいけてどーする。
>命をかけて

でした。失礼・・・・

585 :名無しの心子知らず:02/03/08 19:12 ID:3li2gKM3
そして1は大方の予想通りの反応(クス

586 :名無しの心子知らず:02/03/08 19:22 ID:2zJbpjHb
1って、どうしてそんな態度しか取れないんだろう。
人間的に問題あるんじゃないかな。
でなきゃ、みんなそんな反応しないはずだもん。
我が子の能力をなるべく引き出したいっていうのは誰も思う事だよ。
それは分ってる? 1よ。
でも、1の態度性格が反感買うんだろうね。
まず、1は自分の性格を客観的に見たら?

587 :名無しの心子知らず:02/03/08 19:28 ID:U6h4LoBd
>>580
通常の育児経験者に目新しい内容を要求するには、無理があるのでは?
遺伝子操作なら医者板か生物板か未来技術板で相談かしら・・・
いっそのことオカルト板だと、目新しいことがあるかもしれません。
なんていったって、生命の神秘や脳については、まだまだ解き明かされて
いないことが多いのですから。

>>578 おっしゃる通りです。それから、その人たちからの
「神経質になったら、子供に悪影響が・・・」攻撃も(W

588 :名無しの心子知らず:02/03/08 19:31 ID:rYeIs71o
子供が1以上になればいいが1以下になったら最悪だよな。
子供もネットで(いや、実生活でも?)煽られちゃったりしてね。

589 :名無しの心子知らず:02/03/08 19:36 ID:U6h4LoBd
そうそう、目新しくないかもしれませんが、お友達についてはいかがですか。
一緒に遊ぶお友達からの影響も大きいですよね。
いまのうちから「ご学友」候補者の親を選び、ご自分のお子さんの友人に
相応しい子供に育つよう、教育をするのです。
栄養指導や日常生活のチェック、住環境の確認および改善要求など。
テレビなんて取り上げるぐらいの意気込みで、取り組むのはどうでしょう。
そして、同じ時期に妊娠・出産するのです。
できれば性別も同じになるよう、産み分けもしっかりやりたいですね。
産み分けについては、スレがあったと思うので、探してください。

590 :名無しの心子知らず:02/03/08 19:36 ID:2zJbpjHb
>>587
禿同。
1がこの板にいる意味ないんじゃない?
だから1、さっさと他の板へ逝ってくれ。

591 :名無しの心子知らず:02/03/08 19:39 ID:rYeIs71o
>>590
で、このスレと同じ運命をたどると・・・

592 :名無しの心子知らず:02/03/08 19:40 ID:DZ7hxE0K
天才は親が何をやってもやらなくても天才だよ。
何をしてあげるかより
子供の判断で決めた事を邪魔をしないであげることを考えた方が良いよ。

何かが出来るから天才なのではなく天才だから出来るの。

593 :xp ◆WAxATHCQ :02/03/08 19:47 ID:XPMbrvHf
そもそも1が立てたスレなんだし、最初のほうで1のキャラも
解ってんのに、何で一生懸命相手したあげく文句言うの?
放置すりゃいいとこをさんざん引っ張っといて「出ていけ」も
ないだろさ。ヘンなの。
1に「はい、わたしが間違ってました」とでも言ってもらいたいわけ?
1を非難してる方が大人げないよ。旅行スレも同じく。あほらしい。


594 :名無しの心子知らず:02/03/08 20:57 ID:0vWHZXkn
>593 でも1もあきずによく来るよ?
楽しいんだよ。煽ってる方も煽られてる方も。
あほらしいと思うならあんたが逝けばいいじゃん?

しかし、なんだね。
1がほんとに子供に幸せになってもらいたいとか思ってんなら、
どんなアフォが生まれようと「うちの子が一番天才〜・」とか言ってる
ような気が寸だけど。

595 :名無しの心子知らず:02/03/08 21:14 ID:toLShcI/
1はきっと、
「天才を作ろうとする親」がいかにおろかであるかというのを
ここの親たちに知って欲しくてこのようなスレを立てたんですよ。
なかなか素晴らしい技です。
感動した!!

596 :mama:02/03/08 21:15 ID:+PTNC9St
1の>580には興醒め。
自分が他人にどう思われているか、
生まれた子供が1に育てられてどう思われるか、
客観的に考えた方がいいとおもうよ。
子供の天才児のことより、
自分の社会性を見直したほうがいい。

597 :hh:02/03/08 21:21 ID:O+HPbv9H
----------------------------------------------------------------------------------------
●復讐・貴方に代って恨み晴らします!★★★別れ工作★★★
騙された・捨てられた・弄ばれた・相手に誠意がない・債権トラブル・不倫疑惑・証拠収集・電話番号から住所などの調査・等など★何でも気軽に相談OK!
確実に貴方の悩みや困り事、トラブル等を迅速に解決致します。
●下記記載のURLがジャンプしない場合には・コピ−してファイルから開いて下さい!
http://www.blacklist.jp/ 
(緊急情報)必ずご覧下さい★驚愕の事実&復讐の実態★★★
●女性秘密工作員・募集中!高収入確実!!!
http://www.blacklist.jp/ 
----------------------------------------------------------


598 :名無しの心子知らず:02/03/08 21:44 ID:6HOBsuM8
聖徳学園へ入れましょう!これ最強!

599 :名無しの心子知らず:02/03/08 22:10 ID:5/9NiBVV
シュタイナー派なので、このスレいたい。

600 :名無しの心子知らず:02/03/08 22:13 ID:3li2gKM3
シュタイナー派じゃなくても充分イタイ

601 :名無しの心子知らず:02/03/08 22:32 ID:KSjITJi9
>1はもっとイタイ。

602 :名無しの心子知らず:02/03/08 22:36 ID:rYeIs71o
>>1
こういう路線でいったほうがあなたのためかと・・・
http://yasai.2ch.net/ojyuken/kako/993/993306696.html
http://life.2ch.net/test/read.cgi/baby/1002677502/

603 :名無しの心子知らず:02/03/08 22:39 ID:TG7FD+Wb
ふう〜 やっと全部読んだぞ。これでレスできる。
>>1さん あなたは科学的素養が皆無ですね。

IQが遺伝では決まらないと自信を持って主張しておられるようですが
それ、ソース希望。脳の働きや発達についてはわかってないことのほうが
多いと思っていたので、後学の為教えてくれ。

で、電磁波ってなんだ?もしも高周波μ波のことを言っているのなら
それが良くないと言うデマ以外のソース希望。プロシーディングでも
学会の講演概要集でも良いよ、アカデミックなやつ出してくれ。

あ、>>1に何か言うときは母親かどうか書かなきゃいけないんだっけ
母親ですよ。5歳児。

604 :名無しの心子知らず:02/03/08 22:47 ID:TG7FD+Wb
>>602 自由学園だね、上のやつ。
友人がそこの幼稚園に子供を入れたいと言っていたので
調べてみたことがあるよ。すげーことやってるなー、と思ったが
最上級生の卒研発表を見て安心したよ。
ごく普通の学力とごく普通の考え方を持つ普通の子達が
ごく普通の発表をしていただけだった。

まあ、あれだけ教育課程を無視してても、普通の進学校のレベルくらいの
能力が身に着くんだなぁ、と感心したよ。今の教育の枠組みに必ずしも
こだわる必要はないんだなぁと思ってチョト安心したよ。

あ、ちなみに際立った秀才がいるようには思えなかったな。

605 :名無しの心子知らず:02/03/08 23:04 ID:rYeIs71o
>>604
あそこは学力のためのってよりも生活能力のための学校なのかもね。

でもはっきり言って1さんのところにピッタリだな。
子供に手をかけるらしいし(w

606 :1:02/03/08 23:50 ID:ZlUuPsME
>>603
板違いです・・・
レスを全部読んでなおかつそんな質問をするとは・・・
1からもう一度読み直してください。

607 :名無しの心子知らず:02/03/08 23:55 ID:rYeIs71o
>>606
そんなあんたもある意味板違い

608 :o:02/03/09 00:01 ID:FPzcCD/u
もし自分が?のように自分よがりの温かみの無い母親のところに生まれたとしたら最悪です。
お願いですから まず母親としての資質を考えてみてください。

609 :名無しの心子知らず:02/03/09 00:10 ID:RxiHNte1
>>1
だから、あんたみたいなおヴァカは絶対天才児なんて、授からないんだから、
心配しなくていいの。
40冊本を読んだくらいで、勉強しただなんて(プッ
桁が違うんじゃないの? 

610 :名無しの心子知らず:02/03/09 00:41 ID:9E+n9Nvk
>>1

                 /\
                / ヽ\
               /  ヽ \             / \
              /    ヽ \__        / ヽ \
             /  ‐_ ヽ     ―――__/   ヽ \
            /        ̄           / __ ヽ \
           |                          ̄  \
           |                             |
           |        ||                   |
           |  ゝ_  |||/                  |
           |  ( ・ ブ       ゝ__       ┃ ┃   |
           |    ̄         ( ・ ̄ ̄ ブ   ┛ ┗  |
           |              ゝ__ ノ    ━┓ ┏  |   ┃ ┃
           |    __            ̄        ┃  |   ┃  ┃
           |     | ̄ ̄ーヽ                  |   ┃   ┃
           |     |     ヽ                 |
           |     |     |ヽ               |      ━┓
            \   _⊥_    |                |      ┃┛
             \      ̄ ̄ヽ_⊥               |
              \                         |     ┏━┓
               \                       /        ┏┛
                \                     /         ・
                 |                   |
                 |                   \
                /                     \
               /                       \
                                         \





611 :1の息子です:02/03/09 00:56 ID:QtH1Mf1x
オレは絶対母親の言いなりにはならない!
オレはあんたのロボットじゃねー
オレはマザコンじゃねー
オレの生き方はオレ自身が決めるんだーっ

612 :名無しの心子知らず:02/03/09 01:01 ID:fCVWNo01
何故そこまで遺伝についてのレスに過敏に反応するんです? >1は。

あなたが遺伝についてどう思っていようが関係ないですが、せっかくのいい雰囲気を
壊さないでいただきたい。

いやな意見は無視してしまえばいいじゃない、もともとあなたがたてたスレなんだから。

そうやって自分を通して場の雰囲気を壊してしまうと、真面目にレスした方々に失礼です。


613 :名無しの心子知らず:02/03/09 01:04 ID:z4Ijv+AI
>1

あなたはもっと人の心が分かる事が出来るような本を読みなはれ、
あと、海外に行けば最強天才精子のカタログがあるかも。
その取り寄せをしないと、早いもん勝ちやど。急げーーーーーー!!



614 :名無しの心子知らず:02/03/09 01:04 ID:m1sVcuBY
たぶん1はひどいコンプレックスがあるんでしょう。
親ゆずりの。

615 :名無しの心子知らず:02/03/09 01:22 ID:jV1EVfT+
>614 はげどう。

思えば1も憐れな人ではあるよな。

616 :しなぷすちゃん:02/03/09 01:31 ID:bd1W18hc
「天才(特殊能力児)」と「秀才(成績優秀児)」って似て非なるものです。

おそらく1さんの求めているのは「秀才」の方ではないのでしょうか。
秀才の場合は、情緒的安定度が高いのが特徴なので
青少年期に鬱を発症して自殺してしまう、というような悲劇的な局面は
迎えずに済む事が大半だと思います。

沢山本を読んでいらっしゃるようですが、この両者の基本的な違いを
何故認識していらっしゃらなかったのかが不思議です。

いずれにしても、行き過ぎた選民思想は不幸の始まりのような気がしてなりません。
どんな子供でも私が引き受ける、という強い決意がないと。
子育てってなかなか大変ですよ。
特に「天才児」の場合、前出のお母様もおっしゃっていましたが
知能面と情緒面のアンバランスが激しく、養育する方が壊れてしまいそうに
なるときもあります。

ただ一つ言えるのは、1さんは実際にはまだ妊娠していらっしゃらないのですよね。
お腹に新しい生命が宿り、その存在を自分が感じ取れるようになる頃には
もしかしたら、「天才」や「秀才」なんかでなくたって良いから
ママの所に元気に生まれてきてね、って思えるようになるかもしれませんよ。
私は母性ってそういうものだと理解しています。
皆、妊娠して出産して母性を備えるのですから未経験の1さんに、この部分を
完璧に理解しろ、という方が無理な話しなのかも知れません。





617 :名無しの心子知らず:02/03/09 01:39 ID:jV1EVfT+
わぁ〜〜〜〜しなぷすさん最高!感動した!
もっと言ってやってください!

1よ、せめてしなぷすさんのレスだけでいいから、ちゃんと答えれ。

618 :名無しの心子知らず:02/03/09 01:42 ID:BuaMWsaM
きのうの>>533=537です
>616=しなぷすちゃんへ,禿同です,後半部分特に..
でも眠いです,そっちはお昼だよね

619 :しなぷすちゃん:02/03/09 01:52 ID:bd1W18hc
>>617
アリガト・・・。ウレスィ。

>>618
日本は草木も眠る丑みつ時でございます。
私も眠い・・です。
どちらからですか?

620 :618:02/03/09 01:56 ID:BuaMWsaM
あり?しなぷすちゃんアメリカ在住じゃなかったっけ?
あ〜勘違い,スマソ

621 :しなぷすちゃん:02/03/09 01:59 ID:bd1W18hc
もしかしたら、私がアメリカの教育状況を書き込んだので
当地から発信してると思われちゃったかしら?
前の方でアメリカ在住の奥様がいらっしゃいましたが私はその方とは別人です。
アメリカの特殊能力児の親と接する機会があるという方ですよね。
私もその方のレスを楽しみに待っているのです。
私なんかの情報よりもっともっと生きた知識だと思います。
是非書き込んでくださいね>アメリカ在住奥様

622 :にゅーろんくん:02/03/09 02:04 ID:/QnM/DPf
>>606 = >>1
603に対する答えに全くなっていませんよ。
レス全部読んだけど、学術的なソースは一切提示してないでしょ。
>>571 = >>1
で人間は脳の3−5%程度しか使っていないと言い切っていますが、
その根拠を示して下さい。
人間(に限らす生物一般的に)脳の機能については解っていることより、解っていないことのほうが圧倒的に多いですよ。
勿論知ってますよね。

もし、また全部レス読んでこんな事書いているのかと言われるのならば、
僭越ながら貴方のプレゼンテーション能力はかなり低いと判断できます。
根拠を示してレスしている方々に対して、”だって違うもん”と言うような回答しかしていません。単に貴方の信念しか表現していませんよ。根拠もしっかり記して下さい。
プレゼンテーションは当然表現力が必要です。
つまり、自分の考えを正確に他人に伝える技術と言えますが、貴方の表現力では貴方のお子さんが例え理解力に優れていようとも、貴方のしたいこと・望んでいることは伝わりにくいと思います。
まぁ、強情張らずにもうちょっと柔軟に対応したらどうですか。

ちなみに、遺伝子とIQには明確に関係があります。
まさか、ダウン症を知らないとは言わせませんよ。
貴方の考え方ではダウン症の子供も最強天才への育成が可能で、IQを増進する事が可能だと言っているように聞こえます。

それから、>>555に対してのコメントもお願いします。

ちなみに一児の父です。


623 :618:02/03/09 02:10 ID:BuaMWsaM
>>622
いきなりつっこみ入れるようで悪いがダウン症は遺伝じゃないよ
染色体異常です
No21の染色体のnon-disjuncutionに由来します

624 :にゅーろんくん:02/03/09 02:12 ID:/QnM/DPf
>>623
遺伝じゃなくて、遺伝子の話です。

625 :名無しの心子知らず:02/03/09 02:14 ID:L7qXJQoQ
ん〜〜やっぱり、1さんがいないと良スレになる。
とても良いお話聞かせて頂きました。
私も>>555には涙が出そうになり考えさせられました。

626 :618:02/03/09 02:15 ID:BuaMWsaM
>624
遺伝子と染色体の違い解って言ってる?
そうでないと言ってることが中途半端で>1と同レベルだよ
ちなみにダウン症児は「正常な遺伝子」を持っています
「染色体の数が多い」のです


627 :にゅーろんくん:02/03/09 02:27 ID:/QnM/DPf
>>626
確かに染色体異常と遺伝子(異常)をごっちゃにしたのは極めて良くない例えでした。
>>624の「まさか〜聞こえます。」部分に適切でない表現を用いたことお詫びします。

628 :にゅうろんくん:02/03/09 02:30 ID:/QnM/DPf

スマソ。上の>>624>>622の間違いでした。

629 :618:02/03/09 02:37 ID:BuaMWsaM
にゅーろんくんが>622で言いたいことは解るが
このままじゃ>1に揚げ足取られそうだったからね
一応つっこみ入れてみました


630 :にゅーうろんくん:02/03/09 02:39 ID:/QnM/DPf
>>629
サンキュウです。確かに不適切でした。

631 :618:02/03/09 02:50 ID:BuaMWsaM
う〜んでもなあ
IQが高い親同士の子は確かにIQが高くなる確率は上がるだろうが
現状では「IQの高くなる遺伝子」なんつーものはハケーンされておらんのだ
だから「鳶が鷹を産む」可能性もあるわけ

ただし天才とは>1が望んでいるように「願って作り出せるもの」ではなくて
あくまで偶然の産物だろう
現状ではGited Childを確実に産む方法などはないから
>1の考える育児法は「バカの考え休むに似たり」ってことだ
まあ運を天に任せて小作りするのが吉かと>1


632 :名無しの心子知らず:02/03/09 02:56 ID:fA53ylG7
IQか〜私は3人姉弟ですが、弟だけズバ抜けてIQが高かったそうな。
学校の先生がビックリして電話をよこしてた。
・・・しかし弟は勉強が嫌いで底辺高校へ入学、そして中退。
さっさと働きに出ておりました。
弟のIQの高さを実感するのはパズルゲームをしている時の集中力や解き方、
変な所での記憶力の良さしかない(w

633 :名無しの心子知らず:02/03/09 03:08 ID:Bl1hDCJN
IQというのは、入れ物の「容積」に例えられると聞いたことがあるよ。
ちゃんと中身を詰めないと、容積が10あるものでも1にしかならない
ってこともある、みたいにね。

さらにまったくの横レスですが、ダウン症の子供の遺伝子は必ずしも
「正常」とは言い切れません。いくつか、原因遺伝子のmutationも
わかっとります。あと、きわめて核型の安定性が悪く、しばしば転座が起こり、あるべからざるfusion geneができてたりする。 まあまったくの
揚げ足ですが。

634 :618:02/03/09 03:15 ID:BuaMWsaM
>633
ああそうですね
t(Dq21q)型やt(21qGq)型でしたっけ
まあ例外に近いのであえて626では挙げませんでしたが

635 :アメリカ納豆母:02/03/09 03:50 ID:hcj2NrOr
437改めアメリカ納豆母です。

Gifted Childがいかに日本で酷い待遇を受けているか、読んでて
涙がでてきました。実際に親からしてみると「うちの子天才、ラッキー!」
などという状況からはかけ離れてるんですよね。

まず日本では認識の低さが一番の問題だと思われます。
Gifted Childrenというのはほとんど先天的な要素です。だから
納豆を食べた、○○式教育を施した結果そうなったという訳ではない
んです。もって生まれたものなんですね。だから、ほとんどの
子供はSelf-learner(自己習得?かな)なんです。

数学系才能のある子は九九表の存在などしらないまま3桁の掛け算
ができたり、音楽系の子は音階などしらないはずなのに、ピアノを
与えた数日後に聞いた曲が弾けるようになっていたりします。
「親から教わること」などとは次元の全く違う、法則のような物を自ら
導くことができるんです。

それはなぜか?というのはわかっていません。でも、生まれながらに
特定のことに異常な情熱(執着)をもっているんですよね。
親の課題は「飛びぬけた才能を潰さずに、いかにバランスよく
育てるか。」なんです。

たまたま生まれてきた天才をどううまく育てていくか。という
話なら現実性もあるんでしょうが、「自らの努力で天才を生む→
その子は天才なんだから自殺などというバカなことは考えない。」
っていうのはちょっと違うかな。
自殺をどう防ぐか、鬱とどうつきあうかというのはクラスのご両親
にとってもかなり関心の高いテーマです。

636 :アメリカ納豆母:02/03/09 04:15 ID:hcj2NrOr
このスレでも多くみうけられましたが、
「子供の頃は天才(神童)だった、でも大人になったら凡人(ただの人)」
のような認識はいかがなものでしょうか?
凡人って何?子供の頃の天才ぶりに見合った大人天才ってどんな人?

例えば「駅名少年」や「時間表少年」彼らにはずば抜けた記憶力が
ありますね、彼らが成長した今、その能力をいかした仕事につけていれば
それで良しだと思いませんか?
パズルや組み立て系の大好きな子供が将来設計士になれば素晴らしい
と思いませんか?先生やまわりの人間が「パズルが出来ても他のこと
が出来なきゃクソなんだよ。」ってその子がパズルをすることに
罪悪感を覚えてしまったら...優秀な設計士を潰すことは社会に
とっても損失なのです。

このスレだけをとってみても日本にGifted Childが多数存在して
いることは明白です。そういう人達の能力が最大に発揮できる
社会にする為にはどうすればいいのでしょうか?
才能が若いうちに摘まれてしまったり、優秀な人材が多様な価値観
が認められている海外でしかいかせないというのはあまりにも
もったいない話だと思うのですが。

637 :名無しの心子知らず:02/03/09 05:32 ID:5/T9VHRI
もう1は嫌じゃー!という方、↓こちらへ移動しませんか〜?
http://life.2ch.net/test/read.cgi/baby/1015619418/
まあ1がいないと駄スレかもしれませんが立ててみました。

638 :名無しの心子知らず:02/03/09 05:36 ID:5YG+9iqZ

今妊娠8ヶ月なんですが、
家庭保育園やろうか悩んでます。
本当はやるならもっと妊娠4ヶ月頃〜のほうが
良いらしいけど、家庭保育園と七田式は元々同じ会社
だったらしいけど、どっちがいいんだろう・・・

サプリメントは、とりあえず
マザマローを飲んでます。

639 :名無しの心子知らず:02/03/09 08:00 ID:Jv8Iw479
天才児とは言わないけど、雅子様レベルの頭脳の子供が生まれたら
いいのにな、とは思う事あります。
私が一生懸命努力/勉強しても、本当に頭のいい人や切れる人って
その倍の早さで物事を理解したり、応用したりすることができるん
ですよね。倍の時間勉強しなければ、いつまでもそういう人には永久に
追いつくことができない。(いや、倍やってもムリだったかも?)
あれは羨ましかったし、悔しくもあったなあ。

640 :名無しの心子知らず:02/03/09 08:14 ID:+jYHU49x
>>636
>例えば「駅名少年」や「時間表少年」彼らにはずば抜けた記憶力が
ありますね、彼らが成長した今、その能力をいかした仕事につけていれば
それで良しだと思いませんか?

こういった能力を認めて伸ばしてあげられる親だと良いのですが
「記憶力が良い=英単語を覚えなさい、九九を覚えなさい」
になってしまうのが現状です。
それで駅名や時刻の様に覚えられないと
「駄目な子ね!」になってしまう親がなんと多い事か!
天才を授かっても画一教育の中では浮いた存在になってしまうので
無理やり「あなたなら出来るでしょう」と枠に押し込み
学校での「良い子」にされてしまい本来持っている能力を伸ばしきれないまま
「凡人」になってしまっています。



641 :名無しの心子知らず:02/03/09 08:26 ID:yWmpMsj3
実際問題、どんなに記憶力が良くても義務教育でろくな成績を出せない奴は
頭脳で食っていくことなんか絶対に無理です。
社会は怪しげな「天分の能力」なんかより「根拠ある実力」を求めている。
そして社会から歓迎されなおかつ「天才」と呼ばれている人たちは
多くの経験から体系化した知識を身につけ、素晴らしい応用力を持っている人たちなのである。
天分の能力が歓迎されるのはせいぜいスポーツか芸術の世界ぐらいだ。

642 :名無しの心子知らず:02/03/09 09:51 ID:+jYHU49x
>多くの経験から体系化した知識を身につけ、素晴らしい応用力を持っている人たちなのである。

そして協調性。これは「天才」に欠けている場合が多いですね。
世間が求めているのは天才よりも秀才。

話し合いの途中で結論を出してしまい「はぁ?何言ってるの?」と不信がられる。
その後日それがその通り実行されたとしてもその発言については評価されない。


643 :名無しの心子知らず:02/03/09 10:23 ID:ws6xlWFt
「天才」の定義が>>1と他の人とで違うようですね。
その辺りをはっきりさせて修正なり、方向転換なりしないとループになるのでは?
私としてはシナプスちゃんさんや、アメリカ納豆母さんの意見に同意します。

「・・・脳のある種の成長パターンは、脳の働きに利点を与えていると同時に障害
 をもたらしている、という事実である。
 そこで私は、とくに創造的とされる多くの人々の生涯をしらべてみた。
 すると驚いたことに、彼らは天賦の才と同時に、かなりの頻度で奇妙な障害を抱えていた。」
 
「天才たちは学校がきらいだった」トマス・G・ウエスト著 講談社刊より



644 :603:02/03/09 10:46 ID:lkXKUh5H
わーい >>1にレスもらっちゃったよ〜

冗談はさておき、育児に科学的根拠を持ち込んでは
いけないと主張しているようだが、なぜだ?
科学的に検証しておかないと、科学と疑似科学と迷信と
妄想と宗教の区別がつかなくて困ると思うのだが。

IQが遺伝的形質にまったく影響されないのならば
全人類はデフォルトで同等の能力を持つことになるよ。
生まれつきの能力が母の胎内の環境のみで決まるのなら
二卵性双生児で幼少期のIQが違うことは絶対ないはずだな?
その主張はかなり奇妙に聞こえるので、誰か詳しい方
説明きぼん。
>>1はソースについては守秘義務があるらしいし (w

ではこの辺で>>1が聞きたがっている情報を。
 ・DHAが胎児期〜幼児期の脳の発達を促すと言う説は覆された。
 ・ソルビン酸は細胞の老化を遅らせる作用があるのでたくさん取ると良い。
 ・1keV以上の電磁波を浴びると奇形、死産が非常に多くなる。
 ・静電気の放電が起こると大量の電子が流れるので脳が損傷する。
 ・妊娠初期にエストラゲンを大量に浴びると胎児の左脳が発達する。
 ・妊娠後期に大量のオルゴンを浴びると胎児の頭脳の発達を助ける。

さて、ホンモノはいくつあるかな? ぷぷ


645 :名無しの心子知らず:02/03/09 11:01 ID:nQkzYOKb
ねぇねぇ、さっき思い付いたんだけど、
1が「天才のほうが幸せにきまってんでしょ」って言い切ってんのって、
何をイメージしてんのかよくわかんなかったんだけどさ、

頭よくって、芸術性もあって、精神面もすぐれてて、ってさ、
宇多田ヒカルみたいなイメージもってんのかなぁ〜て。
どぅ?


「天才のほうが幸せにきまってんでしょ」って言い切る根拠がよくわかんなかったんだけどさ。

646 :名無しの心子知らず:02/03/09 11:01 ID:aICi5qzD
それは誰にも解らない・・・・・

647 :645:02/03/09 11:05 ID:nQkzYOKb
あ、下の行消すのわすれちった。スマソね〜ん。

648 :645:02/03/09 11:10 ID:nQkzYOKb
ねぇねぇ、ついでに聞くけどさ、
子供にいいと思われることって全部そろえるとさ、
(カテホとか七田とかほるぷ絵本セットとか木のぬくもりおもちゃとか
親の飲むサプリメントも加えていいけど(藁))
いったいいくらになるの?
それ、1は全部だんなにおっかぶせるのかなぁ〜?
旦那虐待だね。

649 :しなぷすちゃん:02/03/09 11:58 ID:2toDe3Bk
>>635
アメリカ納豆母さん、書き込みありがとうございます。
子供の成長をかたずを飲んで見守り日々悩んでいます。
あなたのレスは私にとっては暗闇の中で一筋の光を得たような
そんな安堵感を感じる事ができました。

日本でのGifted Child(特殊才能児)の扱いは、
社会的な異端児的傾向を示す負の部分ばかりがクローズアップされ
「問題児」等のレッテルを貼られてしまい、特定分野の能力を伸ばせるどころか
つまはじきにされ理解者を得ないまま、孤立感や虚無感を増大させるというような
極めて悲観的な状況です。

これらの問題に一番近くにいるはずの小児精神科の分野でさえ
ADHDや自閉症との見分けが付き難く(勿論複合的に抱えていることも多い)
まして、いきなりそういった子供を抱えてしまう一般の親に、特別の知識が
あるわけでもなく、育児に壁にぶつかって悩んでいる人が多いことと思われます。

また既に成人なさっている方の中でも、ここでのレスが物語っているように
周囲の無理解に苦しめられ相当な苦悩を感じてきた様子が感じ取れます。

あなたのようにアメリカでの体験ができる方は非常に少ないです。
どうかこれからも、生きた情報を我々に提供してくださいますよう
お願い申し上げます。

650 :名無しの心子知らず:02/03/09 12:23 ID:FPzcCD/u
私の弟も多分天才の部類だと思います。
(車の運転時最初に地図を数分見ただけで道を覚え(日本・外国どこでもいけます。)
ただ彼はほとんど喋りません。又孤独を望みます。
何故なのか少しわかったような気がしました。
しなぷすちゃん・アメリカ納豆母さん主体のこのスレはいいスレですね。

651 :しなぷすちゃん:02/03/09 12:38 ID:2toDe3Bk
>>650
弟さんには、おそらく視覚的な情報処理(visual thinking)能力が備わっているものと
考えられますね。
これは頭の中でビデオを再現出来るような能力だそうです。

ただ弟さんが本当に幼い頃からほとんど話さず、孤独を好んでいた場合は
アスペルガーの可能性もなきにしにあらずだと思います。
前出にもご夫婦でアスペルガーの方がいらっしゃいましたよね。
アスペルガーとは自閉症の一種ですが、天才的な能力を兼ね備えている方が
多いそうです。

652 :名無しの心子知らず:02/03/09 16:58 ID:+jYHU49x
夫婦でアスペルガーだった者です。

ここを見ていてちょっと疑問に思ったのですが
記憶というのはイメージを取りこむようなものでいいんですよね?

例えばパソコンに例えれば
本の1頁を一文字一文字打っていくのではなく
ページごとスキャナーで取り込んだ方が早いじゃないですか。
記憶でもその使い分けってできますよね?

速読についてのスレで
http://life.2ch.net/test/read.cgi/baby/1012897940/l50
ここの48が私なのですが ここを読んでいたら
もしかして自分はまだアスペルガーか?と思ってしまったのです。

653 :q:02/03/09 17:06 ID:cSG7oKCZ
↓デブ&バカが嫌いな自称東大卒エロ好きアマ.
http://www03.u-page.so-net.ne.jp/xc4/tamaki-s/

654 :しなぷすちゃん:02/03/09 17:08 ID:2toDe3Bk
>>652
よろしかったら、次のHPを参照なさってみてください。
アスペルガーで独特の記憶能力がある女性に関する記述がありますが
あなたの文中の「記憶というのはイメージを取り込むようなもの」
と全く一緒の文章が出てきます。

ところで、アスペルガー等の自閉症は治るものなのでしょうか?

655 :しなぷすちゃん:02/03/09 17:09 ID:2toDe3Bk
http://www.synapse.ne.jp/shinji/jyajya/wadai/sara.html

肝心のHPを貼るのを忘れていました。スマソ

656 :名無しの心子知らず:02/03/09 17:16 ID:isPoZlle
>>465の言うとおり、>>1の天才のイメージが宇多田ヒカルだとして。

確かに頭もよく、音楽の才能も歌う才能もあって、
10代で才能を開花させて、数十億稼いで・・・
恵まれた人生だね、今のところ。
恵まれていると思うけど、幸せかどうかは本人じゃないとわからんね。
聴いてみたい気もする。けど、もし幸せだといわれたとして、
自分の子供に同じだけの才能を与えられるとしても、
多分断るな・・・個人的にはだけど。
>>1さんはほしくてお願いするんだよね。

657 :656:02/03/09 18:09 ID:isPoZlle
>>645だった・・・

私が逝けだ・・・

658 :652:02/03/09 20:51 ID:+jYHU49x
>>654
拝見致しました。物凄く驚きあまりの衝撃に気分が悪くなりました。(不快ではなく)
彼女の職歴までもが私と同じだったのと
夫の職業に近い職業も例として挙げられていたためです。

アスペルガーは治るのか?というご質問についてですが
私は2度自分の変化を感じたことがあります。21歳の時親不知を抜いた後
それが関係しているのかしていないのかわかりませんが
突如記憶力が低下しました。
それまでアドレス帳もスケージュール長も日記も何の為に必要なのか
全くわかりませんでしたがそれで書き記すということの必要性を理解する事が出来ました。

また人の話し声が全て音の様に聞こえ英語もドイツ語もスペイン語も
どんな言葉でも聞けば内容を理解する事が出来たのが
(日本語以外話す事は出来ません)日本語以外理解出来なくなりました。
英語は学習した程度には理解できますが・・・。
しかし人の言葉とそのニュアンスを感じ取ることが出来るようになりました。
皮肉を間に受けてますます相手の嫌がる事をしてしまうような
失敗が無くなったのです。

もう1度は出産6日後。突然世界が開けました。
ああ、人はこうやって相手の気持ちを感じることが出来るのか
これが普通の世界なのかとやっとわかったのです。

夫は以前から「30歳になったら突然世界が違って見える人生観が変わる」と
言っていたのがきっとこう言う世界が見えるようになったのだと理解できました。


659 :652:02/03/09 22:33 ID:+jYHU49x
もう一度>>655を見て
「コンピューターのような頭脳」
という表現がありますがコンピューターは人間が考案したものだから
コンピューターが人間の頭脳に似ているのは当然ですよね。
情報処理能力は早いでしょうが人間の頭脳を超えるコンピューターなど
作れる人間が存在するはずが無いですよね。

「大豆のような栄養素を持つ納豆」みたいな表現でおかしい!
と思って笑ってしまいました・・・


660 :しなぷすちゃん:02/03/10 01:10 ID:3sAlbOAC
>>658
HPの方達と同じような職業に就かれているということは
ご自分の特性を充分に生かせるお仕事をされているということですね。
それは私から見ると、とても幸福なような気がするのですが
ご本人はどのように捉えていらっしゃいますか?

自閉症関連についてはあまり詳しくないのですが
「一生涯、治らない」というイメージがありましたので大きな驚きです。
抜歯された時に一回目の転機が訪れたそうですが
脳神経に近い部分を刺激したからなのでしょうか。
出産の際は安産でしたか?難産でしたか?
ホルモンバランスの激変が何か作用したのでしょうか。

「普通の世界」がわかるのと同時に「記憶力の低下」が現れたというのが
非常に興味深いですよね。
>652さんは、ご自分が変化されて良かったですか?

661 :名無しの心子知らず:02/03/10 01:15 ID:+pAhbuhO
>660
抜歯が脳神経を刺激?
安産でも難産でもホルモンバランスは関係ないんですけど..

しなぷすちゃん大丈夫?
なんかあなたもだんだん変になってない?

662 :名無しの心子知らず:02/03/10 01:16 ID:JujpONAC
キョーレツなタイトルにひかれてざっと読んだものです。
思った通り荒れたりしてるけど1さんの鋼鉄の信念は凄い。そんなにいろいろ
知ってるならここで聞くこともうないんじゃないの?

でもしなぷすさん、納豆母さん、元天才児さんたちの話は泣けたわ。
その苦労も泣けたけど子供をなんとか幸せにしたいと思う母の心に泣けた。
育児はあいじょーよ〜!!と私自身とてもためになるスレだわさ。

663 :しなぷすちゃん:02/03/10 01:22 ID:3sAlbOAC
>>661
抜歯が脳神経を刺激するのかどうかは私は全くわかりません(ワラ

出産でホルモンバランスが激変するのは本当の事ですよ。
妊娠・出産を経た女性が鬱病を発症し易いのもそのせいです。

>>662
私も皆さんの話しに泣かされています。
とても勉強になるし、刺激を受けています。

664 :661:02/03/10 01:36 ID:+pAhbuhO
>出産でホルモンバランスが激変するのは本当の事ですよ
そんなこと知ってますが?

あのねえ,ちゃんと読んでる?
難産でも安産でもホルモンバランスは等しく変化するの,わかる?
お産の軽重とホルモンバランスを一緒くたにしているとこがイタイんですけど

665 :しなぷすちゃん:02/03/10 01:41 ID:3sAlbOAC
>>664
そういうふうに取られたのですか。
私の意図はそうではなかったのですが。
出産の際は・・・と
ホルモンバランスの・・・はそれぞれ独立した文章だったのです。
文の間に「それとも」か何かを入れるべきでしたね。
勘違いするような文章を書いてしまって申し訳ありません。

666 :661:02/03/10 01:57 ID:+pAhbuhO
一応言いたいことはわかりましたが
>抜歯が脳神経を刺激するのかどうかは私は全くわかりません
等々
自分でもよくわかってないことを
アスペルガーの人の転機と結びつけて考えるのは
端から見ていてあまりまともとは思えません
(藁にもすがりたいような感じを受けます)

ここまでの書き込みを見る限りしなぷすさんもかなりの
ご苦労をしているようですが
あまり思いつめないようにして欲しいと思いました

667 :しなぷすちゃん:02/03/10 02:12 ID:3sAlbOAC
>>666
はい。ありがとうございます。
思いつめた様子は子供にとっても何も良い事はありませんものね。

668 :名無しの心子知らず:02/03/10 06:07 ID:Rtd2SHPC
なんだかな〜
肩の力を抜いて、気楽に行こう。

669 :名無しの心子知らず:02/03/10 08:27 ID:uSfL0bFa
速読できて、自分では理解できてても
「もっと大きい声で、しっかり読め」って先生に言われたり
映像を頭に焼き付ける事ができても
「ちゃんとノートに書け」って先生に言われたり
高速計算できても
「式はどうした式は、問題を解く過程が大事なんだ」
って先生に言われたりしてると、自意識過剰になってきて
無意識から記憶を引き出せなくなって、落ちこぼれていくんだよな。
今になって思うと学校に行かないほうが良かったと思うが
親が許さなかっただろうし、仕方ないな。

670 :658:02/03/10 09:04 ID:DLuThkUl
しなぷすさん>
聞きたい事はわかりますよ。理由もわかるような気がします。
私の返答を元に仮説を立てた後にもう一度調べなおして理解したいんですよね。

抜歯は親不知が横になりその根が耳下腺の神経をかんでいるような
状態でした。
これを抜く事によりそれまで時々下顎を握りつぶされるような痛みに
悩まされていたのが解消しました。

出産はひどい難産でした。途中で硬膜外麻酔を使ったのですがなんだかんだで
結局は帝王切開になりました。

今は夫の仕事(設計)の事務的な仕事をサポートしているのみで
働いてはいません。以前の仕事が似ているのです。
とはいっても当時の企業は女の子には殆ど仕事を任せる事はなかったので
会社の問題点や職場の改善すべき点に気付いてもなす術もなく
ストレスを貯めているだけの状態でした。

とにかく今の状態になるまでは今思えば地獄のような毎日でした。
(当時はそれが普通の生活でした)
わかりやすくいうと
起きている間にイメージ画像として取りこんだ記憶を夜、寝ている時に
文書ファイルに書きかえるというような作業が行われるのです。

寝ている間も休まらないので毎朝寝起きが悪くぐったりしたまままた学校へ行き
疲れて情報を処理できないのでとりあえずイメージとして撮り込んでおき
また寝ている間に・・・という繰り返しでした。
きっと今、学生だったら薬物に手を出していたかもしれません。
とにかく熟睡というものを知りませんでした。

今は美しいものを美しいと感じ、悲しみ、感動といった心が揺さぶられる
ことの快感を知りこれが幸せというのもなのだと日々幸せを噛締めて
過ごしていますよ。


671 :oo:02/03/10 09:14 ID:/tE6l3vb
むきになるなら。マターリのほうに移ったほうがいいのでは・・・・

672 :名無しの心子知らず:02/03/10 09:35 ID:DLuThkUl
670です。むきになったつもりはないのですが
読んだ方は不快だったでしょうか。申し訳ありません。
ここへの書き込みはこれで最後に致します。
今まで吐き出せなかったものを吐き出す事が出来て
自分の整理がつきました。
私の基地外話にお付き合い頂きましてありがとうございました。

673 :しなぷすちゃん:02/03/10 12:23 ID:SNHZLS0x
元アスペルガーさん、書き込みありがとう。
あなたが、卓越した記憶能力を失っても、今の状態を楽しみ
幸福感に包まれているとわかって私もすごく嬉しいです。

アスペルガーが治るのかどうかということよりも
ご本人が幸福感を感じながら生きていける事が一番大切な事ですよね。

ひどい難産の場合、子供はホルモンの影響で胎内や出産の記憶を
消し去る事が出来なくてある年齢まで覚えている、といいますよね。
それと関係があるのかどうかはわかりませんが
元アスペルガーさんご自身は難産でお生まれになったのでしょうか。
また、お子さんはどうですか?特殊能力が備わっていそうですか?

私の場合は、自分自身は墜落で生まれてくるほどの安産だったそうで
全くの「凡人」です。
子供はすごい難産でした。私も硬膜外麻酔を使っています。
2才になりたての頃に、生まれた時のことやお腹の中のこと覚えてる?って
聞いたらいろいろ具体的に話したので驚きました。

「天才」に関する話しは、一般の世界からはかけ離れている事が多く
「そんなのうそだ〜」と感じ取られてしまう事がありますよね。
私が読んだ中では、7ヶ月の赤ちゃんがお母さんに「さっきのお店の方が
いくら安かったよ」と話していた、というものです。いくらなんでもそれはないでしょう〜
って思っていますが、自分や周囲を基準におくと信じられない事ばかりです。

書き込みを最後にするなんて言わずに、お話ししてください。
書く事であなたが少しでも救われて、読んでる方も少しでも
糸口が見つかればとても素敵な事ではありませんか?





674 :名無しの心子知らず:02/03/10 22:16 ID:13//6Q2/
>672
そうですよ、しなぷすさんの仰るとおり、最後なんて言わずに・・・
私も息子も全くの凡人ですが、皆さんのお話を聞いて、そんな世界もあるんだと
人間の能力の多様性について思いを巡らせずにはいられません。
私なぞ自分にも息子にも『特異な能力や才能があったなら・・』などと安易に
思うこともあります、恥ずかしながら。
しかし、能力や才能なんて所詮、一ツールであり、単にその人の人生を幸福にするもの
ではないという認識を新たにさせられました。

675 :672:02/03/10 22:57 ID:Zu7azVOJ
誤解を与えてしまった様で申し訳ありません。
>671さんからの発言を読んで「最後にする」と言った訳ではなく
もう充分皆さんにご理解頂けて満足したためと
過去の感受性の強い頃の事を思い出すとなんだか神経が疲れてしまい
あの頃の様になってしまうのではないかと思う為です。
これ以上経験を語るとどんどん現実離れした世界の話になり
注目を集めたがって何かの受け売りの話をしているようにしか
読み取れないかもしれません。皆さんが不快になるだけでしょう。

ここの>1さんは随分と叩かれていますが、彼女のこの感覚
この発言、この思考回路こそが小学生の頃の私そのものなのです。
聞いたり読んだりしたものに強く惹かれ鵜呑みにし、それが自分の
思考と上手く調和して独特の香ばしい思想を生み出す。
興味を持ったことのみ自分の都合の良い方向のみ調べまわり纏め上げる。
周りを教育しようと躍起になり神経をすり減らす。
自分に注意を向けるために暴言を吐く。
何事も限度を測り知るにはその定義とデータを求める。
典型的なアスペルガーです。何もしなくとも彼女のお子さんも「天才」になる
可能性が高いのです。ただ瞬発力はあっても持続力がないために結果は出せず
頭が良いと言われても評価されるに至らない。
そんなもどかしさを解消すべく自分の子供に期待をかけたいのでしょう。

しなぷすさんもご自分で凡人だとおっしゃっていますが
多分に「天才」の要素を持ち合わせているように思えます。

>>674さん
世の中は凡人と言われている人の為に作られています。
もし>>674さんに目玉が3つあったらと考えてみてください。
当然2つよりも高機能です。
しかし世の中のものは2つ目の人達の為に作られているので
こういった形態になっているのです。3つ目の視力全てを使おうとすると
階段の上り下りでは恐ろしい思いをするでしょうし
本を読もうと思っても読みにくい。
そういうわけで目をひとつ見えなく工夫する必要があります。
いつも隠されている目は当然退化して行くのですが生活に支障はありません。

つまりその他大勢と同じと言うのは
それだけで便利な機能を持ちあわせているということになるのですよ。


676 :名無しの心子知らず:02/03/10 23:29 ID:+VGQwdTh
>675

私は自分がアスぺという自覚はないけど、675さんのカキコが
「これって自分?」と思うほど共通部分があるので、なんかその
苦しみが他人事じゃないような気がしてる。

私の場合は自分が特殊だと気づかずにここまで来たので、自分と
同じじゃない他人の(語弊が有るかもしれないけど)反応の鈍さ
にイライラしてぶつかって敵を多く作ってきたことは自分にとって
不幸だったと思っています。自覚が出来てからは、ちょっと肩の力が
抜けたような気が・・・。

少しまえまでは、子どもの理解力や反応の鈍さにも気が狂いそうなほど
イライラして、虐待しそうになったこともあったから。(今は大丈夫)

677 :しなぷすちゃん:02/03/11 00:07 ID:yHphXCwk
>>675
また書き込んで下さって嬉しいです。良かった。
でも過去を思い出す事で辛くなるようなら、無理をしないで下さいね。

私は自分では全く「天才」である、などとは思った事もないのですが
あなたが1さんに対して指摘なさった事は見事に自分と重なる部分があり
ちょっと驚いています。これはアスペの典型なのですか?
子供の頃から周囲とはほんの少し壁があり、心から楽しんでいられる時間は
極端に少なかったのは覚えています。
家の中で楽器を弾いたり本を読んだり一人でいるのが好きでした。
空想好き、というか・・・。ちょっとオカルトっぽくなってしまうけど
若い頃は霊感も強く、超能力などといったものにも強く惹かれていたものです。
でもそういう感性って実際に暮らしていく上ではすごく邪魔だったりするのですよね。
働くようになってから、意識してそういう世界から離れて現実感を取り戻したような
気がします。

気味悪がって引かないで下さいね(w

678 :名無しの心子知らず:02/03/11 00:34 ID:WibA/j+i
このスレって1以外は、レベルの高い方も多くて考えさせらる意見がたくさんでてますね。
1だけが、読解能力も語彙力も無いのでは・・・・。で、1はどこ行ったのさ? 1本人があまりにもレベル低すぎるから1の考える「天才」っていうのが、いわゆる世間一般で言われる「天才」とはかけ離れちゃってるんだよね。それが,全てのすれ違いの元だったんだよね。

679 :名無しの心子知らず:02/03/11 01:28 ID:lDEKYXF5
676です。

与えられた才能って一つの結果じゃなくて、単なる道具にしか
過ぎないんだと思います。

能力を備えて「ゴール」じゃなくて、それを使う環境とか活かせる
環境に巡り合えて始めてスタートラインに立ったような・・・。

680 :名無しの心子知らず:02/03/11 06:59 ID:b6zQ6kMy
意図的に『最強天才児を産み、育て』る事が出来るだけの技術・方法が有って
あまつさえお奨めとして教える事が出来るほど確実で安全ならば
既に世界中の夫婦が試しているだろうし、
第一わざわざ2chでスレを立ててまで聞かなくても
当然の事として1さん自信、認知されていても良いように思うのですが…

だけど実際にはそんな方法が有ると明言した話とかはほとんど聞きないんですし
1さんどころかどの人に聞いてももう一つぱっとした答えを出せる人が居ないって言うのは
その方法等が存在していない、あるいは未だ確立していないっていう事の現れだと思うんですがねぇ。


でも1さんはご自身のなかで『有る程度出来上がって』るとまで仰られてますし
比較的まっとうな事を仰ってる方々の意見を聞き流したり退けたりされてるてのですから
それ相当の御自身がおありなのでしょうし、自分自信とその理念(?)を信じて
その『有る程度出来上がって』いる方法を試されるのが
一番宜しいのでは無いでしょうか?

681 :名無しの心子知らず:02/03/11 08:11 ID:DPhX40y9
>>1がサプリメントについても教えてほしいとか書いてあるけど、
サプリメントって妊婦にとって安全なの?
このまえ、痩せ薬によって生殖能力が落ちる危険性があるという記事が
載ってたけど。
まだまだ、わからないことが多いから、やめておいたほうがいいと思うけど。
ちょっと、神経質すぎるかしら?

682 :名無しの心子知らず:02/03/11 08:34 ID:NdUZyWC5
>>677
あなたに霊感があったのではなく
単に断片的に記憶力が良くプロファイル能力が高かっただけだと
いうことは無いですか?
事故、ハプニング、トラブルはちょっと統計すれば容易に予測できる
ものです。
無意識のうちにそれが働き「そろそろこういうことが起きそうだ」
と思っていたらそうなったというのであればそういうことです。

今日の読売新聞に記憶術の広告が出ていました。
記憶術で試験に受かったという体験が載っていましたが
「それで受かってその後どうする気じゃ!」と突っ込んでしまいました。(藁

683 :名無しの心子知らず:02/03/11 09:34 ID:D3gzVJOK
ある程度顔がよくないとね・・。
せっかく英才教育施しても思春期に不細工と
いじめられて登校拒否ってヒッキーになってしまうかも。
知り合いにそういう人いたし。
顔が良すぎても誘惑が多くて遊んじゃうのかもしれないけど。


684 :名無しの心子知らず:02/03/11 10:41 ID:2ZmGFzdG
全国の経営者&人事担当者の皆様へ

帝京大学をレイプで退学処分になった

       岡田晋平
       駒橋英樹
       鈴木晋士
       芝崎拓明
       大久保順平

が転職してきたら....分かってますよね!
たった一人の社員の不祥事で会社が傾くことも...

この男を許すな!レイプ男のくせに400万円GET
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/youth/1014856201/

<社会>フジテレビ2審も敗訴=帝京大ラグビー部レイプ事件報道で
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1014799646/

<社会>帝京大の介護士が女子中学生をレイプ
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1015349628/


【国際】女児を30分にわたり車内で乱暴の男逮捕
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1015589761/

▲旭川女子中学生校内集団レイプ事件▼
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/youth/1015791972/

【帝京大】寄付金疑惑で補助金支給を保留 私立振興共済事業団 2/1
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1012568823/

<医療ミス>無理な出産で重い障害 帝京大相手に訴え
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1011033328/

帝京大学ラグビー部
http://homepage2.nifty.com/TeikyoRedWing/FrameIndex.htm

【社会】少女連続強姦容疑の被告に無期懲役を求刑 仙台地裁
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1015249728/



性犯罪者の再犯率は非常に高い。
自分の彼女や奥さん、娘を守りましょうYO!
                         

685 :物理学科志望:02/03/11 10:49 ID:2ZmGFzdG
俺は東大生(理1)だけど特別な記憶力も持っている奴なんて周りにいないよ
みんな普通の人より勉強が好きで、負けず嫌いで、努力家なだけ。
確かに頭はいいとは思うけど、努力してるなあー、とよく感心させられることが多い

それに幼児教育を受けてきたって人は聞いた事ないし。小学校からの塾通いは多いけど
これは医学部の連中にもいえること。

1さんの子供の将来が楽しみです。いろんな意味で。

686 :名無しの心子知らず:02/03/11 13:20 ID:NdUZyWC5
>>685
当たり前のことを当たり前にコツコツきちんと出来る人が最強です。
幼児や子供の時物覚えがいいとその時そのときに必要な「予習復習」の
習慣が身についていないので大学受験は難しいです。
それをクリアしても一般教養まではいいのですが、それ以降は困難です。
元天才は臨界期に達すると凡人になったり
学校生活をリタイヤしてしまう傾向にあるようです。

687 :グリアです:02/03/11 13:31 ID:vqiGdzbx
353です。

しなぷすさんのお話を読んでると、ある種の特殊能力は遺伝するのかなと思わされますね。
我が家では夫と息子がまったく同じタイプです。

話は変わりますが・・・
前に天才児がただの人になることについて書かれてありましたが、
夫が長じて「天才」と呼ばれなくなったのは、世間に知られるような
業績をあげていないからだと思います。
つまり、子供は能力を示すだけで「天才」と評されますが、大人の
場合はその能力を生かすことが求められますよね。
ところが、天才は周囲と協調することが下手な人が多いです。
そのため、能力にみあった業績をあげられないのではないかと
思うのです。
うちの夫なんて、まったく上記の通りで周囲からは「宝の持ち腐れ」
と評されています。

688 :しなぷす:02/03/11 20:12 ID:fed4T10W
>>682
霊感などというものを科学的に分析するとそういうことになるのでしょうか。
自分の「不思議」をそのように捉えたことがなかったので
とても参考になりました。

元アスペルガーさんが、眠っている間も記憶の処理に追われ
疲れきっていたとありましたが、私の場合は悪夢と金縛り(幽体離脱のような)に
苦しめられ情緒が安定していませんでした。
今思い出してもこりごりです。(w
なんだかオカ板の方が相応しいような内容になってきましたね。ごめんなさい。
不愉快な方は読み飛ばして下さいね。

>686さんもおっしゃっているように、努力に勝る天才なし、ですね。
過去レスにもありましたが世間が求めているのは根拠に裏打ちされた論理性であって
脈絡のないひらめきや思いつきは無視されがちですね。
天才は常人の何歩も先を行っている為、すぐには理解されないことが多い。

グリアさん、特殊能力はある程度遺伝するのでしょうか。
うちは、夫の得意分野と私の得意分野はほとんど重なっていません。
両方の良い部分を取っているようなのですが
なにせ、強いこだわりと頑固さがあり難しい子です。
私もそのうち、我が子にバカにされてしまうのでしょうか。


689 :名無しの心子知らず:02/03/11 21:33 ID:NdUZyWC5
しなぷすさん
682も686も元アスぺの書き込みです。
もう書き込まないと思いながら
ハリーポッターの魔法学校の鏡のように
何度も覗きに来たくなってしまっています。

こう言う話を続けて行くとオカルトっぽくなってきて
みんなに引かれてしまうんですよ(^^;;;(散々経験済み)
たぶん幽体離脱や金縛りは頭と心が
疲れていたために起こる現象だったと思いますよ。

690 :しなぷす:02/03/11 23:08 ID:fed4T10W
>>689
元アスペさん、ありがとう。
私の謎を解いてくれて気持ちが軽くなるようです。
若い時に友達になりたかった(w
アハハ、気をつけなくてはなりませんね>オカルト話し

また興味深い話しがあれば書いて下さいね。
楽しみにしています。
グリアさんも納豆母さんもその他の方達も。
1さんとももう一度きちんとお話ししたいと思います。
1さんのおかげで、ここまで突っ込んだ話しが出来て良かったです。
ありがとうね。

691 :644:02/03/14 12:34 ID:7IJzvAjM
おーい、>>1 
せっかく長文書いたのに放置かよ。
どうせROMしてるんでしょ、なんか言ってよ。

わざわざ付き合ってソンしたよ。

692 :グリアです:02/03/16 21:39 ID:Dfk5WqL9
>>669さんの指摘が痛い・・・。

先日も公園を走り回りながら、息子が聞きました。
「人間は時速何キロで走れるの?」
私)「さあ? 速い人は100メートルを10秒くらいで走るけど?」
息子)「じゃあ、時速36キロだ。速いね〜。」

小学2年が即答です。思わず、どうやって計算したか聞いてしまいました。
息子は「すぐわかるでしょ?」なんて困った顔してましたが。
聞かない方が良いのかしら・・・。

今日も算数の文章題の宿題をしていましたが、まず答え、後から式を書いています。
「式を書かないと、他の人は三角だけど僕はバツになるんだよ」
と言っていました。
形式を重視して、式から書くように教えるべきか、
先生に「僕だけ・・・」のくだりについて説明を求めるべきか、
悩みはつきません。

693 :名無しの心子知らず:02/03/16 22:46 ID:+meB00tp
>>692
30代板の元天才少年少女いる?スレの方も見るといいかも・・・

694 :酔生夢死:02/03/19 06:34 ID:62yX7PaA
>>693
このアンニュイな現実世界に対して幻想を抱かせないと
すぐに自分の世界を維持するのに最低限必要な社会活動
しかしなくなりますね。まあそれが正しい処世術だと思
いますが。

695 :名無しの心子知らず:02/03/20 14:44 ID:BqY8CSXN
>693
そのスレどこにある???どこにある?わからん。。。

696 :普通の受験秀才でしたが:02/03/21 09:10 ID:JT3Etaxj
>>692

私も即答でしたよ。そのくらいなら。
1時間は3600秒・時速は1時間に何キロ進むか・1キロは1000m
この当たり前の3事実がどれだけ綺麗に頭に入っているか、という事です。

10秒で100m→3600秒で36000m=36キロ

即答です。別に天才とかそういう類いの能力ではありません。

697 :名無しの心子知らず:02/03/21 13:02 ID:Tba4XM7Z
>>692
わたしもその程度なら「ちょっと賢い子」レベルだと思います。
そういう子はいろいろなところで褒められて
「おいらって天才!勉強なんてしなくってもできるし〜、
人生順風満帆でしょ?」
なんて大きな勘違いをしがちなので、その点は気をつけた方が良いと思う。
本物の「天才」だったらあながち勘違いとは言えないだろうけどね。
文章題については、
「他の人が見てどのような過程で解答に至ったか、一目でわかるように
提示できると言う事は大切な事だよ。解答だけじゃ片手落ちだね。」
と言うような事を母親に教えられた記憶がある。
文章題なんて計算自体は簡単だから、わざわざ解答後回しにして
式から書かせる事はないと思うよ。

698 :名無しの心子知らず:02/03/24 11:52 ID:o47WHlPJ
天才児育成計画?
大人になった時からでもなれますよ。
その方法はマスキング方といって(以下略)

699 :名無しの心子知らず:02/03/24 13:01 ID:pcs1eZNw
私の親戚の子は、とても優秀です。小学生高学年ですが
でもやっぱり、小学生は小学生でしかない。
そのことに親が早く気がつかなくてはいけないと思う。
高校生顔負けに計算したり、英語の本を読んだりするけれども
本人は、中学生のうちの子が普通に知っていることを全く知らない。
要するに、人間としてまだまだ未熟で、
中学生の会話にはついて来れない。
単なる普通の会話に。

本人は天才気取り。
親も自分の子供は人の子と違うと思っている。

年相応の友達とうちの子は合わないから
親戚中の高校生・中学生の家に預ける。
でも、はっきり言って迷惑なんです。
だって
うちの子と話題が合わないし、(所詮小学生)
子供がその子の話題にあわせなくてはならない。
多めに見てあげているのもわからず
自分は何でも知っていると思いこんでいる。

記憶力や学習能力だけが人間の力ではない。
人間の力は、総合力だと思う。

あの子は、将来、どういう仕事につくんだろう。
協調性もないし。
心配してあげるよ。

700 :名無しの心子知らず:02/03/24 14:31 ID:3Xba4fRE
>699
馬鹿と天才は紙一重っていうじゃない。
何かに突出して長けているというのは、何かに欠けるところも多いと想う。
過去レスにも何度もガイシュツだけど、天才は不幸の始まり。

701 :名無しの心子知らず:02/03/24 16:25 ID:tWi0o4zd
やっぱり子供には常に年齢相応の楽しみと苦労を積み重ねて
大人になって欲しいよ・・・。
幼稚園ではみんなと遊ぶ楽しみ、新しいことを発見する喜び
小学生では同性の友達と友情を芽生えさせ周りを意識して切磋琢磨。
中学生では自分の目標に向かって努力する喜びと苦しみ人間関係の乗りきり方を学んで
高校生では異性に関心を持ち仲間を作り自分の将来に夢を持って努力して欲しい
大学生では個性を存分に発揮して得意分野を深く探求して自分を磨いて欲しい

と、自分の子供にこんなことを願う夢多き親です・・・

702 :共感者:02/03/30 21:49 ID:QzWpRRrq
今、妊娠6ヶ月です。
1さんすごいです!!
もっともっといろんな知識を私にも!!
いろいろ言う人がいるけど結局は失敗作なんですよ。
本当の天才は全てを凌駕していると思います。
周りとの共存なんて気にせずに最強天才児を育成しましょう!!



703 :名無しの心子知らず:02/03/31 02:56 ID:5QaTl5A8
>>1
http://www.google.com/search?q=%8D%C5%8B%AD%81%40%93%56%8D%CB%8E%99&hl=ja&lr=
どうぞ(

704 :名無しの心子知らず:02/03/31 03:03 ID:5QaTl5A8
というかさ。

貴方のような普通の人間の子だったらせいぜい一部門を極めるのが関の山。
げっそりと痩せ細ったがり勉(死語)一匹もしくは
筋骨隆々の筋肉ヲタが限界でしょう(藁

天才に生まれた子供が必ずしも幸せとは限りませんよ。
天才に生まれた幸せは貴方から見たものであって
当人から見れば天才が普通。天才であること=普通のことなのです。
その子供の世界で幸せを見つけるのは難しいことです。。。
幸せになるという点なら普通に生まれた方がいいのかも知れませんよ。

705 :名無しの心子知らず:02/03/31 16:42 ID:SY0NJFgG
天才であること=普通のこと?
相対的な考え方が出来ないようですね・・・
他の人よりも優れていて、他の人が出来ない事が出来る。
それは幸せへの近道であることには間違いありません。
普通に産まれて効率の悪い努力をするよりはよっぽど幸せに近いと思います。




706 : :02/03/31 16:55 ID:lR0m7CIy
おお!香ばしい!

707 :ガブリエル:02/03/31 17:36 ID:P6W0Wcic
でも天才って全てにおいて天才ではないだろ。
やっぱ、自分の不得手な事にはコンプレックスを感じるだろうし
それは並みの頭の持ち主より、悩みは深いと思うぞ。
例…すんごく記憶力が良くて勉強はできるが、セークスがへタレ。

708 :名無しの心子知らず:02/03/31 17:51 ID:kru4aQdX
>705
704ではありませんが、私の知っている天才と言われている人は
天才=普通、あたりまえのことですよ。神童と言われて育ち、
自分が出来るのだから他の人も出来て当たり前、何で出来ないの?ってな
感じです。だから、他人に厳しくて思いやることができない。


709 :名無しの心子知らず:02/03/31 18:21 ID:XNZWA9p+
頭の出来より、どうしたらスポーツが得意になるかが知りたい。
スポーツ出来る子って、学校生活楽しそうだもの。

710 :名無しの心子知らず:02/04/01 00:14 ID:k83VjXjI
>>708
はぁ〜?
だから〜自分が優れているから、他の人に出来ない事が出来るっていってんのが
わからないんですか?
日本語を正しく理解する能力がかけてますねえ〜〜

>>709
スポーツも幼少時からの脳力が大きく関係しています。


711 :名無しの心子知らず:02/04/01 01:07 ID:3gNKwd7H

まぁ!1さん、お元気そうで

712 :名無しの心子知らず:02/04/01 01:40 ID:5h8Y+bXo
TBSの60minutes見た?

713 :名無しの心子知らず:02/04/01 06:41 ID:ECp6hVeN
モルモットの育成ゲーム会場はこちらですか?

714 :名無しの心子知らず:02/04/01 13:08 ID:lhzm4aqR
漏れ、某進学校の教師(中学)してたんだけど
DQN主婦に教えといてあげる。
英才教育なんぞやめれ。
ヴァカの子は大体ヴァカだから。

長いこと色んな子供見てきたが
本当に頭のいい子は寛大な家庭が多いぞ。
子供が一個の人格として尊重されてる。
もちろん、甘やかしの放置とは違う。
意図的に加工して英才はできない。

715 :名無しの心子知らず:02/04/01 13:14 ID:9Lo6AbUC
でも何もしないよりいいと思う...

716 :名無しの心子知らず:02/04/01 13:20 ID:3wA4g5mu
親戚の子、両親そろって真性DQNで金髪。パパはガテン。
だが、母親のほうが「せめて子供だけは……」ということで
塾にかける費用なんかは惜しまなかったんだよね。

小学校にいるうちは、ずーっとどの教科も(体育以外)はクラスで
ほとんどトップだったよ。
まあ、これから中学に進学するんだけれど、そこで少し下がるかもしれないけどね。

英才ってほどではないけれど、やはり「やらないよりはマシ」らしい。

717 :182:02/04/01 13:23 ID:Cqkikhuk
1さん自身はハーバード大卒ですか?
そうぢゃなければ所詮ムリでしょう

718 :名無しの心子知らず:02/04/01 14:11 ID:4DQ7u55v
>>716
元々どちらかが勉強ができる素質があったのだろう。(多分母親)
勉強させたから出来るようになったのではなく
その子が勉強が出来、なおかつ勉強が好きだったから
塾に通わせたのだろう。

自分の子供がたいして好きそうでもなく、得意でもないのに
ピアノを習わせる親などいないでしょう?(い・・いるか!?)
勉強もそれと同じじゃないのか?

・・・っていうか、公立小学校でクラスのトップってどうやってわかるわけ?

719 :名無しの心子知らず:02/04/01 16:13 ID:7tBmFww5
>710
天才=普通というのは、天才と呼ばれる人が持つ「絶対的主観」

天才=普通じゃない というのは、凡才の主観でもって下す
「絶対的相対的評価」

「普通」「普通じゃない」という言葉と実際の価値観にズレが
生じ、それが派生して人間関係に軋轢などが生じると思われ。

あなたが言うところの天才的能力というのは、そのほとんどが
効率の良し悪しなどという物差しで計れない次元のものです。

res:705
>いとも簡単に他の人よりも優れていて、他の人が出来ない事が出来る。
>それは幸せへの近道であることには間違いありません。
>普通に産まれて効率の悪い努力をするよりはよっぽど幸せに近いと思います。

そんなものは、凡才の幻想に過ぎない・・・・・



720 :名無しの心子知らず:02/04/01 16:14 ID:lhzm4aqR
所詮、公立のトップでしょ?
そこをもって、英才というのは痛すぎ。
まあ、私立のトップでも、
今はDQNが佃煮状態だから、
昔の俊才に比べてたいしたことないけど。

ちょい昔の英才、逸材と言われた人は
意外と、周囲の環境に恵まれていない人も多い。
それを思うと、やはり英邁の素質は天性のものと思われ。



721 :名無しの心子知らず:02/04/01 17:07 ID:7jpVOUam
>710さん
ほんとに1さんなのかな?だとしたら、光栄です。

残念ながら、ご本人は710さんが思っているように
自分が優秀だとは思っていないんですよ。
ごく普通の人間だと思っているといっていました。
でも、周りからは一目置かれてるし、頭の回転も速くて
大した勉強もしたことがないけど、成績は優秀だったそう。
彼はK省にお勤めですが、親戚にはZ省の方、医者、音楽家など・・・
でも、特別な教育は受けていない人がほとんどで、塾にも通わせて
もらえなかったそうです。
育て方も大事だとおもいますが、遺伝子の力は大きいと感じました。


722 :721です。:02/04/01 17:10 ID:7jpVOUam
721=708です。
抜けてしまいました。

723 :名無しの心子知らず:02/04/01 21:31 ID:G7DEXChp
しかし、遺伝も確かにあるだろうけど、その家が持つ雰囲気というか、
生き方みたいなものが、環境や哲学として優秀な人間を育てるっていう
事もあるんじゃないかな。 「教育」とか言う以前に、無意識のうちに
知的刺激がされてるというか。 それは親の持つ「知」への姿勢なんだ
と思う。 まぁ、優秀な子供を育てるにはまず自分からって事で。

724 :名無しの心子知らず:02/04/02 14:26 ID:r5kzWgYD
>>719
そんな事は説明してくれなくてもわかっています。
ただそう言う事をすぐ理解できない人がいる事が信じられなくて強調しただけです。

>>721
>残念ながら、ご本人は710さんが思っているように
>自分が優秀だとは思っていないんですよ。
>ごく普通の人間だと思っているといっていました。
>でも、周りからは一目置かれてるし、頭の回転も速くて
>大した勉強もしたことがないけど、成績は優秀だったそう。
>彼はK省にお勤めですが・・・・

どう考えても優秀でしょ・・・・
そんな人の言ってる事まともに受け取るほうがどうかと思いますが・・・・


725 :名無しの心子知らず:02/04/02 14:32 ID:pRBFMnUM
元々優秀で、なおかつ育ちの良い人は、
子育ても子供が優秀になるように
自然とできる…と聞いたことがあります。
しぐさや、言葉使い、子供が疑問に思った時に
臨機応変に対応できる知識・感受性…



726 :名無しの心子知らず:02/04/02 16:28 ID:jcscKvyM
>725
子供が疑問に思った時に
臨機応変に対応できる知識

そーなんだよな。学生時代の友達のお父様は
とっても博学で哲学について解説してくれたとか
英語の文法を教えてくれたっていう話を聞いてうらやましかった。
うちの父が教えてくれたのは にぎりッペのうまいやり方や
"あたり前田のクラッカー"ってコピーの解説などだ。ハァ・・・

727 :名無しの心子知らず:02/04/02 17:17 ID:cr6HkMDw
優秀(といっても半端じゃない優秀)な人は、自分を優秀だとは
思っていないはず、優秀だと思った瞬間からもうそこで満足して
しまって上へは進めないんだよ。
でもそれは天才とはちょっと違うんじゃない?

728 :名無しの心子知らず:02/04/02 17:23 ID:YfaIn9If
なんだか一人厨房が混じってるような。。。

729 :727:02/04/02 18:50 ID:cr6HkMDw
>>728
わしでっかー?

730 :名無しの心子知らず:02/04/02 20:37 ID:YfaIn9If
>727=729
ちゃう。あなたの三つ上のお方・・・。

731 :名無しの心子知らず:02/04/02 21:05 ID:r5kzWgYD
>>727
理解力を鍛錬せよ

732 :名無しの心子知らず:02/04/02 23:10 ID:YfaIn9If
>731
お約束・・・
       (⌒Y⌒Y⌒)
     /\__/|
    /  /ー  ー\
 (⌒ / /  ⌒ つ⌒ \
(  (6           |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( | \____ノ |  <  オマエモナー!
   ̄ \  \__ノ /    \_________
     \____/

733 :  :02/04/03 12:58 ID:5RthSEUc
私の親戚はいわゆる東大とか一杯入ってて、私の親も教育熱心で読み聞かせも
やってたし、習い事も一杯やって(今ほど幼児教育さかんじゃなかったけど)
今の私なんですけど、中学まで親の言う事よくきいて’良い子’だったんですが
反抗期がすごかったです・・。で、今までやってた事ぜーんぶむちゃくちゃに
してから、自分を取り戻しました。
でも子供産んでみて子を良くしたいって気持ち本当よくわかりました。
右脳鍛えて天才になれるならやってみたい。手遅れにならないうちに。
って思うのもよくわかる。
学歴なんて私はどうでもいいと思ってるんですが、海外にだけは追いつかれたくない
というか、追いつかれてしまうと日本の未来は無い・・。
そう思うとちょっと変わっててもいいから一つの事頑張れる子に育ってほしいです。
ここに来てる人、皆きっと自分の子を良くしたいと思ってると思う。
大いに頑張りましょうよ。日本の繁栄の為に。
かくいう私は何もしてないですが・・・。
別に天才児を育てたい人を叩く必要はないですよね。素晴らしい個性のある子を育てたいものです。
1さんも頑張ってらっしゃるみたいですね。
でも、余りストイックにされると反動が来ますので、出来なかったら出来なくて
いいくらいで構えてあげてくださいね。
じゃないと逃げ場がなくなった子供たちは追い詰めてしまいますから。
 それにしても、教育内容が減らされるのは気になる・・・。
いい内容があるなら、文部省も取り入れたらいいのにーなんて思う。
天才にするための王道は無いんでしょうけど。






734 :名無しの心子知らず:02/04/03 13:07 ID:yBTdEqLs
>>733
大人の文章にはみえませんが・・・

735 :  :02/04/03 14:32 ID:5RthSEUc
残念ながら私は立派な大人です。学歴はフツーの大学卒ですから、難しいこと書けないですが。
頑張ってもそれほど成果が上がらないことがあるよ。と言いたいだけですよ。
今から思うに、習い事の先生・食べ物・身につけるもの・洗う洗剤までかなりこだわって
育て上げてくれた母に感謝です。
でも、それほど立派になれなくて申し訳なかったなあと・・・。






736 :名無しの心子知らず:02/04/03 14:34 ID:lpxGAVd1
言いたいことがたくさんあるのはわかるけど
簡潔におねがいします。

737 :名無しの心子知らず:02/04/03 23:32 ID:/F+sfNDf
>732
小学生の作文かと思ったよ。
子供いるんだよね。
子供の右脳を鍛える前に
自分の意思伝達能力を鍛えるべし。

738 :名無しの心子知らず:02/04/04 22:45 ID:OCbSjxlV
>737
732のどこが作文なんだ???

739 :名無しの心子知らず:02/04/05 08:29 ID:64QrXHOy
それぐらい低いレベルだってことだよ!


740 :名無しの心子知らず:02/04/05 13:07 ID:Ci/gkJ8K
>732は、作文じゃなくてサザエさんなのよね〜

741 :名無しの心子知らず:02/04/05 22:06 ID:r3f8WZb9
ネンチャックが一人紛れ込んでると思われ。

742 :名無しの心子知らず:02/04/14 23:15 ID:QxRv171P
結局1はあきらめたのか?
自分のやり方でやってみて結果をぜひ聞きたいな。
今までにそういう例はないのか?

743 :名無しの心子知らず:02/04/15 06:41 ID:fkHO8bBR
>742私も聞いてみたいです。七田式や公文式など優秀児だった方達のその後はどうだったんだろうね。

744 :名無しの心子知らず:02/04/15 08:59 ID:yeqJlyGB
>>742
だって>>1さんは、まだお子さん、いないんでしょ?

745 :名無しの心子知らず:02/04/15 09:43 ID:nvwlOMT4
>>726
まるちゃんの父、ひろしみたいな父だわ〜。
ある種、さくらももこだって天才なんだと思う
からいいんじゃないかな〜〜〜。 



746 :名無しの心子知らず:02/04/15 11:47 ID:VeIFctvE
1さんは何回も質問されているご自分と御主人の学暦や経歴、経済状況
には答えていませんね。
親からの遺伝も関係ないと言い張っておられる様ですし、やはり…
(以下自粛W
途中までは天才?と勘違いされる子供は多くいると思うのですが最後まで
となるとどうなのでしょう?
例えば近年、中卒DQNの両親を持ち貧乏な家庭で育ちながらも東大を卒業
した人はいるのでしょうか?(アサハカナ例えでスマソ)

本を読んで勉強しているつもりでも御自身が蓄えている知識や感性が
なければ…

747 :名無しの心子知らず:02/04/15 13:32 ID:gA2LMiwM
>>746
北野家の長男。

今日、ラジオで次男がしゃべっていた。
高校に入学すると今まで自分が一番だったのに
同じようなレベルの人間が集まっているので挫折感を味わって落ち込む。

学校の帰り、母親が駅に迎えに来ていて
「オマエだけだよ、たけしや兄ちゃんには内緒だからね」
と寿司屋に連れて行ってくれて寿司を食べさせてくれる。
それで家では自分が一番なんだ主役なんだと元気が出て頑張れた。
  後で気付いたけれど母親は兄弟全員に同じ事をしていた。
という話。(ちょっと記憶違いもあるかも)

ムダに頑張らせるよりも励ますタイミングなんだなあ・・・

748 :16歳:02/04/28 22:35 ID:rKef8Uut
1さんへ  貴方こそ勉強するべきだと思います。確かに、ある程度までは胎教が
影響すると思いますが、天才を創るまでには至らないと思います。
例えば天才=高い知能指数だとお考えでしょうが、
知能指数の本はもうお読みになりましたか?  
ほとんどの本には遺伝的要因が強いと書かれています。それとつけくわえますが、
ほとんどの天才があまりいい人生を送れなかったのです。
貴方は天才ということに意識過剰すぎると思います。
そういう人に限ってノイローゼなどになりやすいのでお気をつけて。

749 :名無しの心子知らず:02/04/28 22:41 ID:baoxf51w
小学校の教師ですが.親の学歴や職業で 子供もなるほどなっていう
感じです.
頭の良い遺伝子をもらうために 配偶者は
高学歴の方を選ぼうと思いました.犬の交配みたいですが.
母親も頭よければ 完璧か 
ついでに家柄もよければ お受験に有利.




750 :名無しの心子知らず:02/04/28 22:44 ID:HcwMA6wZ
>>747
それで兄弟に黙っていられる子供はいやだ

751 :名無しの心子知らず:02/04/28 23:52 ID:0UrhpU2q
だれか>>1に何の天才になりたいか聞いたの?
天才ってすべてに優秀な事か?
そんな親を持つ子供は天災。

752 :名無しの心子知らず:02/04/28 23:53 ID:3wWt0nye
かなり何度も聞いている。

753 :名無しの心子知らず:02/04/29 02:48 ID:jhGBaTFc
>>1
妊娠前にできることを挙げるなら、
まず第1に、健康な子供を産むために、自分の健康状態を
出産に適したものにしておくことだと思う。
子供の才能を伸ばす課程で、本人の体力があれば、それに越したことはない。
勿論、周囲の協力な支援があれば、肉体的なハンデは乗り越えられるかもしれないが
妊娠前から準備をするなら、目標を高く設定すべきだろう。
具体的には、出産に理想的な肉体と食生活を構築すること。
これは妊娠してからでは間に合わないからね。

第2に、経済的な基盤をしっかりと構築しておくことが重要だろう。
子供の素養をしっかりと伸ばすためには、相応の教育費が必要になる。
教育機関に支払う金だけでなく、教材を購入するにも金がかかる。
居住地域によっては、自然に触れさせるにも金がかかる。
経済的な理由で教育機会を逃すのは何としても避けるべきだろう。
もちろん、教育は長い時間をかけて施すものだから、
一時的な借金で賄うといった方法は考えない方が良い。
真の天才ならば金は必要ないという人もあろうが、いわゆる普通の人の中には、
才能を発揮するチャンスが与えられなかっただけの「隠れた天才」がいるはずだ。
自分の子供の才能を完全に発揮させたいなら、
やはり教育資金に困らないような準備をしておくべきだろう。

第3に、自分の居住地域が、教育環境として好適か否かを判断し、
必要ならば転居すべきだろう。これも妊娠してからでは、負担が大きい。
最新の教育方法を取り入れた機関は、まず大都市圏から普及する。
従って、最新の教育サービスを受けるためには、都市圏に住む必要がある。
あるいは、良好な自然環境を求めて地方に住むのも良いだろう。
いずれにせよ、居住地を無目的に選んではいけない。
上質の住環境を求めるなら、妊娠前に行動すべきだと思う。

何か参考になれば幸いだが。

754 :ガブリエル:02/04/29 02:52 ID:I8pUny8Q
そんだけ手を尽くして、子供がイマイチだったら死にたくなるね。

755 :名無しの心子知らず:02/04/29 07:47 ID:IdpjhwHv
親が自分の子供の価値を値踏みするなんてできないっすよ。
自分らが作ったんだから、
イマイチだのなんだのと他人事みたいに評価するのは無責任。
天才でもそうじゃなくても責任もって育てないとね。

756 :名無しの心子知らず:02/04/29 07:50 ID:IdpjhwHv
>>749
>頭の良い遺伝子をもらうために 配偶者は高学歴の方を選ぼうと思いました.
こんな結論を出す先生は嫌だな。

757 :名無しの心子知らず:02/04/29 08:21 ID:3BJvgayN
>>756
教師は仕事だけじゃなく、私生活も学歴にしか興味がないのよ。
せまい世界でかわいそうよね。(w
あおりはともかく、
優勢劣勢遺伝子の話をする教師って、右翼的すぎない?


758 :名無しの心子知らず:02/04/29 09:22 ID:tJ6W3jul
>>756
禿同。

デキの悪い子供をどう伸ばしてくれるかが先生の役割。
ああ、別に勉強だけをさしているわけじゃないよ。
先生まで遺伝子にこだわるというなら、先生なんて
いらねーじゃん。つか学校だって意味ねー。


759 :名無しの心子知らず:02/04/29 09:25 ID:zam7kyxC
>>758
ええっー、子供をどう伸ばすかってのは親の役割じゃないの?
で、先生はそのサポート役でしょ。

760 :名無しの心子知らず:02/04/29 09:43 ID:tJ6W3jul
>>759
学校の中での話しだよ。
家庭の話をしているんじゃねーよ。


761 :名無しの心子知らず:02/04/29 18:54 ID:XuJ5276X
つーか>>749自身が、満足に授業ができるレベルに達しているかどうか疑問。
授業がヘタクソでな先生は、成績が悪いのは生徒がアホなせいだと主張する。
自分でも理解できない算数やら理科やらを、必死にごまかしながらおしえてるDQNも多いし。

教師として最低限の教育サービスを提供して欲しいもんだ。

762 :名無しの心子知らず:02/05/01 02:35 ID:eOtgTSei
>>1は来ないね。やっぱりヴァカだったんだ(w

763 :名無しの心子知らず:02/05/01 08:08 ID:OGdohSNh
まだあったんだねこのスレ

764 :名無しの心子知らず:02/05/11 00:12 ID:MNDHfFXy
1は、考えをちょっとは改めたのか?

765 : :02/05/11 02:26 ID:sc/3fTqN
1ってルナママっぽい

766 :名無しの心子知らず:02/05/19 01:22 ID:fPyPyQYC
昔テレビで、「びっくり人間」だったかな
韓国IQ200の天才兄弟4才か5才で大学レベルの数学
をすらすら解答するのがあったけど、その後をアエラ
という雑誌が取材していたけど成人すると
普通の人になっていたよ。一人は大学受験に失敗して
浪人して3流大学に入学しもう一人もさえない大学生
だったよ。
もっと有名な話でアメリカのハーバード大学を5才ぐらい
(ごめん正確な年齢は忘れた!)で入学し飛び級であっという間
に大学院に進学、博士号の習得し年老いた大学教授あいてに
4次元数学論を講義した天才児がいたが成人したら
しがないサラリーマンになっていたよ。
本人曰く「まるで夢のようでした。私は4月1日生まれ
ですから。」
両者とも両親が教育熱心で0才児のときから英才教育
をほどこしたそうです。
どちらも強制的に膨大な知識を詰め込むことにより
記憶力を徹底的に鍛えたんだとおもうけど
本当の天才には、もちろん記憶力が良く様々な知識も必要ですが
ある事柄について根気強く持続的に深く考える
能力・・ひらめきの源泉
を兼ね備えた人が多いんじゃないでしょうか
そのためには本人の自発的な興味が大切だな。
相対性理論で有名なアインシュタインの言葉に
「私は幼い頃から光の速さでこの世界を観たら
どんな風にみえるんだろうと思ってきました。」
どうもアインシュタインは丸暗記は苦手で
国語が弱かったようですが。(言葉が遅かった)
どうしても天才児を望むなら以上の点をふまえた
上で、記憶力は遺伝の影響を多少なりとも受けやすい
のでアメリカの精子バンクからIQ150以上の天才冷凍精子
を取り寄せて人工授精することかな。
たしか女性側にも両親、本人ともにIQがハイレベルという
条件が付加されていたようですが。




767 :名無しの心子知らず:02/05/19 07:28 ID:Mn8qybZ7
>>766
いくら子供を天才児にしても、世界的に今の教育システムが、つまらない人間になるための
訓練にしかなってないという事の証明ですね。











などと煽ってみるテスト


768 :名無しの心子知らず:02/05/20 19:16 ID:kypPPS+n
>>766
そうそう、そのアインシュタイン!
我が子も、言葉が遅く丸暗記は苦手。
ところが自由研究類のことをすると、他の子とはかなり違ったテーマを選ぶし、
大人が驚くほどじっくり掘り下げるので、理科や社会の先生の絶賛を受けています。
ついでに美術の先生にも受けがよく、創造的な作品を作るとか。
あー、いつかアインシュタインやピカソになってくれないかなあ、と
浅はかな夢をみる愚かな母です。。。。(^^;)

きっと天才って、作ろうとして作れるものじゃないのよね。
「結果天才」なんだと思うな。

769 :名無しの心子知らず:02/05/21 09:25 ID:6TyFDUi6
 おもしいスレ。
でもさ、結構1のように思っている親って世間では多いのかも。
「親以上にアタマよくならないものね」なんて自分に言うつもりで
言ったら笑って同意してくれる親と同じ位、不機嫌そうになる親もいます。
前者のタイプの法が己の勉強の限界をわかっている(受験勉強等、結構した)
人だったりする。
 やはり、勉強する時にやり残し感があるとその部分で子どもに夢みちゃう
親こころもあってみだりに刺激してはいけないのかも・・・と思うこの頃。

 

770 :/■\準備中 >>1はいずこ…:02/05/21 17:06 ID:Ij8MeHAc
>>756-8 禿同。>>749は、教師にあるまじき差別主義者だね。
>>749は、IQ遺伝や自らがDQNである現実を認めているだけ>>1より進歩的
だが、人間的には>>1以下かもね。自称「教師」はネタであることを願いたい…
>>749 ここで優勢思想を賛美するなら、教師であることを隠す努力汁!
優勢思想を公然と肯定する教師は、児童のために氏んでお詫び汁!
PTAに晒しageられる前に、擁護学校で人間を磨くんだな。

771 ::02/05/22 10:43 ID:fDJcbg1R
あんただれ?

772 :名無しの心子知らず:02/05/22 14:07 ID:EJsvTJIs
>749の小学校教師へ

とある心理学の研究報告の話。

ある30人くらいのクラスを受け持つ教師がいた。
その教師は中途で赴任し、前任の教師から引き継ぎを受け、成績が優秀な生徒と成績が悪い生徒の評価などもその時に引き継いだ。
ところがその引き継ぎの際にミスがあり、成績が優秀な生徒に「努力が必要」、成績が芳しくない生徒に「非常に優秀」と、あべこべの評定を引き継いでしまたのだ、

その結果驚いたことに、それまで本当は「芳しくない」生徒が平均的に成績を飛躍的に伸ばし、反対に「優秀」だった生徒が平均して著しい成績下降を示したのである。

このことから教師の生徒に対する先入観と、生徒の成績への因果関係が研究され、影響が証明されたとのことだった。


>749さんは心のどこかに低学歴への偏見を持ってたんじゃないですか?
ともあれ、>749のレスは自分の職業的能力の低さを自ら暴露してることになるのでは?
恥ずかしくないですか?

773 :名無しの心子知らず:02/05/22 14:17 ID:GU4dy4Py
あの胎教で有名なスセディツク姉妹?ってどうなったのかな・・・

774 :名無しの心子知らず:02/05/22 16:39 ID:5URtFV57
>>749

所詮、小学校教師だもんね。考えることはその程度か。

私が以前通った中学の体育教師で、自分は四国のしがない体育教師なのにコンプ
レックスを持っていたのか、子どもは小学校から東京の私学に入れて、東大の前に
母子でアパート住まいさせていたよ。あの子どうなったんだろう??怖いねー。


775 :名無しの心子知らず:02/06/02 11:37 ID:tCLIuet/
子供の頃に天才で、それが大人になったら普通の人になってしまった
というのは、人格教育が疎かになってしまったのが原因だと思う。

人格形成期に「天才、天才」なんてチヤホヤされたら、多くの場合は
「天才って呼ばれることにウンザリ。普通の人がうらやましい」と考えて
しまうのが子供。子供は疎外感を何よりも嫌う。

特別扱いされるほどまでに極端な天才になってしまったら、それは
世間がチヤホヤするから不幸になってしまいかねないけど、
たかだか一流大学へ進学する程度を目指す英才教育なら、どんどん
やればいいと思う。

776 :名無しの心子知らず:02/06/03 10:15 ID:6cA3ZMwr
age

777 :名無しの心子知らず:02/06/03 10:16 ID:6cA3ZMwr
777get

778 :名無しの心子知らず:02/06/13 12:08 ID:TLII0obq
1は、早期教育の効果と弊害っつースレ、読んでから出直してくれば良いのにね。
ちなみに、あっちのスレの内容はタイトルとは微妙にズレて、すっかり
反早期教育派のためのスレ、となってます。少しでも早期教育を擁護すると
子供カワイソー攻撃にあいます。


779 :名無しの心子知らず:02/06/14 09:35 ID:eldlpA4T
あげ

780 :名無しの心子知らず:02/06/14 09:38 ID:fZgXoQHL
遺伝によるところが大きいと思われる。
努力してもムダな人もいれば努力しなくてもいい人と。

781 :名無しの心子知らず:02/06/14 13:45 ID:eldlpA4T
私もそう思いますが、ここの1は、
「遺伝は関係ない。私は、いろいろ勉強して確信を持っている」と
断言してたじゃないですか。
つまり、私は知らないけど、「遺伝は関係ない」ということを
主張している、HPなり、著書なり、テレビ放送なりが
ある、というとなんですよね?

782 :名無しの心子知らず:02/06/14 14:07 ID:MVaKU4hh
>772
ピグマリオン効果と似てる

783 :名無しの心子知らず:02/06/14 14:11 ID:rMhxmlsv
自分の子を天才にしてどうしたいの?
自慢したいの?
金持ちにさせて左うちわで暮らしたいというなら
漠然と天才にというんじゃなくて
もっとテーマをしぼった育て方をしたほうがいいんじゃない?

784 :名無しの心子知らず:02/06/26 23:05 ID:1sSi+Who
それより、魅力的な子供に育ててほしいよ。
世の中。
自分勝手ばかりじゃん。
他人に迷惑かけている親から天才なんかできやしないよ!


785 :ジェシー ◆HootWTUQ :02/06/26 23:08 ID:57jxIn9w
天才は幸せなのかのぅ。
逆差別にあうだろうにのぅ。
平凡がイチバンだと思うがのぅ。

786 :おばちゃま:02/06/26 23:22 ID:oxqaFVC2
天才より精神的に充実した子に育って欲しいと思いますがね?

787 :名無しの心子知らず:02/07/05 13:56 ID:fMb73wvw
ところで1は天才を仕込む事が出来たのか?

788 :名無しの心子知らず:02/07/05 14:15 ID:q+5NInOV
( ´_ゝ`)フーン

789 :名無しの心子知らず:02/07/13 13:16 ID:L1fWk/Gi
別に天才はいらん

790 :名無しの心子知らず:02/07/13 13:44 ID:N4uXNCPa
うちの子は天才だと親が勝手に思い込み、
期待をかけすぎて、
子どもが壊れ、親を殺した事件ありましたよね。

親の身の丈にあった子どもに育てるのが、子どもにとっての幸せです。

791 :名無しの心子知らず:02/07/13 14:10 ID:WbmUpOL3
>790
親の身の丈??? 子供の身の丈の方じゃなくて?

親が出来が悪いからって子供の可能性を摘むこともないし、
親のレベルまで無理やり子供を引きあげることもないと
思うけど。

792 :名無しの心子知らず :02/07/13 19:16 ID:vLdMMvoU
>1のところに産まれた子供はチカラずくでお勉強のできる子にさせられる。
そこで子供は思う「母はボク自身を愛しているのか?才能を愛しているのか?
ボクは生きている意味があるのか?」と。思い悩んだ末新興宗教へ入信。
メデタシメデタシ

793 :名無しの心子知らず:02/08/13 10:49 ID:N0hWSCI0
>>1さん
 9月号のサイエンスに、サヴァン症候群が載ってますね。
それから こっちの方が重要ですが、天才と分裂病の進化論
デイヴィッド ホロビン 新潮社
読まれましたか。

794 :名無しの心子知らず:02/08/13 11:18 ID:Vwz0qBYX
サヴァン症候群ってどんなの?
簡単に要約してよ。

795 :名無しの心子知らず:02/08/13 23:51 ID:0K/PAvHl
>>794
 異能を持った自閉症と言った所かな。


796 : :02/08/14 06:12 ID:EIEi6BvA
>>795
自閉とは限りませんが

797 :名無しの心子知らず:02/08/14 21:03 ID:XlYNkOQx
>>796
フォローすまそ

798 :名無しの心子知らず:02/08/14 23:07 ID:sQmkx4BM
>>1
天才と分裂病の進化論
これはすごい!!!
これこそ1が望んだ情報か。
なんと 118−119ページには
あきらかにアラキドン酸の摂取量と
脳の大きさには相関があった。
と書かれている。
我々は、第一世代のブーステッドベイビー
の誕生に、立ち会おうとしているのか。

799 :名無しの心子知らず:02/08/14 23:10 ID:JenhlILF
>>794
そのくらい自分で検索してみたらどう?何のためにPCやってんだか。

800 :名無しの心子知らず:02/08/14 23:15 ID:tufAvTQ3
ズサーーーーー
800ゲットー
わーーーい!!

801 :名無しの心子知らず:02/09/01 14:07 ID:RlqmsHzp
age

802 :名無しの心子知らず:02/09/01 16:11 ID:nuT5g6Va
天才は持って生まれた才能と努力によって作られる。
凡人が真似ても.......。

あと、親の教養の深さかな。

コンビニ弁当や冷食、惣菜等買って、並べてたらダメだよー。
食育って言葉も在る位食生活は、頭脳に影響するんだから。

803 :bloom:02/09/01 16:15 ID:5AZiO35/

http://www.leverage.jp/bloom/qry/search.qry?function=search

804 :名無しの心子知らず:02/09/04 23:14 ID:FCquHcRm
モンテッソーリ教育は英才教育でしょうか?
娘をモンテッソーリ方針の保育園に入れるか悩んでます。
私はカソリックなので理解するところが多いのですが英才教育となると
引いてしまいます。



805 :名無しの心子知らず:02/09/07 00:24 ID:YqzXTvVX
>>804
モンテッソーリを名乗る幼稚園にも色々あります。
その幼稚園がどのような方針か、見学させてもらうのが確実です。
スレ違いだと思うのでさげます。

806 :名無しの心子知らず:02/09/08 03:22 ID:Zhh3RyJl
皆様、お子様になんとよばせていますか?
また、祖父母、近所のおじいさんなど、
どうよばせているのでしょう?
そういうことも幼稚園入学の際など、
気にした方がよいのかと思いまして。
よろしくおねがいいたします。


807 :名無しの心子知らず:02/09/08 12:00 ID:KbvpqL9i
>806
お受験板に逝ったら?

808 :名無し大佐:02/09/11 21:51 ID:Z0XMNXax
このスレとてーも参考になる。
>>1 良い子を産んで天才にしてください。

私の考えだが、天才が不幸だというのは盆栽の偏見だと思う。
ただし、天才なら幸福になれるというのではないだろう。
うまくいえないが、素質だけではだめで、
幸福だから天才になれたのではないかだろうか。

>>555
>親は親で居て下さい。ぎゅっと抱っこしてあげて下さい。良い子良い子
してあげて下さい。

とても納得ができる内容です。
ただ会えていうと、貴女のタイプは中学受験をやるのは反対でやるなら注意深くやるべきだと
思う。1よりこのほうが深刻にみえる。
つまり、親に愛されなかったからその分子供を愛するぞという意気込みはよし。ただしそれが受験と
結びつくとやりすぎになる。普通の親がやっても子供にかまいすぎることになるのに。
さらにいえば555さんは異常な集中力の持ち主
であり、一方、子供は並の才能だったりしたらどうなるのだ。子供にしてみれば普通の親でもたまった
ものではないのに、さらにドライブがかかっているわけで大変だ。

809 :名無しの心子知らず:02/09/11 22:02 ID:jN9qje7W
天才児計画するなら、それなりの覚悟でね。
凡人になった時、親もカコワルイが一番辛いのは本人だよ。

810 :名無しの心子知らず:02/09/11 22:36 ID:whyPacRJ
は?
何がつらいの?
言ってる事わけわかんない・・・・

811 :名無しの心子知らず:02/09/11 23:12 ID:TZ0aEBMI
遊びを犠牲にして(勉強したり)努力したのに、
あまり成果が上がらず報われなかったら、
一番辛いのは本人じゃん。

ちゃんと成功できれば、
「オレは小さい頃、遊べなかったし、犠牲にしてきた物もあるが
そのおかげで今、成功できてる(東大入れた、とか高給取りになれた、とかか?)」
って考えて満足できるじゃん。

812 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

813 ::02/09/29 23:12 ID:gSKdvwv9
1です・・・・
まともに議論できる方ヨロシク


814 :名無しの心子知らず:02/09/30 21:26 ID:XGWlr8RX
1は、「天才とキンピラゴボウ」やシュタイナー、モンテッソーリ関係の本
や松田先生の育児百科とかその他の育児論etc.も、ちゃんと読んだのだろうか。

読んだのなら、その感想とか、きちんと書いて、スレッドに反映させるべきでは
ないのだろうか。
読んでないのなら.....ヨロシクと書く四角もない。


815 :名無しの心子知らず:02/10/01 22:13 ID:MVue6meU
↑ 「天才と、キンピラゴボウの作り方」の事か? これって、カナーリ偏ってるぞ。

http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_rev.cgi/3d8f516f350050105abd?aid=&bibid=01578166&volno=0000&revid=0000045734

とりあえず、1にはダニエル・ゴールマンの「EQ」あたりをまず読んでみてホスィと思うが
どうか。

816 :名無しの心子知らず:02/10/01 23:20 ID:N8WWz9up
1に「最低、これを読んでから発言シル」って本がありましたら、
ガイシュツでも良いので挙げてみませう。

817 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

818 :通りすがりの者ですが:02/10/05 00:56 ID:snqNpIqf
はっきり言って
天才は天が与えてくれた才能だから天才なのです
全部はこのスレ読んでないのすが
天才は親には作れないのです
それゆえ天につばを吐く貴方は・・・

幼児教育は気長にやらなくてはいけません
勿論3歳神話はある部分はあってるけど、入るのは早いけど
消えるのも早い
結局、10歳くらいまでは刺激を与え続ける事が出来れば
離陸の80%は成功するしょう
後は節目、節目(何処で本命の受験を持ってくにしろ
他の子が受験するときはその程度の能力をつけておくべきです)
能力のチェックをして遅れてると思えば少しお尻を叩けばよいのでは
 私立、国立の小学校に入れる気は無くてもお受験する事をお薦めします
それようの勉強は結構役に立つので
(ほとんど遊びですが満遍なく躾や知能の発達には良かったです)
ご自分の躾に自信の無い方、子育てに不安がある方お薦めです
ただし、やりすぎない事

819 :名無しの心子知らず:02/10/05 01:31 ID:v3vLWwGD
天才は、99%の才能と1%の努力。
秀才は、1%の才能と99%の努力。


820 :名無しの心子知らず:02/10/05 18:11 ID:aaMXtRh3
>819
>秀才は、1%の才能と99%の努力。

その1%の才能が無い場合は、99%の努力が無駄になる罠。


821 :名無しの心子知らず:02/10/05 18:18 ID:LyJztrPA
天才と言われる人は、学校教育にそぐわなかったりするのよね。
>1は天才を生んで育てたいらしいが、
今の世の中、本物の天才を育てるのって疲れると思うぞ。
天才=大人になって成功とは違いそうだし。



822 :名無しの心子知らず:02/10/05 18:21 ID:xoM630qw
>>821
>今の世の中、本物の天才を育てるのって疲れると思うぞ。

禿げ同。今の世の中って人と違うことが阻害される原因となり
子育ての失敗と批判されるわけだもの・・。

823 :名無しの心子知らず:02/10/05 18:25 ID:HKWqgRKB
今の世の中に限らず、人類の歴史は違うものを排除してきたのです。
一部の変人と呼ばれる天才が素晴らしい能力を発揮できたのは
たまたま母親に理解があったりしただけ。
潰された天才がいかに多いか…。

824 :名無しの心子知らず:02/10/05 21:10 ID:E1c/sX+o
私の幼少時代。幼稚園に上がる前から怪獣が好きだったので幼児雑誌より付録が
豪華な学年雑誌を買ってもらい、怪獣ブックのような付録の小雑誌を読破。
円谷監督死去の記事の追悼文をおぼえてる。
幼稚園に入ってから「幼稚園」を読むようになったが(w、ページの隅にある
「保護者の方へ」という読み聞かせのポイントみたいな文もしっかり読んでた。
帳面を買ってもらってマンガのセリフを書き写すというおっそろしく地味で事務的な
遊びを嬉々としてやってた。すべて自主的に。親が教えないのに字が読めてたという。
しかし幼稚園ではこれらのことを賞賛されることはなく、お遊戯のテンポが合わない
ことや楽器がうまく弾けないこと、お友達と外で遊ばないことを厳しく叱られた
ため、鬱な毎日だった。
小学校でも教師から「この子は学年で一番か二番くらいに勉強ができる」と教壇で
言われる一方でどんくさいところを蔑まれ嫌われた。現在もそんな感じ。

アメリカに生まれてギフテッドとやらに認定されてれば違った人生だったかもなあ。
毎日本読んで好きなことだけ勉強できてたならあの時期トコトン進んじゃってたような気がする。
ギフテッドって小学校から高校にすすんだら体育の単位や音楽の単位はどうやって
とるんだろう?同級生と仲良くしろなんて言われないよねえ?


825 :名無しの心子知らず:02/10/05 21:30 ID:/7ra/kGJ
日本ではよく、研究者が育たないとかノーベル賞の受賞者が先進国でも
極端に少ないというのはみんな同じようにしていないと安心できない
同じようにしていない人はいじめにあってもしかたがない思われてしまう
国民性のためなのでしょうか。

826 :名無しの心子知らず:02/10/05 21:53 ID:DCMD8wd5
大学間の編入をアメリカなみに簡単にできるようにしたらだいぶ違うと思う>研究者教育
アメリカは入学時に地方の無名大でもどんどんいい大学に単位もって移る
ことが出来るから、在学中に必死になって勉強することがそのまま将来に
つながるわけだが、日本ではほとんど入学した大学で院まで終えるわけだ。
しかも他の大学から院に入ってきた人は出世ができない仲間はずれ体質。
これじゃ受かるレベルの大学に入学してから自分の一生の研究テーマを見つけ
て向学心に火がついたような人は、留学でもしない限り陽の目をみない
ことになる。

827 :名無しの心子知らず:02/10/15 09:22 ID:kBTBinM5
>816
1がエミール読んでたらちょっと見直す。

828 :名無しの心子知らず:02/10/15 09:35 ID:rnSJE6E1
>824
そのぐらいじゃギフテッドとはいえないんじゃないかなあ。
学年で1番か2番の子はどこの学校にも必ず居るんだし。
でも大人になってそういう後悔(?)する人ってかなり多いよね。


829 :名無しの心子知らず:02/10/21 13:02 ID:ttPOaZq0
新潮選書の「天才の勉強術」をお勧めします。とくに1サンのような
人に・・・
とはいえ、ここでは天才というより秀才を目指しているのかな?


830 :名無しの心子知らず:02/10/21 13:03 ID:2UsouvVZ
これって本当か?

↓ ↓ ↓
http://www.dream-express-web.com/space-trust.htm


831 :名無しの心子知らず:02/10/21 13:07 ID:07QREq/Z
>824
帳面にワラタ

832 :名無しの心子知らず:02/11/06 23:37 ID:3ZXmYwOK
,,,-‐'" ̄ ̄ ̄ ̄"―-              ̄
        /             \     /⌒l    
       /                   \   (つ ノ     
     /                     ヽ  / /     
    /  l⌒l                 ヽ/ /       
    |   |  つ                 ヽ/        
    |   |  |              ,,,,;;::'''''ヽ       
    |   |  |     ;;:::::::'''"  .:     ,,,,,,  ヽ        
    ヽ.... |  | /   "  ,,,,,,,,, .::    ;''“”`   |      
   ┌―. |  |'  /  ;::''“”“~` ::::.       .. |.       
    | | ̄..ヽ_/           :::::::        |      
   ヽ.\{_             ( ,-、 ,:‐、 )  |     
     \\/..            \\\\  |      
       \_ヽ.|       ヽ.__,-'ニ\\\\|      
..         ヽ         ヾニ二.\\\\    
           \             ..\\\\        
             /   _       ,,..'ァ\\\\        
            /   / `ー――'''''  { /\\\\            
              /  ノ           / /_.\\ ('⌒ 
           \  `ヽ          i___,,」   ('⌒   
             \ \                 >>1 ヽ(`Д´)ノ            

833 :名無しの心子知らず:02/11/06 23:38 ID:3ZXmYwOK
,,,-‐'" ̄ ̄ ̄ ̄"―-  
        /             \     /⌒l    
       /                   \   (つ ノ     
     /                     ヽ  / /     
    /  l⌒l                 ヽ/ /       
    |   |  つ                 ヽ/        
    |   |  |              ,,,,;;::'''''ヽ       
    |   |  |     ;;:::::::'''"  .:     ,,,,,,  ヽ        
    ヽ.... |  | /   "  ,,,,,,,,, .::    ;''“”`   |      
   ┌―. |  |'  /  ;::''“”“~` ::::.       .. |.       
    | | ̄..ヽ_/           :::::::        |      
   ヽ.\{_             ( ,-、 ,:‐、 )  |     
     \\/..            \\\\  |      
       \_ヽ.|       ヽ.__,-'ニ\\\\|      
..         ヽ         ヾニ二.\\\\    
           \             ..\\\\        
             /   _       ,,..'ァ\\\\        
            /   / `ー――'''''  { /\\\\            
              /  ノ           / /_.\\ ('⌒ 
           \  `ヽ          i___,,」   ('⌒   
             \ \                 >>1 ヽ(`Д´)ノ            


834 :なにー:02/11/11 04:53 ID:Hm5sNGf4
〉〉1さん
まじレスかそれ

835 :ムーミン:02/12/07 14:56 ID:ak8g4hLP
サイ弱馬鹿計画

836 :こんにちは:02/12/07 15:16 ID:TdoahMar
子供3人いますがそれぞれもって生まれた才能にはあらがえない。
1番目は数学大好き、体小さめ、消極的。
2番目は体大きい、スポーツ万能、リーダーシップあり。
3番目は音楽大好き、勉強大好き、スポーツ万能。
ま、一番大事なのは小さな頃から親子で元気に公園に通って、
友達をいっぱいつくることだと思うよ。
それと早寝早起き、基本的な躾け、健全な食生活。
それと親も勉強したり仕事したり、成長することだと思う。
子は親の鏡。



837 : :03/01/02 01:40 ID:1OVIuN5B


838 :名無しの心子知らず:03/01/07 23:54 ID:UabwUi6S
>1
「胎児はみんな天才だ」って本読んでみ?
胎教で子供がすんごくなりました!って実話です。
4人の子供が全員天才になったそうです。凡人の親から。
これこそ 1 の望む本では??

839 ::03/01/12 11:02 ID:yEqbZmCI
>>838
当然読みました・・・・


840 :名無しの心子知らず:03/01/16 01:25 ID:s8Mpf5mq
でも、現在スセディック夫妻とは連絡が取れず、子どもたちのその後も
分からないというオチがついてるんだよな。



841 :名無しの心子知らず:03/01/16 02:06 ID:0B0NqPaT
天才児って、なんでしょう?
日本の中での、天才?
地球の中での、天才?
宇宙の中での、天才?
明日なくなる人生かもしれない。
どこで、交通事故にあうかもしれない、
1.17阪神淡路の震災のように突然だったり・・・
子も親も、未成年も成人も、
関係ないよね。

842 :名無しの心子知らず:03/01/16 18:49 ID:13elHT9A
魚油サプリメントを飲んだ妊婦の子供は高IQ、プラセボ対照二重盲検試験で判明
http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/med/leaf?CID=onair/medwave/tpic/224882


843 :名無しの心子知らず:03/01/16 18:50 ID:13elHT9A
『IQ200天才児は母親しだい!』
著者 : 早期教育研究家 松村秀信・吉木稔朗 共著 (コスモトゥーワン)

話題沸騰50万部突破の 大ベストセラー! ★IQ200天才児は母親しだい! 平均IQ159,IQ200
以上という天才児も 出現させるビッテ式「家庭保育園」とは。

IQ200天才児は母親しだい! 平均IQ159という驚くべき「家庭保育園」の奇跡. 驚くべき
幼児の“教育革命”が静かに進んでいます。あなたの子どももどんどん伸びる。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=%E5%A4%A9%E6%89%8D%E5%85%90%E3%80%80%E6%AF%8D%E8%A6%AA%E3%80%80%EF%BC%A9%EF%BC%B1%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%90&lr=

844 :名無しの心子知らず:03/01/16 18:50 ID:13elHT9A
胎教でクラシック音楽(特に天才音楽家・モーツァルトの曲)をかけるのもいいそうだよ。
あの天才児・矢野祥君の母親も下記の本で、胎教でモーツァルトを聞かせていたと書いてる。
矢野祥「僕、9歳の大学生」(祥伝社)
平凡な家庭に育ったはずの祥君は真性の天才で、フォトグラフィック・メモリーという、
一度読んだり聞いたりした内容は、まるで写真を見るようにテープを聞くように100%完璧に
思い出せる特殊能力がある。

祥(しょう)くんの父親は日本人、母親は韓国人。両親とも元留学生で、祥くんは日米両国籍
を持ち、妹が一人いる。
1995年 4歳9ケ月で私立小学校に二年飛び級で入学。知能指数200以上
96年 5歳でIQ145以上の「天才児」スクール(米国に2校)に転入学
99年 8歳の時、大学入学全国統一テストで1500点を記録。シカゴへ転居
  ( 参考 ハーバード大生の平均1300点、エール大卒ブッシュ大統領1206点)
2000年 9歳でシカゴの私立ロヨラ大学生物学科に入学。最年少大学生
  03年 順調にいけば12歳で大学卒業となり、医学大学院に進学予定
いやはや、彼の学歴には恐れ入りましたのひとこと。こんなことが現実にあるのかと、造物主
の不公平、いたずらに思いを致すばかりである。
 過去には10歳と12歳の大学卒業生が1名ずついたそうだ。二人の卒業後の人生はどんな
ものだったのか、ぜひ知りたいものである。
 世界各国マスコミは祥くんを「ワンダー・ボーイ」「医学の申し子」「特別な天恵のわりに
心優しい子」「音楽の才能豊か」などと称している。
http://www.rinku.or.jp/sanodai/akira_009.htm

845 ::03/01/16 19:02 ID:xW4RUlic
これ読んだことがあるけどお金出して買うような本ではないよ。
だからどうした?って後味が残る。
図書館にでもあったら立ち読みでもして下さい。

846 :名無しの心子知らず:03/01/16 19:06 ID:YZs7/qxK
え?


847 :名無しの心子知らず:03/01/16 19:10 ID:13elHT9A
>>845
「僕、9歳の大学生」は、私も書店で立ち読みしたよ。たしかに大した本じゃない。
「IQ200天才児は母親しだい!」の方は読んだの?

848 :名無しの心子知らず:03/01/16 19:11 ID:13elHT9A
>>842
■「頭がよくなる」作用で、5年ほど前から脚光
 「日本の子供たちが頭がいいのは魚を常食しているからだ」――イギリスの栄養学者、マイ
ケル・クロフォードが日本人の子供たちの知能指数の高さを、魚油に含まれるDHA(ドコサヘ
キサエン酸)の生理作用によるものと評し、DHAは5年ほど前に一躍脚光を浴びました。
 学習・記憶といった作業は脳細胞のニューロンという神経細胞の情報伝達により行なわれ
ますが、このニューロンの先端にDHAが含まれており、魚を食べることで記憶・学習能力も高
まるというわけです。   http://www.jafra.gr.jp/DHA.htm
 Lucasらは300名の未熟児の7〜8歳時の知能指数(IQ)を調べた結果、DHAを含む母乳を
与えられたグループに比較して、DHAを含まぬ人工乳を与えられたグループではIQがおよそ
10程低い事を報告している。
 一方、ヒトへの臨床試験として、群馬大学・医学部・宮永ら(神経精神医学教室)と筆者の
共同研究により、老人性痴呆症の改善効果が得られた。カプセルタイプの健康食品レベル
(純度50%)のものであるが、1日当たりDHAとして700mg〜1,400mgを6ケ月間投与した
結果、脳血管性痴呆13例中10例に、またアルツハイマー型痴呆5例中全例にやや改善以上
の効果があらわれ、その精神神経症状における、意思の伝達、意欲・発動性の向上、せん妄、
徘徊、うつ状態、歩行障害の改善が見られている。
 母乳中にDHAの存在が認められ、日本人の母乳のDHA含有量は、欧米人の母乳に比較し
て高いことが知られており、これらの事などからヒトの発育・成長期にDHAは必須な成分である
と考えられるようになってきた。   http://www.jafra.gr.jp/DHA2.htm
http://www.health-station.com/jhnfa/dha-1a.html
http://www.shop-navi.org/035/
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%89%E3%82%B3%E3%82%B5%E3%83%98%E3%82%AD%E3%82%B5%E3%82%A8%E3%83%B3%E9%85%B8&hl=ja&lr=&ie=UTF-8&oe=UTF-8&start=10&sa=N

849 :名無しの心子知らず:03/01/16 19:23 ID:13elHT9A
以前、米国でマイケル・カーニーという日系三世の天才少年のことが話題になった。彼は知能
指数が200を超え、6歳で高卒・アラバマ大入学、10歳で卒業、全て世界最年少というギネス
記録をうち立てた。このマイケル家の食事というのが母親の由美子さんによる豆腐や海苔と
いった日本食で、とくにマイケル少年は「納豆ごはん」を好んで食べたという。
http://www.health-station.com/topic143.html
米国に、知能指数が200を超える日系三世のマイケル・カーニーという天才少年がいる。この
少年は4歳の時に知能指数が200を超え、6歳で高校を卒業し、10歳で南アラバマ大学を卒業
してギネスにも登録され、米国中の話題をさらったことがある。このマイケル君の大好物が
「納豆ごはん」で、母親はマイケル君を身ごもっていた時から、和食中心の食事と納豆を摂って
いたという。
また、この他に、ビタミンCや魚油に含まれるDHAやEPAなどが(ただし、不飽和脂肪酸のため
酸化して過酸化脂質になりやすく、過剰摂取は活性酸素を発生させる原因にもなるともいわ
れる)脳の機能強化に役立つとされる。
http://www.health-station.com/topic129.html

納豆は、本当に脳の発達にいいそうだよ。
このカーニー君の母親は日系人、父親は白人。米国でテレビにもよく出演していた天才。
そういえば、最近、ニューヨーク・タイムズに、「わが子を天才に育てたければ、納豆を食べさせよ」と
いう記事が載ったんだ。

850 :名無しの心子知らず:03/01/16 19:26 ID:13elHT9A
幼児に絵本を見せながら読んで聞かせてあげると、脳の発達に絶大な効果が
あるそうだ。
それも、毎日かなり時間をかけるといいみたい。

851 :名無しの心子知らず:03/01/17 00:30 ID:TlU3XVzP
ゴマにも脳神経の発達にいい成分があるそうだ。
それから、魚のDHAは有名だが、特にイワシには、DHA以外にも頭に良い成分
が含まれているそうだ。
DHAは脂肪そのものだし、納豆・大豆、ゴマは脂肪分が多いから取り過ぎには注意。
それに、納豆・大豆は取り過ぎるとヨードが不足する。それを補うには海草類を食べる
といい。逆に昆布とか海草類を取り過ぎると、前立腺異常を引き起こす。
「お豆さん」とか、大豆製品は昆布と一緒になっていることが多いのはそのため。

852 :名無しの心子知らず:03/01/17 01:25 ID:srjSe3TO
天才児を育てるつもりが社会的不適応児となり、大学は行ったけど脳味噌系
患って終了ってのも世の中いくらでもあるからなぁ。


853 :名無しの心子知らず:03/01/17 11:01 ID:JAi4HtHE
>849
茨城県民のIQは高いという事になりますか?


854 :名無しの心子知らず:03/01/17 23:45 ID:MdxnRlAj
>>844
モーツァルトとかクラシックを流すと、家畜や植物の成長に好影響があるという
データがあって、実際、業者がマジに曲を流している。
だから、胎教だけでなく、幼少期によくかけておくといい。
IQは、確か、8歳ぐらいまでどんどん伸びるそうだし。特に3歳ぐらいまで急激に
伸びるんだろ?
個人的には、バッハやワーグナーなんかも試して欲しいね。
バッハも数学が出来る家系だし、神々しい音楽だし、ワーグナーも天才肌。
「大物を育てるには天井を高くするといい」という言葉はワーグナーの音楽に似合う。
音楽的才能は、数学とも関係あるみたい。「絶対音感」は別だけど。
「絶対音感」は幼児期には全員あるんだって。しかし、成長とともに失われるそうだ。
しかし、中国人、ベトナム人にはほぼ全員ある。言語に理由があるそうだ。
つまり、幼児教育が重要であるという証拠だ。
>>851
兄弟全員が東大合格とか、漁村にIQが高い子供がみられるという話はよく聞く。
納豆は知らんが。

855 :山崎渉:03/01/19 15:52 ID:XlU+jnNz
(^^)

856 :名無しの心子知らず:03/01/20 20:23 ID:HAhVk8Ku
魚や納豆の食事・・・結局、昔の日本人は正しい食事をしてたのね。
最近、パスタが多いから、変更してみる。うん。

857 :おさかなくわえた名無しさん:03/01/20 20:51 ID:BFipJ3bv
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1043028036/l50

858 :名無しの心子知らず:03/01/20 21:18 ID:PNergTxR
>>850
新生児の頃から絵本をy

859 :さっきはごめん。:03/01/20 21:24 ID:PNergTxR
>>850
新生児の頃から絵本を読み聞かせていた上の子は話すのも早く、
しっかりしてるとほめられることも多い。
新生児の頃から上の子につきあってテレビ・ビデオを見、
絵本の読み聞かせもしてもらえなかった下の子はまだ二語文がでない。
落ち着きもない。最近テレビを消し、絵本を一緒に読むことを始めた。
時期かもしれないが、急におしゃべりになったよ。

860 :名無しの心子知らず:03/01/20 22:47 ID:3ucz7JIl
>>859
ただ読み聞かせるだけではなくて、疑問を持たせたり質問をさせるようにして、
子供が自分の頭で考えるようにすると更に効果が大きいそうだ。
これはTVを観る時も同じ。TVも情報量が多いし映像も豊富だから一概には否定
できない。
最近、「ゲーム脳」という言葉をよく耳にするが、ただTVを長時間観たり、
TVゲームをしたりしていると、思考や理性に関わる前頭葉がまったく活動しなく
なるため、その発達に支障がでて、社会性が身につかなくなったり、すぐキレたり
する感情的な性格になったり、人格形成に悪影響が出るそうだ。
だからTVも、質問や議論の材料にするのならいいかも。

861 :名無しの心子知らず:03/01/20 22:52 ID:sWA9IIAI
>>854
ごめん・・・
漁村というとどうしても山川豊、鳥羽一郎兄弟を思い出してしまうよ

862 :名無しの心子知らず:03/01/20 23:03 ID:J2BxkmHR
親の努力で天才ができれば世の中天才だらけになるな。
努力で10を12や13にしたところで
最初から100持ってる人間には遠く及ばない。
つまり生まれ持った器の範囲でもがけ、ってこった。

863 :859:03/01/21 10:46 ID:/V7zBZWA
>860
そういえば見学に行った幼稚園で
「前頭葉発達を考えた園活動をしてます」ってとこがあった。
大きな絵を、見ながら想像力はたらかせていた。

自分で考えることができるようになればテレビもいいと思う。
言葉覚える前の赤ん坊には早かった。
朝とか夕方、時計代わりにつけっぱなしにしてたし。
CMとかで、何にでも集中できなくなるんだ・・。

864 :名無しの心子知らず:03/01/23 13:13 ID:NhWAtnVK
天才児なんて扱いにくくて疲れるだけだよ。
育児の本よりも、小動物の育て方の本を読んだ方がしっくりくるさ。

865 :名無しの心子知らず:03/01/29 01:38 ID:vo8nkt07
>>851
亜鉛とかヨードとか、栄養素は非常に重要なんだ。
身長を伸ばすには、よくカルシウムと言われるけど、牛乳はそれほど効果はない。
マグネシウムと一定の比率でしか吸収されないし、栄養素のバランスを欠いて
飲みすぎると、逆にカルシウムが排出されて欠乏症になるそうだ。乳製品の摂取量
が多い北欧では、身長が高いけど骨折が非常に多いらしい。
また、最近米国では子供に牛乳を飲ませ過ぎるとキレやすくなるなど精神面によく
ない影響があるという主張され出しており、日本でも同様の指摘がある。カルシウム
の問題だって。
身長を伸ばすには、実はたんぱく質の摂取の方が重要。骨細胞を伸ばすのはたんぱく質
であり、カルシウムは伸びた骨をコーティングするだけに過ぎない。
それから、亜鉛の摂取が身長にかかわるホルモン分泌に決定的役割を果たすので、
牡蠣とかを食べるといい。バレーボール女子の益子選手は、両親の身長からは考えられ
ないほど身長が高いけど、毎日、父親の晩酌のおつまみのピーナツを食べてたんだって。
ピーナツにも亜鉛が多い。身長の伸びには睡眠も重要。毎日の運動も重要だが、激しすぎる
運動を毎日すると、傷んだ筋肉の修復にたんぱく質が使われ、骨の伸びに回りにくくなる。

親は子育てのために、こういう感じの栄養摂取の情報にはよく目を通しておくべき。
            ↓
『ゲットウエル』の健康通信 21〜25号 
http://www.getwell.co.jp/melmaga5.htm#melma21

866 :名無しの心子知らず:03/01/29 01:44 ID:GTpiS5lI
余談だけど、天才や偉人って遡ると祖父母や叔父叔母にも著名人
いたりするよ。遺伝もあると思われ。

867 :名無しの心子知らず:03/01/29 10:54 ID:CgGYWELx
>>866
確かに遺伝の面は否定できないのだが、近親に著名人を多く輩出しているからといって、
それが単純に遺伝の為なのか、家族の持つ独自の文化的環境に拠るものなのかを判断する
のは、難しい。 なぜなら、生育環境も受け継がれていく面があるからだ。(特に昔はそうだ)

まぁ、どちらも影響していると思うのだけど。

868 :名無しの心子知らず:03/01/30 05:53 ID:pSGD/cn4
>>851
海草類を摂りすぎると異常をきたすのは甲状腺だろ。
どのぐらい摂ると過剰になるのかは知らないけど。
ま、昆布やワカメ、ひじきとか海草は他に栄養が豊富だから、たくさん摂りたければ
大豆製品もたくさん摂るといいということだな。大豆も栄養豊富。米国政府も国民の
健康のため、大豆をたくさん摂取することを推奨しているそうだ。
ワカメは植物中、人体にもっとも近い栄養素のバランスをもっているそうだ。
>>865
「特命リサーチ200XU」でやってけど、益子さんは、牛乳は1日コップ1杯程度で
ごく普通だった。だけど朝食や午後のおやつでたんぱく質をたくさん摂っていた。
おやつでは、スナック菓子等は一切なしで、代わりに肉がたっぷり入った(もちろん卵も)
お好み焼きとか手作りの食事を与えられていたそうだ。
結局、牛乳で背が伸びるというのは、牛乳にも含まれるたんぱく質や亜鉛の影響なのかな?
身長の伸びに、カルシウムは副次的な影響しかないそうだ。

869 :名無しの心子知らず:03/01/30 06:01 ID:XnbKsYnI
親がこんな連中じゃ子供の行く末もわかりきってるやん。
ま、子供を壊さない程度にがんばれや(w

でもな、失敗しちゃった場合はオマイラの責任だからな。
子供がアフォでも責めるんじゃねーぞ。
子供がアフォなのはオマエのせいだかんな。

やる事やって失敗してんだからよ(w

870 :名無しの心子知らず:03/01/30 07:27 ID:f6NAyTjr
>>1
突出した能力を持つ子供は不幸も背負いますよ。
環境を整えることを忘れないでください。
普通じゃないということは子供にとっては辛いですよ。

871 :名無しの心子知らず:03/01/30 08:01 ID:CEP+yEin
age

872 :名無しの心子知らず:03/01/31 00:18 ID:PSZ218su
>>870
ここ読んで子供がIQ200になるわけないだろ!
本来、100(並)程度になるはずの子供が120(天才ではないが優秀)に、
120程度の子供が140(東大に入れるレベル)になればラッキーという話。
それぐらいならなんとかなりそう。

873 :名無しの心子知らず:03/02/08 23:06 ID:QonF2W6z
>>868
大豆製品なら、やはり納豆だな。
納豆のねばねばには、頭にいい成分・グルタミン酸が含まれている。
混ぜれば混ぜるほどうまみが増す、つまりグルタミン酸が増加するそうだ。

874 :名無しの心子知らず:03/02/09 02:00 ID:jQmToIbQ
主人の上司の子供が小学校の知能テストでIQが高いことが判明し、
親が学校に呼び出された。
そして、先生から、知能の高い子というのは、犯罪者になるのも紙一重
なので、知能が高いことを絶対に子供に言わないようにと言われたらしい。

875 : :03/02/12 05:29 ID:nYA7kgbt
コッソリと…

876 :名無しの心子知らず:03/02/18 17:33 ID:Bv5+Ni9B
妊婦に警告! マグロ缶は週2個まで…
蓄積水銀が胎児に悪影響の恐れ−英国
http://www.zakzak.co.jp/top/t-2003_02/2t2003021814.html
 【ロンドン17日共同】英食品基準局(政府関係機関)は17日、妊娠中や授乳中の女性が
マグロを摂取しすぎると、中に含まれる水銀が胎児や乳児の神経系の発達に悪影響を与え
る恐れがあり、マグロ缶なら1週間に中サイズ2個、ステーキなら週1個にとどめるべきだと
の警告を発表した。
 食品基準局は同時にサメ、メカジキ、マカジキなどについても同様の注意をするよう呼び
掛けた。妊娠がありうる女性も気を付けた方がよいという。ただこれ以外の人は、大人も
子どもも気にする必要はない。
 ウェッジ局長は「毎週恒常的にこの基準以上の量のマグロを摂取する女性はそれほど
多くないだろうが、妊娠前後はこのことに留意して食事してほしい」と述べた。
 食品基準局が問題視している海中の水銀は、水俣病の原因となるような工場が直接流す
有機水銀ではなく、海全体に広がる微量の水銀が寿命の長いマグロなどに高濃度に蓄積
されるものだと考えられている。
 日本でも福岡大などが2001年10月の水銀国際会議で、出産時の母親と胎児の血液など
の水銀濃度を調査し「現在は安全圏内だが、今後の増加に注意が必要」と発表している。

877 :世直し一揆:03/02/18 17:44 ID:2sMq31y9
<血液型A型の一般的な特徴>(見せかけの優しさ・もっともらしさ(偽善)に騙され
るな!!)
●とにかく気が小さい(神経質、臆病、二言目には「世間」、了見が狭い)
●他人に異常に干渉し、しかも好戦的でファイト満々(キモイ、自己中心、硬直的でデリカシーがない)
●妙にプライドが高く、自分が馬鹿にされると怒るくせに平気で他人を馬鹿にしようと
する(ただし、相手を表面的・形式的にしか判断できず(早合点・誤解の名人)、実際に
はたいてい、内面的・実質的に負けている)
●本音は、ものすごく幼稚で倫理意識が異常に低い(人にばれさえしなければOK!)
●「常識、常識」と口うるさいが、実はA型の常識はピントがズレまくっている(日本
の常識は世界の非常識)
●権力、強者(警察、暴走族…etc)に弱く、弱者には威張り散らす(強い者にはへつらい、弱い者に対してはいじめる)
●あら探しだけは名人級でウザイ(例え10の長所があってもほめることをせず、たった1つの短所を見つけてはけなす)
●基本的に悲観主義でマイナス思考に支配されているため性格がうっとうしい(根暗)
●単独では何もできない(群れでしか行動できないヘタレ)
●少数派の異質、異文化を排斥する(差別主義者、狭量)
●集団によるいじめのパイオニア&天才(陰湿&陰険)
●悪口、陰口が大好き(A型が3人寄れば他人の悪口、裏表が激しい)
●他人からどう見られているか、人の目を異常に気にする(「〜みたい」とよく言う、
世間体命)
●自分の感情をうまく表現できず、コミュニケーション能力に乏しい(同じことを何度
も言ってキモイ) 
●表面上協調・意気投合しているようでも、腹は各自バラバラで融通が利かず、頑固(本当は個性・アク強い)
●人を信じられず、疑い深い(自分自身裏表が激しいため、他人に対してもそう思う)
●自ら好んでストイックな生活をしストレスを溜めておきながら、他人に猛烈に嫉妬
する(不合理な馬鹿)
●執念深く、粘着でしつこい(「一生恨みます」タイプ)
●自分に甘く他人に厳しい(自分のことは棚に上げてまず他人を責める。しかも冷酷)
●男は、女々しいあるいは女の腐ったみたいな考えのやつが多い(例:「俺のほうが男
前やのに、なんでや!(あの野郎の足を引っ張ってやる!!)」)

878 :名無しの心子知らず:03/02/26 00:35 ID:bFmwbFLt
今週号の「AERA」の記事にあるけど、
子供に本を音読させるのが脳の活性化に効果があり、脳前頭部が活発化し、記憶力や
集中力が向上するそうだ。黙読よりも効果が高いそうだ。毎日やるといい。
スピードを上げて音読させると更に効果が高くなる。
「陰山メソッド」としてよく知られるようになったけど、スピードを上げるようにしながら、
一桁の単純な計算問題を毎日やるのも脳の発達に効果がある。
子供の頃には、難しいことよりも、そういう単純な作業の方が効果が大きいようだ。

879 :名無しの心子知らず:03/03/04 02:29 ID:U11TexoQ
私の子供は一歳の頃から、少しずつひらがななどが読めるようになりました。
パズルは20ピースのものができます。こういうのは記憶力が良いということに
なりますか。

880 :名無しの心子知らず:03/03/06 19:24 ID:VOzMfpeU
子供さんを信じて頑張ってね。
でも多分記憶力とは違うと思う。

881 :名無しの心子知らず:03/03/09 01:11 ID:2ZKFUPdw
「ダカーポ」誌3月号で記憶力に関する特集がある。
DHA以外に神経伝達物質アセチルコリンの元になるホスファチジルコリン(PC)
を紹介。卵黄や大豆に特に多く、卵黄には大豆の2倍含まれる。
PCをアセチルコリンに変えるには、ある種の酵素の働きが必要で、その働きを
活性化させるのがビタミンB21。
DHAとPCを併用するといいそうだ。
食事だけでは不十分なので、錠剤を活用していくぶん多めに摂取すると、
脳の活性化、記憶力の向上に効果があるそうだ。
大豆については、納豆も含めてこのスレでも何度も取り上げられているけど、
PC摂取の観点からもいいということになる。もちろん納豆がより良い。
PCについては、マヨネーズのキューピー社から「キューピー卵黄コリン&ビタミン12」
が販売されているそうだ。
他にもいろいろな脳活性化の物質が紹介されているよ。

882 :ファンケル株主:03/03/09 04:45 ID:MzaKEJww
ファンケル記憶サポートってどうよ?
入手が簡単だし、わりと効きそうな成分が入ってるが。
http://www.fancl.co.jp/Items/To?d=_025123
おっと、妊婦、授乳中、子供は飲むなと書いてあるな・・・
成分自体はそれほど毒性無さそうだが、
イチョウの葉やニチニチソウなんて普段食う奴は居ないから絶対安全とは言い切れないか。

イチョウの葉、ニチニチソウ(ピンポセチン原料)の効果はこちら。
http://www.drugmania.net/smartdrug.htm
DHA,VB6,VB12,葉酸,ホスファチジルセリンは有名なので省略。

883 :名無しの心子知らず:03/03/09 07:58 ID:HRcYmLUr
>>881 訂正
活性化させるのがビタミンB21。
    ↓
活性化させるのがビタミンB12。

884 :名無しの心子知らず:03/03/09 14:52 ID:lgNNzXxJ
>>882
妊婦や子供に飲ませるような感じじゃないね。
ダカーポ誌でも目に留まったのはDHAとPCだけだった。
基本は、食事で摂れるもののうち、魚のようにしょっちゅう食べるわけにもいかない
ものでサプリメントを活用するということだと思う。
ビタミン剤とかでも、錠剤で摂るよりなるべく食料品から摂った方がいいそうだ。
PCとか大豆レシチンとかは、卵や大豆製品を多めに食べれば十分だろう。
不足しがちなら、牛乳や食事に黄な粉を混ぜたりとかして無理に摂る。
しかし、DHAの場合はそういうわけにもいかないからサプリメントを活用。
DHAは、現実に妊婦や老人に投与して、子供のIQアップや痴呆症改善といった実績も
あるわけだし。
他にもゴマなんかにもいい成分があるそうだ。そういうのは、たとえ効果がなくても
栄養学的にもいい食べ物だし、子供の健康にも役立つんだから悪いわけはない。
摂り過ぎは良くないこともあるけど。

885 :名無しの心子知らず:03/03/12 23:51 ID:mX4P+RM5
>>881
日本が世界に誇るブレインフード(頭脳食)として挙げられるのが「納豆」。「脳の健全化」の
ためだけでなく、「優れた脳」を作るためにも必要な食品といっていい。大豆にはレシチンが
含まれているが、消化の際、コリンという物質になり、記憶回路の活性化に関連する
アセチルコリンという神経伝達物質を作る材料となる。さらに、神経の興奮を抑制する
カルシウムやマグネシウム、神経細胞の活性化に欠かせないビタミンKやなどのミネラルも
納豆には豊富に含まれる。
http://www.health-station.com/topic129.html

10歳で大学院を卒業したアメリカの天才少年、日系三世であるマイケル・カーニー君も
一日三食NATTOを食べることが知られている。
http://www4.justnet.ne.jp/~rekitan/tanbou/tanbou02/third.html

886 :名無しの心子知らず:03/03/12 23:54 ID:mX4P+RM5
大豆には必須アミノ酸やコリン(神経伝達物質のアセチルコリンを合成)など、脳機能の活性
に欠かせない栄養素が豊富に含まれている。最近では、大豆に微量に含まれるリン脂質、
ホスファチジルセリン(=PS)の痴呆症などへの効果も注目されている。こうした記憶力や
集中力を高め、学習能力の向上に役立つ栄養成分を多く含むことから、大豆関連製品は
ブレインフード(脳活性食品)とも呼ばれている。

以前、米国でマイケル・カーニーという日系三世の天才少年のことが話題になった。彼は
知能指数が200を超え、6歳で高卒・アラバマ大入学、10歳で卒業、全て世界最年少という
ギネス記録をうち立てた。このマイケル家の食事というのが母親の由美子さんによる豆腐や
海苔といった日本食で、とくにマイケル少年は「納豆ごはん」を好んで食べたという。
http://www.health-station.com/topic143.html

887 :山崎渉:03/03/13 11:54 ID:MCVlhidt
(^^)

888 :名無しの心子知らず:03/03/15 06:50 ID:g46Qa4lh
1さんのおっしゃる天才児って何でしょう。IQ160ぐらい?
それとも中学御三家レベル?うちの子たちは何とかクリアしてますけど
天才ってレベルが違いますよ。IQだと200超えてる子を何人か知っ
てますし、御三家だって数ヶ月の勉強で受かって、帰国子女じゃないの
に英語フランス語しゃべれて、7.8歳から高度なプログラミングが出
来る子もいます。
そんな子たちを見ると天才って「天賦の才」だと思いますね。生まれ持
ったものでしょう。親はそれを引き出すことは出来ても作ることは出来
ません。凡才は何をやっても秀才にしかなりません。

889 :名無しの心子知らず:03/03/15 12:08 ID:CYvxrk2l
>888
私もそう思います。努力ではどうにもできない高みが天才なのではないでしょうか?
1さんは妊娠前から子供を天才にするように努力しているようですが、もし生まれてきた子が
天才ではなかったら愛せますか?

890 :888:03/03/15 19:29 ID:EfFT7p+a
七田式の塾をやられている方のお子さんを知っていますが、今年
中学受験で中堅校に受かりました。IQの訓練もされていました。
良い子ですが、天才とは思えません。人工的に天才は出来ませんよ。
私が高校生の時、塾にIQ205と213の女子がいて、現役東大合格しまし
た。小学校のときから有名な子たちでしたが、塾ではいつも漫画を
読んでいました。夏期講習には紙袋いっぱいの漫画持参でした。
そのクラスには、高二なのに全国模試1.2を取った御三家の子たち
も来ていましたね。クラスから3,4人は理三はいるのに高三の子は
誰もかなわなかったです。現役理三より凄い高二がいるわけです。
あの四人は天才だと思いましたが、消息をきくとふつうのお医者さん
になっています。
うちの子供もその御三家にいますが天才ってそうはいないものですよ。


891 :名無しの心子知らず:03/03/15 22:48 ID:hXmC/N+y
天才もいいけど、それを使って何かをする意志の強さがないと、
労力を省けるだけでどもならんような。

下手にクレバーだと手抜きだけ覚えてしまうという罠。

892 :名無しの心子知らず:03/03/15 23:00 ID:OL9MncFJ
>>891
うちの夫か・・・。
一応研究者にはなったものの、努力というものを知らないからたちが悪い。
娘と話をしていても、説明しないと理解できないという状態にイラついている。
・・・それが普通なんだけどね。
娘が可愛そうでならないよ。

893 :名無しの心子知らず:03/03/17 09:50 ID:jLgGSGkK
うちの夫もIQが高くて県で有名でしたが
結局現役で東大医学部入って医者になっただけの普通の人です。
夫は天才っていうのは記憶力がいいとか数式を早く解けるとか
そういうレベルじゃなくて何かを生み出す能力のある人だと言ってます。

894 :名無しの心子知らず:03/03/17 10:35 ID:aXngij2x
うちの娘、入学前のIQテストで「IQ126以上、測定不能」と出ました。
早期教育なんて なーにもしてません。
むしろ そういう英才教育を避けてとおってたような暮らしでした。
親二人はごくごく凡人なので、なにやら不安が付きまといます。

895 :名無しの心子知らず:03/03/17 14:34 ID:fuBev2yh
126という数値は普通だと思うのですが。
『測定不能』というのが、頭が良すぎちゃって数値が出なかったのか
お子さんがテストに飽きちゃって数値を計る以前の問題になっちゃったのか。

でも、180とか200とか、数値は出ますからねぇ。
測定不能って???
謎。

896 :名無しの心子知らず:03/03/17 15:04 ID:Z99iFQRO
私の通ってた高校の先生が、妊娠中から「今は脳が出来る時期だから○○を食べる」
「今は骨格が出来る時期だから○○を食べる!」等もろもろ徹底してたらしいけど、中学
受験に失敗して以来、ず〜っと反抗期が続いてるらしい・・・。もちろん幼児期から
英語やらも教えてたらしいんだけどね。親が頑張っても、子供の器次第だな〜と思うが。

897 :894:03/03/17 16:41 ID:akTJ4p3o
>>895
え〜と うけたテストの最高値(満点?)がIQ126だって言うことらしいです。
幼児用ということでへぼいテストなのかもしれない?その辺はわかりません〜
で、そのテストを出している会社いわく、普通のIQテストはIQ100くらいを対象にして
考えてあるので、IQ120を越えるような場合は、高IQを対象にしたテストを受けないと
確かなところはわからない・・・とのことでした。
別のテストはうけてないので、実際のIQが130なのか200なのかはわかりません。
「全問正解ってめずらしいですよ〜」なんて会社のひとにおだてられただけでしょうか?(w

898 :名無しの心子知らず:03/03/17 18:16 ID:80bDBElq
>>888
へえ〜。IQ200超は日本にもけっこういるんだね。「聖徳学園」という英才教育の
学校をテレビで放送してたとき、生徒のリストにIQ200がいた。>>890の塾ですか?
ところで、あなたはどこで何人ものそんな天才児に出会ったの?
「7、8歳で」となると、別の場所で出会ったんですか?

>>890
塾名は具体的に何というんですか?七田式とは違うのですか?鉄緑会かな?
模試1、2位の2人も含め、4人全員が理Vに入ったんですか?
なんで理Tに入って物理学者を目指さないのだろうか?
まだ、癌の特効薬を研究するとかいうのならわかるけど、医者になるなんて・・・

899 :名無しの心子知らず:03/03/17 18:20 ID:senAC14O
888さんじゃないけどさ・・・IQはその年齢の標準を100として数値をつけているんですよ。
検査する年齢が低いほど、ブレが大きいので7,8才くらいだと200くらいついてしまう
こともあります。
それが天才児の証にはならないと思いますよ。
20才で200あったらすごいと思いますけど。

900 :名無しの心子知らず:03/03/17 18:38 ID:+pV9NGKm
また自慢スレかよっ!!

901 :888:03/03/17 23:23 ID:vUYCAy1H
IQは小学校高学年で、今はIQは今は無き日進で測ったようです。同じクラス(国立1組?)にいた子
が教務から持ち出してわかった(←時効 笑)そうです。この子たちは文1
だったと思います。
塾は駿台の高校生クラスです。約30年ほど前の話で、Aクラスからは理3
現役で4人くらい受かってました。下記の二人を含めず。当時は鉄緑も
SEGも河合塾も無かったので現役のトップクラスが集結していました。
例の高2の二人は、翌年一人(M君)が理3、抜群に出来た方(O君)
は理1に入って1年後に理3を受け直したようで、今は某国立大で助教授
をしているそうです。彼らの代は優秀だったようで日経トレンディだった
と思いますが、「中学受験生その後」とかいう特集に出ていました。
なんでも「理1に逃げた」と言われたとかで理3を受け直したようです。









IQは今は無き日進で測ったようです。同じクラス(国立1組?)にいた子
が教務から持ち出してわかった(←時効 笑)そうです。この子たちは文1
だったと思います。
塾は駿台の高校生クラスです。約30年ほど前の話で、Aクラスからは理3
現役で4人くらい受かってました。下記の二人を含めず。当時は鉄緑も
SEGも河合塾も無かったので現役のトップクラスが集結していました。
例の高2の二人は、翌年一人(M君)が理3、抜群に出来た方(O君)
は理1に入って1年後に理3を受け直したようで、今は某国立大で助教授
をしているそうです。彼らの代は優秀だったようで日経トレンディだった
と思いますが、「中学受験生その後」とかいう特集に出ていました。
なんでも「理1に逃げた」と言われたとかで理3を受け直したようです。


902 ::03/03/22 10:48 ID:3MqudR1n
お久しぶりです・・・。
やっとまともに情報交換できるようになってきましたねえ〜



903 :ルチ将軍:03/03/22 15:41 ID:gqNdIgY/
ここは低能ばかりですな。
私のIQは1300ですよ。

904 :名無しの心子知らず:03/03/22 15:49 ID:IxsemA5i
懐かしいルチ!
4月から復活だね〜プリンプリン

905 :名無しの心子知らず:03/03/22 22:07 ID:Z8AZcRYf
娘、3歳9ヶ月だけど教えもしないのにひらがなは全部読める。
最近は字も書くようになった(書き順がちょっと変だけど)
鏡文字が散見される。
最近の子供って、こんなの珍しくもないのかな。どうでしょうか。

906 :名無しの心子知らず:03/03/22 22:25 ID:jgNg+uTc
>>905
3歳9ヵ月でしょ??全然珍しくないよ。ごくごく普通。

907 :名無しの心子知らず:03/03/22 23:07 ID:gcukwbc2
>>905
3歳9ヶ月でひらがな読めるって普通だと思うけど。
ひらがな教えてなくても、ちょっと頭良い子なら
絵本の読み聞かせるくらいで
文字くらい覚えると思うけどね。
そんなのは天才とは言いません(w

908 :名無しの心子知らず:03/03/22 23:19 ID:ynahug/8
神童も二十歳すぎればタダの人

909 :名無しの心子知らず:03/03/22 23:42 ID:Z8AZcRYf
905です。ひらがな読むようになったのは1歳からです。
今は絵本をすらすら読む。
書くようになったのが最近。

910 :名無しの心子知らず:03/03/22 23:56 ID:vJFXqAvS
うちは、2歳から読み書き、だったな。
3歳にはカタカナ、今5歳。漢字を少し。
特に何も教えてない。

でも幼稚園の年少クラスで、漢字バリバリに出来る子がいて
たまげたなぁ。親は何も教えてないらしいんだけど、子どもが鉄道オタクで、
自然と駅名を覚えるうちに漢字を覚えたそうだ。

911 :名無しの心子知らず:03/03/23 00:09 ID:e4nW48Hh
>>1
情報交換? 1ってなんか情報挙げてたっけ?(笑)

912 :名無しの心子知らず:03/03/23 01:03 ID:Vj9Qxw7+
20757 re(7):聖徳学園の素晴らしさ
2003/3/3(月)09:26 - こんな保護者です - 392 hit(s)


--------------------------------------------------------------------------------

でも> こんな保護者がうじゃうじゃいる聖徳はもっとヤダ。

【注意】==通称「オババ様」であり、
http://school2.2ch.net/test/read.cgi/ojyuken/1043916656/l50
の自作自演スレのスレ主であります。
その他、数多くのHNを駆使して自作自演を繰り返す怪人です。
しかし、多くのHNを駆使して自作自演をしても、
1.聖徳学園が世界で一番優れている
2.短大は早慶上智よりも優れている
3.自分に反論するものは全て、僻みによる中傷と切り捨てる
などの、個性的な価値観により、直ぐに正体がばれてしまいます。
加えて、同一スレッド無いでも都合が悪くなると直ぐにHN変えて自作自演を始める癖があります。

憧れの開成中学だけには弱いという弱点を持っていますが、
現役の開成生徒からも忌み嫌われております。




913 :名無しの心子知らず:03/03/23 01:20 ID:4XPhhAsB
俺が高校の時の100M走タイム10秒9
嫁の      〃          11秒9

絶対陸上やらせようと思ってる。だけど身長伸びる前から筋肉付けすぎると
身長伸びなくなるから上手くコントロールしなければ!!!

15年後くらい見てろよー、オリンピックに行かせるぞーーーー。

914 :名無しの心子知らず:03/03/23 08:23 ID:X8/PfGnC
>>913
たのしみだねー

>上手くコントロールしなければ!!!
確かにね。素人が必死になって才能潰すのはもったいないね。

915 :名無しの心子知らず:03/03/23 09:32 ID:PxEvRnXy
友人の子で3歳になったばかりの子供がいるんだけど(4月から年少)
公文に通わせているみたいで、2歳の頃には絵本もスラスラ読んでた。
先日会ったら、漢字も書けてるし、足し算も出来てた。
英語でも簡単な会話も出来てる。
こんなのは天才っていうのでしょうか?
私はまだ小梨だけど、今の世の中ここまで教育熱心にしなきゃいけないものなの?

916 :名無しの心子知らず:03/03/25 16:17 ID:lmxu6reW
親が天才熱にうかされて、子供を伸びきったゴム状態にしてしまうのか
子供の才能を見極め、バランス良く上手に伸ばしてやるのか

915の友人のお子さんは、ただ教えられた事を上手に吸収しているだけでしょ
伸びる時期っていうのもあるし

しかしここのスレ、ちょっと読み書きの進度が他の子より速いから
『うちの子、天才かも!?』という書き込んじゃう香具師が多いのにはワラタ
そんなに鼻息荒くしないで、自分と旦那の遺伝子考えてから
物言ったほうが恥かかないよ(w

本当の天才児は見たら判るって
存在感からして全然違うでしょ





917 :名無しの心子知らず:03/03/25 16:20 ID:heMEpzwv
天才と言われていた公文やってるうちの子どもの同級生、
中学入ったらいきなりの撃沈。残念でした。ホントは天才じゃなかったのね。
そーいえばこの頃そのおかあさまにちっともお会いしないわね。

918 :名無しの心子知らず:03/03/25 17:10 ID:moN7wldk
私も子供の頃からすごくIQが高かったらしい。
正確な数字はしらないけど親は学年で(300人くらい)いちばんだと言われたらしい。
でも大学は三流だったししかも身体壊して退学してるし
いまは人はいいけど出世が遅れてる貧乏サラリーマンのただの妻だよ。
IQが高くてもそれを活かせる場がないと意味がないね。
ま、私は幸せだからいいけどさ。

919 :名無しの心子知らず:03/03/25 22:23 ID:FF+bqkYv
此処でも有名なIQ選抜のお受験小学校OBによれば、成績とIQの関連は
それほど無かったとか。150(足きりラインだそうです)でも優秀な子はい
たし、180でも出来ない子もいたとのことです。
 


920 :名無しの心子知らず:03/03/25 22:39 ID:3UMYPcmK
天才に育てるのは、母親が子供と一緒に勉強をすることです
塾とかを頼るのではなく、常に自分で学ばせる
分からない所があれば、辞書など自分で調べ学ばせる
後は、両親の言葉でしょう
とにかく言ってはならないことは・・
勉強しなさい!習い事いきなさい!この言葉は子供の素直な芽を摘んでしまいます
母親の言葉で子供は伸びます
後は親の忍耐力が必要かと思います

921 :名無しの心子知らず:03/03/27 09:50 ID:38ARIBYn
天才少年作家、竹下龍之介クンはどーなったんだろ???
このママは、胎教、早期教育などなどありとあらゆることをやりました!
 ・・・と誇らしげでした。
(インタビュー中、レポーターをばかにしたような口の聞き方でカンジワルーな
 龍之介君で、教育より躾!!と思いましたが)
今も 天才 なんだろうか?

922 :名無しの心子知らず:03/03/27 21:18 ID:tutoi8Ke
バーカ

子供を叱りながら無理やり教えてんだよ

ば〜か

923 :名無しの心子知らず:03/03/27 21:48 ID:nqmuwDZA
>>921
金魚がどうたら、っていう本だっけ?

924 :名無しの心子知らず:03/03/28 08:31 ID:2gdsYawg
天才かどうかはともかく
人脈が多い子供になって欲しい
孤独な天才はさみしい

925 :名無しの心子知らず:03/03/28 17:29 ID:o07z685B
>>921
ググってみたけど小1までの話しかなかった。

http://cheese.2ch.net/bun/kako/1009/10098/1009816409.html
このスレも盛り上がらなかったようで・・・

926 :名無しの心子知らず:03/04/02 03:33 ID:JzZeRAgU
「脳が若返る30の方法―科学が示してくれた脳の育て方 」

ロンドン大学のマグアイアー博士の研究によると、ロンドンの運転歴30年のタクシー運転手
は、海馬が他の人より3%も肥大し、それに伴い脳細胞も20%増えているそうだ。
他にも最近の脳科学では、大人の脳細胞が「成長する」「再生する」という事実が続々と証明
されている。
…つまり、条件さえ整えばいくつになっても脳は伸びる。
本書は、若々しい脳でいるための「30のトレーニング」を紹介する。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9976677499

幼少時なら、なおさら効果があるといえるのではないか?
幼児教育の効果も証明されるかもしれないな。

927 :名無しの心子知らず:03/04/10 20:44 ID:ucWiQVxU
かしこさは、IQじゃないような気がします。IQの高い人って結局理屈ばかりになるし・・・
EQの方が大事なんじゃないかなあ?
心を育てるのって、親次第ですよね。教育ママに育てられた子供の心が、屈折しないわけがない。


928 :名無しの心子知らず:03/04/11 14:08 ID:33W1X7mq
>>927
そうかな?
IQテストなんて思い出しても、あれは直感力ぽいでしょ?
理屈はもっと泥くさいものなのよ。
IQ高い人間が論理的な訳ではない。

929 :名無しの心子知らず:03/04/12 11:08 ID:LIDXMXhf
確かに将来の社会的成功に貢献するのは EQ>IQ だと思うが、IQ低すぎても
駄目だしな。 IQが高いとEQが低くなる訳じゃないゾ。

あと、「理屈ばかりになる」と言うのはどういう事なんだろう? 

1)正論を述べるが、受け手が感情的に同意し難い。 
2)物事の理屈を述べるが実行をしない。

1)は受け手の方にも問題があるゾ。 みんな同意する様な当たり障りのない事しか
やらなかったりしたら物事にブレークスルーなんてなくなりそうだ。 

2)みたいな奴はそもそもあまり賢そうでない。w

でも、IQ(知力、思考能力。便宜的にIQと呼ばせて。)育成よりも、EQ育成に重点を
おくべきと言うのは賛成。

930 :名無しの心子知らず:03/04/14 11:57 ID:ZRPlQyqR
私の幼稚園の同級生でIQ超高くて幼稚園生には難しい小学校高学年向けの本とか
すらすら読んじゃったりする子いたけど、その子の親が教育に全く関心のない親で
能力を放置していたらいつの間にか普通の子供になってしまいました。
大学にももちろん行かず、現在はフリーターから主婦になりました。
もったいないと思った。

931 :名無しの心子知らず:03/04/14 12:08 ID:z/LCRiK2
>>930
それは天才だった訳ではなく、単に早熟だっただけでは?
頭の良い子は親に放置されても頭が悪くなったりはしないものです。

932 :名無しの心子知らず:03/04/14 12:20 ID:DKhlA6mj
>923
金魚を食べたのは、天才えりちゃんだよ。

933 :    :03/04/14 13:39 ID:j8O+9cfc
現在IQといえばWISC−Vか、少なくとも田中ビネーでなくては
客観性に欠けます。塾や幼児教室のものは信頼度は低いです。
詳しいプロフィールの説明や、統計学的根拠を確認した方がいいですよ。
一般論で言えば、発達の遅れや偏りが懸念され、専門家から勧められた場合以外
就学前にIQを測る必要はありません。商業ベースにあおられずにゆったり育児を
してください。




934 :名無しの心子知らず:03/04/14 13:45 ID:ZRPlQyqR
>931
918さんは小さい頃IQが高くても能力を放置したら普通の人になってしまったそうです。

935 :932:03/04/14 13:54 ID:DKhlA6mj
「天才えりちゃん金魚を食べた」の作者が、竹下龍之介くんなのね。
923さん、ごめんなさい。

936 :名無しの心子知らず:03/04/14 14:16 ID:YsSMyrla
子供が天才に育つかは本人次第だから分からないけど
自分自身が天才かもしれないという可能性はまだまだあると思う。
とりあえず、諦めまい。

937 :名無しの心子知らず:03/04/14 18:09 ID:8gJ8Osrp
>934
早熟なら、IQ高く出るんじゃないの?

938 :名無しの心子知らず:03/04/15 22:57 ID:SiYWJTg1
IQと受験勉強の関係って…あるんかいな?

939 :名無しの心子知らず:03/04/16 00:25 ID:kr2jhxvU
関係あるのか知らんが、中学受験の難関校の問題は良く出来てる物が多い。
あれを勉強するのは頭の体操になるだろうなぁ。 特に算数とか。

940 :名無しの心子知らず:03/04/16 01:13 ID:erUrBZ6u
あの〜、あんまり気張らないほうがいいと思います。私は言葉を覚えるのも
英語に興味を示したのも大分早くて、小〜高校の成績もかなり良かったのですが、
すごくつまらない人間になったと思ってます。
親が認めてくれるのが成績だけで、私もかなり調子に乗ってて、学校では
結構嫌われてました(アホ)。本当に、勘と記憶力が良いだけの子だった。
今やっと、自分がどれほど下らない人間か身に沁みて分かりますが…。
天賦の能力があるなら伸ばすべきだと思うけれど、頭が良くても悪くても
愛情注いで育てるほうが、後々人間的に成長する。自己肯定感って凄く
大事ですよ。天才を育てることに拘らないで、その子自身の興味や関心を
伸ばしてあげてください。
何だか息巻いてる人がいて心配なので(905さんとか。何でその程度で
得意になっちゃうの…?)。
子供に気合い入れるより、自分が成長しようと最近はこころがけてます。
ゆったり育ててあげて。長文スマソ。

941 :名無しの心子知らず:03/04/16 01:15 ID:DovayogO
>>930
それは私の事かとおもたです。
勉強できる→先生誉める→周りの妬み→いじめ、となり、
「不良になってやるぅ」と決心、(10才頃)以後一切の勉強を拒否。
ほとんど学校行かず、盛り場で遊んでおりました。
それでもまぁ今の自分の人生はそれなりに面白かったし、
まいっかって感じだけど。

942 :名無しの心子知らず:03/04/16 05:26 ID:NoH1E9Y7
2ちゃんネラーから天才児が生まれるわけねーよ

ボケ

943 :名無しの心子知らず:03/04/16 08:54 ID:R878V7zi
息巻いている人達ってゆーのは、
「子どもへの評価」イコール「こんなに賢い子を育てたのは私なのよぉ」
って、自分がよいしれているんでしょ。
子供のためとかゆっても、しょせんは
「賢い××ちゃんのママ」とまわりがあがめてくれる立場にいる
自分がここちよいってだけじゃないのでつか?

944 :bloom:03/04/16 09:03 ID:n7cgZbMH
http://www2.leverage.jp/start/

945 :名無しの心子知らず:03/04/16 09:07 ID:En1f/j25
こないだ大阪で社長を殺した秘書いたけど
高校の時は進学校で京大や阪大目指して優秀だったんだよね

946 :名無しの心子知らず:03/04/16 09:11 ID:FiTQJqtv
幼稚園の頃近所に天才って言われる子がいました。
同い年だったんですがお母さんが教育熱心で早期教育とかすごいやってて
難しい本読めたり記憶力がすごくていろんなこと暗記してたりしたんですが
年が経ってまわりのみんなに知恵がついてくると段々差が縮まってきて
小学校高学年の頃にはちょっと頭のいい普通の子になってました。
その子は中学から私立に行ったのですが大学は全部不合格で専門学校に行きました。

947 :山崎渉:03/04/17 10:05 ID:LGrm1CDL
(^^)

948 :名無しの心子知らず:03/04/17 17:36 ID:tb6YpaX/


949 :山崎渉:03/04/20 05:21 ID:WBkhWevL
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

950 :堕天使:03/04/27 13:27 ID:n12A2YIF
http://life.fam.cx/


951 :名無しの心子知らず:03/05/12 00:36 ID:FYLMrt3x
■■■■■■■■■■■■聖徳妖怪オババ語録■■■■■■■■■■■■

         千疋屋メロン

         六時屋タルト
      
         稚拙・揶揄・誉め殺し・腐敗・淘汰・温情
  
         陳腐・常套手段・更生・不遜者・不埒者

         貶める・輩 ・嫌がらせ・愚か者・哀れ

         ターム・カオス・齎す・自戒・自重・厳命

         北朝鮮・愉快犯・逃げ言葉・搾取

         煩悩・捏造・オーラ・膿を出す


952 :名無しの心子知らず:03/05/12 05:02 ID:mAt8t7Ur
ウチの知った人、小学生の時は養護学級に入れさせられたくらい発達が遅れてた
らしい。でも、その後メキメキ伸びて大学はストレートで国立、博士号。今はアメリカ
の某大学で研究しててマジでノーベル賞を狙ってるらしい。

子供の天才って後々続くとは限らないし、天才児じゃなくてもこんな人もいるんだよ。

953 :_:03/05/12 05:09 ID:kkKNSO0s
  ∧_∧    http://yoshiwara.susukino.com/mona/
 ( ・∀・)/< こんなのみつけたっち♪ 
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku08.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku10.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku03.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku09.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku06.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku05.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku01.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku02.html
http://www.yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku08.html
http://yoshiwara.susukino.com/moe/hankaku04.html

954 :名無しの心子知らず:03/05/20 23:46 ID:99jgFb9y
IQテストばかり繰り返しやらせてるとIQの値は高くなってきます。
が、頭が良くなったわけではありません。

955 :名無しの心子知らず:03/05/20 23:58 ID:wH7dvLfj
私、幼稚園の時にIQ150あって、特優だって言われた。
確かに小学校でも苦労せずに(<これが重要)勉強ができた。
逆に勉強を頑張るって事もしなかった。

中学過ぎ位から、一生懸命頑張る人の方が成績が上になっていった。

今は普通の主婦です。


956 :名無しの心子知らず:03/05/20 23:59 ID:wH7dvLfj
苦労しないから頑張らない。
苦労しないでできる範囲以上には行かない…って事です。
判りづらくてスマソ

957 :名無しの心子知らず:03/05/21 01:29 ID:yUVxIf/W
そういえば前の職場の先輩が神童と言われたことがある、とか言って
たけど、今はただのサラリーマン且つ35越えても未だ独身。

なんだか可愛そう・・・

958 :miyoko:03/05/21 01:55 ID:tvFtgUSW
っていうか貴女とご主人は頭良いの?
親に似るからねぇ。

959 :名無しの心子知らず:03/05/21 04:32 ID:yUVxIf/W
>>958
ハァ?質問がおかしいんですけど。
「っていうか」ってあるから自分の発言は否定されているのは
分かるが。
「そういう人がいましたよ」という話なんだからさ。
勝手に想像してれば〜(w

960 :959:03/05/21 04:45 ID:yUVxIf/W
追記
気分悪くなってきたので、レスいりません。
今その人のこと思い出したら気分悪くなってきた。

板汚しスマソ。

ROMってたほうがよかった。逝ってきます。


961 :名無しの心子知らず:03/05/21 05:45 ID:AH+/QNAA
IQ高さは遺伝するが、母親の方が遺伝に強く関与するらしい。

962 :名無しの心子知らず:03/05/21 21:50 ID:kXY2R7Xc
>961
しょっくぅ!
うちの子、もうだめぽ。

963 :名無しの心子知らず:03/05/21 22:47 ID:fKsrnFN3
>>961
それは、母親が子供と日常的に接しているため、子供の知能発達への影響が大きいからでは?
つまり、同じ知能を遺伝されても、父親の方が優秀な知能であった場合とその逆とでは、
母親が優秀な方が子供の知能が伸びやすいということのような気がする。
身長も母親の影響が大きいと言われるが、母親が食事を作るからでは?

964 :名無しの心子知らず:03/05/21 23:07 ID:1RvSAVpG
ますますだめぽ。。。

965 :XX:03/05/21 23:11 ID:FKIWBqdB
女性の染色体がXX 男性はXY Xはどちらにも存在 Xは強い 
XYというのはXXの突然変異でもある 生命体としてXXが原始で
女性はアフリカのイヴのように遺伝子を絞り込んでさかのぼることが
できる  女性の遺伝子のほうが影響を与えやすい という答えが
出しやすいかな。  本題に対するレスじゃないですね…
最初に書いた人もう生まれてますよね  結果知りたいなぁ

966 :山崎渉:03/05/22 00:25 ID:CqveCGpF
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

967 :山崎渉:03/05/28 15:57 ID:Z+o4QQy5
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

968 :名無しの心子知らず:03/05/29 02:19 ID:JkSFNE7F
私も小さい頃から「将来大物になる」「良くできる」「才女」とちやほや
されてました。それも小学校高学年まで。中学お受験させようとして
親はいろいろ金も突っ込んで必死だったけど、
本人的には「やらされてる」ということに嫌気がさして全く勉強しなくなった。
その後運動神経の方が優れているということがわかり
国体の代表にもなった(笑)
今はダラダラ専業主婦。


969 :名無しの心子知らず:03/05/31 03:37 ID:N2L3INFp
>>1
は子供できたのか?

970 :名無しの心子知らず:03/06/10 15:32 ID:A53n1z+W
1000人。

971 :名無しの心子知らず:03/06/14 22:03 ID:XZxXosYD
もういいでしょ?
1も出てこないし。
みんな自慢っぽくなてきたし。

972 :名無しの心子知らず:03/06/14 23:26 ID:QGV5T+Me
結局、1は釣りだったのかなぁ。 釣りじゃなかったとしたら、強烈だなぁ。


973 :名無しの心子知らず:03/07/05 15:04 ID:2f3wRb/v
http://amuze.jp/hp/?pid=ozmaozma

974 :名無しの心子知らず:03/07/06 03:21 ID:toDEM9HY
http://amuze.jp/hp/?pid=ozmaozma

975 :名無しの心子知らず:03/07/06 05:48 ID:KYc2g6m3
しかしキモい女だな1は。友達いるのか?

976 :名無しの心子知らず:03/07/06 17:32 ID:6ceupxLg
脳内友達はいっぱい藁

977 :名無しの心子知らず:03/07/06 23:47 ID:MsQXYQMp
私はIQ134。
小中高と、普通の公立校に行き、大学は京都大学を1浪。
その後、関西大学法学部を卒業して行政書士試験に合格。
公務員をしています。

本は大量に読んだよ。
今でも、週に10冊(専門書がほとんど)。
でも、私は人生の敗者だと思っています。

978 :名無しの心子知らず:03/07/07 11:28 ID:uDuvxhY5
どうして人生の敗者だと思うの?
IQ高くて京大卒で公務員ならいいじゃない、それとも
こんなふうに言ってもらいたくてわざと書いてる?

あなたの言い方で言うならば、日本人のほとんどが
人生の敗者かもしれない。
でも勝ち負けにこだわる人ばかりじゃないしね。
それなりに人生楽しんでいる人もいる。
あなたは現状に不満を抱いているのかしら?
だとしたら、その不満を解決できる方向に自分を
持って行くようにしたらどうでしょう?
敗北自慰してるよりそのほうがよっぽど健康的だ
と思います。

979 :名無しの心子知らず:03/07/07 13:45 ID:vYQS2f6S
>>978
自分の実力以下の結果しか出せなければ
敗者気分になるのも無理ないと思うよ。

DQ家庭に生まれ育ったけど、大学を出て公務員になれれば勝者気分だろうし。

980 :名無しの心子知らず:03/07/07 14:29 ID:uDuvxhY5
そういう考え方でいくと、977タンは京大・東大ストレート入学
&首席卒業な司法書士、弁護士の親族に囲まれて育った人なのかしら?
そういう環境なら卑屈になるかもしれん罠。
でも上をみたらきりが無いしね(もちろん下を見ても…だけど)
勝ち負け考えずに生きるとずいぶん楽になるんじゃないかな。


981 :名無しの心子知らず:03/07/08 05:04 ID:UlsfNPGD
じゃあ一番上の職業はなんだ?官僚か?医者か?

982 :名無しの心子知らず:03/07/09 02:06 ID:GuXTkLJZ
医者がいい職業って未だに思ってんの?あんな貧乏なのに

983 :名無しの心子知らず:03/07/09 02:13 ID:aWAxJI7f
雇われ医者は貧乏だってね。

984 :名無しの心子知らず:03/07/09 02:42 ID:ooJm0l+y
今はどんな職業がいいんだ?男はもう医者って言ってももてない?やぱ官僚か?

985 :名無しの心子知らず:03/07/09 20:19 ID:LJTM4W5s
キャリアがいんでない?結局官僚が支配してんだからこの国

986 :名無しの心子知らず:03/07/10 00:54 ID:jDeUNNrl
中学生にどぴゅっhttp://1010.tv/?mc

987 :名無しの心子知らず:03/07/10 01:57 ID:oW12uDSA
>978
977は、「京大を落ちたので、翌年関西大学に入学した」と読めるが。

988 :名無しの心子知らず:03/07/10 09:46 ID:NOb1Iaf2
>987
浪人してる間全然勉強しなかったのかね?
京大受けようって成績なら他にましな大学が山ほどあるのにね。

343 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)